1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:01:06.33 ID:O7+ETX3zO

P「ただいま戻りましたー」

ちひろ「おかえりなさい、プロデューサーさん。外回りご苦労さまです」

P「いえいえ。おかけで色々仕事取ってこられましたし……?」クンクン

ちひろ「どうされましたか?」

P「何だか甘い匂いがしますね…」

ちひろ「ああ。そういえばさっき泰葉ちゃん達がホットケーキを作るとか言ってましたから、多分それかと…」

P「なるほど…でもこれは…」

ちひろ「?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:02:46.86 ID:am7NxiC5O

パンケーキじゃないのか


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:03:18.14 ID:O7+ETX3zO

泰葉「うう…ごめんね。薫ちゃん、桃華ちゃん」

薫「やすはちゃんはわるくないよ!食べたいっていったのかおるだもん!」

桃華「そうですわ。多少…その…焦げはありますが、ハチミツをかけてしまえば気になりませんし…」

泰葉「うん。生焼けのは私が頑張って処理するから…。次は絶対上手く焼いてみせるからね!」

P「やっぱりか…」

桃華「あら、Pちゃま」

薫「あー!せんせぇ!おかえりなさーい!」

P「はい。ただいま」ナデナデ


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:04:18.52 ID:O7+ETX3zO

泰葉「Pさん…。お恥ずかしい所を…」

P「何言ってんだ。泰葉が頑張って焼いたんだろ?何が恥ずかしいか」

桃華「そうですわ。大切なのは泰葉さんのお心であって、味は…その…」

泰葉「うう…。心遣いが痛い…」

P「まあとりあえず生焼けのままを食べるのは良くないから止めなさい」

泰葉「そうなんですか?」

P「ああ。ホットケーキミックスで作ったんならなおさらな。それならレンジで温めたら問題ないから。焦げたのは仕方ないけど…」

薫「ちょっとにがいけどおいしいよ。やすはちゃん!」

泰葉「薫ちゃん…」クスン

P「泰葉が薫達の為に焼いたんだもんな」

薫「うん!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:07:16.24 ID:O7+ETX3zO

P「うん。確か泰葉達は今日はもう仕事なかったよな」

泰葉「へ?…はい」

P「じゃあちょっと特訓でもするか?」

泰葉「特訓、ですか?」

P「ああ。綺麗なホットケーキを作れるようにな」

泰葉「は、はい!お願いします!」

P「よーし。薫、今日はホットケーキ食べ放題だぞー!」

薫「たべほうだい!」キラキラ

桃華「あの…Pちゃま、お仕事はよろしいんですの?」

P「良いの良いの。プロデューサーの仕事なんてアイドルと遊ぶのがメインなんだから」

泰葉「いえ、それは初耳なんてすが…」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:08:21.87 ID:O7+ETX3zO

P「と、言う訳で。Pさんのお料理大好き!本日は簡単ホットケーキ講座ー!」

桃華「何やら始まりましたわ…」

P「本日のアシスタントは今大注目の属性迷子系アイドルの一人、岡崎泰葉さんです」

泰葉「お、お願いします?」ペコリ

薫「わーい!」パチパチ

桃華「どんなノリですの…」

P「まあとりあえず今日はここまで出来るようになってもらいます、って事でさっきぱぱっと焼いてみた。はい」

薫「すごーい!ふわふわでおいしー!」

桃華「本当ですわね。お店で出しても遜色ない味ですわ…。と言いますか、Pちゃまお料理出来ましたのね」

泰葉「綺麗。私のと全然違う…。こんなに美味しく作る自信ないです…」

P「大丈夫大丈夫」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:09:17.20 ID:O7+ETX3zO

P「さて、まあ一度作ったんなら手順は大体分かるよな」

泰葉「はい。卵と牛乳を混ぜて、ホットケーキミックス入れて、フライパンで焼く…ですよね」

P「ざっくり言うとそんな所だな。じゃあまずは…」

薫「せんせぇ!せんせぇ!」

P「おっ。どうした?」

薫「かおるもおてつだいしまー!」

桃華「あっ、ちょっと薫ちゃん?」

P「そうだな…。じゃあ薫と桃華には付け合せの生クリームでもお願いしようか」

薫「はーい!」

桃華「わたくしもですの?わかりましたわ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:10:52.32 ID:O7+ETX3zO

