1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:49:05.58 ID:nx8K7JJP0

提督「おちんぽしゃぶしゃぶしたいよ」

長門「」

吹雪「」

赤城「」

金剛「」

大淀「」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:52:00.50 ID:nx8K7JJP0

吹雪「なななななな何を……!?」

長門「いきなり何を言い出すんだ!?」

提督「え? 最近、しゃぶってないなあ……と思ってな」

赤城「最近!? 以前は頻繁にしゃぶっていらしたのですか!?」

提督「ああ。兵学校時代はそれこそ四六時中しゃぶっていてな」

提督「あの学校出身のやつらは、みんな俺の口で大人になっていったよ」ハハハ

金剛「ノォー……」クラクラ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:01:22.01 ID:67U3dgU+0

大淀「またしょうもないことを……」

提督「いや、そんなことはないぞ?」

提督「間宮さんが常駐しているのも」

提督「伊良湖ちゃんがやってきたのも」

提督「物資が滞りなく届けられているのも」

提督「俺が上官殿のおちんぽをしゃぶっているからだ」

提督「つまり、みんなが毎日、美味しくご飯を食べられているのも……」

提督「みんな、このおしゃぶりのおかげなんだな」ハハ

赤城「ヴォエ!!!!」ゲボォ

吹雪「赤城さんが吐いた!!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:05:10.11 ID:67U3dgU+0

提督「海外艦が派遣されてくるのも」

提督「試作兵器が優先的に回されてくるのも」

提督「そもそも、俺がこの若さで提督になれたのだって」

提督「みんな、おしゃぶりのおかげ……だったんだがなあ」

長門「だった?」

提督「いや、なに」

提督「あまりのしゃぶりぶりが危険視されてな」

提督「こうして、女ばかりの鎮守府に送られたんだよ」

大淀「それはまあ……ご愁傷様です」

長門「当然の判断ではあるがな」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:08:20.42 ID:67U3dgU+0

提督「もう半年もしゃぶっていない」

提督「おかげで、口がさびしくてなあ」

提督「仕方ないから、こんなものを……」スッ

吹雪「ペロペロキャンディー」

提督「こうして……」ヌポオ

金剛「ワッツ?」

提督「こう……」ジュッポジュッポ

大淀「提督。音がきたな……」

提督「こうだ」ジュポォ

艦娘「!?!?!?」ビクゥッ!


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:12:05.70 ID:67U3dgU+0

提督「どうだ? さすがの舌技だろう?」ハハハ

長門「ヤメッ、止めろぉー!!」

吹雪「ひいっ! ち、近づけないでください!」

金剛「ノォー……キャンディが、ディルドーのように……」

赤城「あれが男根……」

大淀「やたら精巧な造形ですね」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:16:23.06 ID:67U3dgU+0

提督「でもなあ、この技を活かす機会がないとなあ」

提督「やっぱり、宝の持ち腐れなんだな」

提督「どこかにおちんぽが転がってないかなあ……」

提督「はあ……」ジュッポジュッポ

大淀「だから、その音、止めてください!」

吹雪「というより、話自体、聞きたくなかったですよぅ!」

金剛「ウゥ……バレンタインの名残も吹き飛びマシタ」

長門「これが現実か……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:18:53.75 ID:67U3dgU+0

………………

………………

最上「…………」

最上「と、とんでもない話を聞いてしまった」

最上「提督にあんな秘密があっただなんて……」

最上「それにあの技……」ムクムク

最上「い、いけない!」タタッ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:21:20.26 ID:67U3dgU+0

最上「はぁ、はぁ、はぁ」コソコソ

最上「まったく、もう……」シュッシュッ

最上(提督に秘密があったように、ボクにも秘密がある)

最上(それは、ボクが艦娘じゃなくて、艦息子だということ)

最上(他の子と違って、ボクには……)

最上(股間にもうひとつの主砲がある)


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:24:13.58 ID:67U3dgU+0

最上(これがとんだ暴れん坊で……)

最上(一日に一度は慰めないと、落ち着いてくれない)

最上(みんなの前でズボンを膨らませるわけにもいかず)

最上(こうして、物陰で処理しているんだけど……)

最上「くっ……んん……」

最上(おかずがないと、どうしても時間がかかってしまう)


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:28:01.92 ID:67U3dgU+0

最上(思い出せ、思い出すんだ……)

最上(足りないものはイマジネーションで補うんだ!)

