1: しきにゃんは非アイドル状態から開始 2016/02/15(月) 22:38:59.90 ID:N3Z3jnCAO

キミはいつもオンナノコのニオイをたっぷりつけて帰ってくる
だからあたしはそれを塗り潰す

それでも

キミの夢の中までは
あたしで満たすことはできない


2: R18…には届かない、はず 2016/02/15(月) 22:53:36.81 ID:N3Z3jnCAO

「んふふー、おはよ」

「…おはよ…」

「また美嘉ちゃんのこと考えてた?熱心だねー『プロデューサー』」

「…マジか。寝言くらい勘弁してくれよ」

「まーキミからは唾液のニオイはしないからね?許してあげよー。なんて、にゃははははっ」

あたしの胸の中に渦巻いている何か
これが、嫉妬なのかなー?
あたしのニオイで満たせない不満と
あたしのニオイを塗り替えられる存在への興味がせめぎ合う

「ねーねー、美嘉ちゃんに一回会ってみたいなー♪」

「流石に最前線のアイドルに対して、はいそうですかってわけにはいかねーよ。それに…」

「それに?」

「お前の考えていることくらい大体予想がつく」

「…♪」

そして、あたしたちはまた交わる


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:04:05.50 ID:N3Z3jnCAO

「んじゃ行ってくる」

「はーい♪」

はいそうですか、って引き下がらないのも
カレはわかっているだろう
そろそろ、美嘉ちゃんがどんなコなのか…
見てみたいと思った
もっと詳しく、ニオイを知りたいと思った

「さてさて…」

とはいえ、細かいスケジュールを聞き出すことは出来ていない
普通の相手ならちょちょいとニオイを嗅がせればいいけど
カレはあたしの薬に対して、驚異的な耐性があるのだ
それが、あたしがここにいる理由でもあるんだけど

「前のあたしなら、こんな悠長なこと考えなかったよねー」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:14:15.83 ID:N3Z3jnCAO

これは実験
最終的には、総当たり
何日くらい、繰り返したかな?

「ねー、そこのキミ♪」

「…アタシ?」

「キミだよキミ♪」

…ビンゴ
カレのニオイと『カレから一番強く感じる』ニオイ
姿は繕っているけれど
ニオイまでには意識は向いてない
あたしは、確信と共にクスリを振りまいた


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:29:12.71 ID:N3Z3jnCAO

「…ん…」

「目覚めはどうかな城ヶ崎美嘉くん、にゃははははっ♪」

「…アンタっ、一体なんのつもり…!」

「変な事はしないよ?あたしはただ、キミのニオイにキョーミがあるだけ♪」

「…やっ…!」

…なるほど
やっぱり、いいニオイがする
カレが夢中になるのもよくわかる

「このっ…ヘンタイっ!」

「協力してくれたら、キミのプロデューサーの極秘情報をあげよー」

「…!?」

このコは男を知らない
カレのニオイをちらつかせれば
きっと、簡単に堕ちる


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:39:48.81 ID:N3Z3jnCAO

「…アイツの何を知ってんの、アンタ…」

「そだねー…唾液のニオイとか?キスは基本的に毎日するからねー♪」

「……なっ…?!?!」

「だけど、時々寝言で美嘉ちゃんのことを言うんだなこれがー。…だから、気になったワケ」

「アイツが…アタシ…の…?」

「…キミ、かなり愛されてるよね」

美嘉ちゃんの様子が少しずつ変わっていく
下半身から感じ取れるニオイが、それを教えてくれた


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:48:55.46 ID:N3Z3jnCAO

「エッチなこと考えてるね?カレとヘンタイごっこ、したいよね?」

「ちがっ…違…うっ…!」

「美嘉ちゃんは、どんなキスをイメージしてるのかにゃー?」

クチビルとクチビルが触れ合う…その寸前

「…うにゃっ?!」

「…何やってんのさ志希」

「プロデューサーっ!?」

あたしの体はカレの腕に引き寄せられていた
あのコに意識が向いてたせいで気づかなかった
帰ってくる時間はちょっと早かったけど
まーカレと美嘉ちゃんを『あたしたちの家で会わせる』のも、目的の一つだから
これでいいんだけどね


