1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 00:58:49.42 ID:ix0dUzeuo

千早「むぅ……」

真美「あれれー?千早お姉ちゃんどうしたの?何だか表情が随分険しいけど」

千早「あら真美じゃない、いつの間に来ていたの?気づかなかったわ」

真美「うん、今さっき来たところなんだけど…」

千早「そうだったの、ごめんなさい…考え事をしていて気付かなかったわ」

真美「考え事?千早お姉ちゃん、そんなに難しい顔して何を考えてたの?」

千早「それほど大したことでもないんだけれど、実はね、私……」

真美「うん」

千早「今、とっても暇なのよ」

真美「ふーん、千早お姉ちゃんは暇なんだぁー……えっ?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 00:59:40.41 ID:ix0dUzeuo

千早「そう、私は今とても暇を持て余しているのよ」

真美「えっ、千早お姉ちゃん暇って……えっ?えぇっ?」

千早「どうしましょう、こんなにも暇になるだなんて思ってもいなかったわ」

真美「えっ、でもさ、千早お姉ちゃん」

千早「困ったわ、とても困ったわ…これはとても由々しき事態だわ」

真美「だからさ、千早お姉ちゃん」

千早「張り切って早めに事務所に来たものの、こうもやる事が無いだなんて」

真美「それなんだけどさ、千早お姉ちゃん…って、いい加減に真美の話を」

千早「あぁ困った困った、どうしましょう、どうしましょう」

真美「うあうあー!千早お姉ちゃんが全然、真美の話聞いてくんないよぅ!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:00:11.95 ID:ix0dUzeuo

千早「さっきからどうしたの真美?何か私に言いたいことでもあるのかしら?」

真美「うん、言いたいことっていうかさ…あのさ、千早お姉ちゃん」

千早「何よ」

真美「うちらって、今日この後、オーディションあったよね?」

千早「……」

真美「……」

千早「……はぁ」

真美「えっ、何で溜息ついたの?」

千早「真美、バカにしないでちょうだい、そのくらい分かっているわよ」

真美「あっ、それは分かってたんだね」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:00:48.93 ID:ix0dUzeuo

千早「なぜ今更そんなことを聞いてきたのかしら?私としてはそれが疑問でならないわ」

真美「だってさ、暇だ暇だって言うから、てっきり忘れてるんだとばかり」

千早「そんなわけないじゃない、私の記憶力を見くびらないでちょうだい」

真美「別に見くびってるわけじゃないけどさ」

千早「私は音無さんと違ってまだ若いのよ?失礼しちゃうわね」

真美「なんだか今、ものすごい暴言を聞いた気がするよ」

千早「むしろ忘れていたのは真美の方ではないのかしら?」

真美「えっ、何で?」

千早「あなたは自分の記憶に自信が無かった、だからわざわざ私に確認してきたのでしょう?」

真美「そんなことないよ、真美ちゃんと覚えてたもん」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:01:44.01 ID:ix0dUzeuo

千早「いいのよ、見栄を張らなくても」

真美「別に見栄なんか張ってないもん」

千早「気にすることはないのよ、人間誰だって物忘れくらいするもの」

真美「だから違うって言ってるじゃん」

千早「真美、自らの過ちを素直に認めることも、時には大事なのよ?」

真美「千早お姉ちゃん、真美の話聞いてる?ちゃんと覚えてたってば」

千早「大丈夫よ真美、私にはちゃん分かっているわ」

真美「分かってないよ、何一つ分かってないよ」

千早「でも、だからこそ尚更しっかりしなくてはね…子供だというのは言い訳にはならないわ」

真美「あれ、何で真美、今怒られてんの?……何かおかしくないかな?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:02:50.06 ID:ix0dUzeuo

千早「それはそうと、真美もどうしてこんなに早く事務所に来たのかしら?」

真美「千早お姉ちゃんそれ本気で言ってるの?」

千早「ふむ、よく分からない言い方をするわね、どういう意味かしら?」

真美「あのさ……それなんだけど千早お姉ちゃん」

千早「何よ」

真美「事務所に早めに来いって言ったの千早お姉ちゃんなんだけど」

千早「……」

真美「……」

千早「……えっ、そうだったかしら?」

真美「えー、覚えてないの?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:03:35.89 ID:ix0dUzeuo