最上(なにか、エロいもの……エロいもの……)

提督『どこかにおちんぽが転がってないかなあ……』ジュッポジュッポ

最上「~~~~~~~!!」

最上(なんで提督の、男の人の顔なんて!)

最上(しかも……うう、ううう……!)カァァ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:30:38.14 ID:67U3dgU+0

最上(ダメだダメだ。ボクは男なんだ)

最上(うんうん、そうだよ。同性同士なんだよ?)

最上(いくらあの唇が気持ち良さそうだからって)

最上(そんな不健全な関係なんて、できるはずが……)

提督「……」

最上「っ!?」ビクゥッ!


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:33:34.72 ID:67U3dgU+0

最上「て、提督!? なんでここに!?」アセアセ

提督「最上、それ……」

最上「あっ、違うの! 違うんだよ、これは……」

提督「なんだ、言ってくれれば良かったのに」

提督「そんなに溜めてたら辛いだろう?」

提督「手伝ってやろう」クポォ……

最上「っ!?」ゾクゥ


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:40:37.53 ID:67U3dgU+0

最上「提督! や、止めてっ!」

最上「止めっ」

最上「あっ……!?」

そこからはもう、めちゃくちゃだった

提督「ジュルッ、チュポッ、チュウッ」

最上「あっ、あっ、てっ、ていと、くぅ……!」

あっという間にボクの腰は砕け、屈み込んだ提督の頭を抱えるように

ボクはどうにか、この気持ちよさを耐えようとしたけれど

最上「ヒィ……!?」

引き離すなんて、考えることもできなかった

それほど、提督のおしゃぶりは完璧だった


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:45:08.37 ID:67U3dgU+0

最上「んうっ……!」ビクビク

あっという間に、一度目の吐精

それを赤ちゃんのように、ちゅうちゅうと吸い取った提督は、

提督「んん……若くていい味だ」

提督「濃さも粘りも、男の子らしいな」

ソムリエのように、くちゅくちゅと精子を味わうと、

提督「でも、まだ残っているな」

提督「遠慮せず、全部出してしまえ」

そう言って、また、ボクのおちんちんに吸いついた


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:49:43.37 ID:67U3dgU+0

……結局、その日は三度も出した

根こそぎ持っていかれるような感覚を三度味わって、

そのすべてが、提督のお口の中へと消えていった

提督「俺でよければ、また相手になるぞ」

提督はそう言っていたけれど、

彼の方からまた、迫ってくるのは明白だった


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:01:28.98 ID:67U3dgU+0

ボクの予想通り、提督は翌日もやってきた

提督「十代の回復力はすごいからな」

提督「ほら、金玉がこんなにパンパンだ」ハハハ

と、言いながら、ボクの股間を玩ぶ提督

今日が秘書艦担当だったのは、ボクにとっては最悪だった

提督「もうすぐみんな帰ってくるからな」

提督「すぐに済ませてしまおう」

ボクたちの他には誰もいない執務室

遠く、工房から響く鎚の音と、演習を知らせる汽笛の音

しゅんしゅんと、ストーブの上の薬缶が鳴くのを聞きながら、

ボクはまた、提督の口の中に精を放った


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:12:34.30 ID:67U3dgU+0

提督「かすり傷だけど、一事が万事と言うからな。入渠しておいで」

次の日も最悪だった

いつものような優しい言葉

いつものような寛大な配慮

でも、思惑だけはいつもと違う提督は、お風呂にまでボクについてきた

提督「最上のここに何かあっては一大事だからな」ハハハ

そう言って、提督はボクのおちんちんに吸いついた

更衣室で一度、体を洗いながら一度

そして、湯船に浸かってからは何度も、ボクの股間を弄繰り回していた

戦いでの怪我以上に、のぼせや、事後の気だるさが気になった――


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:26:28.36 ID:67U3dgU+0

ある日なんて、信じられなかった

大井「聞きました? 提督、男色なんですって!」

北上「男色ってのはちょっと違わない?」

川内「微妙なラインだよねー」

那珂「いやいや、余裕でアウトだよ!?」

明石「そうかな? 私は気にならないけど」

神通「どちらにせよ、複雑な気分です……」

航海から帰ってきたみんな

