2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:30:38 ID:QZDxzJHI

愛梨「そんなことありませんよぉ」

P「そうかなぁ」

美優「分かる気がしますけど・・・」

未央「とときんはふわっとしてるからね」

P「簡単に騙されそうでなぁ。お父さんは心配ですよ」

美波「あの、どうして私たちが集められたんでしょうか?」

智絵里「何か問題でもあったんですか?」

P「あぁ、悪い男に引っかかりそうな子たちにちょっと注意をな」

愛梨「だからぁ、私はそんなことありませぇん」

P「新田、どう思う?」

美波「うーん・・・、確かにちょっと心配ですけど


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:31:21 ID:QZDxzJHI

愛梨「もう!美波ちゃんまでぇ。どうして私の友達と同じこと言うのぉ?」

未央「あ、やっぱり言われてるんだ」

愛梨「大学でぇ、一人でいちゃ駄目ってぇ」

智絵里「そうなんですか?」

愛梨「私もう子供じゃないのにぃ。危ないからってぇ」

P「まぁ、危ないよな」

未央「とときんは大学行ってる時は常に誰かと一緒なんだ?」

愛梨「そうなの。入学したばっかりの時はぁ、高校の時の友達がずっと一緒でぇ」

愛梨「その子が一緒に居られない時はぁ、大学で友達になった子がぁ、一緒なの」

P「正しい判断だな。大事にしろよ、その友達」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:32:08 ID:QZDxzJHI

美波「あの、大学だったら新歓コンパとかあったんじゃ・・・?」

愛梨「そうなんだけどぉ、ずっと周りを友達に固められててぇ」

未央「鉄壁ガードだね」

愛梨「お酒とか飲まされそうになったんだけどぉ、友達が駄目!ってぇ」

美優「大学だと未成年でもそうなるのよね・・・」

P「新田は?」

美波「私はちゃんと断りましたから」

未央「でも無理やり飲まされそう」

P「そうだな。その場の雰囲気に流されてな。本田も大学行ったら気をつけてくれ」

未央「私?私は大丈夫だよ!」

P「・・・そうかなぁ」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:32:42 ID:QZDxzJHI

智絵里「あの・・・それでどうして私たちが・・・?」

P「言ったろ。悪い男に簡単に騙されそうな子たちを集めたって。まぁ注意喚起をだな」

愛梨「大丈夫なのにぃ」

美優「えっ?私もですか?」

P「自分は大丈夫って子ほど騙しやすいんだよ」

未央「心配症だなぁ」

P「だって新田もそうだけど、しつこい男とかいないか?」

美波「うーん・・・、いますね、確かに」

P「みんなアイドルとして顔も名前も売れてきた」

P「そんな子たちとお近づきになりたいって思う男は多いはずだ」

未央「あー、言われてみれば他のクラスの男子からメアド教えてって言われるようになったなぁ」

美波「LINEやってる?とかね」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:33:31 ID:QZDxzJHI

P「緒方は?」

智絵里「わ、私は、その、友達が駄目だよって」

P「うんうん。いい友達に恵まれてるようだな」

P「俺たちの仕事はアイドルのプロデュースだけど、みんなを守ることも大事な仕事なんだ」

愛梨「美優さんはぁ?」

美優「私?私は、その・・・人付き合いとか苦手だったから・・・、暗かったし・・・」

未央「えー?こんな美人さん、私が男だったらほっとかないよ!」

美優「本当に、そういうのはなかったのよ。男の人って暗い女は嫌いなものよ」

P「いや、三船が今まで無事だったのはたまたまだ。周りの男に見る目がなかっただけ」

未央「おっ!美優さんを見つけたプロデューサーが言うと説得力ありますなぁ」

P「まぁな」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:34:34 ID:QZDxzJHI

美優「もう・・・、本当にそんなことないのよ?」

P「俺なら簡単に騙して数分以内に素っ裸に出来るけどな」

智絵里「えっ!?」

愛梨「そんなことありませんよぉ!いくらなんでも」

P「試してみるか?十時なら5分で裸に出来る。忘れないことだ」

愛梨「そこまで言われて騙される女はいーまーせーんー」

愛梨「ちゃあんと私だって考えてるんですからね!」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:35:07 ID:QZDxzJHI