千早「ちょっと待ちなさい真美、本当に私がそんなことを言ったのかしら?」

真美「うん、言ったよ」

千早「ははっ、またまたご冗談を」

真美「言ったってば!」

千早「ナイスジョーク!」

真美「ジョークじゃないから!」

千早「嘘だっ!」

真美「嘘じゃないよ!だから真美、こうして早めに事務所来たのに!」

千早「いやいやいや、なんでやねん!」

真美「なんでって言われても…事実なんだからしょうがないじゃん!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:04:12.64 ID:ix0dUzeuo

千早「おかしいわね……でも私にはそんなことを言った覚えが一切無いわ」

真美「えぇぇぇー」

千早「私はそんなことを言った覚えは無い、でも真美はそうじゃないと言い張る」

真美「うん」

千早「この二人の証言の食い違い…はっ!ま、まさかこれは」

真美「ん、どったの千早お姉ちゃん?」

千早「まさか……そんなはずは」

真美「だからどうしたのさ、千早お姉ちゃん」

千早「そう…そうだったのね、謎は全て解けたわ」

真美「謎っていう程のことでもない気がするんだけど」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:04:44.39 ID:ix0dUzeuo

千早「これは……そう、これは」

真美「これは?」

千早「聞いて驚きなさい真美、驚くべき事実が発覚したわ」

真美「だから何なのさ」

千早「これは、ドッペルゲンガーの仕業よ」

真美「いやいやいや!千早お姉ちゃん何言ってんの!?」

千早「なんてこと、まさか私のドッペルゲンガーが存在していただなんて」

真美「ありえないっしょ、っていうかそんなの普通に考えたら分かるよね?」

千早「おそらくドッペルゲンガーの目的はアレなのでしょうね」

真美「千早お姉ちゃん、よくもまぁ真顔でそんなこと言えるよね」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:05:27.14 ID:ix0dUzeuo

千早「きっと私に成り代わって高槻さんを我が物にするつもりね」

真美「ドッペルゲンガー、もうちょい目的選ぼうよ」

千早「何言ってるよの真美、これほど壮大にして崇高な目的は他に無いわ」

真美「そ、そうなんだ…」

千早「そして私もまた、それを目標として日々を過ごしているわ」

真美「今、なんだかとてもすごい爆弾発言を聞いてしまった気がするよ」

千早「私は一日たりとて、この目標を忘れたことはないわ」

真美「千早お姉ちゃんって普段からそんなことばっかり考えてたんだ」

千早「むしろ、それしか考えていないわ」

真美「もっと色々考えようよ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:06:07.41 ID:ix0dUzeuo

千早「これは、私の人生における最大の目標よ」

真美「あれ、歌でトップを目指すっていうのは?」

千早「……」

真美「……」

千早「……はんっ」

真美「鼻で笑われた!?」

千早「そんなもの、些末な事よ…高槻さん比べること自体間違っているわ」

真美「真美、今の発言は聞かなかったことにした方がいいのかな」

千早「高槻さんこそが、全てにおいて優先されるのよ、歌なんて二の次だわ」

真美「あんなに歌を大事にしていた千早お姉ちゃんはどこに行ってしまったんだろう」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:06:45.94 ID:ix0dUzeuo

千早「そんなわけで高槻さんは私の人生そのものと言っても過言では無いわ」

真美「やよいっちってどんだけ凄い存在なのさ」

千早「私にとっては、神にも等しき…いえ、神すら凌駕した存在よ」

真美「やよいっちも色々大変だなぁー……」

千早「高槻さんのことを考えるだけでこんなにも私は……あぁぁっ!高槻さん!」

真美「何でもかんでも叫べばいいってわけじゃないからね?」

千早「あぁっ!たかつきさん!たかつきさんっ!たっかつきすわぁぁーんっ!」

真美「おーい千早お姉ちゃーん」

千早「高槻さん!たっかつきさーん!たかつき様!やよい様!我らがやよい神さま!ゴッドやよい!」

真美「叫びすぎっしょ!ちょっと落ち着いて千早お姉ちゃん!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:07:26.14 ID:ix0dUzeuo

千早「取り乱してしまったわね」

真美「まったくだよ」

千早「長らく叫んでいなかったものだから、つい」

真美「何それ、定期的に叫ばなきゃいけないものなの?」

千早「これはもはや習慣のようなものよ、私のライフスタイルなのだわ」

真美「とんでもない習慣身に着けちゃってるね、千早お姉ちゃんは」

千早「とは言え今回は久々だったせいか、はしゃぎ過ぎてしまったわね」

真美「そっかぁ、そろそろ話を戻してもいいかな?」

千早「ダメよ」

真美「何で!?」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:08:18.39 ID:ix0dUzeuo

