2: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 02:26:12.33 ID:PSLJSAfX0

ちひろ「急にどうしたんですか?」

P「いやほら、俺って割とデリカシーが無いとか女心が分からないとか言われてるじゃないですか」

ちひろ「あぁ…それで?」

P「もし妹や姉がいたなら、そう言う事もある程度学べたんじゃないかと思いまして」

ちひろ「成る程…それは確かにあるかもしれませんね」

P「この仕事に就くまであまり女性と接する機会が少なかったのもありますけど」

P「流石に今から妹と言うのは年齢的に難しいのはわかってますけどね」


3: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 02:27:36.71 ID:PSLJSAfX0

ちひろ「その話をアイドル達にしてみたら、案外ノリノリでやってくれるかもしれませんよ?」

P「妹を演じてくれるって事ですか?」

ちひろ「ほら、演技のレッスンだと言えば変な風には取られませんし」

P「おぉ…確かに」

ちひろ「兄妹なら変な展開にもならないでしょうしね」

P「変な展開…?まぁ、ちょっと試してみます」

ちひろ「では、私は少し出てきますね」

P「行ってらっしゃーい」


4: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 02:28:33.45 ID:PSLJSAfX0

P「と言うわけで、俺が兄だと思って話し掛けてみてくれないか?」

凛「兄さん、なんで兄妹って結婚出来ないの?」

P「そらーそう言う法律だからだろ。ってかいきなりどうした?」

凛「いや、だって今プロデューサーがそう言う演技してみろって言ったじゃん」

P「いや、普通の兄妹で頼むよ」

凛「え…?これが普通じゃないの?」

P「普通って何だ…あれ?俺が間違ってるの?」

凛「奈緒に貸してもらった小説の妹って大体こんな感じだったよ」

P「多分現実にそう言う兄妹は稀なんじゃないかな…」


5: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 02:29:35.34 ID:PSLJSAfX0

凛「まぁいいや。兄さん、悪いけどシャツ洗濯しちゃいたいから脱いでくれる?」

P「え、いやそしたら俺今上裸になっちゃうじゃん」

凛「大丈夫、着替えも用意してあるよ。ほら」

P「ありがと、凛…あれ?ほんとに俺のシャツだ」

凛「まったく…兄さんは放っとくと直ぐ洗濯物溜めちゃうんだから…」

P「あー…いつもありがとな。ほんと助かってるよ」

P「凛は俺の服を洗濯したり干したりするのに抵抗は無いか?正直年頃の女の子にこんな事を任せるなんて申し訳ないんだが」

凛「昔からの事だし特に抵抗は無いかな。兄さんは私がいなきゃダメダメだからね」


6: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 02:30:37.63 ID:PSLJSAfX0

凛「あ、でも他の女性はやっぱり嫌がると思うよ」

P「だよなぁ。俺も少しずつ直していかないと」

凛「そんな事する必要ないよ!」

P「ど、どうした?いきなり…」

凛「あ…ほら、私が居るんだからそんな心配いらないって事」

P「でも何時までも凛に任せるのも悪いしさ」

凛「ふふっ、気にしなくていいよって。私も好きでやってる事だし」

凛「まったく…でもこんなんじゃ本当に一生面倒見る事になりそうだね」

凛「…それも、悪くないかな」


8: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 02:32:58.35 ID:PSLJSAfX0

P「…やばい。凛が妹だったらどんどんダメ人間になっていきそうだ」

凛「別に私はそれでもいいけどね。でもプロデューサーって何やかんやちゃんとする人だし」

P「ちゃんとしないとちひろさんに怒られるからな」

凛「仕事じゃなくて私生活の事。プロデューサーってだらしなそうに見えてちゃんと洗濯とか炊事とかやってるでしょ?」

凛「まぁ楽しんで貰えたなら何よりだよ」

凛「実現させたくなったら何時でも言ってね。妹になるのは無理だけど同棲する事なら簡単だから」

P「アイドルって言う立場的に難しいんじゃないかなぁ」

凛「…プロデューサーが女心を理解するのは無理そうだね」


11: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 15:13:34.05 ID:+Ryy15v8O