トイレで談笑する仲間たちの声を聞きながら

最上「ふぅ、ぅ、ぅぅ……!」

ボクは提督に、おちんちんをしゃぶられていた

提督「皮の中まで、しっかり拭いておかないとな」

とか言いながら、提督は、もうずっと、ボクのおちんちんを舐めている

扉一枚向こうにはみんながいるのに――

焦りと背徳感と気持ちよさで、もう、頭がどうにかなりそうだった


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:33:52.08 ID:67U3dgU+0

最上「もうヤダ!」

男だとバレて一月が経った頃

ボクは自分の部屋で、枕の当り散らしていた

最上「提督は頭がおかしいよ! あんな、あんなことを……」

この日も、ボクは提督におちんちんをしゃぶられた

――いや、違う。鍛えてやる、とか言われて、腰を振らされたんだ

提督の唇をおまんこに見立てて、そこにおちんちんを突き入れるレッスン

最近は、そういうのが多くなった。ボクが幸せな結婚生活を送れるようにって

そんな馬鹿げた理屈で迫ってくる提督もイヤなら、なんだかんだで受け入れてしまう自分もイヤだった


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:45:17.72 ID:67U3dgU+0

最上「あー、もー!」ボスッ

三隈「もがみん……?」

三隈「なにか、嫌なことでもありましたの?」

最上「あっ」

最上「い、いや、その」

最上「な、なんでもないよ!」ハハッ

三隈「そうですの?」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:51:13.15 ID:67U3dgU+0

三隈「悩み事があったら、何でも相談してくださいましね?」

三隈「私たちの間に、遠慮は無用ですわ」

最上「うん、そうだね」

最上「ありがとう、三隈」

最上「本当に辛かったら、ちゃんと話すよ」

三隈「ええ」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:54:09.66 ID:67U3dgU+0

最上「じゃあ、おやすみ」

三隈「おやすみなさいまし」

三隈が上のベッドに上がるのを待って、ボクは灯りを消した

そして、ボクは下のベッドに入り、そのまま布団に潜り込んだ

………………

……言えない

言えるわけがない

提督におちんちんをしゃぶられて、ろくに抵抗もできていないだなんて

……話せるわけがない


37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 02:02:13.97 ID:67U3dgU+0

他の誰にバレたとしても、三隈にだけは知られたくない

ボクが男におちんちんを突き出して、情けない声を上げていることは

それに、見られたくもない

きっと、だらしない顔をしているんだろうな

海軍本部で危険視されたというのも、無理もない気がする

あれは……提督のおしゃぶりは、知っちゃいけない類のものだ


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 02:29:58.73 ID:67U3dgU+0

最上(もう忘れよう……明日からはちゃんと拒否しよう……)

いつも寝る前にはそう思うのだけど、

次の日にはやっぱり、提督に股間を差し出している

それに最近は、そのことを思い浮かべただけで――

提督のあの唇、別の生き物のように蠢く舌を思い出しただけで――

最上(……はぁ)

昼間、あんなに出したというのに、ボクの息子はもう元気になってしまう

嫌なサガだ。意識しないようにして、もう寝てしまおう……


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 02:32:32.28 ID:67U3dgU+0

最上「おやすみ………………?」

なんだ? 何かがおかしい?

足元に何かいるような……?

布団の中で、それが這い上がってきて……って!

最上「て、提督……!?」

布団をめくってみると、そこには提督の姿があった

ボクのパジャマに手をかけて、ズボンを、パンツを脱がせようとしている人がいた


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 02:35:33.55 ID:67U3dgU+0

最上「何してるのさ……!?」

三隈を起こしたらまずい

極力、小さな声で話しかけると、

提督「ん? いや、なに。抜いてあげた方がいいかなって」

提督は何も気にしていないように、きょとんとした顔をしていた

最上「止めて……止めてってば……!」

提督「そうは言っても、お前のここは溜まっているしな」キュッ

最上「あうっ……!」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 02:44:46.73 ID:67U3dgU+0