千早「私にはまだやるべきことが残っているわ」

真美「やるべきこと?」

千早「次は我那覇さんの番よ」

真美「えっ……ひ、ひびきん?」

千早「そう、私にとっては我那覇さんもまた愛でるべき対象」

真美「そ、そうなんだ…」

千早「がなはさん可愛いわ!がなはさん!がなはさーんっ!がっなはすわぁーんっ!」

真美「……」

千早「ふぅ、お待たせしたわね、真美」

真美「ちょっと待って千早お姉ちゃん、真美この状況に全然ついていけてない」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:09:00.15 ID:ix0dUzeuo

千早「さぁ、もう話を戻してもいいわよ」

真美「本当に?もう叫ばない」

千早「えぇ、今日のところはもう十分だわ」

真美「……で、千早お姉ちゃんはホントに事務所に早く来いって言ったの覚えてないの?」

千早「覚えてないわよ、何度も言わせないでちょうだい」

真美「この間、真夜中に電話してきてそう言ったじゃん」

千早「真夜中に?私が真美に電話……?」

真美「うん、深夜の3時に」

千早「それは失礼極まりない話ね、一体どこの誰がそんなことを」

真美「だから千早お姉ちゃんだってば」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:09:35.56 ID:ix0dUzeuo

千早「おやおや、ご冗談を」

真美「だから冗談でもなんでもないってば」

千早「真美、いくら私でもそんな時間に電話をするほど非常識ではないわ」

真美「今のところ発言は非常識極まりないけどね」

千早「それに…もし仮に電話するとしても、私なら早朝5時あたりに掛けるわ」

真美「それも大概非常識だって真美は思うよ」

千早「実のところたまにプロデューサーに電話してるのよ、朝の5時くらいに」

真美「やめてあげて!兄ちゃん可哀想すぎるっしょ!」

千早「問題ないわ、なぜなら非通知なのだから」

真美「そ、そっかぁ…いやいや!それ何の解決にもなってないから!」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:10:09.63 ID:ix0dUzeuo

千早「というわけで私がそんな時間に電話するとは思えないのだけれど」

真美「ホントだよ、真美の携帯の着信履歴にちゃんと残ってるもん」

千早「本当に?なら見せてみなさい」

真美「うん、ほら」

千早「本当ね……真美、まさかあなた」

真美「ん?」

千早「履歴をねつ造したわね」

真美「どういうこと!?」

千早「こんなにも手の込んだイタズラをするだなんて、中々やるわね」

真美「違うってば!っていうか千早お姉ちゃんの携帯にも発信履歴残ってるっしょ!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:10:38.09 ID:ix0dUzeuo

千早「携帯?……そう言えばそうね、そっちも確認しなければ分からないわね」

真美「ほらほらー、千早お姉ちゃんも携帯見せてみなよー」

千早「えっ」

真美「えっ?」

千早「……携帯、見るの?」

真美「見るよ」

千早「どうしてかしら?」

真美「発信履歴を確認したいから」

千早「い、嫌だわ…そんな、恥ずかしいもの」

真美「何でだろう、今日の千早お姉ちゃんに限って言えばすっごいイライラする」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:11:14.21 ID:ix0dUzeuo

千早「そこまで言うのなら仕方ないわね、思う存分確かめなさい」

真美「何でそんなに上から目線なんだろう……」

千早「どれどれ……あら」

真美「ほらー!千早お姉ちゃんの携帯にも、真美への発信履歴残ってるじゃんかー!」

千早「時刻は深夜の3時……本当に私が電話したというの?」

真美「だからそうだって言ってんじゃん」

千早「いえ、そんなはずないわ……さては真美、あなた」

真美「ん?」

千早「私の携帯を使って履歴をねつ造したわね」

真美「だから何で!?何で真美がそこまでしなきゃなんないのさ!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:11:50.18 ID:ix0dUzeuo

千早「真美、イタズラも結構だけどこれは少しばかり手が込み過ぎよ」

真美「何で?何で真美が悪いみたいな空気なの?おかしくないかな?」

千早「だって、私は悪くないもの」

真美「千早お姉ちゃんは、何でそんなに頑なに自分がやったって認めようとしないの?」

千早「だって覚えがないんだもの、仕方がないわ」

真美「証拠だってこんなに出揃ってるのに?」

千早「そんな証拠、不十分だわ」

真美「十分すぎるよ」

千早「それでも、私は、やっていない」

真美「往生際が悪いなんてレベルじゃないね」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:12:37.71 ID:ix0dUzeuo