P「ふぅ…凛が妹か、悪くなかったな」

加蓮「なになに?凛が妹?」

P「おはよう加蓮、色々あって演技のレッスンだ。俺が兄だと思って会話してくれるか?」

加蓮「お兄ちゃんは何時もいきなりだよね、まぁ構わないけど」

加蓮「あ、珈琲淹れようか?」

P「頼んでいいか?」

加蓮「勿論。砂糖は無しでミルクを二つだよね?」

P「お、俺の好みを把握してくれてるのか」

加蓮「そりゃ長い間妹やってる訳だし。ま、座って待っててよ」


15: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 16:17:46.50 ID:+Ryy15v8O

加蓮「はい、おまちどーさま。冷蔵庫覗いたらシュークリームあったから一緒に持ってきたよ」

P「ありがとな。…あ、そのシュークリームって周子が楽しみにしてたやつかもしれないけど…」

加蓮「…まぁ大丈夫でしょ。そこまでちっちゃな人じゃないし」

P「そうかなぁ…前に勝手にどら焼き食べた時夕食おごらされたし」

加蓮「…ふーん」

P「あと羊羹食べた時は珍しくかなり機嫌悪くなってたなぁ…」

加蓮「ねぇ、お兄ちゃん。なんで私がいるのに別の女性の話ばっかするの?」

P「えっ…」


18: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 16:25:11.11 ID:+Ryy15v8O

加蓮「いつもいつもさ、私と一緒に居るのに私じゃなくて他の女の話ばっかり」

加蓮「流石に失礼だと思わないの?」

P「加蓮も奈緒の本の影響受けてるのか?」

加蓮「ほら、また別の女。お兄ちゃんはそんなに女の人が好き?」

P「そう言う訳じゃないって。ただほら、仕事の関係上女性と接する機会が多いだけで」

加蓮「でも今は仕事の話してないの。わかる?ねぇ」

加蓮「お兄ちゃんは目の前の女の子に話題の焦点を合わせる事すら出来ないの?」

加蓮「それともお兄ちゃんは私の事を女性として扱ってくれないの?」

加蓮「ねぇ、どっち?!」


19: ◆TDuorh6/aM 2016/02/25(木) 16:30:57.77 ID:+Ryy15v8O

P「えっと…あー…」

加蓮「…くっくっくっ」

加蓮「あっはっは、もうだめ!プロデューサー狼狽えすぎだよ」

加蓮「あー、面白かった。どう?いい演技だったでしょ?」

P「ふぅ…凄く驚いたよ。流石アイドルだ」

加蓮「貴方が育てたアイドルだからね」

加蓮「今までも、これからも。ずっと…」

P「今の演技、凛と奈緒に見せてあげたいなぁ」

加蓮「…プロデューサー、今私と話してるんだけど?」

P「ひっ!」

加蓮「な、なーんてね。じゃ、レッスン行ってきまーす」


25: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 01:03:33.17 ID:dhKwomCR0

P「…なんか心が疲れた」

フレデリカ「おはよーん、プロデューサー」

P「…もっと疲れそうな奴が来た」

フレデリカ「どしたのー?元気無いね、アタシが慰めてあげよーかー?」

P「あ、なら演技のレッスンって事で妹って言う設定でよろしく」

フレデリカ「ヘイ、マイブラザー!元気出しなよー」

P「あ、これ妹じゃない、ただのフレデリカだ」


26: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 01:12:41.92 ID:dhKwomCR0

フレデリカ「…おにいちゃん、フレデリカじゃ満足出来ない?」

P「若干幼児退行してませんかフレデリカさん」

フレデリカ「アタシはおにいちゃんに喜んで欲しくて、頑張って欲しくておーえんしてるんだよ?」

フレデリカ「アタシじゃー、足りない?それともー…」

P「フレデリカ…」

フレデリカ「他の女の方が…いい?」

P(…途中まで少しドキドキしてたけどなんか流れ変わった…)