P「生クリームと砂糖をボウルに入れて…薫、苺とブルベリーとアプリコットだとどれが好きだ?」

薫「いちご!」

P「よしきた。じゃあイチゴジャムを少し入れて…」

泰葉「ジャム入れるんですか?味つけ?」

P「これくらいならほとんど味はつかないよ。こうすると手早く固まるんだ」

桃華「それは初耳ですわ。確かに生クリームってなかなかに重労働ですものね」

P「本当にすぐ固まるから固さ調節は慎重にな。最後にジャム追加して味付けしても良し」

桃華「かしこまりましたわ」

P「では薫、生クリームは頼んだ!時間があれば他のジャムでも試してみな」

薫「かしこまっ!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:11:54.77 ID:O7+ETX3zO

P「じゃあ泰葉、はじめようか」

泰葉「は、はい!」

P「まずは卵とおいかわ印の牛乳を入れて混ぜます」

泰葉「はいっ。…あの、おいかわ印っているんですか?」

P「さりげなく自社提携食品を宣伝するのも料理番組の大事なコツだ」

泰葉「なるほど…。勉強になります」

P「で、ある程度混ぜたらホットケーキミックスを投入。ポイントは混ぜすぎず、少しダマが残る程度で止めること」

泰葉「えっ?残していいんですか?」

P「綺麗に混ぜたくなるけど混ぜすぎたらふわふわにならなくなるからな」

泰葉「……混ぜすぎてました」

P「やっぱりかー」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:12:45.06 ID:O7+ETX3zO

P「お次は中火で熱したフライパンに…」

泰葉「弱火にして上から流し入れるんですね!」

P「はい、不正解。パッケージ見た?」

泰葉「えっ?何か違いましたか?えっと…」

P「ある程度熱したら、濡れふきんの上に置いて少し冷まします」ジュッ

泰葉「本当だ…。でもどうしてですか?」

P「ホットケーキを焼くのに丁度良い温度が100度くらい。で、水の沸点は?」

泰葉「……100度!?」ハッ

P「先人の知恵って凄いよな。さて、冷ましたら弱火にしてタネを投入。ここからは一気にいくぞ」

泰葉「はいっ!」ムンッ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:13:40.03 ID:O7+ETX3zO

P「お手本代わりに先に俺から…。タネを高めの位置から入れて…」ジュー

P「約3分程度焼く…。で、気泡がぷつぷつ出て来たら、一気にひっくり返す!」ペタン

泰葉「綺麗なきつね色…」ホワー

P「で、後は2分くらい焼いたら完成、っと」ジュワー

泰葉「同じ焼き方のはずなのにこの違いは一体…」

P「途中で焼き加減を見たり、上から押してみたり、ひっくり返すときにおっかなびっくりになったりしたらダメだぞ」

泰葉「あう…」

P「やったのか…」

泰葉「だ、だって、はじめてでしたから…。心配で…」

P「どれも焼きむらが出来る原因だからなぁ。大切なのは勢いと信じる事、かな」

泰葉「や、やってみます!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 12:14:26.32 ID:O7+ETX3zO

P「一回焼き上げるごとにフライパンを冷ますようにな」

泰葉「はい。……上から落として…」

泰葉「気泡、これくらいで良いですか?」ジー

P「ああ。あとは一気にペタンと返す」

泰葉「一気に……えいっ!………ふああ!」

P「うん。良い色だ」

泰葉「えへへ。…でもさっきのPさんの方が綺麗な気が…」

P「あとは裏面焼いたら完成だな。出来栄えはもうひたすら作って上達するしかないけど」

泰葉「うう…。道は遠そうです…」

P「まあ一旦は4人分焼いてみようか」

泰葉「お任せください♪」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:35:41.20 ID:O7+ETX3zO

