1: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:02:22.33 ID:zTIPPbkd0

性格が誇張されているアイドルがいます。
御了承下さい。


2: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:03:13.61 ID:zTIPPbkd0

未央「そうなんだよプロデューサー! 早くどうにかしないと!」

P「……ごめん。正直に言って意味が分からない」

卯月「ですから、凛ちゃんが世界中の『青』を『蒼』に変えようとしているんです!」

モバP(これを理解できないのは、俺の理解力が低いからなのか……?)

卯月「とりあえず、実際に見て貰いましょう!」

未央「これ見て!」バッ

P「何々……?」


3: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:04:03.57 ID:zTIPPbkd0

P「『蒼森県』……『蒼汁』……」

卯月「他にも、周子ちゃんの曲が『蒼の一番星』になってます!」

未央「それに『蒼春』だよ『蒼春』!? 痛々しいよ!」

P「むしろ、一体どうやったのかが気になるな……」

未央「それに、もう事務所の人にも実害が出てるんだよ!」

P「周子の件はまだギリギリセーフな気もするけれど……」

未央「違うんだよプロデューサー!」

卯月「こちらの方々です!」


4: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:05:00.25 ID:zTIPPbkd0

シ蒼良「……」

シ蒼美「……」

P「き、シ蒼良さんにシ蒼美?……あ、あれ?」

未央「名前の中の『青』も、『蒼』に変えられちゃったんだ……」

P「もう何でも有りだな!」

シ蒼美「こんな不条理な事が起こるだなんて……」

シ蒼美「これも、事務所の風紀が乱れているからです!」

シ蒼美「Pさん、ちゃんと事務所の風紀を正してきて下さいね!」

シ蒼良「凛ちゃんには、後でお仕置きが必要かもしれないわね」ウフフ

P「まあ、あまり酷い事はしないで下さいね?」


5: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:05:46.67 ID:zTIPPbkd0

P「ひとまず、凛を探しに行くか」

卯月「凛ちゃんなら、会議室に入っていくのを見かけました!」

P「近いな!」

卯月「でも誰かもう1人、一緒に会議室に入っていくのも見ました!」

未央「何時の間にか勢力を拡大していたのかしぶりん……」

P「なんで賛同者がいるんだよ……」

P「とりあえず会議室に行ってみるか」

シ蒼美「それでは、私たちはここに残っています」

P「あれ、来ないの?」

シ蒼良「それが……名前を無理矢理に変えられたせいなのか、体調が良くないの」

P「本当に訳が分からないな……いや、最初からか」


6: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:06:47.66 ID:zTIPPbkd0

未央「頼もー!」バンッ

凛「もう来ちゃったか、流石だね」

P「あまり来たくなかったけどな……」

P「それで、何をしようとしてるんだ、凛と……奏」

奏「……」

凛「……それじゃあ、教えてあげるよ、私たちの計画!」

卯月「計画?」



奏「ねえ、本当にやるの、凛?」

凛「勿論」

奏「正直、あまりやりたくはないんだけれど……」


8: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:07:49.18 ID:zTIPPbkd0

凛「蒼の歌姫、渋谷凛!」バッ

奏「そ、蒼翼の乙女、速水奏!」バッ

凛「私たちの、『世界蒼化計画』は邪魔させない!」バァーン





未央「……何、今の?」ヒソヒソ

卯月「私もよく分からなかったです……」

奏「普通に恥ずかしいからあまり見ないで……」

P「奏まで何をやってるんだ……」

奏「無理矢理、連れてこられたのよ。『蒼いから』とかいう理由で……」

未央「あー……ちょっと分かるかも」

卯月「分かっちゃいますね」

P「そういう面で、少し凛と似た部分はあるよな」

奏「えっ」


9: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:08:37.95 ID:zTIPPbkd0

未央「しぶりん、はやみん、君たちは完全に包囲されているー!」

凛「私たちはまだ、終わる訳にはいかない!」

奏「私はほとんど人質みないなものなんだけれど……」

凛「でも、あの翼の生えた蒼い衣装の時は結構、乗り気じゃなかった?」

奏「あれは仕事だったから!」



P「さて、どうするか」ウーム

未央「向こうも止める気は無いみたいだから、ここは強行突破しかないね」

卯月「大丈夫ですか?」

未央「大丈夫、手荒な真似はしないから!」


10: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:09:27.13 ID:zTIPPbkd0

未央「突撃ーっ!」ダッ

凛「はあっ!」アイオライト・ブルー!

