1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 00:07:18.76 ID:bHpd/iGlO

炬燵少女「何で暗い顔をしてるかって?」

炬燵少女「いえ、別に」フッ

炬燵少女「いひゃい!いひゃいれしゅ、やめへくらひゃい!」

炬燵少女「ほっぺが伸びたらどうするんですかー!もう!ヒリヒリします…」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 00:20:37.25 ID:bHpd/iGlO

炬燵少女「顔がむかついたからとか酷い!」

炬燵少女「え?別に何でもないですってば」

炬燵少女「大したことじゃあないです」

炬燵少女「いえ…もう春じゃないですか」

炬燵少女「そろそろ炬燵は用無しの季節かなって…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 00:29:07.21 ID:bHpd/iGlO

少女「過ぎてしまえばあっという間でしたねぇ」

少女「ええ、ええはい。不法侵入を通り越して不法居候で春を迎えました。ありがとうございました」

少女「これからですか?どうしましょうねえ」

少女「ええ、全くの無計画ですよぅ」

少女「まぁぼちぼち考えます」

少女「あ、ワタシも蜜柑食べます!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 00:37:13.91 ID:bHpd/iGlO

少女「どうしたんですかニヤニヤして。恐いです」

少女「いひゃいれふ」

少女「何ですかこの紙袋?」

少女「いぃー??ゲームですか」

少女「面白いんですか」

少女「パーティーゲーム?パーティーするんですか独りで。寂しい人でいひゃいいひゃいぃ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 00:44:21.10 ID:bHpd/iGlO

少女「このリモコンを握るんですね」

少女「キャラを作る?へえ~」

少女「あははははははは!似てますねあなたそれ、すごく!」

少女「何ですか褒めてるんですよう。ほほほ」

少女「ワタシも作っていいんですか。ほお、まずは骨格を…」

少女「髪の色は…身長はこれくらいで…できました!」

少女「…何で笑ってるんですか」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 00:57:00.61 ID:bHpd/iGlO

少女「振ればいいんですね」

少女「…っ…っ…っ」ブンブンブンッ

少女「…っ…っ…っふおぉ!?」ヒュンッ バゴン!

少女「おわああ…ご、ごめんなさい!」

少女「…………な、なんとか大丈夫みたいです!壊れてないです使えます!」

少女「え?ストラップ?手首に巻くんでしたか」

少女「次ぶん投げたらお前も同じ目に合わせてやる、みたいな顔でみないでください…」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:02:23.51 ID:bHpd/iGlO

少女「もうゲームおしまいですか」

少女「あれ?いつの間にかこんなに時間経ってたんですね」

少女「面白かったです、またやりましょう!」

少女「あの相性ゲームとかまたやりましょうね」

少女「見事に全問不正解とか、逆に面白かったですけど」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:07:41.32 ID:bHpd/iGlO

少女「…」モグモグ

少女「あはは」

少女「…」モグモグ

少女「えーそれはない」

少女「…」モグモグ

少女「あ、蜜柑無くなっちゃいました」

少女「テレビ見ながらだとつい食べ過ぎてしまいますよねえ」

少女「え、もう買い置きの蜜柑ないんですかあ!?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:12:58.09 ID:bHpd/iGlO

少女「…」スヤスヤ

少女「ん…あ、おかえりなさい…」

少女「ごはんにします?おふろにします?」

少女「それとも、こ・た・つ?」

少女「え?炬燵?まじですか」

少女「たまにはいいかなって?」

少女「えへへ」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:18:55.40 ID:bHpd/iGlO

少女「炬燵といえば鍋ですが」

少女「ワタシは意外と辛いものもいける口なんですよ。キムチ鍋とか」

少女「最近はトマト鍋とか色々ありますよね」

少女「ああ、おでんもいいですねえ」

少女「それで、今日の夜ご飯は?」

少女「何でもやし炒め!?」

少女「え、金欠?」

少女「ゲーム買ってお金無くなった!?ば、バカっ!!!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:24:18.99 ID:bHpd/iGlO

