1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12(日) 23:44:07.05 ID:9U3e6uw30

淡「誘ってくれてもいーじゃんケチ」

菫「私に言うな。今日は全国大会でいつも上に腕も回して汗かいたんだ」

菫「一人でゆっくりさせてやれ。今はホテルの浴場がすいてるんだ」

淡「浴場!?ちょっと様子見てくる」

菫「おい待て!一人に・・・まあ一緒に入るくらいいいか」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12(日) 23:47:47.41 ID:9U3e6uw30

淡「浴場浴場っと・・・ここだ!」

淡「テルーの服はどこかなー」

淡「あった!この服だ」

淡「じゃ、下着だけでも拝借してと――」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12(日) 23:51:10.68 ID:9U3e6uw30




淡「テルーってあの胸でもブラつけてるんだね」

淡「ま、それはいいとして、早速テルニーを始めますk」

??「あのー」

淡「ふぇ!?だ、誰ってひーーー!?」

咲「何してるの?」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12(日) 23:55:54.65 ID:9U3e6uw30

淡「よかった。テルーじゃなかった」

咲「お姉ちゃんの制服ってことは、一緒の高校の人だよね?」

淡「お姉ちゃん・・・てことは妹!?どおりで似てるんだー驚いて損した」

咲「それはいいとして、何してるの?ブラとパンツ並べて」

淡「(正直に言ったらまずいなぁ)あ、あのね、これは私の」

咲「もしかしてそれで匂いを嗅いで・・・何かするの?」

淡「(うわ・・・図星)」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12(日) 23:59:25.38 ID:9U3e6uw30

咲「私、旅館で見たことあるの。そういう人」

咲「服脱いで、部長の制服着て、部長の下着嗅いで興奮してる人」

咲「京ちゃんに聞いたら、顔真っ赤にして「お前にはまだ早い」って言ってたけど、なんなんだろう」

淡「(まさか同じことしてる人がいたとはね)」

淡「(でもテルーの妹の前でそんなこと言ったりしたら・・・)」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:02:05.85 ID:avyV2mZj0

咲「お姉ちゃん!!ここに変態がいる!!」

照「淡・・・そういう趣味があったんだ・・・」

淡「ま、待ってよテ」

照「近づかないで!そんな人とお菓子食べてたなんて・・・」

咲「お姉ちゃん!もしかしたら何か混ぜてるかもしれないよ!今すぐ戻さないと」

照「わかった」


淡「(それだけはなんとしてでも避けなければ)」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:06:40.18 ID:avyV2mZj0

淡「(でもどうすれば)」

咲「それって、お姉ちゃんのじゃないよね?」

淡「うぇ!?」

咲「え?」

淡「(しまった!こんなリアクションしたらやってますっていうようなもんじゃん)」


咲「あの」

淡「違うから!これはテルニーじゃなくてただの下着鑑賞だからやましいことじゃないよ!」

咲「・・・・・・」ゾッ

淡「(言うこと間違えた)」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:10:30.28 ID:avyV2mZj0

淡「(こうなりゃやけくそだ!)あの、名前なんて言うの?」

咲「え・・・さ、咲です。宮永咲」

淡「咲だね。一緒にやろ!テルニー」

咲「え・・・それって」

淡「始めたら癖になるはずだから!やろっ!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:19:37.81 ID:avyV2mZj0

咲「そんな・・・○○ニーって、その・・・男の人がやるものだよね?」

淡「とんでもない!うちの堅物でも映像だけでやってるのに!」

淡「それにいいの?事情は知らないけど、学校が違うなら一緒に住んでないんでしょ?」

淡「だったらテルニーいつやるの?いまでしょ!」

淡「こんな貴重なチャンスないよ!部でもテルー好きはこのチャンス待っても手に入らないんだから」

淡「それに近くにいるからわかるよ。離れてたらテルーのこと求めたくなるでしょ?」

咲「うぅ・・・///」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:25:15.43 ID:avyV2mZj0

淡「まずはこうやって、パンツのにおいをさっと匂いを嗅ぐの」

咲「さっと?」

淡「同じところ嗅いでも飽きるからね。全体的にこう」スー

咲「//////」スー

淡「ブラだとちょっとやりずらいけど、ここにテルーの胸があったと思うと///」スー

咲「胸か、パッドとか入れてないんだけお姉ちゃん」スー

淡「入れてたらしいよテルー。菫に見つかって止めたらしいけど」スー


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:30:28.46 ID:avyV2mZj0

淡「パンツだと全体的にやったらあとは」

咲「あのね、お姉ちゃんお風呂入ってるんだよね?」

淡「それがどうしたの?」スー

咲「出てきたらまずんじゃないかなって。私がここに来たのはこのためじゃなくてお風呂に入るためだから」

咲「10分くらい前かな?ここの前を通ったら、偶然お風呂に入ろうとするお姉ちゃんを見て」

咲「一緒に入ろうと思ってすぐ部屋にもどって、浴衣とか取って戻ってきたから」

淡「というと?」

咲「分からないの?これをしてる間にお姉ちゃんと鉢合わせするかもしれないんだよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:37:09.78 ID:avyV2mZj0