未央「うわーっ!」バンッ

卯月「未央ちゃーん!」

P「おい、凛が手から何か出したぞ!……いや、もう細かい事に突っ込むのはやめよう」

未央「……」

卯月「未央ちゃん!」ダッ

P「大丈夫か、未央?」

未央「大丈夫、怪我は無いから。でも……」





未央「無性に、蒼い物が欲しい……!」

P「えぇ……」


11: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:10:29.51 ID:zTIPPbkd0

凛「これが、私が世界を蒼く染める為の力! 『アイオライト・ブルー』!」

凛「今のはまだ、軽めだからその程度だよ」

凛「でも次に来た時、手加減は……しないよ」

P「緊張感が全然無いな……」





卯月「でも、どうしましょうか」

未央「単純に突っ込んだら、同じことの繰り返しだからね」

P「……そうだ」

P「……」ピッピッ

未央「何か方法があるの?」

P「ああ、応援を呼んだ」

卯月「応援……智香ちゃんですか?」

P「そういう意味の応援じゃない」


12: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:11:18.91 ID:zTIPPbkd0

凛「ふっ、誰を呼んでも同じ事だよ」

凛「私の『アイオライト・ブルー』の前ではね!」バーン



P「今までの、録画でもしておけばよかったな」

未央「後で見せたらどんな反応するかな」ニヤリ

未央「とりあえず、携帯で写真だけでも撮っておこうか」カシャカシャ

卯月「分かりました!」パシャパシャ

「あ、あのプロデューサーさん?」

P「あ、来てくれましたか」


13: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:12:31.29 ID:zTIPPbkd0

P「凛、この人がうちの秘密兵器だ!」



P「どうぞ、ルキトレちゃん」

ルキトレ「えっと、そのこれは?」

未央「ル、ルキちゃん?」

奏「Pさん、どういう事?」

P「凛、ルキトレちゃんはな……」





P「本名は『青木』なんだ」

凛「!」


14: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:13:49.61 ID:zTIPPbkd0

ルキトレ「え、ええ、そうですけど……」

凛「ふーん、そうだったんだ……」

ルキトレ「えっ、えっ?」

卯月「Pさん、このままじゃルキトレさんが!」

P「卯月……戦いに、犠牲は付き物なんだ……」

未央(見捨てたーっ!)

凛「アイオライト・ブルー!」バンッ

ルキトレ「きゃあっ!」バタッ





P「かかった!」

未央「え?」


15: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:15:39.67 ID:zTIPPbkd0

凛「何、本当は名字が違うとか?」

P「いや、そういう事じゃない」

P「そもそも、俺が応援を頼んだのは1人じゃない」

P「……凛、ルキトレちゃんは1人っ子だったか?」

凛「あ」

P「そうだ、凛……ここまで言えば誰を呼んだか、分かったな?」







マストレ「渋谷、速水、ここで何をしている?」ドドドドド

凛「あ、あぁ……」ガタガタ


16: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:17:09.30 ID:zTIPPbkd0

マストレ「今日は妹たちのレッスンが入っていたはずだが?」

凛「いや、あの、これはその……」

マストレ「妹にも手厚い歓迎をしてくれたようだな」

奏「あの、私は凛に強引に連れてこられただけで……」





マストレ「2人共、覚悟しろおぉぉーっ!!」

凛「私の、私の世界蒼化計画があぁぁーっ!」

奏「なんで私までーっ!?」

キャアアアアァァァ……

――――

―――

――


17: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:18:22.39 ID:zTIPPbkd0

未央(こうして、しぶりんの世界蒼化計画は潰えました)

未央(私は勿論、きよみん達や他に蒼くなっていた物も元に戻りました)

未央(正義は必ず勝つ! ってね)エヘヘ

未央(そして、あれから早くて一週間が経ちました)

