1: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:16:12.26 ID:y9ACx6QDO

ドサッ…

P「ぐはっ!」
P「…に、仁奈、一体なにを…」

仁奈「…プロデューサーにはいつも言ってるですよ…」
仁奈「仁奈のキグルミは、ただのキグルミではごぜーません。仁奈の分身でやがります」ゴゴゴゴゴ…

P「…あ、ああ……な、なんだよ、その…でけぇきぐるみ…!」

仁奈「仁奈のキグルミを汚すことは、仁奈を汚すことでごぜーます。その分の罰は。きっちと取って頂くですよ!」ブオォッ

P「…っ! ぐああああああ!!」モフモフー!



凛「…」
凛「あの二人は、なにをしてるの?」

奈緒「遊んでんじゃね?」ポリポリ


2: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:22:24.44 ID:KBVcpFdJo

P「…」デデーン

奈緒「ぷっ。な、なんだよプロデューサー、その格好…!」アハハ

P「……笑うなよ」

仁奈「ふっ。これで少しは、汚されたヒツジの気持ちになるですよ」モフモフ

P「……」モフモフ

凛「きぐるみ、汚しちゃったんだ?」

P「あ、ああ。コーヒーこぼしちゃってな」

仁奈「事務所は危険だらけですよ。みなさんすぐ仁奈のキグルミを汚しやがります」フンス

モフモサー

凛(まあ、事務所の至る所に仁奈のきぐるみがあるのも問題だと思うけどね)

奈緒「あたしらは気をつけるよ」ポリポリ

仁奈「…」ゴゴ

奈緒「…? 仁奈?」

仁奈「…奈緒おねーさん…足元を見るですよ…」


3: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:30:00.62 ID:y9ACx6QDO

奈緒「え? …あっ」

P「なっ…い、いつの間にか、奈緒の足元にきぐるみが…!?」

ゴゴゴゴ…

仁奈「…お菓子の食べかす…こぼしやがりましたね…?」ゴゴゴ…

奈緒「いや、ちが、…って、きぐるみを床に放置しているのが悪いんじゃねえの!?」

仁奈「問答無用! で! ごぜーます!」モフモフー

奈緒「やめっ……ぬあああ!」モフモフー

P「それ女の子が出す声じゃないぞー」モフモフ

凛「プロデューサーこそ、それ、プロデューサーがする格好じゃないよ」


4: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:36:15.68 ID:KBVcpFdJo

奈緒「……」デデーン

凛「奈緒は狼だね。可愛いよ」

奈緒「う、うるせえ」

P「ほう。なら羊の俺は狼のお前に食べられてしまうわけか」

奈緒「食べねえよ! なに言ってんだこの変態プロデューサー!」//

仁奈「? なにが変態です?」

凛「何でもないよ」

仁奈「プロデューサーを食べるのは仁奈でごぜーます!」ガオー

P「こら」


5: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:40:16.75 ID:y9ACx6QDO

仁奈「こうして悪は去ったですよ」

P「あ、これで許してくれるんだ…ずいぶん可愛いお仕置きだな…」

仁奈「ですが、まだまだ仁奈のキグルミにひどいことをする輩はたくさんいるでごぜーます」
仁奈「心を鬼にして! 今日から仁奈は、必殺仕事仁奈でごぜーます!」

凛(……楓さんが事務所にいないのが残念だな…)