泰葉「むむむむむ…!」ジュワー

P「よしよし。薫、桃華。そっちはどうだ?」

薫「いっぱいできたー!」

桃華「うふふ。本当に面白いくらいすぐに固まりますのね。どんな原理ですの?」

P「ん。なんでもジャムに入ってるペクチンってのが作用するみたいだけど…」

薫「せんせぇ!かおるもっとやってみたーい!」

P「おう。じゃんじゃん作って良いぞ。…まだ冷蔵庫に生クリームあったかな?」

桃華「そんなに作っても食べきれませんわよ…?」

P「それは心配ないかなー、って」

桃華「?」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:36:53.11 ID:O7+ETX3zO

泰葉「Pさん、出来ました!」

P「おっ。出来たか?」

桃華「うふふ。綺麗に焼けましたわね」

薫「おいしそうだねー!」

泰葉「うん。さっきはごめんね。今度はきっと美味しいからね」

P「よし。じゃあ食べようか」

薫「はーい!やすはちゃん、クリームどれにするー?」

泰葉「わっ、いっぱいある。薫ちゃんのオススメはどれ?」

薫「えっとねー……イチゴとブルーベリーとアプリコットと……ぜんぶ!」

泰葉「ふふっ。じゃあ全部ちょっとずつ付けてみようかな」

桃華「やっぱり作りすぎましたかしら…?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:37:45.60 ID:O7+ETX3zO

泰葉「……あれ?」

P「どうした?」

泰葉「そう言えば、私が作ったのとPさんのお手本とで一枚余りませんか…?」

桃華「1、2、3…本当ですわね」

P「ああ、それな。……悠貴〜」

ガタッ

泰葉「えっ?悠貴さん?」

悠貴「え、えへへっ…」ヒョコッ

桃華「悠貴さん…いつからいらっしゃいましたの?」

悠貴「ちょっと前に事務所に帰ってきたら甘い匂いがして…覗いてたら出るタイミング逃しちゃってましたっ…」

泰葉「Pさん、それで一枚多く?」

P「そんな所かな。ほら、おいで」

悠貴「はいっ♪」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:38:22.36 ID:O7+ETX3zO

薫「ゆうきちゃんもクリームどうぞ!」

悠貴「わっ、ありがとうっ!」

桃華「うふふ。ではわたくしは紅茶を淹れますわね」

泰葉「あっ、ごめんね、桃華ちゃん。…でもどうして覗くだけだったんですか?」

悠貴「そ、それはっ、その…」モジモジ

泰葉「?」

P「大方三人が楽しそうにしてたから入り辛かったんだろ」

泰葉「そうなんですか?」

悠貴「は、はいいっ…」

桃華「そんな遠慮なさらなくてもよろしいですのに…」

薫「ねー」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:39:02.23 ID:O7+ETX3zO

P「さて、問題は俺が焼いたのを誰が食べるかだけど…」

泰葉「それ、私が貰っても良いですか?」

P「自分のは良いのか?」

泰葉「はい。Pさんのを食べて少しでも研究したいので…!」

悠貴「わわっ、泰葉さんが燃えてますっ!」

P「変に凝り性だからなぁ。一度スイッチ入るととことんまでやるタイプだし」

桃華「あら?それが泰葉さんの良い所でもあるでしょう?」

P「まあな。ただしやり過ぎはダメ」

泰葉「ふふっ。それはちゃんと分かってます。Pさん達に心配かけない程度にしますので…」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:39:54.74 ID:O7+ETX3zO

