1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 12:03:37.64 ID:U0I4pt1/O

百番煎じくらい

P「いけっ卯月!ニコニコダブルピースだ!」

卯月「はい!島村卯月ガンバリマス♪」ペカー☆

あやめ「ぬわぁぁぁ」(感嘆)

敵P「いきなり大技かよっ!?」

敵P「なーんちゃって」

あやめ「身代わりの術です!ニンッ」ドロンッ

P「な、なんだと!?」

敵P「あやめ、忍法雷遁(Light on)の術だ!」

あやめ「輝くステージをご覧あれ!」ピカー!

卯月「きゃぁぁぁ」(歓声)


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 12:15:31.13 ID:U0I4pt1/O

P「卯月よくやった、戻れ!」

卯月「はい!島村卯月がんばりました!」

P「ちゃんみお!君に決めた!」

未央「この未央ちゃんに任せたまえー!」☆☆★

敵P「ちゃんみおが登場して流星エフェクトだとっ!?」

あやめ「これは見事です!」(感心)

敵P「くそっ、あやめはもう虜になってしまってる。戻れ!」

あやめ「ニンッ!」

敵P「パッションにはパッション!茜、頼むぞ!」

茜「ほかっ、ほかっ、ごはーん!」ボンバー!

未央「うんうん、ほかほかご飯は美味しいよねー」(納得)

P「くっ、ちゃんみお頼んだぞ!異性として意識したらやばいシチュだ!」

未央「ほらほら〜、早く行こうよ♪」腕組み

敵P「ばかめ!茜も女!そんな攻撃効くわけが…」

茜「あ、あの未央さん…胸がですね……ぼ、ボンバー!」(ダッシュ)

未央「ぐわぁぁ」(夕陽に向かってダッシュ並感)

P「な、自爆しただと!?」

敵P「ちゃんみお恐るべし!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 12:27:39.84 ID:U0I4pt1/O

敵P「残りは……幸子!決めてやれ!」

幸子「ふふーん♪可愛いボクが来ましたよ♪」

P「なんだと!まだ強敵がいたのか……頼んだぞ、凛!」

凛「ふーん。あんたが私のプロデューサー?」

P「Pじゃなけりゃ凛を出せないんですが……」(ぐう正)

凛「……ふーん」(照れ)

幸子「ふ、ふふーん♪凛さんもボクの次くらいには可愛いですね!」(気圧され)

P「いいぞ、凛!この機を逃すなっ、蒼い誓いだ!」

敵P「幸子、お前の方が何倍も可愛い!魅せてやれ!可愛い幸子ぉぉっ!」

凛「振り返らず前を向くよ」キリッ

幸子「みなさんは幸せ者ですねぇ♪ボクのような可愛いアイドルに出会えたんですから。ふふーん♪」

凛「そして、たくさんの笑顔をあげる!」ニコッ

幸子「Darling☆Darling☆I love you…♪」ニコッ

P「ぐはぁぁぁっ!」

敵P「ごふぅぅぅぅっ!」


14: >>1やで 2016/02/23(火) 18:03:41.93 ID:soPMMJNMO

P「なかなかやるな、幸子ぉっ!」ゼェハァ

敵P「いつの間に……こんな…」ゴフッ

敵P「いい…笑顔です……」バタリ

P「凛、よくやった!卯月もちゃんみおも、お前たちNGの力を合わせた結果だ!」

卯月「プロデューサーさんもお疲れ様です♪」ニコッ

未央「この美少女未央ちゃんがいるんだ、当たり前だろ。なーんてね♪」ニコッ

凛「悪くない……かな♪」ニコッ

P「ふぉぉぉっっ!こ、これがアイドルスマイルっっ!」(快癒)


15: ダメージ?何それ?? 2016/02/23(火) 18:09:48.72 ID:soPMMJNMO

敵P「すまん、この俺が不甲斐ないばかりに……」

あやめ「プロデューサー殿、そう肩を落とさないでください」ニコッ

茜「内容ではまけていませんでしたよ!」ニコッ

幸子「このボクの可愛さを理解できるプロデューサーさんなんですから、もっと自信を持ってください!」ふふーん

敵P「……あ^〜」ぴょんぴょん

P「いい内容だったな」スッ

敵P「ああ、次は負けないぜ」ガッチリ握手

??「あんた達何やってんのよ!?」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 18:24:51.17 ID:soPMMJNMO

P「え?」

敵P「何って……」



PP「デュエルですけど何か?」

麗奈「何か?じゃないわよ!このドテカボチャ!!」

P「だって、今日の仕事は終わったし…」

敵P改め→P2「あとはレッスンに行ったアイドルを迎えに行くだけだし…」

麗奈「だからって、他事務所のアイドルのブロマイドでカードゲームモドキやってんじゃないわよ!」

卯月「...:;::: .:.;: サラサラ..