P「とか言いつつ、みんなにキグルミを着て欲しいだけなんじゃないのか?」

仁奈「そ、そんなことねーですよ?」ワタワタ

P「図星か」

奈緒「…おーい…これもう脱いでもいい…?」ハズカシイッテ…


6: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:45:09.84 ID:KBVcpFdJo






乃々「えっと…も、もう帰っていいですよね…?」

P「ん? ああ大丈夫だぞ。お疲れさん」
P「…いつもなら黙って帰ろうとするのに。成長したな」ハハ

乃々(黙って帰ろうとすると、いっつもなぜか先回りするんですもん、…プロデューサー…)
乃々「お、お疲れさまでした…あの、明日は来ませんけど…」

P「いや来いよ」

乃々「むーりぃ」タタッ

P「走ると転ぶぞー」

ムギュ

乃々「ふぎゃ」ビタンッ

P「ホントに転ぶのかよ」


7: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:48:57.58 ID:y9ACx6QDO

乃々「…」イタイ…

P「大丈夫か?」

乃々「うぅ、は、はい…えっと、クッションが下にあったみたいで…」

P「? 事務所の床に、クッションなんて… はっ!?」

乃々「?」


ゴゴゴゴゴ…


P「に、逃げろ乃々! 奴が来る!」

乃々「え、え?」オドオド

カッ

「もうおせぇですよ!」バサッ

P「なっ!?」

乃々「…!?? ……!?」オドオド


8: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:52:31.66 ID:KBVcpFdJo

ザッ

仁奈「キグルミ傷つくところに、必殺仕事ににゃあり! でごぜーます!」

P「…」

仁奈「…」

P「…」

仁奈「…噛みやがりました…」ジンジン

P「舌、腫れてないか?」

仁奈「……お気遣い、ありがとうでごぜーます…」ウグゥ

P(涙目可愛いなぁ)


9: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:55:05.04 ID:y9ACx6QDO

乃々「あ、ぇ、ぅ?」

P「落ち着け仁奈だ。怖くないぞ」

仁奈「む。プロデューサー、必殺仕事仁奈を舐めやがってますか?」

P「いや、別に舐めてるわけじゃないが…」

仁奈「乃々おねーさん!」ガーッ

乃々「! は、はいぃっ」

仁奈「先ほど倒れたとき、床にあった仁奈のキグルミに顔をぶつけやがりましたね?」

乃々「あ、えと、えと……ちが」

仁奈「違わねーですよ!」カッ

乃々「ひぅ」

P(なぜきぐるみ姿の九歳児に押され気味なんだ、乃々よ)


10: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 00:58:12.43 ID:KBVcpFdJo

仁奈「……そのときに…ご覧の通り、化粧がついちまったですよ…」ゴゴゴゴ…

乃々「…」アワワワ…

P(かわいそうに…乃々はもう目を逸らすことしかできないようだ)

仁奈「乃々おねーさん。悪いですが、おねーさんには罰を受けてもらうですよ」ゴゴゴ…

乃々「…」ヒィィィ…
乃々「ぷ、ぷろ……助け…」

P「やだ」

乃々「えっ」

P「ごめん。乃々のきぐるみ姿、俺ちょっと見てみたいんだ」ニッコリ

乃々「…う、うらぎりものー…」

P「ま、どうせもふもふするだけだしな。頑張れー」

乃々「…頑張るとか、むりですけど…!」

仁奈「とおっ!」バサッ

乃々「ひえぇぇぇ…」


モフモフー

ムーリィ!