34: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 11:41:05.94 ID:Ggqdp5eMO

フレデリカ「おにいちゃんの周り、アタシみたいに綺麗な女がいっぱいいるもんねー」

フレデリカ「大丈夫だよー、アタシがちゃんと処理してあげるーん」

フレデリカ「そしたらアタシ以外の選択肢なんて浮かばないよねー?」

フレデリカ「だからさー、おにいちゃんはアタシだけ見てくれてればいいんだよ?」

フレデリカ「ほら、元気だって何だってあげちゃうから」

P「」

フレデリカ「おにいちゃーん、返事はー?」

P「あ、あの

フレデリカ「返事は?」

P「」


39: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 13:31:01.09 ID:Ggqdp5eMO

フレデリカ「どーだった?アタシの演技?」

P「お、おう…上手過ぎてビビったよ。なんか凄く慣れてそうだった」」

フレデリカ「まぁアタシはいつでも自然体だからねー」

P「…?」

フレデリカ「さぁーて、レッスン行ってきまーす」

フレデリカ「あ、寂しくなったら連絡してねー?おにーちゃん」

バタン

P「…不覚にも可愛いと思ってしまった」


40: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 13:36:25.54 ID:Ggqdp5eMO

奏「おはようございます…何をニヤニヤしているのかしら?」

P「おはよう奏。フレデリカってさ…可愛かったんだな」

奏「ボーッとした顔しちゃって…唇が隙だらけよ?」

P「隙の無い唇ってなんだよ」

奏「ちひろさんとか?」

P「それ唇じゃなくて口だろ。まぁ確かにあの人は隙が無いな」

奏「どんな大金持ちすらも貢がせる話力があるわよね」

P「おっと、話が逸れたな」

奏「そもそもまだ挨拶しかしてないわよ?」


41: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 13:46:20.90 ID:Ggqdp5eMO

P「とりあえず奏、俺の妹になってくれるか?」

奏「いやよ、結婚出来ないじゃない」

P「ん?言い方が変だったかな。妹って言う設定での演技レッスンだ」

奏「それなら構わないわ。兄さん、キスしましょう?」

P「いやしないよ。なんでそうなる」

奏「あら、兄妹でキスは当たり前の事よ?そんな事も知らずにプロデューサーをしていたのね」

P「何てことだ…」


45: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 16:55:55.48 ID:TWAT/xK00

P「しょうがないな…ほら、顔こっちむけろ」

奏「え?」

P「えって何だよ、キスするんだから少し顔上げてくれ」

奏「ちょ、嘘でしょ?」

P「嘘じゃないぞ。それとも何だ?奏こそキスが当たり前だなんて嘘吐いてたのか?」

奏「それは…」

P「全く…嘘つきな妹には罰を与えないとな」

P「お前のファーストキス、貰っちまうぞ?」

奏「ん…」


46: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 16:56:31.63 ID:TWAT/xK00

パシャッ!

奏「え?」

P「くっくっく、はっはっはっはっ!引っかかったな!珍しく俺の勝ちだ!」

P「可愛いじゃないかぁ、目を瞑って小刻みに震えちゃって」

P「キスされると思ったか?残念、俺はヘタレなんだよ!」

奏「…………」

P「…あ、はい。ほんとすみません」


47: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 17:01:57.43 ID:TWAT/xK00

P「…頬が痛い。まだ腫れが引かない」

P「写真は消さなくてもいいけど絶対誰にも見せるな、かぁ…」

周子「おはよープロデューサー。なんか頬赤いよ?しゅーこちゃんに惚れちゃってる?」

P「あー、腕に突っ伏して寝てたんだよ」

周子「じゃあ眼が覚めるように珈琲を淹れてあげよー。感謝してね」

P「アザス」

周子「ぶぉぉぉぉ、ぶぉぉぉぉ」

P「何してんの?」

周子「電子レンジごっこ」


49: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 17:07:08.22 ID:TWAT/xK00

