1: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:03:30.38 ID:HYPMagU90

【モバマス】 大槻唯「バレンタインチョコレートを作っちゃうよぉ☆」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455373969/

上記の続編となっております。前作を読んでいなくても、おそらく大丈夫です。

今回のゆいちな成分はおまけとみてくださると助かります。

またPは複数いる設定を取っております。


2: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:06:02.49 ID:HYPMagU90

相川千夏の場合

 Co部署内



千夏「おはようございます」

CoP「やぁやぁおはよう千夏君、今日も息災のようだね!」

千夏「……相変わらず無駄に元気ね、プロデューサーさん」

CoP「ハッハッハ、千夏君の方も相も変わらずのようでなによりだ!」

千夏「それはそうとプロデューサーさん、はいコレ。バレンタインチョコレートよ」

CoP「おおありがとう!」ガサゴソ

千夏「早速開けて食べるのね」

CoP「千夏君が心を込めて作ったものだからね」

千夏「……義理よ」

CoP「それでも、嬉しいのが男心というものだよ」

千夏「それはアナタも?」

CoP「フフっ、言ったろ?」

千夏「そう」


3: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:07:01.61 ID:HYPMagU90

CoP「おおっ! このイチゴのチョコレート、中々凝ってるね!」

千夏「ただチョコレートを塗るだけじゃ味気ないかと思ってね」

CoP「うむ、味も僕好みだ。褒めてつかわそう」

千夏「どういたしまして。それじゃあ渡すものは渡したし、私はレッスンに行ってくるわ」

CoP「おや、わざわざそれだけの為に寄ってくれたってことかい」

千夏「プロデューサーさんは女心を勉強した方がいいわよ」

CoP「ふむ。ならば勉強代わりに送っていこうではないか」

千夏「唯ちゃんと待ち合わせしているからいいわ」

CoP「そうかい?」


4: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:08:45.83 ID:HYPMagU90

千夏「それと、そういう取ってつけたような一言がなかったら合格点だったわよ」

CoP「欠点があった方が魅力的だろ? 君が、自分を表現する事が苦手なのと同じように、ね」

千夏「でも、そんな私をアナタが表現してくれるんでしょ?」

CoP「無論さ」

千夏「ふふ、期待してるわ」

CoP「まずは手始めに、メルヘンアニマルで使用したキリンのカチューシャと僕手製のウエイトレスを合わせるだろ。……よし、この企画いける!」

千夏「プロデューサーさん」

CoP「折角だから千夏君だけでなく、PaPに言って唯君と――ん、なんだい千夏君?」

千夏「メルシー ビヤン」

CoP「フフ、どういたしまして」


5: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:12:45.53 ID:HYPMagU90

大槻唯の場合


Pa部署内



唯「ちぃーっす! おっはようプロデューサーちゃん!」

PaP「……唯、いつも言っているがいきなり抱き着くな」

唯「えーいいじゃん、減るものでもないんだしー☆」

PaP「減る減らないという問題ではなくてだな」

唯「それはそうとプロデューサーちゃん、バレンタインチョコレートどうぞ!」

PaP「……話を聞け。ハァ……だがわざわざありがとうな」


6: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:13:32.39 ID:HYPMagU90

唯「ちなったんと一緒に作った自信作だよっ☆」

PaP「なら味は大丈夫か」

唯「あ、ひどーいプロデューサーちゃん! 一生懸命作ったのに、そんなこというプロデューサーちゃんにはあげない!」

PaP「すまない、冗談だ」

唯「ぷいっ」

PaP「機嫌を直してくれると助かるんだが」

唯「つーん」

PaP「仕方ない」鞄の中あさり

唯「ふーんだ!」チラッ

PaP「唯、こっちを向いてくれ」

唯「!」目線そらし

PaP「向かないなら俺の方からいくぞ」

唯「……」


7: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:14:47.77 ID:HYPMagU90

PaP「ほら飴だ」

唯「ちょ、プロデューサーちゃん押し付けないでよ……あむ」

PaP「唯が俺の方を向かないから仕方ない」

唯「元はといえば、プロデューサーちゃんが悪いんだよ!」

PaP「ああ、だから俺が悪かった。すまない」

唯「んもぅー、そんな素直にいわれたらもう怒れないじゃん。あ、このアメちゃんおいしい!」

PaP「それなら良かった。作った甲斐があった」

唯「え! これってプロデューサーちゃんが作ったの!?」

PaP「ん、そうだが何かおかしかったか?」

唯「プロデューサーちゃんってお菓子とか作れるの!?」

PaP「まあ、人並みには」


8: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:15:43.62 ID:HYPMagU90

唯「ゆい、プロデューサーちゃんのこと知ってたつもりだったけど、まだまだ知らないことあったんだね」

PaP「教えてないからな」

唯「……じゃーあ、これから教えて? ゆいが知らないプロデューサーちゃんのこと、もっともーーーーっと!」

PaP「……唯の今後の頑張り次第だな」

唯「ぶーっけちーっ」

PaP「ふふ」

唯「えへへへ♪ あ、そうだ。プロデューサーちゃん、さっき渡したプレゼント貸して?」

PaP「いいがどうするんだ?」

唯「それはねー――えい!」箱を開ける

PaP「お、おい!?」


9: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:16:33.87 ID:HYPMagU90

唯「ゆいが食べさせてあげる♪」

PaP「無理やり押し付け――あむ。これ飴か?」

唯「チョコキャンディーだよ!」

PaP「ふう、まったく……」

唯「どうどう? おいちぃ?」

PaP「ああ、甘くて美味しいな」

唯「よかった! ちなったんはおいしいっていってくれたけどさ、本当は不安だったんだ」

PaP「唯が一生懸命作ったんだ。美味しいに決まってる」

唯「プロデューサーちゃん、ホント時々ストレートにいっちゃうよね」

PaP「そうか?」

唯「そうなの! うー顔が熱い……」


10: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:17:15.09 ID:HYPMagU90

PaP「大丈夫か?」

唯「だいじょうぶっ! そんでプロデューサーちゃんは不意打ちで恥ずかしいセリフいうの禁止!」

PaP「なら、唯は急に抱き着いたりするの禁止な」

唯「ゆいはいいのっ!」

PaP「くくくっ」

唯「むー! ゆい、レッスンに行ってくる!」

PaP「待て唯。ほら、おまけだ」

唯「あむ。えへへへ♪ やっぱりあまくておいしいね♪」


11: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:19:17.52 ID:HYPMagU90

おまけ



千夏「唯ちゃん、どうだった?」

唯「ちゃんと渡せた! おいしいって言ってもらえたよ! ありがとね、ちなったん」

千夏「ふふ、よかったわね」

唯「ちなったんの方はどうだったの?」

千夏「私の方も渡せたわ」

唯「よかったねちなったん!」

千夏「そうね。そうそう唯ちゃん」

唯「ん、どったの?」

千夏「はい、私からのバレンタインチョコレートよ」

唯「え、でも昨日もらったよ?」

千夏「あれはあくまでプロデューサーさんに作った物のおまけ。唯ちゃんのはこっちが本命よ」

唯「ありがとーちなったん! 大好きっ!!」


12: ◆HEEmBAy13Q 2016/02/16(火) 00:20:35.06 ID:HYPMagU90

おしまいです。
読んでいただきありがとうございました。



元スレ:千夏「プロデューサーさんにバレンタイン」唯「チョコレートを渡しちゃうよぉ☆」

他サイト様の最新記事