1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 21:34:40.78 ID:fRbGNfnz0

凛「……プロデューサー。そろそろ本番だね」

凛「そうだね……緊張はしてる。初めての公開だし」

凛「大丈夫大丈夫、プロデューサーがいるんだから」

凛「いざというときは、何とかしてくれるんでしょ?」

凛「頼りにしてるよ。行ってくる」

凛「しっかり、私のこと、みててね」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 21:43:00.04 ID:w9hVE17ZO

凛「さてと。Linkラジオ、始めよっか」

凛「今回は特別に、屋外放送用のスタジオからお送りします」

凛「もちろん特別なのは、それだけじゃないよ」

凛「特別なゲストも呼んであるんだ。楽しみにしてて?」

<うおおー! 凛ちゃーん!

凛「ふふ、声援ありがとう。寒さも吹き飛ばすラジオ、やっちゃうよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 21:47:35.32 ID:w9hVE17ZO

凛「最初は独り言のコーナー。この間のバレンタインなんだけど」

凛「皆はいくつ、あげたり貰ったりしたのかな? 事務所も甘い香りでいっぱいだったよ」

凛「チョコあげるにしてもさ、特別じゃなくて、普段のお礼に渡すのも良いと思う」

凛「でも、義理で済ますのも失礼かなって。友達と一緒にチョコ、作ったんだ」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 21:53:21.37 ID:w9hVE17ZO

凛「案外チョコって作るの難しいよ? 私たちも、いろいろ大変だったよ」

凛「配分間違えたり、材料撒き散らしたり、つまみ食いしたり……」

<えへへ、美味しかったねー

<しぶりんもしてたのにー

凛「……そもそも渡す相手は、ビターチョコが好きかもしれないじゃない?」

凛「甘いだけがチョコじゃないよ。やっぱ、相手の事はきちんと把握しとかないとね」

凛「今回はたまたま、私が知ってたけど。失敗は許されないんだから。まったく……」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:00:05.85 ID:w9hVE17ZO

凛「で、渡すまでがチョコ作り。重要なのは渡し方、これはミスできないよ」

凛「当日の事務所じゃ、皆がプロデューサーに、日頃のお礼のチョコ渡してたんだけどさ……」

凛「誰もかれも大げさすぎだよ。ちょっと年に1回、チョコ渡すだけなのにね」

凛「特に、バレンタイン番組に出た子たち。練習の成果見せる、って意気込んでて……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:06:36.75 ID:w9hVE17ZO

凛「伊吹さんは元気良いからさ、プロデューサーに無茶も言っちゃうんだよ」

凛『Pはホワイトデー大変そうだからね、お返しのチョコは良いよ!』

凛『変わりに休日、貰うとしますか! 覚悟しといてねー!』

凛「……って」

<わ、悪いかー! 良いじゃんそれぐらいー!

凛「……プロデューサーもホワイトデーにお菓子作りするみたいだし、手伝っちゃおうかな?」

凛「私へお返しのぶんぐらいなら、手伝っても罰は当たらないよね」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:14:54.06 ID:w9hVE17ZO

凛「法子ちゃんは、ドーナツ大好きだね。バレンタインもドーナツだったよ」

凛『ハッピーバレンタイン、プロデューサー! ハート割りたくないから、全部あげるね!』

凛『あ、全部食べないと駄目だよ! ドーナツは、幸せを運ぶんだから!』

凛「……って」

凛「ドーナツはミルクや紅茶に浸すと美味しいんだって。知ってた?」

<り、凛ちゃんもドーナツマスターだったの!? でもドーナツは譲らないよ!

凛「……私も将来は、そういう朝食を作ってあげたりしたいな」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:23:15.09 ID:w9hVE17ZO

凛「奏さんは大人っぽい。まとってる雰囲気が、もう甘いから……」

凛『Pさんは苦いチョコの方が好きだった? でも、そうじゃないチョコも薦めるわ』

凛『甘いチョコを作るには、甘いハートが必要なの……貴重なのよ?』

凛「……って」

凛「私も最初は、溶けるほど甘いチョコが出来ちゃってさ……」

凛「さすがにこれは、食べられないかなって。もう一回、ちゃんと作り直したよ」

<あら。だったらキスはどれくらい、甘くなっちゃうのかしら……?