周子「…あれ?プロデューサー、冷蔵庫にシュークリーム入ってなかった?」

P「シュークリーム?見てないなぁ…」

周子「あれー、昨日確かに置いといた筈なんだけど…」

P「あー、そう言えば今朝奈緒が食べちゃってた気がする」

周子「そっかそっかー、なら奈緒ちゃんを叱ってあげないと」

P「お手柔らかになー」

周子「なんて言うと思った?」

P「」


50: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 17:43:42.27 ID:TWAT/xK00

周子「あたしさ、今回買ってきたシュークリームはガチで食べたかったんだよ」

周子「出来れば、絶対。プロデューサーと二人で」

周子「その為にわざわざ寒い中デパートまで出向いたの」

周子「正直さ、ちょっと哀しかったかな」

周子「ねぇ、プロデューサー。あたしの目を見てもう一度同じ事言える?」

P「すみませんでしたぁ!」

周子「いやもう別にいいけどさ。慣れてるし」

P「ほんとごめん!なんでもするから!」

周子「え、ほんと?ならいいよ。あれコンビニのだし」


57: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 19:32:03.94 ID:TWAT/xK00

P「え」

周子「さーて何して貰おうかなー」

P「…さっき撮った奏の写真見せてあげる」

周子「なになに…うわぁお、なぁにこれぇ」

P「かくかくしかじかでこうなったんだ」

周子「かくかくしかじかって?」

P「ああ!」


58: ◆TDuorh6/aM 2016/02/26(金) 19:39:35.66 ID:TWAT/xK00

P「というわけで、周子も俺の妹になってもらうぞ」

周子「じゃあおにい、コンビニでシュークリーム買ってきて」

P「…はい、いってきます」

周子「あ、行くのは後ででいいよ。うーん、お兄ちゃん、アニキ、しっくりこないな…」

周子「にぃに、お兄様、おやぶん、P…」

周子「まぁお兄ちゃんでいいか」

周子「じゃあお兄ちゃん、コンビニでシュークリームとドーナツ買ってきて」

P「なんか増えてない?」

周子「返事はー?」

P「ウィッス」

P(フレデリカの「返事は?」よりはいいや)


64: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 01:27:52.46 ID:2rxMrruD0

P「とりあえずセブンのドーナツ全種類買ってきた」

P「120円×7 10000で合計10840円か…高い買い物だなぁ…」

P「まぁ代わりに10連が3回無料で回せるしいいか」

ありす「おはようございます、プロデューサーさん」

P「おはようありす。あれ?今日って何か予定入ってたっけ?」

ありす「いえ、特には無いです。ですが、何かあるような気がして事務所に来たんです」

P「ふーん…ま、のんびりしてって。折角の休みだし」

ありす「…あ、あれ?」

P「どうかしたか?」

ありす「い、いえ…なんでもないです」


65: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 01:32:47.77 ID:2rxMrruD0

ありす「…」ソワソワ

P「…?」

ありす「あ、あの!」

P「どうした?」

ありす「ええと…プロデューサーって、一人っ子なんですか?」

P「あぁ、そうだよ。出来れば妹か姉が欲しかったなぁ」

ありす「プロデューサーって、兄妹での恋愛についてどう思いますか?」

P「妹がいないから何とも言えないけど、常識的には無しなんじゃないかな」

ありす「…ええと…うーん…」


66: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 01:37:52.42 ID:2rxMrruD0

ありす「あ、プロデューサーと演技のレッスンをやっていたって他の方から聞いたんですけど」

P「あー、うん。妹役になって貰ってたんだ」

ありす「私も一応、そのレッスンを受けておこうと思いまして…」

P「別に必要無いんじゃないか?ありすは充分上手いと思うし」

ありす「え…」

P「それに、俺はありすの事…」

ありす「…プロデューサー…」

P「普段から妹だと思って接してるし」

ありす「…」


71: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 11:16:00.09 ID:jD7OwuIQO