少女「ええ、はい。バカは言い過ぎでした。ごめんなさい」

少女「でも大丈夫なんですか?生活してけます?」

少女「ご飯ケチれば来月まで何とか?」

少女「…分かりました」

少女「ワタシも協力します!」

少女「はい、蜜柑を我慢します!!!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:34:42.80 ID:bHpd/iGlO

少女「炬燵のいいところ」

少女「暖かいこと。これはダントツでいいところです」

少女「そして机としても使えること。暖まりながらご飯食べたりできる訳です。これ一つで!何て便利!」

少女「そしてそして…これは個人的に声を大にして言いたいいいところ」

少女「炬燵で食べる蜜柑は最高!!!」

少女「一週間我慢したあとの蜜柑だとさらにおいひいですっ!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:39:04.57 ID:bHpd/iGlO

ヴーヴーッ

少女「?ああ、電話ですか」

少女「あの人今お風呂なんですが」

ヴーヴーッ

少女「長いですねえ。大事な要件とかでしょうか」

少女「出てもいいんですかね」

少女「ここを押すのかな?」ピッ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 01:45:46.38 ID:bHpd/iGlO

『遅い!』

少女「へっ?」ビクッ

『あとで電話するって言ったじゃんか!何してたわけ?待たせるとか酷くない?最低。最悪だし。だいたいアンタさぁ』

少女「え、あの、えと」
『あ?あれ、アタシ番号違えた?』

少女「いえ、あの、あの人は今」

『何、妹とかいたっけ?聞いてないし。まあイイや。で、アイツは?』

少女「………」

『おーい聞こえてる?なぁ?おい、アイツは』ブチッ

ツーツーツー



少女「…………なにいまの」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 02:04:55.85 ID:bHpd/iGlO

少女「ああ、さっぱりしましたか」

少女「あ、さっき携帯が鳴ってましたよ

少女「女の人からでした」

少女「気が強い方がお好きなんですねえ」

少女「何のことって…」

少女「え、全く知らない番号?じゃあ本当に間違い電話だったのかあ」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 02:23:38.38 ID:bHpd/iGlO

少女「てっきり彼女からかと思っちゃいましたよう」

少女「まあそんなわけないですよねえ。ほほほ」

少女「え?」

少女「またまたぁ」

少女「え?マジなんですか?」

少女「告白されたんですか!?」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 02:39:46.08 ID:bHpd/iGlO

少女「どっどどど、どちら様から…?」

少女「学校の後輩の方が…」

少女「そうですか…」

少女「何ていうか…」

少女「おめでとうございます!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 02:43:30.48 ID:bHpd/iGlO

少女「え、まだお返事してないんですか!?」

少女「考えさせて欲しいって保留した?」

少女「はぁ…ヘタレが」

少女「ほ、ほんとおのことじゃあないですかあ!」

少女「あなたは、その人のことが好きなんですか?」

少女「じゃあ嫌いなんですか?」

少女「自分に素直になって、ありのままを伝えればいいんじゃあないですか?」

少女「がんばってください」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 02:45:38.84 ID:bHpd/iGlO

少女「おかえりなさい」

少女「で、どうでしたか?」

少女「…………」

少女「おめでとうございます!!!」

少女「人生初の彼女じゃないですか!」

少女「え、なんで知ってるかって?見れば分かりますよねえ」

少女「なに落ち込んでるんですかあ?」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 02:48:00.51 ID:bHpd/iGlO

少女「なんだかワタシまで嬉しくなりますねえ」

少女「いやーおめでたいですねえ」

少女「デートとか行くんですかあ?」ニヤニヤ

少女「ほお、映画ですか。ベタですね!」

少女「いひゃり」

少女「楽しんできてください!えへへ」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 02:52:09.00 ID:bHpd/iGlO

少女「おかえりなさあい」

少女「うわあニヤニヤしてる…」

少女「楽しかったみたいですねえ」

少女「え、お土産ですかあ?ケーキ!やったあーありがとうございます!」

少女「ご機嫌ですねえ」

少女「手を繋いだと」

少女「自分から頑張ったと」

少女「すごいじゃないですかあ。見直しました」

少女「あなたらしくて安心しました。いや、深い意味は無いですよ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:03:47.21 ID:bHpd/iGlO