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/15(月) 23:59:24.70 ID:N3Z3jnCAO

「…すまんな美嘉、もっとしっかり止めておけばよかった。大丈夫か?」

「え、えーと、結局そのコは…プロデューサーのカノジョなわけ?」

「…まあ、そうなるな」

「……マジ…」

美嘉ちゃんスッゴい落ち込んでる
よっぽどカレに惚れ込んでたねーこりゃ

「志希はしばらく鼻クリップな」

「…え゛っ、待ってそれって」

カレいわく、その時のあたしは死んだ魚みたいな目をしていたとか
ニオイ断ちはあたしにとって死活問題だ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:08:10.97 ID:AJkR8FlAO

…そうだ
一番聞きたかったこと、聞いてない

「ねー美嘉ちゃん、アイドルって楽しい?」

「…へ?そりゃ楽しいからやってるわけだけど」

カレが入れ込むソレにも、キョーミがあった
アイドルとプロデューサーはヘンタイごっこできないから、ってカレは言うけど
もしこんな匂いが沢山あるのなら
…面白そー♪

「…ふーん♪あたしもアイドル、やってみようかなー」

「「…はあっ?」」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 00:25:54.33 ID:AJkR8FlAO

「…で、志希はあれからプロデューサー断ちしてんの?」

「カレはマジメだからねー。匂いの補給が大変大変。ハスハスー」

「こーらっ★」

カレ断ちしてるというのはウソ
あんなにこびりついた匂いから離れるなんて、出来るわけない
…鼻クリップしながらのヘンタイごっこは
新しい何かに目覚めちゃいそうだったケド

「美嘉ちゃんもアイドル一段落したら、抱いてもらうといいよー♪」

「だから違うっての!」

あたしは知ってるよ
あの日から、キミから漂うオンナの匂いが強くなってること♪


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 18:46:17.84 ID:AJkR8FlAO

「で、どーよ調子は」

「いやいや、こんなに楽しいとは思わなかったねー。匂い集めもはかどるはかどる♪」

「…動機はともあれ、楽しんでるようだな」

「…だけど」

「ん?」

「やっぱり、キミがいないと足りないなあ…」

そして、キミはあたしだけでは足りない
キミの夢の中では美嘉ちゃんとあたしがオセロのように入れ替わり、舞い踊っている
このアンバランスさは変わらないまま

「…あたしは、美嘉ちゃんを超えたい」

「……」

「キミを取られるとは思ってないけど、負けたくない」

…あたしをこんなにしたのは、キミなんだよ?


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 22:19:22.45 ID:o1G4tciAO

「キミ…気づいてるよね、美嘉ちゃんの気持ちにも」

「……そう言われても」

あたしたちの出逢いは、化学反応を起こした
美嘉ちゃんも、キミのオンナになりたいと思っている
あの匂いは、そういうことなんだ

「おまえと美嘉を混同してるつもりはないんだが…これ以上どうすればいいのかな」

「…んふー…あたしにもわかんない」

あたしはキミのオンナで
あのコはキミのアイドル
キミは、ちゃんと区別していたはず
じゃあなんで、あたしはわざわざアイドルになったのか

…それは

アイドルとしても、キミを独占したかったからなんだろうね
どの夢の中でも、キミのモノでありたい
…夢では匂いはかげないんだ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 22:41:08.95 ID:o1G4tciAO

「んちゅ…んう、美嘉ちゃんは、キミのことを考えて…シてるよ」

「……おまえなー…」

「にゃはははっ、流石にこんなこと言ったら考えちゃうよね♪」

あたしだけでは作れない匂い
…なんでだろ
美嘉ちゃんに作られたキミの匂いも
あたしは…ダイスキなんだろう?
塗り潰してるつもりだったのに
あたしの中にも、美嘉ちゃんの匂いがこびりついていたのかな?
キミを通して、あたしの中に