P「…脛が痛い」

文香「大丈夫…ですか?」

P「あ、よう文香。悪いけど俺の妹なってくれないか?」

文香「…?もう少し詩的にお願い出来ますか?」

P「…人生における分岐点、或いは特異点とも言うのかな。僕としては、君にその境界の引き金を引いて欲しい」

文香「そう言う事なら構いませんが…あまり演技は得意ではありませんよ?」

P「まぁ、最近読んだ小説に出てきた妹役っぽくやればいいよ」


75: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 13:21:48.36 ID:jD7OwuIQO

文香「では、失礼して…」ノソノソ

P「え…」

文香「ふぅ…」

P「あの…文香さん?」

文香「?」

P「なんで俺の膝の上に乗ってるんですか?」

文香「あ…重かった…ですか?」

P「いや、そうじゃないけど…」

文香「流石ですお兄様。私これでも40後半弱あるんですけど、余裕の表情だなんて…」

P「いや全然余裕はないよ?あ、重いって意味じゃないからね」


77: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 13:30:54.55 ID:jD7OwuIQO

文香「…お兄様は大人ですから…私に乗っかられても全くいやらしい気持ちになりませんよね?」

P「あ、あぁもちろんさ!俺は立派な大人だからな!」

文香「なら…膝の上に乗って抱きついても全く問題ありませんよね」

P「お、おう…?っていやいや、流石にそれはダメだろ」

文香「だめ…ですか?」

P「そりゃだめだよ」

文香「だめぇ…?」

P「…いいよ」


80: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 13:37:47.24 ID:jD7OwuIQO

P「あの…文香さん」

文香「私のお兄様の仲じゃないですか…文香って呼んで下さい」

P「…文香、流石に誰かに見られたらマズいからそろそろ…」

文香「大丈夫です…兄妹なら当たり前ですから」

P「そうか、当たり前なら仕方がないな」

P「…これちひろさんや他の奴らに見られたら…」

文香「…私と一緒に居るのに他の女の話をするんですか?」

P「な、なーんてな!文香と二人っきりなのに他の奴の話を俺がするはずないだろ!」

P(ふぅ…さっきの経験がここで生きるとは…サンキュウ加蓮フレデリカ)

文香「…今、別の女の事を考えてませんか?」

P「キノセイダヨ…」


81: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 13:40:58.18 ID:jD7OwuIQO

文香「ところで…お兄様って、センス良いですよね」

P「ん?そうか?服装のセンスなんてプロデューサーやってるのにほぼ皆無だけど」

文香「そのネクタイ、とても素敵です」

文香「今日の格好にも、お兄様自身にもとても似合っていて…」

文香「まるで…」

文香「他の女からプレゼントされて、さらに今日の服装に合うモノを選んでもらったみたいに」

P「」ガクガクブルブル


84: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 13:47:50.52 ID:jD7OwuIQO

文香「…誰からのプレゼントですか?」

P「え…あー、あれだよ。珍しくちゃんとした店で買った時、店員さんにオススメされて

文香「嘘です」

文香「だってこれ…ちひろさんの匂いが付いてますから」

P「そ、それは今日朝珍しくセンスの良いネクタイしてますね、って触りながら見てたから」

文香「そうですか…それはそれで問題ですけど、見逃してあげます」

P「ふぅ…誤解が解けてよかったよ」

文香「何を言っているんですか?見逃してあげるのはお兄様が今嘘を付いた事だけです」

文香「今日のお兄様とちひろさんとのやりとりは、挨拶と妹が欲しいと言う会話だけでしたから」

文香「それだけで匂いが付くはず、無いですよね?」

P「」


85: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 13:51:04.98 ID:jD7OwuIQO

文香「…私とお兄様が結ばれるのは、前世から決まっていた事なんです」

文香「なのに…あの魔女は…」

文香「…お兄様をそそのかす悪魔は、私が始末してあげますね?」

P「お、落ち着け文香!」

文香「放して下さい、お兄様…あの人を殺せない…」

P「あわわわわわわわ」


88: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 14:19:32.94 ID:jD7OwuIQO

