1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:33:32.90 ID:Gl5qLgp50

フランツ「ハンナ……」

ハンナ「フランツ……」


ジャン「あの馬鹿夫婦またやってるぞ……」

コニー「うわっすっげぇ舌絡んでる」

アルミン「…………ほんとすごいよね」

ライナー「教官だけじゃなくてこっちにももう少し気を使って欲しいもんだな」

ジャン「無駄だ無駄。あれは完全に二人っきりの世界に入ってやがる」

アルミン「自由時間とはいえ宿舎であれだけイチャついててよく教官にバレないよね」

コニー「うわーすっげぇ。すっげぇ」

ライナー「おい、いい加減離れようぜ。縁のない俺たちには目の毒だ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:42:47.61 ID:1JaLIKEe0

コニー「すごかったな……」

ジャン「どう生きようが人の勝手だとは思うけど流石にあれはな」

ライナー「ハハハ、あいつらも悪いやつらじゃないんだが」

アルミン「なんていうか、ちょっと過激だよね……」

エレン「…………そうか?」

アルミン「いやぁどう考えてもあれはやりすぎの部類だと思うよ」

エレン「…………いや、普通あんなもんじゃないか?」

ジャン「なにが普通、だよ。経験もないのに分かった風にいいやがって」

エレン「オレだってキスぐらいしたことあるぞ」

ジャン「…………は?」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:45:45.97 ID:1JaLIKEe0

ライナー「おいおいキスぐらい、だって?ぐらいって言ったか今」

コニー「マジかよエレン!?」

アルミン「ちょっと待ってエレン僕も初耳なんだけど……」

ジャン「お前がか?はッ!くだらない見栄を張るのはよせよ」

コニー「え、嘘なのか!?なんだよ」

エレン「いや、別に嘘じゃねぇよ」

ジャン「おいおい!さらに嘘の上塗りしていくつもりかよ!?さすがに格好悪いぜ。フランツをひがんでんじゃねぇよ!」

エレン「あ?嘘じゃないって言ってるだろ!!」

ライナー「おいおい揉めるな揉めるな。せっかくだから俺達も人生の先輩であるエレンさんにご教授して貰おうぜ」

エレン「お、おう」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:47:48.40 ID:1JaLIKEe0

ライナー「まず、誰としたかっていうのが聞きたいな」

アルミン「……もしかして僕達の知ってる人?」

エレン「ああ」

コニー「マジかよ!?誰なんだ!?」

アルミン「だよね。訓練兵なんて本当に出会いも何もないもんね……」

ジャン「どうせ嘘なんだから気にしたところで無駄だ」

エレン「いや……あのさ」

ライナー「ん?」

エレン「逆に聞くが、誰かわからないのか?」

コニー「?」

ジャン「……どういうことだ」

エレン「いや、だってよ」

エレン「オレがそういうこと出来るのなんてミカサしかいねぇだろ」

ジャン「」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:50:30.99 ID:1JaLIKEe0

ライナー「あーやっぱりか……」

コニー「うおおおおあのミカサとかよ!!すげぇエレン!!」

アルミン「ちょ、ちょっと待ってエレン!それって子供の頃の話とかじゃないよね?」

ジャン「そ、そそそそうだぜ!子供同士のキスなんて誰だってノーカンだノーカン」

ライナー「確かに。子供の時のキスってのは普通カウントに入れないな」

ジャン「そうだ!キスってのはお互いに愛し合ってる者同士がだな――」

エレン「…………いや。なんか、そう構えられるとオレまで言うの恥ずかしくなってきたけど」

エレン「昨日もしたけど……」

ジャン「」

ライナー「」

アルミン「」

コニー「マジかよ!!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:55:22.29 ID:1JaLIKEe0

