1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:12:00.84 ID:VTYhLWXgO

P「珍しいこともあるもんだな」

春香「……あの、プロデューサーさん…」

P「ん?」

春香「それリボンです」

P「…………」

春香「…………」

P「本体の方はいつも通りぱっとしないな(笑)」

春香「がーん!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:15:01.10 ID:VTYhLWXgO

P「春香はリボンがないと誰かわかんないな」

春香「そ、そんなことないですよ!」

P「じゃリボンとってみ」

春香「はい!」シュルリ

P「あの…ここはアイドル事務所ですから一般人の方は許可を取っていただかないと…」

春香「私です!天海春香です!気づいてくださいっ!」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:18:36.65 ID:VTYhLWXgO

P「その辺で見つけた女の子に春香のリボンつけてあげてみたんだが」

春香「えー!いつのまに!」

P「そしたら…元は可愛かったのに微妙な感じになってな…」

春香「そうなんですか?じゃあ私が特に似合ってるってことなのかな…えへへ…」

P「そうだな。春香はリボンのおかげでギリギリアイドルやってけてるな」

春香「はい!」

春香「あれ?」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:22:56.10 ID:VTYhLWXgO

P「春香ーこーい」

春香「はーい?」トテテテ

P「これ、可愛いリボンだろ?」

春香「わぁ…!ほんとだ!これとっても可愛い!」

P「春香に似合うと思って買ってきたんだ」

春香「え…本当ですか!?わーい!ありがとうございます!」

P「でも雪歩にもっと似合いそうだな。おーい雪歩ーこのリボンやるよー」

春香「…………えっ」

春香「えぇー!?そんな馬鹿な!」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:29:20.94 ID:VTYhLWXgO

P「うーん…千早の歌声はやっぱり心に響くな…」シャカシャカ

春香「あれ?千早ちゃんのCD買ったんですか?」

P「うん。というよりうちのアイドルのCDは全部買ってるぞ」

春香「そうなんですかっ?じゃ、じゃあ私のCDも…?」モジモジ

P「あぁ。春香のCDは毎日役にたってくれてるよ」

春香「えへへ…なんだか恥ずかしいですけどとっても嬉しいです…」

P「おかげでゴミが荒らされなくて助かる」

春香「カラスよけ!?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:34:16.09 ID:VTYhLWXgO

春香「プロデューサーさんプロデューサーさん!」

P「んー」

春香「重いです!」プルプル

P「おぉすまん。いつも床にスッ転んでるから敷物かと思ってな。勘違いだったようだ」

春香「嘘だー!私が転ぶたびに毎回わざわざ踏みにくるくせに!」プルプル

春香「というかすまんと言いつつ踏み続けないでください!」プルプル

P「すまん」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:42:34.45 ID:VTYhLWXgO

春香「プロデューサーさんプロデューサーさん!」

P「んー」

春香「この曲、私のパートがないんですけど…」

P「うん」

春香「あずささんや響ちゃんはこんなにソロパートあるのに私のは…」

P「…グループにはよく引き立て役というポジションが存在するらしい」

春香「…………」

P「あずささんと響は歌がうまいなぁ。な、春香?」

春香「ふぁい…」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:47:52.69 ID:VTYhLWXgO

P「ん…?なぁ春香」

春香「はーい?」トテテテ

P「お前って髪伸ばせば可愛いんじゃないか?」

春香「ふぇっ!?ほ、ほんとですか!?」

P「そんで金髪にして癖っ毛にしてスタイルもよくして語尾に~なのをつければ完璧だな」

春香「……それもはや私じゃないです」

P「まぁ今のままじゃ可愛くないもんな」

春香「がーん!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:52:32.48 ID:VTYhLWXgO

春香「えいっやっとうっ」ピコピコ

P「…………」ピコピコ

ドカーン

春香「うわぁぁーん!負けましたー!」

P「もっかいやろう」

春香「次は負けませんよー?」




ドカーン

春香「うぅ…」

P「もっかいやろう」

春香「ぐしゅん…186敗目なんですけど…まだやるんですか…?」

P「春香とするゲームは楽しくてな」

春香「うぇぇぇん……もう1回だけですよぉ?…くすん」ピコピコ


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 02:56:28.05 ID:VTYhLWXgO

P「今日のドラマ面白かったなぁ」

春香「!」ピョコン

P「貴音の演技はやっぱ惹かれるものがある」

春香「わ、私もあのドラマ出てたんですけど…えへへ…」

P「あぁ、春香もハマり役だったよな」

春香「そうですかっ!?」

P「リボンの役」

春香「テレビ越しでも私のことをリボンと認識してる!?」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:05:29.21 ID:VTYhLWXgO