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:30:14.31 ID:w9hVE17ZO

凛「ただお菓子を作るだけが記念じゃ、ないんだ。ちゃんと気持ちを伝えないとね」

凛「アイドルとしてここに居られるのは、プロデューサーのおかげだもの」

凛「感謝しても、しきれないぐらいだよ?」

凛「それだけじゃなくて、事務所の仲間もそう。いつもありがとう」

凛「でもさすがに、余ったチョコの山ができるのは……どうなんだろ?」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:41:24.77 ID:w9hVE17ZO

凛「ふふ、作りすぎたチョコは、皆で仲良く食べることになったけどさ」

凛「……かな子がチョコの山に埋もれて遊んでたっけ。来週あたり、体重計に乗って泣いてそう」

凛「そういえば有香ちゃんと拓海さんから、チョコの渡し方の相談受けたなあ……」

凛「私もどうやって渡そうか悩んだけど。やっぱ、素直に言いたい事を伝えるのが一番だね」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:50:16.45 ID:w9hVE17ZO

凛「有香ちゃんは空手が得意だから、つい押忍押忍言っちゃうみたい」

<押…おっしゃる通りです! その通りです!

凛「それに、チョコ作りも初めてらしいし、初々しいね」

凛「それなら、初チョコであることをアピールすればいいんじゃなかな、ってアドバイスしたよ」

凛(あたしの初めて、Pさんがたべてください! って言ったのは驚いたけど……)


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 22:59:43.86 ID:w9hVE17ZO

凛「拓海さんって、見かけによらず可愛い人なんだよ? 気が強いし、素直じゃないけど」

<う、うるせー! 余計なこと言うな! 恥ずかしいだろーが!

凛「……ね? あと笑顔が苦手なんだよね。料理番組で皆が笑ってたよ、ふふ……」

凛「せっかくだし、笑顔でチョコを渡したらどうかな、ってアドバイスしたよ」

凛(笑顔までPに染められちまった……って変な意味じゃねーよ! ってひとり突っ込みしてたけど)


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:11:34.80 ID:w9hVE17ZO

凛「さて、凛のアンコールは豪華に2曲も紹介」

凛「1曲目は、S(mile)ING! 島村卯月のデビュー曲だよ」

凛「彼女が、歌って、笑って、踊って、たまにドジもして……」

凛「でもその頑張る姿は、人生のライブステージを最高に盛り上げてくれるよね?」

凛「じゃあ、卯月。よろしく」

卯月「はい! 島村卯月、頑張ります!」

<うおおー! 卯月ちゃーん!

卯月「いきますよー、みなさん聴いて下さい! S(mile)ING!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:22:01.83 ID:w9hVE17ZO

卯月「みんなありがとー! ありがとぉー!」

凛「おつかれ卯月。あいかわらず、良い歌だね」

卯月「えへへ……ありがと凛ちゃん。私この歌、大好きだよ!」

凛「リスナーの皆もまだまだ興奮冷めやらぬ、って感じかな?」

卯月「よし、だったらこのまま……」

凛「2曲目、いこっか。本田未央の、ミツボシ☆☆★」

未央「よっしゃあー、きたぁー!」

<うおおー! 未央ちゃーん!

未央「たくさん聴いてけー! ミツボシ☆☆★!」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:31:07.82 ID:w9hVE17ZO

未央「聴いてくれてありがとねー!」

<みおちゃんみおちゃんみおちゃんみおー!

未央「いやっほーぅ!」

凛「ふふ……未央の性格が、そのまんま歌われてる曲だよね」

凛「走っては転げて、ぶつかっては立ち止まって。でも、諦めない」

凛「それがミツボシに、そして六ツ星になれる秘訣かな?」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:40:15.85 ID:w9hVE17ZO

卯月「かっこいーなぁ……」
未央「ふははー、羨ましいでしょー?」

凛「って、仁王立ちされても」

卯月「魔王みたいだね!」

未央「ズコー! そこはヒーローでしょ、ヒーロー!」

<ヒーローのボケはしっかりひろおう……フフ

凛「……それも微妙かな」

卯月「……だよね!」

未央「ご、ご挨拶だねぇ……しぶりんうづきん!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:47:49.85 ID:w9hVE17ZO

凛「まあとにかく。今日の御花シンデレラのゲストは、このふたり」

卯月「島村卯月でーす!」

未央「本田未央でーす!」

凛「付き合いの長さなら、奈緒や加蓮にも負けないよね」

卯月「私、事務所に入る前から凛ちゃんのこと知ってましたよ?」

未央「えっ、しぶりんの知名度すごくない?」

<しぶりんの話、久しぶりん……あ、あれ?