薫「やすはちゃん、せんせぇのとおんなじくらいおいしーよ!」

泰葉「本当?」

桃華「ええ。これならば自信を持ってもよろしいかと…」

悠貴「あの、最初のってそんなにっ…?」

桃華「それは…」

P「な…」

泰葉「うう…」グスッ

悠貴「ええっ!?」

P「今は美味しく出来てるんだから、な?」

桃華「そうですわ。自信を持って良いですわよ!」

悠貴「や、泰葉さん、ごめんなさいーっ」

薫「よしよし」ナデナデ

泰葉「ありがとう、薫ちゃん…」クスン


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:40:43.93 ID:O7+ETX3zO

泰葉「でも、ほとんど特別な事してないのにどうしてこんなに違うんでしょうか…?」

P「重要なのは基本に忠実に、レシピ通りにする事だからな。決してパスタに苺を入れたり、チョコに魚のすり身を入れたりしてはいけない。例え火を通していても…!」

桃華「ああ、軽いトラウマになってますのね…」

悠貴「泰葉さん、今度は私も一緒に作っても良いですかっ?」

泰葉「うん、もちろん。ふふっ。バッチリ教えてあげますね♪」

P「おっ、やる気だな。じゃああと150枚くらい焼いてみようか」

泰葉「ひゃ…ええっ!?」

薫「たべほーだい!」ワーイ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:41:38.42 ID:O7+ETX3zO

桃華「なんですの、その枚数は?」

P「悠貴はどうして台所に来たんだっけ?」

悠貴「それは、事務所に戻ったら甘い匂いがしたからっ……あっ!」

泰葉「そ、そんなに匂ってましたか?」

P「作ってる側は気付かないけどな。…で、これからどんどん仕事終わりだったり暇潰しだったりの飢えた奴らが来るわけだ」

泰葉「えっ?全員分作るんですか!?」

P「頑張れ、泰葉」

薫「やすはちゃん、かおるもおてつだい!」

悠貴「わ、私も頑張りますっ!」

桃華「…当分ホットケーキはいらなくなりそうですわね…」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:42:12.74 ID:O7+ETX3zO

ワイワイガヤガヤ


泰葉「悠貴さん、次が出来ました!」

悠貴「はいっ!ええっと…イチゴクリームとチョコソースかけ、お待たせしましたっ!」

泰葉「フライパン冷やして…弱火にかけて…」

薫「クリームできたー!」

泰葉「あっ、ありがとう、薫ちゃん。悠貴さんも、手伝わせちゃってゴメンね…?」

薫「えへへ。たのしいからだいじょーぶだよ!」

悠貴「はいっ!大丈夫ですっ♪」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:43:04.09 ID:O7+ETX3zO

桃華「ホットケーキミックス買ってきましたわ…あら、また人増えましたの?」

P「ああ。次から次にな。…それだけじゃ足りないかもなぁ」

桃華「Pちゃまはお手伝いなさいませんの?」

P「うーん。半分冗談で150枚って言ったんだけど、本当にそうなりそうだしな…。泰葉、手伝うかー?」

泰葉「うう…。頑張りたいですけど、この人数は…」

P「おっけー。桃華、またおつかい頼める?」

桃華「ええ。ですが先程のコンビニは買い占めましたから、次はどこがありましたかしら…?」

P「じゃあちょっと遠いけどスーパーかな。机の下の森久保を荷物持ちに拉致する権利をやろう」

桃華「かしこまりましたわ」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:46:08.36 ID:O7+ETX3zO

P「はい、2枚完成」

悠貴「はいっ!ええっと…ブルーベリークリームの方とハチミツのみの方っ、お待たせしましたっ!」

泰葉「はやい…!わ、私も…!」

薫「はーい!ごちゅうもんおききしまー!」

桃華「戻りましたわ……これは…終わりがないですわね…。泰葉さん、私もお手伝いいたしますわ」

泰葉「ありがとう、桃華ちゃん。タネを練るのお願いしてもいいかな?」

P「最初の和やかな雰囲気はすっかりないなぁ。はい、完成」

泰葉「もう完全に練習の域を越えてます…。出来ましたっ!」

P「まあ、あと半分くらいだと思うし、頑張れー」

泰葉「ま、まだ半分…ううっ…ま、負けませんー!」



おしまい


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/21(日) 15:49:03.39 ID:O7+ETX3zO

以上、読んでくださった方ありがとうございました!
ちなみにホットケーキとパンケーキは元は同じ意味ですが、某森永さん的には違うそうです。ホットケーキミックスとは別にパンケーキミックスなるものがあったり。ホットケーキミックスはどんなお菓子も作れる万能食材だと思うのでごぜーますよ



元スレ:モバP「ホットケーキの」岡崎泰葉「作り方」

他サイト様の最新記事