ライナー「凄いな……軽い気持ちで話を振ってみたが……」

アルミン「待って!本当にちょっと待って!ふ、二人ともいつの間にそんなことになってるのさっ!!」

エレン「いや、正確にいつって言われてもな。もうずっと前……シガンシナ区にいた時からそうだったから……」

アルミン「そ、それならそれで二人が付き合っているなら言ってくれればいいのに。僕が二人きりになるのを邪魔しているみたいじゃないか」

エレン「いや別に付き合ってはないんだ」

アルミン「……え?」

コニー「は?」

ライナー「んん?」

ジャン「…………ハハハ、わかったぜ。ほっぺたにキスとかどうせそういう親愛の情的な……」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:57:03.25 ID:1JaLIKEe0

エレン「いやちゃんと口と口だけどよ……」

ジャン「」

ライナー「……お、おう」

コニー「さっきのあの馬鹿夫婦みたいなのか?」

エレン「いや、あれよりもうちょっと激しい……」

アルミン「あれより激しいの!?」

コニー「ど、どんなキスなんだよ……いったい……」

ライナー「すげぇな……それでなんで付き合ってないんだ?」

アルミン「そんな濃厚な口づけは普通の恋人同士でも滅多にしないと思うよ……うん……」

ジャン「」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 00:59:04.99 ID:1JaLIKEe0

エレン「なんて言えばいいのか」

ライナー「おう、こっちももう十分驚いてるからゆっくりでいいぞ」

エレン「…………いや、もしかしたらはっきりさせるのが怖いのかな。お互いに家族って肩書きと距離感に甘えてんのかもしれねぇ」

ライナー「甘えてる?」

エレン「ああ、たぶんお互いの気持ちなんてもんはわかりきってるんだ。ミカサはああだし、な」

アルミン「……エレン、知ってたんだ」

エレン「え?あいつほど分かりやすいやつもいねぇだろ。オレはそこまで鈍感でもないし」

アルミン(いや、それはどうだろう)

ジャン「」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:01:40.23 ID:1JaLIKEe0

コニー「わかんねぇな。そんなことやってるのに恋人じゃないって?さっさと恋人になればいいじゃねーか」

エレン「たぶんミカサもオレも決定的な一歩を踏んで関係が変わっちまうのが怖いんだと思う」

アルミン「エレン……」

エレン「あいつもあれで案外照れ屋だからかな。誰かに恋人かって聞かれたら顔を真っ赤にさせて家族だ、って言い張ると思う」

ライナー「……その、すげぇな。経験がない俺たちにはすげぇとしか言い用がねぇ」

コニー「ああ。確かにすげぇ」

アルミン「その。それで、昨日もしたって、二人は隠れてキスをしてるの?」

エレン「あいつキス好きだからな。さすがにフランツたちみたいに堂々とは出来ないから二人でこっそりとな」

ライナー「その、聞いていいかわからんが、どんな風に?」

エレン「どんな風って――」

ジャン「」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:07:04.52 ID:1JaLIKEe0

んっ、という艶声が聞こえた。
頬が温かい手で固定されて、口いっぱいにミカサの匂いが広がった。
重ねあった舌と舌がお互いの口内を無遠慮に蹂躙する。鼓動は大きくなる一方、弾む息と共に粘ついた唾液が音を立てる。
空いていた左手をミカサの後頭部に回した。触り心地のいい、さらさらとした黒髪が手のひらの中に零れ落ちる。
同時に、ミカサの開いた両足が腰にきつく巻き付いた。強く、こちらの存在を確かめるかのように。
お互いはもうこれ以上無いくらいに密着している。少し汗ばんだ肌と肌が重なりあう。そこからさらにもう一歩踏み込んで抱き寄せる。
歯と歯がかちりと当たった。右手はミカサの服の下、腰のあたりを彷徨っている。
指先で手のひらに吸い付くような肌をつついてみせた。