千早「まぁ仮によ?百歩…いえ、千歩譲って私がそんなことをしたとして」

真美「何で全く悪びれていないんだろうね、それが真美には不思議でならないよ」

千早「ところで真美、私いきなりだけど一つギャグを思いついたわ」

真美「何でこの状況でそんなの思いつくの?」

千早「百歩、千歩、雪歩譲ったとして……ふふっ」

真美「うわぁ、ドン引きするくらい寒いギャグ言って自分で笑ってるよ」

千早「最高だわ、これ……何なら真美も使ってもいいわよ?」

真美「絶対スベるじゃんか、いらないよ」

千早「これは傑作ね、今度萩原さんの前で披露してあげましょう」

真美「反応に困るゆきぴょんが簡単に想像できちゃうなぁ」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:13:11.90 ID:ix0dUzeuo

千早「それで話は戻るのだけれど」

真美「うん」

千早「なぜ早めに事務所に来ようだなんて提案を、私がしたのかしら?」

真美「あぁー、なんかねー、早めに集合してミーティングしようって言ってた」

千早「ミーティングって……私が?」

真美「んー、そう言ってたよ」

千早「私がミーティングだなんて、真面目な発言をしたというの?」

真美「えっ」

千早「私がそんな真面目な提案をしただなんて、俄かには信じられないわね」

真美「真美には今の千早お姉ちゃんの不真面目な発言が信じられないよ」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:13:40.03 ID:ix0dUzeuo

千早「しかしながら、本当に覚えていないわ」

真美「それマジで言ってんの?冗談とかじゃなく?」

千早「だって覚えていないんだもの、仕方がないじゃない」

真美「えぇぇー……」

千早「となると、導き出される答えは一つね」

真美「何々?」

千早「きっと寝ぼけていたのね」

真美「そんな一言であっさり片付けないでよ!」

千早「あるいはお酒を飲んでベロベロに酔っていたのかもしれないわ」

真美「お、お酒!?」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:14:16.23 ID:ix0dUzeuo

千早「えぇ、あの夜はとにかく嫌なことがあって、ヤケ酒を」

真美「ち、千早お姉ちゃん、それってもちろん嘘だよね?」

千早「当たり前じゃない!」

真美「何でそんなに堂々と言うの!?」

千早「ちょっとしたカワイイ冗談よ、遊び心だわ」

真美「全然かわいくないよ、何でこの状況でそんな冗談言えるのかな」

千早「場を和ませようと思って」

真美「今のところ全部逆効果だよ」

千早「何よ、さっきから否定的なことばかり言って、何か文句でもあるのかしら?」

真美「あるに決まってんじゃん!真美は夜中の3時に起こされたんだよ!?」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:14:59.93 ID:ix0dUzeuo

千早「その程度、些細なことだわ、気にしたら負けよ」

真美「全然些細じゃないよ!気にするよ!」

千早「大体、最近の子供は夜中でも普通に起きているじゃない」

真美「開き直るなーっ!」

千早「悪いと思っているわ、だからこそ、こうして謝っているじゃない」

真美「一言も謝ってもらった覚えがないんだけど」

千早「寝ぼけていただけなのよ、ぺこりー」

真美「絶対謝る気ないっしょ!」

千早「そ、そんなことあらへんし!」

真美「あぁー…今更だけど分かった、今日の千早お姉ちゃんすっごい面倒くさい」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:15:38.94 ID:ix0dUzeuo

千早「それにしてもミーティング、ねぇ……」

真美「うん、それで、するの?」

千早「そんなの、やるわけないじゃない」

真美「即答しちゃったよ!」

千早「わざわざそんなのしなくても、オーディションなんて楽勝よ」

真美「えっ」

千早「大体、今日のオーディションに出る面子なんてザコばかりじゃない」

真美「ち、千早お姉ちゃん!ストップ!ちょっと、何言ってるの!?」

千早「あの程度の面子だったらぶっつけ本番でも勝てるわよ、余裕よ」

真美「千早お姉ちゃん、もう暴言なんてレベルじゃないよ!一体どうしちゃったのさ!」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:16:21.24 ID:ix0dUzeuo

千早「ねぇ、真美」

真美「何かな?」

千早「すっかり振り出しに戻ってしまったわね、暇だわ」

真美「いや……っていうか、あのさ、千早お姉ちゃん」

千早「何よ」

真美「そもそも真美、疑問に思っていることがあるんだけど」

千早「何かしら、ひょっとして最近話題になっている食品の偽装問題のことかしら?」

真美「どうでもいいよ、そんな話題!」

千早「だったらあれかしら、相次ぐ食品の値上げについてかしら?」

真美「それもどうでもいいよ!……いや、どうでもよくはないけど、今はどうでもいいよ」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:16:52.25 ID:ix0dUzeuo

