1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:25:42.46 ID:HTb7S5IH0

==========

・だって嬉しいんだもの


「なぁありす」

「……橘です」

「この前作ってくれた苺のグラタンな、意外に美味かったぞ。ありす」

「だから橘です。それに、別にプロデューサーのために作ったわけじゃありません」

「いいなぁ。将来ありすと結婚する男は、毎日美味しいありすの手料理が食べられるんだよなぁ」

「……そんなに美味しかったんですか?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:26:23.93 ID:HTb7S5IH0

「美味かった。例えるならそうだな、安らかな川のせせらぎに、一面のお花畑って感じかな」

「……例えが例えになってませんね」

「とにかく、機会があったらまた作ってくれよ。橘」

「……考えておきます。それと……」

「ん? どうした」

「私の名前は、ありすです。Pさん」

(……やっぱ、心配になるほどちょろいな)

==========


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:27:00.36 ID:HTb7S5IH0

==========

・食欲は無限大


「なぁみちる」

「フゴッ! ……何でしょうか?」ムグムグ

「ここに俺が趣味で作って来た米粉パンが――あれ? 無い」

「それならさっき食べちゃいました! ごめんなさい!」ペロリッ

「いや、元々食べさせようと思って持って来たから良いんだけど……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:30:58.87 ID:HTb7S5IH0

「フゴ、フゴゴッ!」

「結構な量あったはずなんだけどね? それ食べてまだ入るのかぁ」

「パンならいくらでも入りますよ!」パーン!

「あたしも、ドーナツならいくらでも入りますよ!」ドナァ...

「美味しいから全然大丈夫ですよ!」スィートォッ!

「アタシも奢って貰えるならいくらでもはいるで!」チョキーン!

「恥ずかしながらわたくしも……」シジョー

「わっほ~い! なら、腕によりをかけて色々と作っちゃいますねー!」カロリー!

「食べすぎ飲みすぎの胃もたれにも、スタドリって効果あるんですよ!」カキーン!


「……いや、後半なんかおかしいだろ!?」プロデューッス!

==========


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:31:48.89 ID:HTb7S5IH0

==========

・イメージ

「ほら穂乃香。これやるよ」

「ふぁ……大きなぴにゃこら太のぬいぐるみ……いいんですか!?」

「うん。日頃から頑張ってるからな、プレゼントだ」

「ありがとうございます! 大事にしますね!」

「喜んで貰えて嬉しいよ……ところで柚」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:32:18.76 ID:HTb7S5IH0

「ん? なにー?」

「ぐさぁーってやらないの?」

「この流れでそれは……ないなーって思うんだけど」

「そうか。期待してたんだけどな」

「……プロデューサーは、柚の事なんだと思ってるのカナ?」
 
「苺パスタ愛好家」

「ぐさぁーっ!」

「ちょ! 痛い! 刺すんなら俺じゃなくてぴにゃこら太をだなっ……!」

==========


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:32:51.98 ID:HTb7S5IH0

==========

・いつでもそばに

「まゆ? まーゆー!」

「…………」

「来ないな」

「まゆー? まゆまゆままゆー!」

 ガチャ。


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:33:30.99 ID:HTb7S5IH0

「どうしましたプロデューサーさん? まゆに用事ですかぁ?」

「遅い! 一体どこにいたんだ!」

「ふぇっ!?」

「まゆはほら、俺が呼んだら忍者みたいにこう、サッとだな」


「呼びましたか!? プロデューサー殿!」サッ!

「いや、あやめは呼んでない」

「そうですか……」ションボリ


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:34:30.75 ID:HTb7S5IH0

「とにかくだ。いつの間にか俺の後ろに立ってるぐらいの器量をだな、見せて欲しいんだよ」

「そ、そんな事言われても……まゆにも出来る事とできない事がありますよぉ!」


「そうなのか? なら……俺にお弁当作って来る事は?」

「もちろん! 喜んで作りますよぉ」

「疲れた俺に肩叩きでマッサージ」

「力はありませんが、がんばります!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:35:50.70 ID:HTb7S5IH0

「呼べばいつの間にか忍者みたいに登場」

「それは……ちょっと難しいですねぇ」

「いつのまにやら俺の家に盗聴器や監視カメラが」

「やりません。というか、そこまで行くとただの犯罪者ですよぉ?」

「なるほど。ならその辺りがまゆのできる・できないのラインなわけだ」

「えぇ。精々合鍵を作るぐらいですね」

「ふんふん、分かった。じゃ、これからはこのラインを目安にして、余り無茶なお願いは言わないようにするよ」


「でも、プロデューサーさんが望むなら、まゆはなんだって頑張りますから」

「ははは、まゆは頑張り屋さんだなぁ」

「ふふっ♪」

==========


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:36:42.59 ID:HTb7S5IH0

==========

・風評被害


「なぁ凛」

「なに? いきなりあらたまって……」

「ここに俺が三日間着っぱなしで洗濯もしていないワイシャツがあります」

「……それで?」

「それで? って。あれ? 何も感じない? 欲しくなっちゃったりしないの?」

「はぁっ!? なんで私がアンタの汚れ物を欲しがらなくちゃいけないのよ……」

「えぇー……でもぉ。噂じゃ凛はクンカーだって……」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:37:24.53 ID:HTb7S5IH0

「……最近、プロデューサーがみんなになんて呼ばれてるか知ってる?」

「……知らない」

「歩く変態だよ」

「し、失敬な! 俺のどこが変態なんだ!」


「ロックだロックだって言ってりーなに18[ピー]な知識教えたり、なつかれてる事を良い事に年少組をべったべたに甘やかしたり、飲み会で酔っ払った振りして美優さんにセクハラしたり、アイドルの食べ残し食べたり食べかけのアメ貰ったり……」

「最近ではなんか公然とアイドルにボディタッチまでしだしたよね? おへそ触ったり他のとこ触ったり……犯罪だよ?」

「一応みんな、まだ我慢してるけど……いつ爆発して、プロデューサーが手錠かけられてもおかしくないんだからね」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:38:11.08 ID:HTb7S5IH0

「これが変態じゃないのなら、ただのセクハラ犯罪者だよ」

「そ、そうだったのか……」

「だから、プロデューサーがそういった粗相をしないように、これからは私がしっかりと監視するから。わかった?」

「は、はい……」


「……なら、これつけて」ガチャガチャ

「え、なにコレ首輪?」

「逃げ出そうとしたり、いう事を聞かないと絞まる用に作ってあるから」

「ちゃあんと躾けてあげるから、これで安心だね? プロデューサー」

 
 おわれ 
==========


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 04:39:11.20 ID:HTb7S5IH0

 以上で終了です。眠れなくて書いたらなんかわけわかんなくなった。
それでは、お読みいただきありがとうございました。では。



元スレ:モバP「とりとめのない話」

他サイト様の最新記事