提督に触れられただけで、ボクのおちんちんは固く、脈打ちはじめる

でも、それはボクの意思じゃない。条件反射みたいなものだ

ここ一ヶ月、提督にずっといたずらされていたから、それで――

提督「ん、ちゅる。ダメだぞ、溜め込んだまま寝たら」チュピッ

最上「うう、うぅ……!」

提督「若いうちは、しっかり使い込んでやらないと……」ジュロロロ

最上「ひぃ……!?」


42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 02:50:29.34 ID:67U3dgU+0

呑み込まれていく

呑み込まれていく

ボクのおちんちんが、提督の熱くてぬめぬめした口の中に、呑み込まれていく

こうなったら、もうどうしようもない。ボクが射精するまで、提督は離さない

だから、だからボクは、もうすっかり諦めて、

最上「ん、んぅー……!」

だけど、声だけは洩らさないように

口元を押さえ、くねくねと腰を動かしながら、提督のなすがままになっていた――


43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:12:28.92 ID:67U3dgU+0

~半年後~

提督「しゃぶしゃぶしたいなあ……」

大淀「またですか」

長門「提督の悪い発作が出たな」

赤城「最近は鳴りを潜めていたと思いましたのに……」

提督「違うぞ。違う違う」

提督「普通のしゃぶしゃぶだ。しゃぶしゃぶを食べたいなって」

金剛「OH! 普通の方デシタか!」

吹雪「いいですね、普通のしゃぶしゃぶ!」

長門「気持ちは分かるが、普通を強調するのは止めろ」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:15:31.05 ID:67U3dgU+0

赤城「豚しゃぶ、牛しゃぶ、海鮮しゃぶしゃぶ……いいですね!」ジュルッ

大淀「なら、今夜はしゃぶしゃぶにしますか?」

提督「ああ、頼む」

長門「それにしても……」

提督「?」

長門「例の病気は治ったのか?」

提督「ああ……」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:18:47.83 ID:67U3dgU+0

提督「おかげさまでな。すっかりよくなったよ」

提督「キャンディに頼る必要もなくなったし……」

提督「ストレスもないから、仕事が捗って捗って」

大淀「そうですね」フフッ

赤城「最近の提督の采配には、目を見張るものがあります」

金剛「YES! 惚れ直したネ!」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:24:04.63 ID:67U3dgU+0

長門「是非ともこの調子を維持してもらいたいものだな……っと」

提督「どうした?」

長門「演習の時間だ。みんな、そろそろ準備をするぞ」

吹雪「ええっ!? もうそんな時間ですか!?」

赤城「まだ茶菓子も残って……」

長門「終わってから食べればいいだろう」

長門「ほら、行くぞ!」

赤城「あ~……」ズルズル


48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:26:15.20 ID:67U3dgU+0

大淀「では、提督。私も資料を運んできますね」

金剛「また夜にネ!」

提督「ああ」

パタン

提督「……」

提督「……」

提督「……」

キィ

提督「……」

提督「待っていたぞ」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:28:56.19 ID:67U3dgU+0

最上「提督。今、帰還したよ」

提督「長距離航海、ご苦労だった」

提督「それで、首尾はどうだ?」

最上「上々さ。みんなよく頑張ってくれたからね」

最上「深海棲艦を、上手く撃退できたと思う」

提督「そうか」


50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:33:37.08 ID:67U3dgU+0

提督「南方は重要な地域だからな」

提督「この調子で巡回を頼むぞ」

最上「うん、任せてよ」

最上「ボクにかかれば、あんなの楽勝さ」

提督「そうか」

最上「へへへ……」


51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:35:25.70 ID:67U3dgU+0

提督「――さて」

最上「っ」ビクッ

提督「一週間も外に出ていたんだ」

提督「溜まっているだろう?」

提督「手伝うよ。ズボンを下ろしてくれ」

最上「……!」

――嘘だ


52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:39:06.09 ID:67U3dgU+0

本当は提督がしゃぶりたいだけなんだ

我慢できないのは提督の方

欲求が溜まっているのも提督の方

ボクはそんなことない。全然、そのつもりもない

だけど――

最上「……ほら」

提督「おお……」


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:41:08.26 ID:67U3dgU+0

どうせ抵抗しても無駄なんだ

だから、ボクは素直にズボンを下ろした

パンツも脱いで、おちんちんを出して――

中にこもっていた熱気と匂いが、むわっと立ち昇る

すると、提督はうれしそうな顔をして、じゅるっと舌なめずりをするんだ

提督「これはしゃぶりがいがありそうだな」


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:45:48.65 ID:67U3dgU+0

なんて言いながら、提督が近づいてくる

じゅるじゅると口を蠢かせ、すぐにも吸いつこうと迫ってくる

ああ、今日もしゃぶられるんだ

がっしりと腰をつかまれて、股間にむしゃぶりつかれるんだ

……でも、仕方ないよね。

これで提督の仕事が捗って、みんなが喜んでいるんだから……

最上「あっ……」

うん、仕方ないんだ――


55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 03:55:11.70 ID:67U3dgU+0

おしまい



元スレ:提督「しゃぶしゃぶしたいなあ……」

他サイト様の最新記事