P「春香ーこーい」

春香「はーい」トテテテ

P「飯食いにいくんだがくるか?」

春香「いいんですか?じゃあお願いしますっ!えへへ…」



春香「プロデューサーさんプロデューサーさん」

P「んー」モグモグ

春香「お腹空きました」

P「ふーん」モグモグ

春香「…………」

春香「すいませーん…お水お願いしまーす…」

春香「くぴくぴ…くすん…」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:12:03.13 ID:VTYhLWXgO

P「春香は765プロにはなくてはならない存在だな」

春香「きゅ、急にどうしたんですかプロデューサーさん!?」

P「お前のおかげでアイドル達はここまで売れたんだ…ありがとうな春香」

春香「そ、そんな…私はなにもしてないですよ…」

P「春香はなにもしなくてもいいんだ」

春香「それって…」

P「春香とみんなが並んで立つとみんなが可愛さが引き立つからな」

春香「ですよねー」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:17:03.83 ID:VTYhLWXgO

P「春香ーこーい」

春香「はーい」トテテテ

P「今日は春香にお土産があってな…」

春香「え!ありがとうございます!嬉しいな…」

P「鏡だ」

春香「わぁ…大事にしますね!」

P「あぁ。毎日使ってくれ」

春香「でもなんで鏡なんですか?」

P「鏡がないと不便だろ?」

春香「い、一応他にも鏡持ってますけど…」

P「え、その顔で?」

春香「どういう意味ですかー!?」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:21:40.25 ID:VTYhLWXgO

春香「ふんふーん♪」

prrrrr

春香「わっ!プロデューサーさんからメールだ!」ピッ

P『春香。好きだ』

春香「…………え?」

春香「え、えぇぇぇぇ!?そ、そんな……はううう!?///」

春香「い、いきなりこんなこと…もうプロデューサーさんったらぁ…///」

春香「……あれ…?下にまだスクロールできる…」ピッ




P『嘘だ。ばーか』

春香「…………」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:25:18.23 ID:VTYhLWXgO

P「春香って声は可愛いよな」

春香「そう…ですか?な、なんだか照れちゃいます」

スパーン

春香「ひぇぶぅっ!?」

春香「……ぷろひゅーひゃーひゃんぷろひゅーひゃーひゃん。なんで今私…はたかれちゃったんでしょうか…」

P「今の声可愛い」

春香「え!?そ、そうですか?えへ、えへへ…」

スパーン

春香「はにゅぱっ!?」

P「可愛い」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:32:12.79 ID:VTYhLWXgO

P「春香って普通に生活してても別にアイドルだってバレなさそうだよな」

春香「そ、そんなことないですよ!電車乗るときだってちゃんと変装してるんですからっ!」

P「まぁ春香の場合リボンほどくだけだから変装も楽だろうな」

春香「リボンほどくだけでバレないわけないじゃないですかっ!ほら!」シュルリ

P「あの…仮にもアイドル事務所ですから一般の方はアポ無しではちょっと…」

春香「あれ!?バレてない!?がーん!」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:38:14.13 ID:VTYhLWXgO

春香「プロデューサーさん!おはようございまーす!」ガチャッ

春香「ってこんなところにワカメがー!?きゃー!」ステーン

P「よいしょ」

春香「ちょっとー!すかさず私に座らないでくださいよー!」ジタバタ

P「春香は座り心地がよくてな」

春香「そ、そうなんですか…?」

P「春香は椅子の才能があるな」

春香「えへへ…しょうがないなぁ…もうちょっとだけ座っててもいいです」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:43:10.85 ID:VTYhLWXgO

春香「プロデューサーさんプロデューサーさん!」

P「んー」

春香「あのですね…私今日はクッキーを焼いてき…」

P「そうだ。ちょうど最高級のクッキーを食べてるんだが春香も食べるか?バターの風味とふんわりと広がる甘さが病み付きになるほど絶品でな。これを食ったらもう二度と素人が作ったクッキーなんて食べられないよ」

春香「へ、へぇー…」

P「で、なにか用だったか?」

春香「ちょっと修行の旅に出てきます…」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:52:31.86 ID:VTYhLWXgO

春香「プロデューサーさんプロデューサーさん!」

P「んー」

春香「今ちょっと大丈夫ですか?相談したいことが…」

P「悪いな。今仕事中なんだ」

春香「そうですか…すみません、出直しますね」

prrrrr

P「はい、もしもし。お、真か?」

P「相談?いいぞ。俺でよかったらいつでも相手になるからな。ははは、大丈夫大丈夫。ちょうど今は暇なんだ」

春香「ばかー!プロデューサーさんのばかー!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:56:04.67 ID:VTYhLWXgO

春香「カルタやりましょう!」

P「いいよ」



春香「むむむ…」キョロキョロ

春香「あった!はいっ!」パシッ

P「はいっ」パチーン

春香「ひぷふんっ」

春香「…プロデューサーさんプロデューサーさん。私のほっぺたじゃなくてカードの方にタッチしてくだしゃい」

P「すまん。つい」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 03:58:20.53 ID:VTYhLWXgO