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 23:57:02.19 ID:w9hVE17ZO

凛「確かに。私が卯月を知ったのは、事務所に入ってからのはずだけど……」

卯月「凛ちゃんが、変なお兄さんに絡まれてるのを見ました!」

未央「あー、ナンパかー! どんな人だった?」

卯月「えっと。よれよれのスーツにネクタイで、寝癖とかあって……」

凛「うんうん」

卯月「なんかクマさんみたいな、でもお兄ちゃんがいたらこんな感じかなって雰囲気で……」

未央「ふんふん」

卯月「なんか、いろいろ女の子の扱いがうまそうな人でした!」

未央「くー! とんだすけこましだね!」

凛「……あのさあ」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:04:46.25 ID:Dll1OKr4O

卯月「大変でしたね、凛ちゃん……」

未央「ホントだよ、まったく」

凛「……それ、プロデューサーじゃないの?」

卯月「え?」

未央「……と、いうことは……プロデューサーがしぶりんをナンパ?」

凛「いやいや。してくれるわけないじゃん」

未央「あ、それもそっか」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:14:21.30 ID:Dll1OKr4O

未央「でもさ、プロデューサーにそんな甲斐性あるの?」

凛「病弱な女の子の夢を叶えてアイドルにしてあげたり」

凛「田舎娘を、見違えるようなアイドルに目覚めさせたり」

凛「はぴはぴしてる子をもっとはぴはぴさせたり」

凛「元秘書を口説いてデビューさせたり」

凛「だらだらだらだらしてる子を、いつの間にかステージに立たせたり」

凛「サンタクロースをどこからか拾ってきてスカウトしたり」

凛「家族と同じように名前を呼ばせるぐらい、ていうかあの子と友達になれるぐらい気を許させたり」

凛「巫女もシスターもお構いなくさらってきたり」

凛「組の御嬢だけじゃ飽き足らず、トレーナー姉妹にまで手を伸ばしたり」

凛「……するぐらいの甲斐性はあるかな」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:23:40.78 ID:Dll1OKr4O

卯月「なんだかよく分かりませんけど、プロデューサーさんってすごいですね!」

未央「誰もがデビューしちゃうもんね!」

凛「たまに思うけど、あの人何者だろう……」

卯月「深く考えたら負けな気がしますよ!」

未央「そ、そうだね……運命ということで!」

凛「そうそう。私達が出会ったのも運命運命」

<むふ、運命の王子様がとても待ち遠しいです。むふふ

<そうですね~、ついぺろぺろです~


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:30:32.94 ID:Dll1OKr4O

凛「……あ、時間が押してるのに。いつものお喋りになってるじゃん」

未央「あはは……ま、それも運命だね!」

卯月「おおー。今度はかっこいい感じです!」

未央「うはー、褒めるな褒めるな!」

凛「時間が押してるんだってば……」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:37:29.42 ID:Dll1OKr4O

卯月「そういえば凛ちゃんは、この収録のあとどうするんですか?」

未央「あ、この辺って美味しいデザートの店、いっぱいあるって聞いたんだー!」

凛「そうなの? なら、三人で回ってみる?」

卯月「良いですね、食べ歩きしましょう!」

未央「おお、青春だねぇ!」

凛「もう、ふたりとも……ふふっ」

卯月「えへへー、つい……」

未央「そういうしぶりんも、楽しみなくせにー。ねぇ?」

凛「……秘密だよ」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:46:01.39 ID:Dll1OKr4O

凛「ん……時間もいい頃合いだね」

凛「ほらふたりとも、最後になんか言っておけば?」

未央「そ、そうだねえ……」

卯月「な、なんていえばいいんだろ……!?」

凛「なんでもどうぞ?」

<凛ちゃんこっち向いてー!

<卯月ちゃんいったれー!

<未央ちゃんかわいー!


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:52:43.17 ID:Dll1OKr4O

未央「プロデューサー、この前飲みかけのコーヒー奪ってごめん!」

卯月「プロデューサーさん、この前借りた脱ぎたてのコート返してなくてごめんなさい!」

凛「……」

未央「じゃ!」

卯月「また後でね!」

凛「まあまあふたりとも。もう一回、座ろっか?」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 00:58:15.05 ID:Dll1OKr4O

未央「ちゃんとコーヒー飲みかけにして返すからー!」

卯月「ちゃんと脱ぎたての衣装で返しますからー!」

凛「うん。反省会しようね。プロデューサーに迷惑かけたお詫びに」

未央「ゆ、許してくださいお代官さま! このとーり!」

卯月「あ、反省会場はケーキ屋さんがいいです!」

凛「……そうだね。後でじっくり話そうね」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:03:44.21 ID:Dll1OKr4O