「はにゃ~…お疲れ様。今日は何回イったかなー♪」

「なあ志希」

「んー?」

「…愛してる」

「♪」

匂いで気持ちはわかってはいるけれども
言葉で改めて伝えてくれるのは、なんだか嬉しくなる


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/17(水) 23:05:21.93 ID:o1G4tciAO

「そーそー。キミは元々あたしをアイドルにする考えはなかったのかにゃ?」

「おまえ飽き性だし。…それ以上に俺は、おまえを独占したかったんだろうさ。志希って女を」

カレいわく、アイドルは幻想を売るものらしい
誰か一人のモノではない、という幻想だ
カレはあたしを、男がいてもおかしくない雰囲気…要は素のあたしを売り出したワケだけど

「癖を除けば、おまえレベルの逸材はそうはいない。それこそ、美嘉に負けないと俺は考えている」

「…ふーん…」

これまであたしをアイドルにしなかったのは
あたしに負けず劣らずの独占欲の仕業のようだ
やろうと思えば、騙し騙し売り出すことはできたのだから

「つくづくキミも筋金入りのヘンタイだよねー♪」

「…今それ言うかな?」

「遠回しの羞恥プレイみたいな感じ!にゃはははっ♪」

「…こいつ」

「うひゃあっ♪」

キミだけが知っているあたしのハダカを
みんな想像するんだから


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 15:23:37.57 ID:Nynm6gDAO

レッスンに充満する汗の匂い
お仕事に充満する様々な欲望の匂い

「お?今日の美嘉ちゃんすごく気合い入ってるカンジ♪」

「そりゃ当たり前でしょ?」

…髪型や衣装以上に変化を見せる美嘉ちゃんの匂い
入り混じって、あたしを刺激する
あたしに足りなかったものは
あたしを脅かす存在を強く認識することだったんだと思う

…そういう意味では
美嘉ちゃんの存在は欠かせなくなっていた
ライバル?ううん、それじゃ表し切れない


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 15:59:00.90 ID:Nynm6gDAO

あたしたち三人は、触れ合う度に熱を増す
冷める暇もなく、焦げていく

「おまえが泣いたの、いつ振りだっけ」

「…あれ?」

「今日はよく頑張った、お疲れ様」

「…うん」

欠伸ではない、涙
カレの胸の中で、いつの間にかあたしは泣いていたらしい

「しかし、ここまで美嘉と相性ぴったりとはなー」

「………♪ そだねー、ふっふー♪」

「何だその顔、変なこと言ったか?」

「別にー?」

…ここに至って、ようやく気づいた
キミが、あたしだけでは足りないというのは正しくない
前から、キミはあたしと美嘉ちゃんの二人で作ってたんだ
お互いに塗り潰してたんじゃない
知らない間に、二人で満たしてたんだ

…じゃあ、三人が一緒に
強く強く触れ合ったら
それぞれにどんな反応が起きるのか
本気で、試してみたくなった


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 16:09:52.17 ID:Nynm6gDAO

「美嘉ちゃん」

「…どしたの志希、そんな改まって」

「ちょっとね、マジメな話」

「…何さいったい、気になるじゃん」

恐らく美嘉ちゃんを誑かすのはそこまで難しくない
オンナの匂いが、日に日に洗練されているから
カレをずっと、欲しがっているから

「って言っても、あたしたちどっちも得する話だよ?」

「志希のその言い方、余計怪しくない?」

「ありゃ?」

回りくどいのは、らしくない
…言っちゃおうか

「今日は、冗談じゃないからね。本気の本気」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 16:10:46.10 ID:Nynm6gDAO

あたしと
キミと
カレと
三人で
ヘンタイごっこ、しよ?


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 16:17:25.46 ID:Nynm6gDAO

おしまい
志希がいろんな気持ちを抱えて翻弄されてる感じを出したかったのでした

略したアレな部分は今から別スレを立てます


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/18(木) 16:26:54.29 ID:Nynm6gDAO

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455780240/
こっちでエロ部分投下していきます
ではお疲れ様でした



元スレ:一ノ瀬志希「嫉妬と」城ヶ崎美嘉「興味」

他サイト様の最新記事