「あっ…………」

ミカサが弱々しい声を挙げた。そのだけでひどく嗜虐心が唆られる。
舌を伸ばして歯茎の裏を小さく引っ掻いた。舐めとり、混ざり合った唾を嚥下する。
欲望に火が付き、次第に脳髄が痺れるような興奮がゆっくりと湧き上がってくる。
エレン、と言葉にならない呟きと共におずおずとミカサの舌がこちらの舌を愛撫する。もっと、とこちらをせがむ動きだ。
甘い匂いが強くなった。その柔らかい唇に触れているだけで脳が溶ろけそうな気さえする。
深く息を吸ってゆっくりと吐く。荒々しい吐息が重なり合い、もう、どちらの呼吸なのかもわからない。
お互いの舌が徐々に接触部分を増やしていく。
手を動かして、ミカサの太腿を撫でる。欠片ほどの抵抗もない。

「んぅ……ぁ……」

唇を少しだけ離した。舌と舌、僅かに空いた隙間で唾液が糸を引く。


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:09:11.96 ID:1JaLIKEe0

「んん……あむ。んっ、エレン……」

「なんだ?」

「お願い……もっ、と……」

目を開けたミカサは今にも泣きだしそうな顔をしていた。
瞳は涙でうっすら濡れている。そうして、ほんの少し舌先を伸ばしてこちらの上唇をちろちろと舐めた。
伏せられていた睫毛が小さく震える。目尻が垂れ下がり、赤く染まった彼女の肌は妖艶で、雄を誘う色香に満ちている。
下腹部に血流が流れていくのがわかる。柔らかい唇の余韻に酔っていた。
理性が飛びそうになるのを必死に堪え、もう一度、唇を奪い、舌をねじ込んだ。

もっと。もっと――それは自分の声でもあった。
何とはなしに、今日はミカサをとことんいじめてやると誓いを立てた。彼女もそれを望んでいた。
抗えない欲求が頭と身体を支配した。

舌先で刺激を加え、徐々に激しくしていく。たまらないという風にミカサの体が小さく跳ねた。
両足に力を込められ、羽交い締めの形で体重そのままに抱きつかれた。そこから彼女の体温が伝わってくる。
舐めた。唇を。頬を。舌を。舐めずにはいられなかった。すべて舐めきってやった。
ぐっと爪先に力を込めて抱きしめる。胸の中にミカサがいる。たまらなかった。いつまでもこうしていたかった。
いつしかミカサの腰がびくびくと震えていた。潤んだ瞳と視線がぶつかる。ミカサが感じてくれているという事実が興奮を加速させる。
そのまま汗ばんだ太腿から右手を下着の中に指先を滑らせ――、


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:11:47.74 ID:1JaLIKEe0

ジャン「あああああああああああああああああああッ!?」

エレン「な、なんだよ。急に大きな声出すなよ、びっくりしちゃうだろうが」

ジャン「ちょっと待てよッ!?なんだよじゃねーよ!!こっちがなんだよって言いてぇよ!!」

コニー「すげぇ……エレンって凄いんだな……」

アルミン「本当にいつの間に……」

ライナー「あ、ああ……まったく……思ってたより、その、」

ジャン「もうそれのどこが家族なんだよ!!それキスどころじゃない別のもんじゃねーか!!」

エレン「だから耳元で大きな声だすなって!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:16:27.80 ID:1JaLIKEe0

ライナー「いいや普通そんなことまでしねぇだろ……」

エレン「…………え。いや、キスって普通こういうもんじゃないのか?」

ジャン「おまっ」

アルミン「エレン……君は大人の階段をそのものを立体機動装置で飛び越えてるよ……」

ジャン「っていうかなんで下着の下に手入れてんだよ!!明らかにその先やる気満々じゃねーか畜生!!」

ライナー「ここでその先をするのは色々とまずいぞ」

エレン「い、いや、でも本当にキスしかしてないぞ。恥ずかしいし。それに、子供出来ちゃったら大変だろうが」

ジャン「当たり前だろちくしょう!!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:20:32.62 ID:1JaLIKEe0