咲「こんなの見つかったら二度と和解なんてできないよ」

淡「テ、テルーの風呂って長いらしいから。菫曰く」

咲「お姉ちゃん、たまに早く出てくることあるし」

咲「だ、だからもう止めようよ。結構気持ちよかったし、明日も機会を見て」

淡「いや、続けよう!ばれるかばれないか、ギリギリのところでやったほうが気持ちいいから」

淡「菫だって言ってたもん!部室でやってると背徳感があって気持ちよくなるって。私だけ現場見ちゃったけど」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:45:54.69 ID:avyV2mZj0

淡「だからやろう!早くやっとかないと本当にテルー来ちゃうよ!」

咲「・・・・・・うん、分かった」

淡「じゃあさっきの続き。パンツは股の部分を嗅いで」

淡「ここはじっくりと嗅いだほうがいいよ。テルーのテルーが詰まってるから」

咲「言いたいことはわかるよ!私だって最初はここからだと思ったし。じゃあ!」スーハー

咲「うぅ・・・お姉ちゃん・・・///」スーハー


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 00:53:18.04 ID:avyV2mZj0

淡「(初めてなのにこの手つき・・・咲もテルーのこと求めてたんだね)」

咲「お姉ちゃん・・・やっぱりお姉ちゃんの匂いって変わってない・・・んっ」クチュ

淡「ちょ!それはダメ!今はすぐ逃げれる体制じゃないと。手を入れるのはまだ早いよ!」

咲「んんっそんなこと言われたって」クチュ

淡「あーもう!さっき逃げようって言ったの誰?私だってそこまではやってないよ」




淡「でも誘ったからには見つかるのも罪も一緒じゃないとね」ヌギヌギ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:01:32.34 ID:avyV2mZj0

淡「下着だけといわず、靴下もスカーフも制服も」

咲「あっスカーフ貸して。それを身に着けて」ヌギヌギ

淡「裸スカーフか。初めてなのにすごいことやるね咲(うわぁ・・・テルーと同じ体してる)」

淡「靴下でやるのは初めてだけど、やってみまーす」スー

咲「ああ///お姉ちゃんの匂いがっ・・・っあ///」スーハー

淡「ここに生足があったんだね・・・うぅ///」クチュ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:07:55.86 ID:avyV2mZj0

ンン・・・ア・・・
テルー


和「これはいったいどういうことでしょう・・・」

和「咲さんがお風呂に入るからというから後をつけたというのに、お姉さんの下着でなんてことを」

和「いや、これで咲さんの秘蔵コレクションが増えるからいいんですが、複雑ですね」ジー

和「最初はお姉さんがいると聞いて、姉妹風呂が撮れると思ったのですが」

和「脱衣所だと、人が来たらばれますからね・・・風呂ならバレずに撮れる自信はあったのですが」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:16:09.75 ID:avyV2mZj0

和「ああ、大星淡・・・そこをどいてください」

咲「うぅあ・・・んんっ!!」

和「グググ・・・咲さんの愛液が出るというのに、なんでこのタイミングで前に被るんですか!」

和「は、早く・・・早く退いて」

咲「ひゃ・・・うぅ・・・ふぅ・・・」

和「」

淡「わぁ!?そんなの出したらもうバレちゃんじゃん!」

淡「でもこうして眺めてるのも」

和「(眺めてないでそこからのいてください!せっかくビデオにいい映像が撮れそうなのに)」ギリギリ


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:22:10.71 ID:avyV2mZj0

和「(あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙こうなったら実力行使で)」

和「咲さんに何しようとしてるんですかこの変態金髪がああああ」

咲「うぇ・・・?」

淡「なっ!お前は」

和「人に断りもなく咲さんのそんな恰好を見て、お姉さんでは飽き足らず咲さんまで」

淡「え?あのちょっと言ってることわからない」

和「きええええあなたさえいなければビデオに決定的瞬間をおおおお」

淡「ひ、ひええええ」


??「何してるんだお前!」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:30:03.37 ID:avyV2mZj0

菫「おらこのド変態ども!脱衣所で何やってるんだ!!」

淡「菫ちょっと声でかい」

和「何って・・・決定的瞬間を撮るのを邪魔したこの女を始末」

菫「ここをどこか考えろド変態どもがあああ!食らえ!」ヒュン

和「きゃあ!」ブス

淡「た、助かった・・・ありがと菫」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:35:30.05 ID:avyV2mZj0

菫「風呂に行くって言って何も持たずに行ったからまさかと思ったらこれか」

淡「・・・うん」

菫「大方見つかったから巻き込んじゃえと思ったんだろ」

淡「・・・・・・」

咲「あ、あの、私は別に強要されたわけじゃないです」

菫「言いたいことはわからないわけではないが黙っててくれ」

菫「そもそもだな、白糸台の学生が脱衣所でこんなことやってただで済むと」

淡「菫って人のこと言えないじゃん!!!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:42:20.98 ID:avyV2mZj0