 ~数分後~

P「本当に可愛いね、愛梨ちゃん」

愛梨「そうですかぁ?一応アイドルやってるんでぇ」

P「じゃ、愛梨ちゃん。ちょっと上だけ、ちょっとだけ脱いでみよっか」

愛梨「えぇ~?駄目ですよぉ」

P「ごめんごめん、言い方悪かったね。肩だけだよ。肩だけ」

愛梨「肩だけならぁ」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:35:59 ID:QZDxzJHI

 ~それから~

P「じゃ、手ぇどけてみよっか」

愛梨「えぇ・・・、だって、全部見えちゃう・・・」

P「見たいんだよ。愛梨の綺麗なところ」

愛梨「でもぉ・・・」

P「俺しか見ないしさ」

愛梨「だってぇ、写真に撮るんですよねぇ?」

P「俺しか見ないよ。約束する。愛梨の綺麗なとこ、全部見たいんだ」

愛梨「・・・本当にぃ?」

P「あぁ」

愛梨「・・・本当にですよぉ」

P「もちろん」

愛梨「それなら・・・」 スッ

未央「終了ーー!終了終了ーー!!」 ピッピー!!

P「な?簡単だろ?」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:37:12 ID:QZDxzJHI

P「時間は?」

美優「6分41秒ですね・・・」

P「あら、オーバーしちゃったか」

愛梨「あれぇ?私、どうしてぇ」

智絵里「あ!愛梨さん!駄目です!手どかしちゃ駄目ですぅ!」

美波「服!服着てください!全部見えちゃう!」

愛梨「あれぇ?」

P「まぁこんな感じでだな。俺なら全員素っ裸にする自信があるんだよ」

智絵里「いくらなんでも・・・」

美優「さっきのは愛梨ちゃんだったからで・・・」

P「言ったろ。自分は大丈夫だって人間ほど騙しやすいんだよ」

P「だったら次は緒方いくか?緒方も簡単にやれるぞ」

智絵里「わ、私ですか!?」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:37:57 ID:QZDxzJHI

 ~数分後~

P「本当に可愛いね、智絵里ちゃん」

智絵里「そんなこと・・・ないです」

P「ピンクが似合うと思ってたけど、やっぱりこっちもピンクなんだ?」

智絵里「恥ずかしい・・・」

P「じゃ、下もいこっか」

智絵里「えっ?そんなぁ・・・」

P「あはは、いきなりハードル上げすぎたね。今日は上だけにしとこっか」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:38:50 ID:QZDxzJHI

 ~それから~

P「自分で脱いでみよっか」

智絵里「・・・本当に、するんですか?」

P「だって智絵里のこともっと知りたいもん」

智絵里「全部知ってるじゃないですかぁ・・・」

P「そうかな?そんなことないよ。可愛い女の子のこと、もっと知りたいって駄目かな?」

智絵里「駄目じゃ、ないですけど・・・」

P「そうだね。じゃ、脱がすよ。手、どけて。あぁ、やっぱり綺麗だね」

智絵里「だって、だって・・・」

未央「終了ぉー!終了ぉぉーー!!」 ピッピー!!

P「な?簡単だろ?次、新田な」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:39:28 ID:QZDxzJHI

 ~数分後~

P「やっぱり綺麗だね、美波ちゃん」

美波「でも、これ以上はさすがに・・・」

P「駄目?」

美波「だって、誰にも見せたことないのに・・・」

P「ご家族にも?」

美波「こ、子供のころですから・・・」

P「じゃあ俺が初めてなんだ?」

美波「はい・・・」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:40:10 ID:QZDxzJHI

 ~それから~

P「足、開いて」

美波「いやぁ・・・」

P「見たいな。美波の全部。ね?」

美波「駄目ですよぅ。駄目・・・」

P「じゃあもっと足に力入れなきゃ。ね?ほら。俺全然力入れてない。ね?ほら」

美波「駄目、見えちゃう・・・。駄目、駄目ぇ・・・」

P「ほら。ね?大丈夫。大丈夫だから。ね?ほら」

美波「あぁ、駄目・・・。駄目・・・」

未央「終了ーーっ!終了終了ーーっ!!」 ピッピリピー!!