千早「だったら、私の胸がなぜ成長しないという疑問かしら?」

真美「……はい?」

千早「それだったら答えは私にも分からないわよ、むしろ私が知りたいくらいだわ」

真美「いやいやいや!んなことどうでもいいから!それこそどうでもいいよ!」

千早「失礼……真美、今なんて言ったのかしら、よく聞こえなかったわ」

真美「……あっ」

千早「どうでもいい……今、どうでもいいと言ったのかしら?」

真美「い、言ってない!千早お姉ちゃん、今のは本気で言ったわけじゃないから!」

千早「あなた、少しばかり発育がいいからって私のことをバカにしているのね」

真美「してないから!千早お姉ちゃん誤解だよーっ!」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:17:38.43 ID:ix0dUzeuo

千早「なんてひどい発言なのかしら、千早お姉ちゃんとっても傷ついたわ」

真美「むしろこれまでの千早お姉ちゃんの発言の方がよっぽどひどかったと思うけど」

千早「よくもまぁ、そうやって自分を棚に上げて…ひどい、ひどいわ真美」

真美「確かに言い過ぎたとは思うけど、ここで素直に謝るのも何か悔しいなぁ」

千早「ちーちゃんとっても悲しいわ、あぁ悲しい悲しい」

真美「全然悲しそうに聞こえないよ」

千早「真美のせいでとても傷ついたわ……えーん、えーん」

真美「絶対ウソ泣きじゃん、やるならもうちょっとちゃんとやろうよ」

千早「真美が謝ってくれなくて私、とても悲しいわ……ちらっ、ちらっ」

真美「分かったよ!分かったから、謝るから!ごめんってば!」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:18:18.21 ID:ix0dUzeuo

千早「あら、本当にそう思っているのかしら?本当に悪いと思っているのかしら?」

真美「思ってるよ!思ってるってば!千早お姉ちゃんちょっと顔近いよ離れて!」

千早「そういうことならいいわ、今回だけは特別に許してあげる」

真美「うぅぅー…めっちゃ理不尽だよぅ」

千早「……それで、真美は一体何を疑問に思っているというのかしら?」

真美「それなんだけどさー、何で千早お姉ちゃんは早めに事務所に来てたの?」

千早「あぁ、そんなことね……気になるのかしら?」

真美「まぁ、気になるっちゃなるけどさぁー」

千早「仕方がないわね、そこまで知りたいのなら教えてあげるわ」

真美「だから、さっきから何でそんなに上から目線なのさ…」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:18:50.90 ID:ix0dUzeuo

千早「なぜ私が早めに事務所に来たか……それはズバリ」

真美「ズバリ?」

千早「律子の机にイタズラしようと思って来たのよ」

真美「お、おおぅ…千早お姉ちゃん度胸ありまくりだね」

千早「胸は無いどね」

真美「えっ」

千早「胸は無いけれどもね……どやぁ」

真美「何なのその自虐ネタ!?しかも何でドヤ顔してるの!?」

千早「って、誰の胸が成長期を終えてるですって!?いい加減になさい!」

真美「何で!?真美、何も言ってないじゃん!何で怒られなきゃなんないのさ!」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:19:26.64 ID:ix0dUzeuo

千早「それでまぁ、イタズラするつもりで早めに来たのだけれど」

真美「でも見たとこ、りっちゃんの机何とも無さそうだけど」

千早「えぇ、ティンとくるイタズラが思い浮かばなくて、何も出来なかったのよ」

真美「そっかぁ、でも千早お姉ちゃんとしてはその方が命拾いしたと思うよ」

千早「そうかしら?」

真美「そうだよ、りっちゃんのお説教の餌食になるだけじゃん」

千早「そうでもないわよ」

真美「えっ、そうなの?」

千早「私は学んだのよ、律子のお説教を回避する画期的な方法を」

真美「何それ、真美それめっちゃ知りたいんだけど」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:19:59.30 ID:ix0dUzeuo