凛「まあ、こんなとりとめもない話ばっかりしてるんだよね、ふたりとは……」

凛「ゆっくりと話す時間も、たまにはいいものだよね。楽しいからさ」

凛「はっと気が付いたら、時間が過ぎちゃってたりすることもあるんだ」

凛「だけど、楽しいものは楽しいから、やっぱり仲間と話す時間は大事だよ」

凛「めだつのも必要だけど、こっそり内緒話もしたりして……」

凛「だとすれば、私も意外と、女の子してるってことかな?」

凛「よかったら、また会えるといいね。それじゃ……」


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:14:12.73 ID:Dll1OKr4O

凛「……ふふ。もう収録は終わるよ? まゆ」

まゆ「せっかくお話に来たのに……寂しいこと、言わないでくださいね」

凛「残念だけど、ふたりが待ってるからさ……」

まゆ「うふ。すぐ終わりますよぉ」

凛「そうかな?」

まゆ「ええ……すぐ」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:21:26.11 ID:Dll1OKr4O

凛「それで、話って?」

まゆ「まゆはPさんに、とぉっても感謝してるんですよぉ」

凛「うん」

まゆ「Pさんのもとでアイドルに……まゆは幸せ者です」

凛「……うん」

まゆ「だから、まゆはPさんにお返しをしなくちゃならないんです」

凛「……それから?」


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:30:09.39 ID:Dll1OKr4O

まゆ「Pさんに貰ったたくさんの愛情を、きちんと返してあげられるのはまゆ。それだけですよぉ」

凛「……ふふ」

まゆ「……?」

凛「それは間違いだよ、まゆ」

まゆ「間違い?」

凛「プロデューサーに愛情、返してあげられるのは、まゆだけじゃないからね」

まゆ「そんなことないわ。ねぇ?」

<うおおー! まゆちゃーん!

凛「そんなことないよ。ね?」

<そうだそうだー! 凛ちゃーん!


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:37:55.09 ID:Dll1OKr4O

凛「プロデューサーへ恩を返せるのは私のほうだよ」

まゆ「Pさんに愛情を渡せるのはまゆのほうですよぉ」

凛「プロデューサーに愛を伝えられるのは、私だから」

まゆ「Pさんを愛せるのは、まゆですから」

凛「プロデューサーの隣は私が!」

まゆ「Pさんを支えるのはまゆが!」

凛「プロデューサーは私と!!」

まゆ「Pさんはまゆと!!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:43:42.35 ID:Dll1OKr4O

凛「ほら、まゆはプロデューサーの好きな食べ物とか、知らないでしょ?」

まゆ「そんなことありません……もちろん、好きな料理も趣味も特技もぜーんぶ知ってます」

凛「またまた。付き合いの一番長い私が、最も良く知ってる」

まゆ「あら、付き合いの長さじゃないでしょう?」

凛「まあ……それはそうだけど」

まゆ「なら、まゆが一番の可能性もある……」

凛「そうかもね。そうかもしれないね」

まゆ「……」

凛「……」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:49:54.61 ID:Dll1OKr4O

卯月「……お腹すきました」

未央「……そうだね」
卯月「いつまで続くんでしょう?」

未央「さあ、あのふたり次第じゃない?」

卯月「……あ、あそこにいるのプロデューサーさんじゃないですか?」

未央「ん? あ、ほんとだ!」

卯月「プロデューサーさーん! どこ行くんですかー?」

未央「よかったら、今からあたしらとケーキ屋さん行こうよー!」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 01:56:03.55 ID:Dll1OKr4O

凛「はぁ、はぁ……」

まゆ「ふぅ……」

凛「な、中々やるじゃん……」

まゆ「そちらこそ……」

凛「……」

まゆ「……」

凛「……とりあえずケーキでも食べに行く?」

まゆ「……うふ。お供しますよぉ」

凛「よし。じゃあ、ふたりに合流しようか」

まゆ「うふふ。はぁい」


104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 02:04:34.43 ID:Dll1OKr4O

凛「それじゃ、Linkラジオはこれまで」

凛「今日は聴きに来てくれて、ありがとう」

凛「今度も会えたらいいね……運命ってやつ。ふふっ」


まゆ「……凛ちゃん、あそこを見て?」

凛「え? あ、卯月と未央が……」

まゆ「どうするの?」

凛「……抜け駆けは」

まゆ「……許せませんよねぇ」

凛「ふふ……」

まゆ「うふふ……」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 02:15:12.49 ID:Dll1OKr4O

Linkラジオおしまい
いつも支援と画像ありがとう
夏に向けて加奈ちゃんや黒川さんやルキトレちゃんのステマしないといけないのでおやすみなさい


113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 02:25:35.75 ID:gb9g6PoB0

おつおつ
シリーズ物の完結は寂しくなるな
またいつか見たいんだぜ


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/26(火) 02:43:27.74 ID:jYbPflBg0

長らく乙
また会える日を楽しみにしてる



元スレ:凛「Linkラジオ、凛と続くよ」

他サイト様の最新記事