ぎゅっと手を握り返されて、指が絡んだ。
その黒い瞳に吸い込まれるような気がした。ミカサはその視線でオレを誘惑する。オレの中にある凶暴性を引きずり出す。
衝動のままに唾液をミカサの喉の奥に流し込んだ。
艶かしい唇が上下する。こくり、こくりと音を立ててミカサがそれを飲み込んでいく。

「エレンの味がする」

頭を撫でてやると、くすぐったそうに眉を寄せた。
ミカサの顔に赤みが差す。家族であるミカサがいる――オレがいれば何でも出来ると思っている。
一緒にいないと早死すると言われたことがある。頭に血が上った。悔しかった。だが正論でもあった。いつも世話を焼かれているオレには何も言えなかった。
人生が続く限り一緒にいるとも言われた。悪い気はしなかった。
オレも一緒にいてやりたいと思った。大事にしてやりたいと思った。
誓いを立てた。巨人を駆逐してやると誓ったその隣りに、ミカサを置いた。

この世界は残酷だ。死なせてしまうかもしれない。痛いほどよくわかっている。
それでも、とオレのちっぽけな誇りと魂に誓いを立てた。

「どうしたの?」

「……え?ぁ、ああ、お前の顔に見惚れてた」

「エレン……嬉しい……」

羞恥心を押し隠すようにオレの方に向いて抱きついてくる。
どちらともなく、もう一度、互いの唇を合わせた。小さな水音が鼓膜に絡みつく。
ミカサの目が和らいだ。目の前にいるのは何よりも大切な家族だった。
舌を強く絡ませる。右手を置いた太ももは痙攣するように震えていた。


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:22:24.23 ID:1JaLIKEe0

ジャン「だからなにやってんだてめえはああああああああああああああ!!」

エレン「うるせぇよジャン!!鼓膜が破れちゃうだろうが!!」

ジャン「鼓膜なんてどうでもいいだろうが!!巨人巨人言ってる死に急ぎ野郎のくせにやることやってるとかふざけんじゃねえ!!」

エレン「だからキス以外やってないって言ってるだろ!!」

ライナー「ジャン、落ち着け。心を平らにするんだ。」

ジャン「ふっ……うぅっ……ぐぅう……ぅぅぅうううう…………あっ」

ライナー「よし、大丈夫だ。大丈夫だからな」

コニー「気絶したんじゃねぇのか?」

アルミン「本当に、いつの間にそんな仲になってるのさ」

コニー「しかもなんか無駄に力の入った語り口でびびるぜ……」

エレン「そ、そうか?」

ライナー「すまん。なんというか、驚きすぎて正直ついていけない部分がある」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:24:28.06 ID:1JaLIKEe0

エレン「なんでだよ。別にこれくらい普通だろ」

アルミン「エレンの普通はちょっとおかしいよ」

エレン「そう、なのか……?」

コニー「そりゃ、なんていうか、俺らにはまだ早すぎるっていうか……それ決定的な一歩どころか幅跳びでライン飛び越えてんぞ」

エレン「…………え、いや、だって普通こうするってミカサが教えてくれたんだぜ」

ライナー「あ、ああ……そうか……」

アルミン「Oh Crazy..」

コニー「それ絶対ミカサがやりたかっただけだろ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:28:26.52 ID:1JaLIKEe0

ライナー「……で、エレン。それらの経験を通してお前が思う女の扱いで大事なことってなんなんだ?」

アルミン「まだ聞くの!?」

ライナー「ああ、こうなったらとことん聞いた方がいい。エレンが俺たちの中で誰よりも進んでいるのは事実だ」

コニー「だけどエレンとミカサだぞ?参考になるのか?というかそもそも聞いた所で訓練兵の身分じゃ使い道ない気が」

ライナー「いや、だからこそ聞いておくんだ」

アルミン「どういうこと?」

ライナー「兵舎という隔絶された環境だからこそ、その少しの差が大事になる」

アルミン「なるほど、モテる人には理由があるってことだね」

エレン「い、いや、女の扱いって言われてもな……俺もそんなんわかんねぇよ……」

ライナー「いつものミカサにやってることでいい、教えてくれないか」

エレン「……ああ、あいつは案外耳とか弱いな」

コニー「そうなのか?」

エレン「ああ、吐息かけるだけで反応するし甘噛んでやったりするとそれだけで真っ赤になる」

ライナー「なるほど、弱点を攻めるということか」

アルミン「……なんか幼馴染のそういうのこと知るってひどく微妙な気分だね」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:31:05.49 ID:1JaLIKEe0