文香「…驚かせて…しまいましたか?」

P「え?」

文香「演技、ですよ…?」

P「あ、あー。そうだったな。いやー、驚いたよ」

P「なんて迫真の演技だ、昼ドラの主演も夢じゃないぞ」

文香「ふふっ…それは良かったです」

文香「では、そろそろレッスンに行ってきますね」

P「あぁ、いってらっしゃい」

文香「…?何時ものいってらっしゃいのキスはしないんですか?」

P「何を言ってるんだ…レッスン頑張ってこいよ」

バタンッ

P「ふぅ…文香は演技上手いなぁ」ガクブル


91: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 14:38:44.85 ID:2rxMrruD0

P「文香の事はこれから図書室の暴走特急って呼ぼう…」

唯「ハーイ、プロデューサーちゃん!何凹んだ顔してるの?」

P「あ、おはよう唯。もう少し住みやすい所に引っ越そうと思ってたけど全然貯蓄が無くてゲンナリしてたとこだよ」

唯「え、引っ越すのー?どこどこ?なんならウチでもいいよ?」

P「それじゃ唯の唯との同棲じゃん」

唯「唯は別に構わないよ?部屋も綺麗にしてあるし」

P「あかんって。あ、俺の妹になりきって演技してみてくれないか?」

唯「おにーちゃん、唯と一緒に暮らそ?」

P「だからダメだって」

唯「だめぇ?」

P「だめ」

唯「あれぇ…これ言えば男は絶対堕とせるって友達が言ってたのにー」

P「俺はそんなにちょろくないのさ」


99: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 19:49:22.33 ID:jD7OwuIQO

唯「…おにーちゃん!沢山食べる人って魅力的だと思わない?」

P「おぉ、すげぇ!とはなるかな」

唯「今度一緒に行って欲しい場所があるんだけどさー、行ってくれる?」

P「場所にもよるけど、どこなんだ?」

唯「友達がやってる食堂だよ。とっても量が多いんだって」

P「まぁそれならいいぞ」

唯「食べ切れなかったら唯と一緒に暮らしてもらうかんね!」

P「あっはっは、構わんぞ。プロデューサーたるものだされた料理は全部平らげてやらぁ!」

唯「本当にいいんだよねぇ?」

P「もちろん。もし無理だったら桜の木下に埋めてくれて構わないぞ」

唯「いやそれは望んでないって。絶対同棲ね!聞いたからね。多分誰かが録音してるからね?!」

P「まぁ俺が残すはずないだろ」

唯「じゃあ唯家に帰って親説得してくる」

P「気が早いなぁ…」


100: ◆TDuorh6/aM 2016/02/27(土) 19:52:11.25 ID:jD7OwuIQO

P「唯が行ってしまった…」

奈緒「おはようプロデューサー」

P「おぉ奈緒。ちょっと俺の妹になってくれ」

奈緒「はぁ?そうゆープレイはちひろさんとやればいいだろ」

P「ん…?なんでちひろさん?プレイ?」

奈緒「あっ…いや、ちひろさんならよく事務所にいるから…」

P「まぁまぁ、演技のレッスンだと思ってさ」

奈緒「はぁ…しょうがないなぁ…」


109: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 01:54:51.55 ID:37kjR13H0