千早「仕方ないわね、いいわ、特別に教えてあげる」

真美「うんうん」

千早「イタズラがバレたら、あなた達のせいにするだけのことよ」

真美「最悪だーっ!」

千早「でも、どの道イタズラが発生した時点で疑われるのはあなた達じゃない」

真美「そう!それだよ!ちょっとその件で千早お姉ちゃんに物申したいことがあるんだよ!」

千早「あら、何かしら」

真美「最近イタズラが増えてるのって千早お姉ちゃんが原因なんだよね?」

千早「まぁ、そうとも言えるし、そうでないとも言えるわね」

真美「そうとしか言いようがないよね」


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:20:36.00 ID:ix0dUzeuo

千早「で、それがどうかしたのかしら?」

真美「正直、事務所内でイタズラがある度にうちらが真っ先に疑われるんだよね」

千早「それはなんと言うか…ある意味自業自得なのではないかしら?」

真美「いや、まぁそれはそうなんだけどさ……うちらがやってなくても疑われるワケだよ」

千早「なるほどね」

真美「でもうちらとしてはとばっちりだよね、これって」

千早「確かにその通りね、それで?」

真美「だからさ」

千早「ひょっとして私に謝れと、そう言っているのかしら?」

真美「別にそこまでは言ってないけどさ」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:21:08.56 ID:ix0dUzeuo

千早「あなたはこの私に謝れと、如月千早に謝罪しろと、そう言っているのかしら?」

真美「いや、だから千早お姉ちゃん」

千早「仕方ないわね、分かったわ、そこまで言うのなら、まぁ謝ってあげてもいいのだけれど」

真美「あぁー…別にいいよ、千早お姉ちゃん絶対謝りそうにないもん」

千早「そんなことないわ、私だって謝ることくらいあるわよ……ごく稀にだけど」

真美「そっか、激レアなんだね」

千早「とは言え、私のせいであなた達に被害が及んでいるというのも事実なようね」

真美「うん、それについては揺るぎない事実だね」

千早「その点に関しては、とても申し訳なく思うわ」

真美「ホントかなぁ…」


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:21:56.38 ID:ix0dUzeuo

千早「きっと怒っているわよね?どうすればあなたは、私を許してくれるのかしら?」

真美「んー、別にそこまで怒っているわけじゃないけどさぁー」

千早「いくら出せばいいのかしら?」

真美「お金で解決しないでよ!発想がドス黒いよ!」

千早「でも私としてはきっちりスジは通しておきたいのよ」

真美「だったら一言『ごめんなさい』でいいと思うんだけどなぁー」

千早「分かったわ」

真美「何が分かったの?」

千早「焼き土下座でいいかしら」

真美「何で!?いやいやいや!それはちょっとやり過ぎっしょ!」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:22:29.39 ID:ix0dUzeuo

千早「でも焼き土下座は、謝罪の定番だと思うのよ」

真美「千早お姉ちゃん、ちょっと漫画の影響受け過ぎなんじゃないかな」

千早「焼き土下座ではお気に召さないかしら?」

真美「お気に召すも何も、別にそんなことしなくていいから」

千早「あら、そう…真美がそう言うのなら、それでもいいのだけれど」

真美「結局『ごめんなさい』の一言も無かったのが真美としては納得いかないけどね」

千早「けれども、悪いと思っているのは事実なのよ」

真美「全然説得力のカケラも無いよ」

千早「だからまぁ、お詫びの意味も兼ねて、真美に一つプレゼントをしてあげましょう」

真美「えっ、何々?千早お姉ちゃん何かくれるの?」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:23:15.68 ID:ix0dUzeuo

千早「お詫びの印として、私があなた達にニックネームをつけてあげましょう」

真美「えっ、何でニックネームなの?」

千早「あなた達、よく人にニックネームを付けるでしょう?」

真美「うん、そうだね」

千早「けれども、あなた達にこれといったニックネームがあるわけではないじゃない?」

真美「確かに、無いね」

千早「だからまぁ、これを機にナイスなニックネームをこの私が付けてあげようかと」

真美「うん、全力でお断りするよ」

千早「あら、そんなにも遠慮しなくていいのよ?」

真美「遠慮するよ!今日の千早お姉ちゃんからは嫌な予感しかしないんだってば!」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:23:48.79 ID:ix0dUzeuo

千早「大丈夫よ、ここは一つ大船に乗ったつもりで」

真美「乗る前から沈むのが分かり切ってるんだけど」

千早「まぁまぁ、そう言わずに」

真美「いやいやいや!ホントにいいから!マジで!」

千早「ふむ、何がいいかしらね……」

真美「ちょ、もう考え始めてる!?千早お姉ちゃん、ストップ!ちょっと待って!」

千早「何よ、集中しているのだから邪魔をしないでちょうだい」

真美「さ、先に亜美のニックネームを考えてあげて欲しいなぁ、なんて!」

千早「亜美の?」

真美「そうそう!真美はさ、お姉ちゃんだから後回しにしてもらってもいいんだよ?」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:24:41.21 ID:ix0dUzeuo