エレン「あと、なんだ……あいつは尻を触るのが好きだな」

ライナー「尻?尻って自分自身の尻を触るのか?」

エレン「いや。オレの」

ライナー「…………なに?」

アルミン「エレンの!?」

コニー「え、それって女も男みたいに尻を触りたいとか思うのか?」

エレン「オレも詳しくは知らねぇけどそうみたいだな」

ライナー「信じられないな。男の硬いケツ触って何が面白いんだ」

エレン「ああ。だけどよく弄られたりする。それに時々セクハラ親父みたいな手付きの時があって鳥肌も立つ」

アルミン「ミカサが特殊なんじゃない?」

エレン「オレも驚いたけど、なんか女部屋では誰の尻がいいとかそういうことも話してたりするみたいだ。ミカサが言ってた」

ライナー「はぁ!?」

コニー「マジかよ!?」

アルミン「え!?」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:35:03.57 ID:1JaLIKEe0

「柔らかい。エレンのお尻」

背中に伸ばされた手が下に伸びていく。
ミカサの表情は艷やかだが陶酔しているようでもあり、こちらの反応を楽しんでいるようにも見えた。

「なんか……お前、そこ触るの好きだな……」

「うん。だいすき」

そう言ってミカサは差し出したオレの指をねぶるように舐めた。
丁寧にオレの指を舐め上げる。それが、酷く女らしい弱々しい声色と顔だったので余計に興奮した。
唇は柔らかく、口内は熱くぬめっていた。指先を上下させると、ぐちゃぐちゃとした水音が鳴る。
なんだかキスをしている時より卑猥に思える。その艶やかな表情をもっと見たくて、指先を、更に奥深くに挿し込んだ。

「いや、別にいいけどよ……」

「んむ」

ひどく乱暴なことをしているという陶酔感に、頭がくらくらする。
ミカサはすべてを受け入れてくれる。震える唇を啄み、耳元に息を吹きかけ、分厚い腹筋を撫で、綺麗な太腿を擦り、思うがままに扱っても拒絶することはない。
声をあげて身を捩ることはあっても嫌がることはない。小さく悶えながら嬉しそうに受け入れてくれる。
だからオレのやりたいことは何でも出来た。
それならば自分も尻を触られるくらいはどうでもいいという気がしてくる。むしろ触りやすいように体勢を変えたりもした。


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:37:31.97 ID:1JaLIKEe0

「んん、エレンのお尻は人気だから」

「は?」

なにか聞き捨てならない言葉を聞いた。
視線で続きを促すと、オレの指を口に入れたままミカサが話を続けた。

「猥談の時に、男子の誰のお尻がいいと話す時がある」

喋る度に舌が緩慢な動作で指に絡みついてくる。
荒い呼吸のまま、どうにか言葉を続けようとしているのは淫靡な顔だった。
だが今はそんなことすらどうでもいいように思えた。
――――女子が男の尻について語ってるって?