未央「...:;::: .:.;: サラサラ..

凛「...:;::: .:.;: サラサラ..

あやめ「...:;::: .:.;: サラサラ..

茜「...:;::: .:.;: サラサラ..

幸子「...:;::: .:.;: サラサラ..

P「お、俺のNGを返せっ!」(血涙)

P2「あやめ…茜…幸子ぉ…」(血涙)

幸子「っ、ボクはいますよ!!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 18:32:29.88 ID:soPMMJNMO

麗奈「幸子も一緒になって遊んでないで何か言ってやりなさいよ!」

幸子「ご、ごめんなさい」シュン…

麗奈「そもそも、レッスン終わったアタシが帰ってきてるのよ?よくも迎えをすっぽかしてくれたわね!」

P「ちゃんと帰ってきてるじゃないか」

P2「そうだそうだ!」

???「あぁっ?」ピシィッ!パシィッ!

P「ギャァァァァッ!」

P2「いてぇぇぇぇっ!」


18: 誰かほんわかプロダクションとして続き書いて 2016/02/23(火) 18:46:25.74 ID:soPMMJNMO

時子「麗奈だけならまだしも、この私を迎えに来ないなんてわかってるでしょうね?」

麗奈「ちょっと時子、アタシだけならって酷いじゃない」

時子「ああっ?スタジオに置いてけぼりにされなかっただけありがたく思いなさい」

P「時子様は優しいなぁ」ホッコリ

P2「うんうん、時x麗イイゾ」あ^〜

時子「豚のくせに人の言葉話すんじゃないわよっ!」ピシィッ!ペシィッ!

P「んぎゃぁぁぁっ!」

P2「ひぎぃぃぃぃっ!」

幸子「ぼ、ボク空気なんですけど……」ぼそり

時子「あら、いたのね」ジロリ

幸子「ひ、ひいっ!」

麗奈「もう、時子。幸子が怖がってるじゃない。幸子、大丈夫よ。こう見えて時子は面倒見がいいんだから」にひひ

幸子「ふ、ふふーん。そ、それくらいカワイイぼ、ボクは知ってますよ」(震え声)

時子「チッ…」ジロリ

幸子「ヒェッ…」じょわぁぁ

麗奈「ちょ、幸子!!早くシャワー室行くわよ!ほら、時子も手伝って!」

時子「あぁっ?」(威嚇)

麗奈「時子のせいでしょ!」(威圧)

時子「アッハイ」

P「時子様は優しいなぁ♪」ほんわか

P2「あ^〜」ぴょんぴょん

時子「この豚共がっ!覚えてなさい!」

幸子「…ふぇぇぇん」(ガン泣き)