千早「そう、優しいのね真美は…妹思いのいい子だわ」

真美「うぅぅ…亜美ゴメン、真美は亜美を生け贄に捧げてしまったよ」

千早「その優しさに免じて、先に真美にニックネームを付けてあげるわ」

真美「ぎゃーっ!見事なまでに裏目に出たーっ!」

千早「ふむ……何にしましょうか」

真美「ちょ…待って!かっ、考えなくていいからーっ!」

千早「……」

真美「千早お姉ちゃん!お願いだから踏みとどまって!」

千早「『げろしゃぶ』か『フーミン』ね…」

真美「えっ…えぇっ!?……ええぇぇーっ!?」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:25:23.73 ID:ix0dUzeuo

千早「我ながら素晴らしいネーミングセンスだわ、、逸脱している」

真美「どこが!?ねぇ、千早お姉ちゃんそれ本気で言ってるの!?」

千早「さて、どっちがいいかしらね」

真美「どっちもかなりイヤだけど『げろしゃぶ』だけは絶対にダメだ…絶対にダメだ!」

千早「やっぱり、げろしゃ」

真美「ふ、フーミンがいいなぁー!」

千早「えっ……フーミンがいいですって?」

真美「う、うん!すごくいいと思う!気に入ったよ!センスいいなぁ千早お姉ちゃん!」

千早「あら、それほどでもないわ…そんなに褒めないでちょうだい、照れるじゃない」

真美「真美、こんなにも最低な二択、生まれて初めてだよ」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:26:35.07 ID:ix0dUzeuo

千早「でもね、そんな風に言ってもらっているところ申し訳ないのだけれど」

真美「ん?」

千早「やっぱり私、フーミンはちょっと気に入らないのよね」

真美「えぇぇー……」

千早「というわけで、やっぱりげろしゃ」

真美「それだけはやめて!ヤダよ!絶対にヤダかんね!」

千早「あら、随分な言い草ね、そんなにお気に召さなかったかしら?」

真美「うん、これだけはお世辞とか一切抜きで言わせてもらうけど、お気に召さないよ」

千早「そう……残念だわ、とても…とてもっ、残念だわっ!……くっ」

真美「なんでそんなにガッカリしてるわけ?千早お姉ちゃんどこまで本気で言ってんのさ」


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:27:12.25 ID:ix0dUzeuo

千早「そこまで言うのなら仕方ないわね、分かったわ」

真美「何が分かったんだろう、絶対分かってないと思うんだけど」

千早「別のニックネームを考えましょう」

真美「やっぱりね、分かってくれてなかったよ!」

千早「待っててね真美、次こそはあなたの気に入るニックネーム考えてみせるわ」

真美「千早お姉ちゃん、そういうのありがた迷惑っていうんだよ?」

千早「そうね……何がいいかしら」

真美「だから考えなくていいって言ってるよね?」

千早「そうだわ、マミーポコなんてどうかしら?」

真美「千早お姉ちゃんのセンスの無さって致命的だよね」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:27:50.17 ID:ix0dUzeuo

千早「というわけでマミーポコ」

真美「いやいやいや!何ちゃっかり呼んでくれちゃってるのさ!」

千早「ダメかしら?」

真美「ダメだよ」

千早「あら、これもお気に召さないというのかしら?」

真美「当たり前だよ」

千早「またまた、照れなくてもいいのよ?」

真美「今までの真美の反応のどこに照れる要素があったんだろうね」

千早「ワガママばかりね、いい加減にしなさい」

真美「何で真美が逆ギレされなきゃならないの!?ありえないっしょ!」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:28:30.21 ID:ix0dUzeuo

千早「ところで真美、そろそろ時間だわ」

真美「えっ、何が?」

千早「そろそろオーディション会場に出発する時間よ」

真美「あぁー…もうそんな時間なんだ」

千早「腕が鳴るわね、やってやりましょう、真美」

真美「なんだかんだで千早お姉ちゃんすっごいやる気だねー…」

千早「あら、真美はやる気が無いというのかしら?」

真美「そういわけじゃないけど、なんかもう色々ありすぎてテンションがた落ちだよ」

千早「それはいけないわね真美、メンタル面の調整も仕事のうちよ?」

真美「それ、千早お姉ちゃんが言う?」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:29:20.64 ID:ix0dUzeuo