「女子だって性欲がないわけではない。興味がないわけでもない。だからアニも、クリスタも。みんなする」

まさかクリスタまで。嘘だろ。
女子の間でオレの尻が人気。少しだけ想像してみた。全然嬉しくない。
何故か無性に悲しくなった。


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:40:55.91 ID:1JaLIKEe0

アルミン「うわぁ……そんなこと聞きたくなかったよ……」

コニー「まじかよ……もう俺明日から女に尻向けて歩けねぇ……」

ライナー「ああ、な、なんか身の危険を感じるな。なんなんだ、この感覚は……」

エレン「あとジャンの尻も人気があるらしい」

コニー「知るかよ」

アルミン「そんな情報どうでもいいよ」

ライナー「なんかミカサエレン経由で女の内情聞くのが怖くなってきた」

コニー「もうやめといた方がいいんじゃねぇか?」

エレン「そうだな。これ以上はオレも話しててあんまり気分いいもんじゃねぇし」

ライナー「ああ今の話は聞かない方がよかったかもしれない」

アルミン「世の中には知らない方がいいってこともあるよね」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:45:09.99 ID:1JaLIKEe0

マルコ「――――ャン!ジャン!」

ジャン「っ………はっ……!」

マルコ「大丈夫かい?随分うなされてたみたいだけど」

ジャン「マ、マルコ……?ここは……」

マルコ「ここは宿舎で、とっくに朝だよ。もうちょっとしたら朝食だ。みんなもう先に行っちゃったよ」

ジャン「…………は、はは……ハハハ…………」

マルコ「ジャ、ジャン?どうしたんだい?」

ジャン「……………なんだ……全部夢かよ……驚かせやがって……」

マルコ「ああ、どうやらよっぽどの悪夢を見たみたいだね。汗びっしょりだよ」

ジャン「なんであんなの見ちまったのか……馬鹿夫婦のせいだ」

マルコ「さぁ行こう」

ジャン「ああ、悪ぃな。ちょっと着替えるのだけ待ってくれ」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:47:27.47 ID:1JaLIKEe0

「――ャンのお尻ってほんと引き締まってるよね」

「ね、鷲掴みにしてみたいよね」


ジャン「!?」

マルコ「どうしたんだい?」

ジャン「今通り過ぎた女たち…………」

マルコ「? なんだい?」

ジャン「聞こえ……いや、俺の気のせいか……駄目だ疲れてるのかもしれない」

マルコ「自主訓練のしすぎじゃないかい?憲兵団目指すにしてもやりすぎはよくないよ」

ジャン「……そうだな。体壊したら元も子もないからな」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:52:34.31 ID:1JaLIKEe0

マルコ「!」

ジャン「ん、どうした?」

マルコ「……あ、ああ、みんながそこに」

コニー「おう、ジャン。おはよう」

ライナー「ようやく起きたか」

ジャン「おお。ったく、先行くなら俺も起こしてくれればいいのに」

ライナー「気持ちよさそうに眠ってたからな」

ジャン「っていうかどうした、こんな所で足止めて。早く食堂行こうぜ」

アルミン「いや、エレンとミカサが、ね」

ジャン「あ?死にたがり野郎がどうかした――――」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:54:11.06 ID:1JaLIKEe0

ミカサ「エレン……」

エレン「ミカサ、おいやめろって。朝飯前だぞ……んむっ?」

ミカサ「んっ……ぁ……」

エレン「ぷはっ、だからやめっ」

ミカサ「エレン……だいすき…………」

エレン「んっんん――!?んむう――――っ!!」



ライナー「あの馬鹿夫婦その2の片割れ暴走してるぞ……」

コニー「うわっすっげぇ舌うねってる生き物かよあれ」

アルミン「…………ほんとものすごいよね」

ライナー「朝っぱらからよくやるな。こっちにも気を使って欲しいもんだな」

アルミン「朝食前の人が集まってくる時間にあれだけイチャついててよく今までバレなかったよね」

コニー「うわーうわっすっげぇ。めちゃくちゃすっげぇ」

マルコ「あ、ああ、だけどこういうのは見てちゃ悪いよ。みんな行こ――――ジャン?」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:56:04.83 ID:1JaLIKEe0

ジャン「」


ジャン「」


ジャン「」


ジャン「


ジャ





..:


.



終わり。


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 01:00:00.03 ID:OfUI6DkY0

ミカサ・アッカーマン



元スレ:エレン「オレだってキスぐらいしたことあるぞ」

他サイト様の最新記事