麗奈「時子っ!はやくっ!」

時子「アッハイ」


19: 誰か続ける方いませんかー? 2016/02/23(火) 19:03:44.11 ID:soPMMJNMO

麗奈「ほら、幸子。これで綺麗になったわよ」拭き拭き

時子「着替えよ」スッ

幸子「ヒッ……」ガクブル

時子「ッ……な、何もしないわよ」ニコッ

幸子「……りがとうございま…」

麗奈「時子がそういうキャラで売り出してるのはわかるけど、普段からそのキャラでいなくたっていいじゃない」

時子「これはキャラじゃなくて地なのよ。幸子がカワイイボクって言ってるのと同じよ」

幸子「同じ……ですか?」下着履き履き

時子「そうよ。さっきは悪かったわね」

幸子「いえ……ボクも怖がってしまったので」

麗奈「幸子は悪くないわよ。謝らせときなさい」

幸子「麗奈ちゃんはその、あの……えっと……」

麗奈「あー、時子が怖くないのかって?」

時子「ああっ?」イラっ

幸子「ヒェッ…」じょわぁぁ

麗奈「もう、時子っ!!幸子、アンタも緩すぎよ!」

時子「チッ……下着買ってくるわ」

麗奈「まだパンツしか履いてなくてよかったわね」

幸子「……」ず〜ん…

麗奈「幸子。アンタアタシよりも年上でしょ?しっかりなさいよ」

幸子「ごめんなさい」ず〜ん…

麗奈「それとね、さっきの答えだけど。時子はそりゃ言葉遣いも見た目も怖いかもしれないけど、アタシ達にはいっさい手を上げないのよ」

幸子「でも、怖いですよ…」ガクブル

麗奈「慣れよ慣れ。アンタはここに来てまだ日が浅いからわからないかもしれないけど、時子はほんと優しいのよ。あの鞭だって音が凄いだけで全く痛くないんだから」

幸子「え?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 19:23:36.89 ID:soPMMJNMO

P「時子。下着は経費で落とすからこれ持って行きな」っ諭吉フクザワ

P2「ついでに何か買ってきてあげなよ。時子ちゃんはどうしても外側で損しちゃうからねぇ」っエコバッグ

時子「様をつけなさいよ!この豚がぁっ!」

P「幸子がいないのに様つける意味ないじゃない」

P2「ほら、それよりも早く行ってあげな」

時子「チッ…」ガチャバタん

P「俺たちもちょっと時子で遊びすぎたかな」

P2「だな。反省」

〜更衣室〜

幸子「つまり、まだボクを入れて3人しかアイドルがいないってことですか?」(吃驚)

麗奈「そうよ。てか、アンタ今知ったの?」(呆気)

幸子「だって、事務所にはいろんな女性がいるじゃないですか」

麗奈「あれは女優の人達よ。そもそもP2さんは女優部門のプロデューサーよ」

幸子「え?」(驚愕)

麗奈「思い返してみなさいよ。P2さんがアンタと一緒に現場に行ったり営業行ったりしたことあった?」

幸子「うーん……な、ないですね」

麗奈「そんなわけだから、アタシ達3人力を合わせて頑張るわよ!」

幸子「麗奈ちゃんって悪戯アイドルの割にとっても優しいですよね?」ふふーん♪

麗奈「誰のせいでこんな役回りになってると思ってるの?」

幸子「ご、ごめんなさい」(´・ω・`)

時子「買ってきたわよ」ドサっ


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 20:00:40.30 ID:soPMMJNMO

幸子「と、時子さん。ありがとうございます」ニコッ

時子「ふんっ…」(な、何よ。この子可愛いじゃない)キュン

麗奈「あ、これゴージャスセレブプリンじゃない!」

時子「帰りに偶然見つけたから買ったのよ」

麗奈「へぇ〜。時子もたまには気が利くのね。ほら、幸子。さっさと着替えてみんなで食べましょ」

時子「チッ…」

幸子「あの…時子さん」オソルオソル

時子「なに?」ジロリ

幸子「いろいろ迷惑かけてごめんなさい。でも、もう大丈夫、だと思います」ニコッ

時子「そ、そう」キュン

麗奈「無事仲直りできたことだし、あとはプロデューサーに制裁を加えなきゃね」にひひ

時子「そうね」ピシィッ

幸子「ぼ、ボクも!プロデューサーには言ってやりたいことがあるのでっ!」ドヤッ


〜Pたちのデスク〜


P2「それにしても、濃い娘ばかり集めたね」

P「濃いってそちらの上田さんとかヘレンさんの方がよっぽど濃いでしょ」

P2「ははは、他にも塩見ちゃんとか服部ちゃんとかいるのにそこだけピックアップするのはずるいなぁ」

P「ははは。なんだかんだであの娘たちは相性いいと思いません?3人とも目を惹くものがあって、それが競合してない」

P2「だねぇ。よし、そろそろ戸締り点検しておこうか」


ドアガチャ


麗奈「くらいなさい!麗奈様バズーカ!」ドカーン!

P「ほげぇぇぇっ!」

P2「ぬわぁぁぁっ!」



麗奈様バズーカエンド


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/23(火) 20:02:09.07 ID:soPMMJNMO

どうしてこうなった……

デレステ時子様はよ



読んでくれた方、コメくれた方ありがとうございます

HTML化依頼出してきます



元スレ:モバP「ポケットアイドルマスター?」

他サイト様の最新記事