少女「ふあぁ…おふぁよおごぜえましゅ…おひゃやいでしね」

少女「おでかけでしかあ…?」

少女「でえとですかあ?あ、バイトですかあ」

少女「はあい。いってらっしゃあい。ふあぁ…」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:09:39.31 ID:bHpd/iGlO

少女「お帰りなさい」

少女「雪見大福!わあああああああい!」

少女「幸せのお裾分けってヤツですか?彼女さんと上手くいってるみたいですねえ」

少女「幸せオーラが漏れ出てますよ」

少女「これでワタシも安心です」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:12:34.95 ID:bHpd/iGlO

少女「今度のデートは決まってるんですかあ?」

少女「はいはい。え?」

少女「お家?」

少女「この家ですか?」

少女「………はあそうですか」

少女「ではワタシは」

少女「え、居ても問題ないって?」

少女「いもうと?」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:20:44.28 ID:bHpd/iGlO

少女「ワタシ妹ってことになってるんですか」

少女「だから大丈夫だと」

少女「はは、あなたって面白いですね」

少女「あはは。えへへへ」

少女「ありがとうございます。何か、嬉しいです」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:22:15.95 ID:bHpd/iGlO

少女「おでかけですか」

少女「ああ、彼女さんを迎えに行くんですね」

少女「お気をつけて」

少女「行ってらっしゃい」



少女「お幸せに」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:27:53.42 ID:bHpd/iGlO

彼女ができた。
人生で一番幸せなのが今なんじゃないかというくらい、彼女とは上手くいっている。



そして、あの炬燵好きの居候が消えた。


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:37:18.21 ID:bHpd/iGlO

彼女を初めて家に招いたあの日、帰ってきたら炬燵の中はもぬけの殻だった。

書き置きも挨拶もなく、突然すぎる別れだった。


今になって思う。
あれは、座敷童とかそういうものだったんじゃないかと。
生意気で怠惰な、幸せを分け与えてくれる不思議な存在。
その対価が蜜柑なら、安いもんだよな。

まあ、そんなの考えすぎだろうけれど。


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:41:15.86 ID:bHpd/iGlO

「ただいまー…っと」

すっかり口癖になってるな。

でも、こんなちょっと肌寒いような日には思うんだ。
炬燵に丸まってるアイツが、顔だけひょこりだして「おかえりなさい」って出迎えてくれるんじゃないかってー…





炬燵少女「あ、おかえりなさあい」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:45:29.79 ID:bHpd/iGlO

「………………………」

少女「今日は冷えますねえ」

「………………………」

少女「あっ!それ、その右手の袋の中!蜜柑ですね!」

「………………………」

少女「やっぱり流石、気がききますねえ!」

「………………………」

少女「なんですかあ、黙って近づいてきひゃいひひゃはひれしゅふゅゆ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:48:48.40 ID:bHpd/iGlO

少女「いやあ実はですね」

少女「もうそろそろ、これくらいの気温なら大丈夫かなあと思ったんですが」

少女「最近また肌寒い日が続いたじゃあないですかあ」

少女「そしたら炬燵恋しくなるじゃあないですかあ」

少女「それで、何となあくここを覗いてみたら…」

少女「まだ炬燵が出てるじゃないですかあ!そりゃあ入るっきゃないでしょう」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 03:53:23.81 ID:bHpd/iGlO

少女「わかってますよう!不法侵入ごめんなさい!でも、警察はダメ!」

少女「…あれ?違う?」

少女「なんでちょっと笑ってるんですかあ?」

少女「いいことあったんですかあ?」

少女「え、蜜柑?食べたいです!」

少女「やったあ!ありがとうございます!」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 04:02:26.19 ID:bHpd/iGlO

「ただいまー」

炬燵少女「おかえりなさーい!」

「お土産」

炬燵少女「雪見大福!」

「蜜柑もあるぞ」

炬燵少女「やったああ!ありがとうございます!」

「炬燵で食うか」

炬燵少女「はあい!」



炬燵少女「おいしいですねえ。幸せです」

「そうだな」

炬燵少女「えへへへー」


おわり


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/24(日) 04:02:57.48 ID:bHpd/iGlO

オワタ

ワタシ、ネル



元スレ:炬燵少女「そろそろ潮時ですか…」

他サイト様の最新記事