5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 22:25:08.20 ID:smlbfhQZ0

………白糸台…

淡「1チーム3人の大会ですか?」

菫「そうだ…なんと優勝賞金は100万円だ」

尭深「それはすごい…」

誠子「出場資格は女子高生で…1年…2年…3年が1人ずつのチームであること…」

淡「それなら私とテルが同じチームで出れば優勝できるね」

照「それはできない」

淡「えっ…」

照「私は咲と一緒のチームで出る」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 22:30:03.17 ID:smlbfhQZ0

淡「………」

菫「2年はどうするんだ?」

照「咲が天江衣を誘ってくれた」

菫「そうか…」

淡「それってひどくなーい」

照「…何が気に入らないのか分からないけど…あなたも他の学校の人と出れば」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 22:35:01.06 ID:smlbfhQZ0

淡「テルーの…バカー!!」 タッタッタッ ガチャ バタン

照「淡…」

………

淡「テルが私じゃなくてサキを選ぶなら…」

淡「私がテルもサキも潰してあげる」

淡「フフッ…」

………

淡「もしもし荒川さん…いやケイ…私を助けて…」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 22:39:19.76 ID:smlbfhQZ0

………臨海…

智葉「出番だネリー、明華」

ネリー「お金は一番活躍した人の総取りヨ」

智葉「お前に全部やろう」

明華「えっ…山分けじゃ…」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 22:43:56.83 ID:smlbfhQZ0

………大会前日…

憩「久しぶりやな大星さん…いや淡ちゃん」

淡「…久しぶり…」

憩「いや…今のアンタはそれ以下やな…」

淡「………」

憩「今のアンタは嫉妬に狂った哀れな魔物でしかあらへん」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 22:49:42.15 ID:smlbfhQZ0

淡「………」

憩「でも一番ひどいんはこの私や…」

淡「えっ…」

憩「アンタを利用してチャンピオンのチームを倒そうとしているこの私こそが一番醜い魔物や…」

淡「………」

憩「アンタもそう思うやろ」

恭子「全く思わんな」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 22:55:16.51 ID:smlbfhQZ0

憩「どうしてですか?」

恭子「だってあんたら2人とも自分が間違ってることに気づいてるやろ」

淡「………」

憩「………」

恭子「頭のいいアンタがコイツの「私を助けて」の真意に気づかんわけがないやろ?」

憩「当然気づいとるで」

淡「………」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:00:22.16 ID:smlbfhQZ0

恭子「アンタにチャンピオンを倒すのを手伝ってほしいんやなくて…」

憩「嫉妬に狂いそうな自分を助けてほしいということやろ」

淡「…全くその通り…です…」

恭子「2人とももっと自分に正直になれや…」

憩「私は淡ちゃんに謝らなきゃアカンな…」

淡「私もテルに誤らないと…」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:05:25.09 ID:smlbfhQZ0

憩「でも末原さんも私達に隠していることがありますよね」

恭子「やっぱり気づいたんか」

淡「どういうこと?」

憩「私達の説得に失敗した時のために…あの人達を呼んでおいたんやろ」

淡「まさか…」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:12:01.69 ID:smlbfhQZ0

恭子「もう出てきてエエで」

やえ「私の出番はなかったか…」

小蒔「でもよかったですね」

穏乃「これでこのチームがもっと手強くなりましたね」

憩「やっぱりこの人達やったか」

淡「代表の選考合宿で…同じ部屋だったメンバー…」

恭子「どうや?懐かしいやろ」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:18:56.21 ID:smlbfhQZ0

………

穏乃「それでは決勝で会いましょう」

小蒔「明日が楽しみですね」

恭子「まだ私達が決勝に行けるか分からんやろ…」

やえ「心配なさんな…お前たちは決勝に来るべきチームだ」

淡「そこまで言われたら決勝まで行くしかないね」

憩「優勝が目標なら決勝行きは当然やろ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:35:35.48 ID:smlbfhQZ0

………大会終了後…

照「4位の賞金は10万円だね」

咲「1人当たり3万円で…残りの1万円で美味しい物でも食べようか」

衣「衣はエビフライが食べたいぞ」

咲「じゃあそうしよう」

照「(咲と同じチームで打てたし…淡も元気そうだし…良しとするか)」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:40:00.58 ID:smlbfhQZ0

智葉「3位の賞金は30万円だな」

ネリー「…やっぱり山分けにしようヨ」

明華「私は30万円でよかったと思います」

智葉「何故だ?」

明華「100万円なら3等分にできません」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:46:32.62 ID:smlbfhQZ0

やえ「準優勝は賞金50万円か」

穏乃「あそこのチームと連携して他の2チームを抑えましたが…」

小蒔「最後に持っていかれてしまいました…」

やえ「まあ…運が少し向こうの方がよかったな」

小蒔「私の家はお金持ちなので賞金は2人がもらって下さい」

穏乃「3人の力で取った物は3人で分けましょう」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:50:34.75 ID:smlbfhQZ0

憩「末原さんは賞金はどうするんですか?」

恭子「半分は貯金やな」

淡「もう半分は?」

恭子「世話になった麻雀部に寄贈して…部費の足しにでもしてもらいたいところやな」

憩「相変わらずお人好しやな」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:53:33.67 ID:smlbfhQZ0

淡「ケイはどうするの?」

憩「私は全額貯金や」

淡「寄贈しないんだ」

憩「IHで優勝することが一番の恩返しやろ」

恭子「その通りや」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 23:58:57.06 ID:smlbfhQZ0

憩「さてIHで優勝したチームのアンタはどうするんかな?」

淡「私は来年も優勝できるようにこのお金を使うよ」

恭子「もしかして…」

淡「このお金でケイを白糸台に引っこ抜きまーす」

憩「私はそんなに安い女やないで」

恭子「相変わらずおもろいやつらやな」

憩「フッフッフッ」

淡「フフッ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 00:03:26.13 ID:VP73S9mn0

………

憩「さて久しぶりの我が家やな…」

憩「んっ!?…留守電に何か入っとるな…」 ポチッ

漫「もしもし荒川さん…いや憩ちゃん…私を助けたって…」

憩「………」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 00:04:44.91 ID:VP73S9mn0

終わりです
ありがとうございました



元スレ:淡「もしもし荒川さん…いやケイ…私を助けて…」

他サイト様の最新記事