11: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:01:04.34 ID:y9ACx6QDO

ガチャ


美優「戻りましたー …!?」ビクッ

乃々「…」デーン

美優「の、乃々ちゃん? いったいどうしたんですか…?」

乃々「……見ないで…くださいぃ…」グス

P「乃々はペンギンか。うむ、いいチョイスだな」

乃々「…だから、見ないでって、…言ってますよ?」

P「じろじろ」

乃々「…もーむーりぃー…」ウアーン

美優「こ、こらPさん。乃々ちゃんを泣かせちゃだめですよ」コツン

P「ごめんなさい」イタイ


12: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:03:44.29 ID:KBVcpFdJo

美優「それで、あの、いったいなにが?」

P「ああ。別に大したことじゃなくて…」チラ


仁奈「…もふ」zz…


P「仁奈のやつが、みんなにきぐるみを着て欲しかったって、それだけです」

美優「…はあ。なる、ほど?」


13: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:06:01.93 ID:y9ACx6QDO

ナデナデ

仁奈「…くぅ…ん…」

P「まだ小さいのに、しっかりしてますからね。素直に着て欲しいと伝えることができなかったんでしょう」

美優「…」

P「だから乃々も、仁奈のことを悪く思わないでやってくれな」ナデナデ

乃々「…ん…は、はい。分かってますよ…」

P「そっか」

美優「…ふふ」
美優「Pさんは仁奈ちゃんのお父さんみたいですね」

P「そうですか?」

美優「はい」ニコ


14: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:15:25.98 ID:Rniig0uco

仁奈「もふ」ン…

美優「…しょっと」

P「膝枕ですか」

美優「はい。今日は仁奈ちゃんをこうしてあげる約束でしたから」ナデナデ

仁奈「…ふふ…♪」ムニャ

P「なるほど」

美優「仁奈ちゃん起きたら、私もきぐるみ、着せられるのかなぁ…」

P(それは見るまで帰れない!)

乃々「…あの、…帰っていいですか……?」


15: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:18:16.62 ID:y9ACx6QDO






バンッ

仁奈「おはようごぜーます!」

P「おー仁奈。今日も元気だな」

仁奈「はいっ」ニパッ

P「うんうん。元気なのはいいことだな」


16: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:20:54.42 ID:Rniig0uco

ガチャ

幸子「おはようございます」

P「おう」カタカタ

幸子「む。なんですかプロデューサーさん。ボクが来たのに、そんなつれない挨拶一つでいいと思ってるんですか?」

P「ごめん。幸子が可愛過ぎて言葉に詰まってさー」カタカタ

幸子「…そ、そういうことでしたか。なるほど! いいんですよ。プロデューサーさんのような方には、ボクの可愛らしさは刺激が強すぎますからね!」フフン

P(ちょろ可愛い)カタカタ…


17: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:22:18.41 ID:y9ACx6QDO

幸子「さて、今日のボクのスケジュールはっと…」

仁奈「…」ジッ

P「…」カタカタ
P「なあ、仁奈」

仁奈「は、はい。なんでごぜーますか?」

P「……うん、えっとな」
P「そんな風にして理由をつけようとしなくても、お前が素直にお願いすれば、うちの事務所のみんなはきっと聞いてくれると思うぞ」

仁奈「……。な、なんの話でごぜーますか?」ダラダラ

P「ごまかせてないな」


18: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:23:27.68 ID:Rniig0uco

ポン

仁奈「わぷ」

P「もっと甘えていいんだぞ」

仁奈「…」

P「…」ナデナデ

仁奈「…えへへ」
仁奈「そう、ですかね」

P「ああ」

仁奈「…ふふ。はい。仁奈、分かりやがりましたよ」

P「そっか。いい子だ」ナデナデ

仁奈「♪」ムフー


19: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:24:26.77 ID:y9ACx6QDO

仁奈「では行って来るですよ!」

P「うん」



仁奈「幸子おねーさん! おはようでごぜーます」

幸子「おや仁奈ちゃんですか。今日もあなたはカワイイですね。まあボクほどではないかもしれませんが」フフ

仁奈「お願いがあるですよ」

幸子「? なんですか」

仁奈「仁奈と一緒にモフモフしてくだせー!」

幸子「えっ」
幸子「も、…もふもふですか?」



☆その後、事務所のみんなでモフモフしました。   おわり


20: ◆Yp6JbenLlg 2013/05/16(木) 01:26:04.70 ID:Rniig0uco

正直最初の5レスだけ思いついてノリで立てたらよく分からんオチになった。
反省します。

依頼出して寝る。読んでくれたらありがとう。


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/16(木) 01:27:44.05 ID:aG5KV5Ks0


めっちゃ癒された



元スレ:仁奈「これはヒツジの分!」モフッ

他サイト様の最新記事