春香「カルタやりましょう!」

P「いいよ」



春香「むむむ…」キョロキョロ

春香「あった!はいっ!」パシッ

P「はいっ」ペシーン

春香「はいだいたいっ!」

春香「…プロデューサーさんプロデューサーさん。私が先にカードとったんだから後から私の手を叩かないでくだしゃい」

P「つい」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:02:43.23 ID:VTYhLWXgO

春香「カルタやりましょう!」

P「いいよ」



春香「むむむ…」キョロキョロ

春香(むふふ。今度は私がプロデューサーさんの手にタッチしてやります!)

春香(思いっきり叩いちゃいますもんねー。プロデューサーさん泣いちゃっても知りませんもんねー)

P「…………」

春香「…………」

P「…………」

春香「…………」ウズウズ

P「…………」

春香「……う、うぅぅぅ……はいっ!」

パッチーン

春香「あううぅっ!カルタ取るの我慢できなかったぁぁぁ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:07:56.45 ID:VTYhLWXgO

P「春香。コーヒー淹れたんだが飲むか?」

春香「あ、はい!」

P「ほら」

春香「ありがとうございます!くぴくぴ…」

春香「あぶーっ!?」

P「あ、砂糖と塩間違えてた」

春香「ひどいですよぉ…うぇぇぇぇ…」

P「すまん。口直しにカルピスでもどうだ?」

春香「うぅ…いただきまぁす…くぴくぴ…」

春香「あぶーっ!?」

P「すまん。米の磨ぎ汁だった」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:15:29.12 ID:VTYhLWXgO

春香「プロデューサーさん!おはようございまーす!」ガチャッ

春香「ってこんなところにめかぶがー!?きゃー!」ステーン

ゴーン!

春香「にゃふっ!?う、上からたらいがー!?」

パスッ

春香「時間差で黒板消しがっ!?けほこほっ!」

ツルッ

春香「ひやぁぁあーっ!?床にローションが!?すーべーるー!?」

春香「すべった先にはボーリングのピンが!?」
春香「きゃー!?」ガコーン

P「ストライクだ。すごいじゃないか」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:22:33.97 ID:VTYhLWXgO

~♪

P「ん?携帯か…」

春香「!」ピョコン

春香「今の歌…私の歌ですよねっ!?うわぁ…!私の歌を着信音にしてくれてるだなんて…!」

春香「とっても嬉しいですプロデューサーさんっ♪」

P「いや、今のアラームだ」

春香「え?」

P「春香の歌声はよく目が覚めるからな…まるでジャイアンのような…」

春香「すみません…言いたいことはなんとなくわかりましたのでみなまで言わないでください…」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:29:12.61 ID:VTYhLWXgO

P「春香ーこーい」

春香「はーい」トテテテ

P「春香」ギュム

春香「はぷっ!?」

P「春香のほっぺたはやわっこくていい気持ちだ」ギュムギュム

春香「にへへ…そうですかー?」

P「これほしい」グイー

春香「あいだい!いだいれすぷろひゅーひゃーひゃん!ちぎっても取れませんよぅ!」

P「春香ほしい」グイー

春香「いひゃひゃひゃい!あげれまひぇんってぷろりーはーひゃんっ!」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:33:32.75 ID:VTYhLWXgO

春香「はふぅ…ほっぺた取れちゃうかと思いました…」ジンジン

春香「もう…プロデューサーさんのばかぁ…」

春香「…………」

春香「で、でも…さっきプロデューサーさん、私のことほしいって…」ドキドキ

春香「え、えへへ…プロデューサーさんったら大胆だよ…///」

prrrrr

春香「あれ?プロデューサーさんからメールだ」



P『嘘だ。ばーか』

春香「……ですよねー!」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:37:58.55 ID:VTYhLWXgO

春香「はぁ…プロデューサーさんったらいつもいじわるばっかり…」

春香「……私のこと、嫌いなのかなぁ…」

春香「……あれ?このメール…まだ下にスクロールできる」ピッ




P『嘘だ。好きだ春香』

春香「」

春香「」

春香「」

春香「ぷ、プロデューサーしゃんっ!?///」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 04:40:32.00 ID:VTYhLWXgO

春香「プロデューサーさんプロデューサーさん!」ガチャッ

P「んー」

春香「さ、さっきのメール…あ、あれ…どどどどういう意味で…///」

春香「……ってこんなところにもずく酢がっ!?きゃー!?」ステーン

P「フフッ」

春香「笑ってないで助けてくださいよぉー!プロデューサーさーんっ!」


終わり



元スレ:P「今日は可愛いな春香」

他サイト様の最新記事