淡「菫だって会場の陰で「宥!宥!」って言って励んでるくせに!」

淡「私全部知ってるからね!メアド交換しようとして部屋に行っても何もできず帰ってくる菫とか」

淡「阿知賀の対戦ビデオを見て一人で興奮してる菫とか」

淡「あとはr菫「もうやめてください」

菫「・・・見てたのか」

淡「だって鍵もかけずオープンでやればね」

菫「・・・今回のことは見なかったことにして手を打とう」

咲「あのー、大きな声出してたらばれますよ」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:46:54.92 ID:avyV2mZj0

菫「・・・いやいやいや」

淡「ばれてないよばれてないよばれてないはずだよ」サー

咲「だってあんなに大きな声出したら」

淡「ばれてないって絶対!」

菫「それが大きな声だ!いいから証拠隠滅だ!急げ!」

菫「おいピンク、起きろ!・・・くそ、やりすぎたか」

淡「待って!一ついい案があるよ。この謎のピンクを使って」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 01:54:44.11 ID:avyV2mZj0

淡「このピンクを風呂に投げ込む」

淡「それに気を取られているすきに証拠隠滅」

淡「細かいことはピンクに押し付けて逃げよう」

咲「そんな・・・和ちゃんに悪いよ」

淡「そんなこと言ってる暇ないよ!それにこのピンクは咲のテルニーを撮影してたんだよ!」

淡「きっとテルーにばらしてテルーを横取りする気だったんだよ!」

咲「えっ和ちゃんそんなことを」

菫「(お前と照を盗撮してたんだが、まあいい)」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:05:30.46 ID:avyV2mZj0

菫「よし淡お前足持て!咲といったな、お前は証拠隠滅だ」

菫「せーのでいくぞ・・・せーn」ツル

菫「っあ!滑っっああああああ」ガシャーーン

淡「ぎゃーー」ツルー 和「」ツルー


咲「あー、やっちゃったよ」ゴソゴソ

咲「やること全部終わったけど、どう説明しよう」オロオロ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:11:30.51 ID:avyV2mZj0

咲「・・・・・・」

咲「・・・・・・・・・・・・」

咲「何で誰も反応しないんだろう?」

咲「えーっと、お邪魔しまーす」ガラ



久「あら、もっと早く入ってくると思ったのに」

咲「」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:18:12.33 ID:avyV2mZj0

咲「部長、何してるですか?」

久「何って、見てわからないの?風呂に入ってるのよ」

咲「それはわかります・・・隣でのぼせているのは誰ですか?」

久「誰って、わからないの?あなたのお姉さんよ」

咲「何冷静な顔して言ってるんですか!?」

淡「そ、そんな・・・まさか」

菫「そうかそうか・・・さっきまで大声出して反応がなかったのはそれか」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:25:27.63 ID:avyV2mZj0

照「うぅ・・・あれ、淡、菫・・・何してるの?」

菫「こっちが聞きたい。お前こそここで何してたんだ」

咲「部長のことだから・・・ここでレズセ○クスしていても、おかしくないですよね」

久「あら、ひどいこと言うじゃない。ちょっとキスして体撫でまわしただけよ」

咲「それを世間ではそういうんです!いったいいつからこんな仲に」

久「さっきよ。悪い?」

淡「なんでさっき会ってすぐにそんなことができるの!?」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:35:31.05 ID:avyV2mZj0

久「それにしても咲も○○ニーとかするのね」ニヤニヤ

照「○○ニー?」

久「ええそうよ。たとえばあなたをおかずにすればテルニーで、今」

咲淡「「あーーーーーーーーー」」

照「淡、聞こえないからちょっと」

淡「ちょっと菫止めてよ!」

菫「わ、わかった!おい」

久「あなたって松見宥って人のことが好きなのよね」

久「宥って人も風のうわさだと○○ニーしてるらしいわ。教えてほしかったら」チラ

淡「おいこの堅物!宥ニー女!ばらされたくなかったら」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:39:59.78 ID:avyV2mZj0

久「この娘たち、あなたの下着でやってたのよ」

照「やるって何を?」

咲「部長!本当に止めてください!福路さんを呼びますよ!」

久「テルニーをやってたのよ、そこで」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:43:53.53 ID:avyV2mZj0





菫「とりあえず、まあ元気出せ」

淡「うるさい堅物。宥って人も菫ニーやってたから元気出しやがって」ペッ

咲「」ブツブツ

菫「(こんなことなら最初からついて行って止めとけばよかったような)」


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:50:30.26 ID:avyV2mZj0

菫「落ち込んでても始まらないぞ。私も協力するから和解しよ」

淡「和解するより先にすることがあるんだけどさ」

ガララッ!

和「咲様!仕掛けておいたカメラを持ってきました!」ハアハア

咲「うん分かった。そこに置いといて。ご褒美に踏んであげるから」


淡「あれどうにかならない?テルニーやってからずっとあの調子で」

菫「お前あそこでなに教えたんだおい!」



―カン―


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/13(月) 02:53:21.18 ID:avyV2mZj0

これで終わりです
思いついて書きなぐったらこんなひどい出来になってしまった
こんな駄作を見ていただいてありがとうございます、次はいろいろ見てましなのを書きます



元スレ:淡「テルーどこー?」菫「風呂だ」

他サイト様の最新記事