千早「でもまぁ、大丈夫よ真美」

真美「何が大丈夫なの?」

千早「いざとなったら私があなたのサポートに回るわ」

真美「なんでかな、今日の千早お姉ちゃんに関して言えば、全然安心できないよ」

千早「とは言え、このまま真美のやる気が無いままではマズイわね」

真美「うん、真美もそう思うんだけど、こればっかりはねぇー…」

千早「だったら真美のやる気を出させてあげましょう」

真美「ん、どういうこと?」

千早「今日のオーディション、もし負けてしまったら真美に恥ずかしいニックネームを付けましょう」

真美「はぁっ!?」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:29:59.34 ID:ix0dUzeuo

千早「どうかしら、これで少しはやる気も出たのでは?」

真美「ちょ、ちょ…ちょっと待って千早お姉ちゃん!」

千早「何よ」

真美「さっきのより恥ずかしいニックネームなんて、そうそう無いと思うんだけど」

千早「何言ってるのよ、さっきのはセンスの光る渾身のニックネームじゃない」

真美「本気で言ってるの?しつこいようだけど、それ本気で言ってるの!?」

千早「罰ゲームで付けるのは、思わず顔を覆いたくなるような赤面必至のニックネームよ」

真美「あれよりヒドイ代物だなんて、考えただけでも恐ろしいよ」

千早「聞きたいかしら?何なら今ここで考えてあげてもいいのだけれど」

真美「いや、いい!断固拒否する!聞きたくもないよ!」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:30:39.00 ID:ix0dUzeuo

千早「どうかしら真美、少しはやる気が出たのでは?」

真美「めっちゃ出た!やるよ真美、死にもの狂いで勝ちに行くよ!」

千早「その意気だわ真美、頼もしい限りね、これなら私の出番は無さそうね」

真美「いやいやいや!千早お姉ちゃんも頑張ってよ!何が何でも勝たなきゃ!」

千早「真美、そう勝利に固執してはいけないわ、時には勝利よりも大事なものもあるのよ」

真美「今この時においては、勝利以外に大事なものなんてないよ!」

千早「なら、せいぜい頑張りなさい、私はいつも通り適当にやるわ」

真美「ダメだよ!頑張ってよ千早お姉ちゃんも!負けたら承知しないかんね!?」

千早「さぁ、無駄話してないで行くわよ真美、焦ることは無いわ、のんびりいきましょう」

真美「頑張ってね?冗談抜きで本気でやってね?マジでお願いだからねっ!」


50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:31:07.57 ID:ix0dUzeuo

――――
―――

春香「ただいま戻りましたーっ!」

千早「おかえりなさい、春香」

春香「あっ、千早ちゃんおかえりー!千早ちゃんも戻ってたんだね」

千早「えぇ、今さっき戻ってきたところよ」

春香「そうだ千早ちゃん、今日のオーディションどうだった?」

千早「もちろん勝ったわ、楽勝よ」

春香「おおーっ、さっすが千早ちゃんだね!」

千早「私は何もしていないわ、今日頑張ってくれたのは主に真美よ」

春香「あれ、そうなんだ?」

千早「なんだか妙に張り切っていたわね、おかげで私としては随分楽をさせてもらったけど」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:32:14.76 ID:ix0dUzeuo

春香「まあ何はともあれ、勝てたんならよかったね!」

千早「そうね、その通りだわ」

春香「というわけでこの後、祝勝会も兼ねてご飯でも行かない?」

千早「それはとてもいい考えね」

春香「よーし、そうと決まれば善は急げ!すぐに準備してくるね!」

千早「さて、というわけで今日の相手はもう一人のヤンチャ娘、真美だったわけだけれど」

春香「おっ、今日の独り言はちょっと元気よさげだね!千早ちゃんが元気そうで春香さんも嬉しいよ!」

千早「やはり暇つぶしはこうでなくてはね……久しぶりに達成感というものを感じたわ」

春香「よっしお待たせ、それじゃあ行こうか千早ちゃん!今日はたらふく食べるぞーっ!」

千早「さて、次の暇つぶしの相手は誰にしようかしら…楽しみだわ」



おわり


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/05(火) 01:32:48.96 ID:ix0dUzeuo

はい、というわけで微妙に寝付けなかったので暇つぶしさせていただきました

ありがとうございました



元スレ:千早「暇すぎるわ」真美「そうなんだ……」

他サイト様の最新記事