奈緒「兄貴、あたしのドーナッツしらない?」

P「あ、ごめん。さっき周子にあげちゃった」

奈緒「はぁ?!ふざけんなよ!せっかく楽しみにしてたのに」

P「そんなにいいドーナッツだったのか?」

奈緒「いや、別に兄貴と一緒に食べるのが楽しみだったとか、そうゆーんじゃねぇぞ!」

奈緒「ただ単に、久しぶりに買ってきたから楽しみだっただけで…」

奈緒「って、何言わせるんだよ!」

P「何も言ってないんだけど…」


110: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:00:02.32 ID:37kjR13H0

P「ってか似たようなのさっき見た気がするなぁ…」

奈緒「むっ、なら絶対なかったパターンにしてやるよ!」

奈緒「兄貴、なんで日本の法律だと兄妹は結婚出来ないんだろうな」

P「その元ネタのラノベ、凛に貸しただろ」

奈緒「…凛に先を越されたか…、なら」

奈緒「兄貴!あたしがいるのになんで他の女の名前を

P「加蓮とフレデリカがやってたぞ」

奈緒「…兄貴、兄妹でキスって当たり前の事なんだぜ?」

P「奈緒、こっち向いて目を瞑って」

奈緒「ごめん勘違いだった」


111: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:06:25.94 ID:37kjR13H0

奈緒「ぐぬぬ…なら!」

奈緒「兄貴!あたしと一緒に暮らしてくれよ…あ、べ、別に兄貴と二人っきりがいいって訳じゃないぞ?」

奈緒「ただ単に、一人で暮らすのは寂しいから…ってそうでもなくて!流石に女子高生の一人暮らしは父さんに止められてさ」

P「既視感」

奈緒「兄貴どいて!兄貴の同棲相手殺せない!」

P「お前か!文香にあの小説渡したの!!」


112: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:10:17.25 ID:37kjR13H0

奈緒「まさかあたしの引き出しが尽きるなんて…」

P「なんとも少なくて極端な引き出しだなぁ…」

P「でも多分奈緒は妹だろうがそうでなかろうがいつも通りなんだろうな」

奈緒「なんだそりゃ。あ、あとプロデューサー」

P「なんだ?」

奈緒「あたし、凛以外には本貸してないぞ?」

P「って事はみんな独学かぁ…凄いなぁ…」

P「文香のアレも独学かぁ…ヤバイなぁ…」


113: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:13:30.69 ID:37kjR13H0

P「ふぅ…オチもついたしもう妹はいいか」

ちひろ「お疲れ様です、プロデューサーさん」

P「あ、お疲れ様ですちひろさん」

ちひろ「どうでした?アイドル達の妹役の演技」

P「みんな凄く上手かったですよ。でも多分、俺にもし妹がいても上手くいってなかったと思います」

P「妹がいた程度じゃ、女心ってのは理解できないものですよ」

ちひろ「そうでしたか」


114: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:16:21.97 ID:37kjR13H0

ちひろ「ところでプロデューサーさん」

ちひろ「もう、女心を学ぶ気はありませんか?」

P「あるっちゃありますけど、さっきも言いましたけど今更妹なんて現実的には不可能ですし」

ちひろ「まぁ確かにそうですね。ついでに言うと、私もプロデューサーさんが女心を理解出来るとはちっとも思ってません」

P「うぐっ」

ちひろ「でも、もしプロデューサーさんに理解しようとする気があるのであれば…」

ちひろ「娘、なんて…どうでしょうか?」


115: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:21:40.21 ID:37kjR13H0

P「…女性に先にそういう事を言わせちゃうなんて、やっぱり俺はまだまだですね」

ちひろ「そこはちゃんと察せる辺り、少しは成長出来てると思いますよ」

ちひろ「で、恥ずかしいんですけどお返事頂けますか?」

P「わがままを言わせて貰えるなら、一人目は男の子がいいですね…でもって、そのあと」

P「二人目に、妹が欲しいです」

ちひろ「ふふっ、プロデューサーさんの夢が叶うよう努力しますよ」

P・ちひろ「うふふふふ」イチャイチャ


116: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:28:50.07 ID:37kjR13H0

アーニャ「……」

アーニャ「…………」

アーニャ「…Пожалуйста, наслаждайтесь Сибирью; старший брат」


117: ◆TDuorh6/aM 2016/02/28(日) 02:30:15.88 ID:37kjR13H0

くぅつか
お付き合いありがとうございました
カロリーが逃げる前にHTML化依頼出してきます



元スレ:モバP「妹が欲しい」

他サイト様の最新記事