未央(今日から、しぶりんへのお仕置き(?)が始まるんだって)

未央(……ある1人を巻き添えにして)


18: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:19:35.74 ID:zTIPPbkd0

凛「……なんで」

凛「なんで私が、ピンクチェックスクールと一緒にライブを……」

卯月「凛ちゃんは、私たちとライブするのが嫌なんですか……?」

凛「……卯月、分かってて聞いてるでしょ」ハァ

卯月「えへへ、冗談ですよ凛ちゃん!」

凛「まったく、もう……」



凛「……奏はこの衣装、平気なの?」

奏「私は前に、バレンタインのイベントでピンク色の衣装を着た事があるから」

奏「でも、ここまでピンク色で可愛らしい衣装だと、流石に少し抵抗感があるわね」

凛「私は普段と全然違うから結構、恥ずかしいかな……」

凛「……その、こんな事になってごめん」

奏「まあ、これも1つの経験と思っておくわ」フフッ


19: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:20:51.30 ID:zTIPPbkd0

美穂「凛ちゃん、奏さん、今日はよろしくお願いしますっ!」

奏「ええ、こちらこそよろしくね」

響子「2人とも普段のイメージとは違うけど、その衣装も似合っていてカワイイですよ!」

凛「そう言われるのは、ちょっと複雑な気持ちだね……」



ガチャ

P「みんな居るな。そろそろ本番だ、今日のライブ頑張ろうな!」

未央「やあやあみんな、頑張ってるかい? 特にしぶりんとはやみん!」

凛「未央、来てくれたんだね」

未央「可愛いしぶりんを見に来たよ!」エヘヘ

凛「未央っ、そういう事は言わなくていいから!」カアァ


20: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:22:16.11 ID:zTIPPbkd0

P「今回、Cool属性のアイドルが他のユニットとコラボレーションする」

P「この前の1件の処罰として、そういう体で企画をしたが……覚悟はできたか、凛?」

凛「……うん、色々な人に迷惑をかけたからね」

凛「それに、ステージに立つ以上は、私も本気で挑まないとね」

凛「今日のこのライブ、全力を出すよ」

P「その調子でCoolアイドル強化月間、頑張ってくれよ!」

凛「うん……!」





凛「……月間?」


21: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:23:30.59 ID:zTIPPbkd0

P「ああ、月間」

凛「今日だけじゃないの?」

P「まさか、そんな訳ないだろ」

凛「い、1ヶ月間って事……?」

P「ああ、その間に色々なユニットとコラボレーションして貰う」

P「今日はその企画の第1弾という事だ」

未央「今度、ポジティブパッションにも来て貰うから、よろしくねしぶりん! はやみん!」エヘヘ!

P「ユニットによっては猫耳を付けたり、眼鏡を掛けたり、着ぐるみを着たりするだろうな」

凛「か、奏は知ってたの?」

奏「……ええ」コクリ


22: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:24:53.19 ID:zTIPPbkd0

美穂「これで、その……新しいファンも増えると思うよっ!」

響子「そ、そうです! ポジティブに行きましょう!」

未央「これも新しいステップへと進む為……なのかな」アハハ…

奏「私はもう、諦めがついてるから……」

卯月「凛ちゃん、その……頑張ってね!」



凛「……もう2度と、あんな事しない」


23: ◆dZpIrVJWHy4Z 2016/02/24(水) 23:29:30.40 ID:zTIPPbkd0

トレーナー姉妹の名字が『青木』という、恐らく公式設定を基にして今回のSSを書きました。

クンカーでもなく、精神を病んでもいない凛を話の主軸に置いて
尚且つ、コメディ色の強い内容にしようとした結果、蒼くなってしまいした。

普段はクールで時折、熱い面を見せるけれど何処か不器用な女の子、
というのが凛じゃないかと思っているので、何時かはその様な姿の凛を書きたいですね。

ここまで見て下さった方々、ありがとうございました。
HTML化依頼を出してきます。


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/24(水) 23:32:28.64 ID:R6zxirc/0

おっつおっつ



元スレ:モバP「凛が『青』を『蒼』に変えているだって!?」

他サイト様の最新記事