P「な?簡単だろ?」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:41:00 ID:QZDxzJHI

未央「私気付いた!おかしいのプロデューサーだ!」

P「そんなことないよ。っていうかある意味一番心配なのが本田なんだよ」

未央「未央ちゃんはそんな簡単に行きませんもんねー!」

P「そういうことじゃなくてだな、本田って無自覚に相手をその気にさせるっていうか」

美優「あぁ・・・」

愛梨「分かるぅ」

未央「えっ?どゆこと?」

P「本田は人の心の中に入ってくるのがうまいっていうかな。するっと入ってきてな」

智絵里「うんうん」

美波「人と人を繋ぐのもうまいですよね。私、何度もそれで助けられたから」

未央「おっ?褒められてる?」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:41:59 ID:QZDxzJHI

P「これが同性相手ならいいんだが、異性となるとな」

P「賭けてもいいぞ。絶対クラスの男子で『本田って俺のこと好きなんじゃ?』って勘違いしてる奴いるから」

未央「そうかなぁ?そんなことないと思うけど」

愛梨「ありそうありそう」

美優「私がもしクラスの男子だったら・・・勘違いしちゃうかも」

美波「相手に警戒心を抱かせないですよね」

智絵里「わ、私なんかにも優しくしてくれて・・・」

未央「おぉ、褒められてる?」

P「いいことなんだけどな。だからこそ一番心配なんだよ」

未央「ふっふーん!じゃあ私にも試してみてよ。私はそんなに簡単に転ばないからね」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:42:48 ID:QZDxzJHI

美波「強気発言ね。でも未央ちゃんなら・・・」

智絵里「お、応援してます」

美優「ちなみに、未央ちゃんならどれくらいで?」

P「さすがに時間がかかるな。もう手の内は見せちゃってるし」

P「でもまぁ・・・、30分かな」

愛梨「ストップウォッチ貸してぇ。私が計りまぁす」

未央「絶対プロデューサーなんかに負けたりしないっ!」 キリッ

P「じゃ、ちょっと本気出そっか・・・」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:43:25 ID:QZDxzJHI

 ~数分後~

P「じゃあ好きなポーズ取ってみてよ」

未央「こんな感じ?それともこんな感じ?」

P「いいねいいね、最高だね。可愛いよ」

未央「当然でしょう~!」

美波(あ、いけるかも)

P「脱いでみる?」

未央「来た!絶対その手には乗んないもんね!」

P「厳しいなぁ。ははは」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:44:17 ID:QZDxzJHI

 ~数十分後~

P「可愛い下着つけてるね。やっぱオレンジなんだ?」

未央「か、可愛いかな。これそんな高くなくって・・・」

P「未央ちゃんが可愛いからかな。すごく似合ってると思うよ」

未央「そ、そうかな?えへへ」

智絵里(駄目かも・・・)

P「紐だけずらしてみよっか」

未央「こう?」

P「そうそう。いいねいいね。やっぱりぐっと色気が出るね。大人の女って感じ」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:45:00 ID:QZDxzJHI

 ~それから~

P「大丈夫。綺麗だよ」

未央「駄目・・・、駄目だから、ね?」

P「どうして?」

未央「だって、私・・・」

P「いいだろ?な?未央」

未央「駄目だもん・・・」

美優(駄目みたいね・・・)

P「な?未央。大丈夫だから。絶対大丈夫だから」

未央「だって・・・」

P「・・・未央。・・・好きだよ」

未央「ずるいよぅ・・・」

愛梨(駄目みたいですねぇ)


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:46:00 ID:QZDxzJHI

P「未央?いい?」

未央「・・・」

P「ちゃんと付けるから」

未央「・・・」

P「大丈夫だよ」

未央「・・・うん」

P「いい?未央。大丈夫だから。な?」

未央「・・・あっ、あっ、入ってきちゃう・・・」

美波「はっ!止めて止めて!」

智絵里「美優さん!笛!笛!」

美優「しゅ、終了!終了ーーー!!」 ピッピリピッピー!!

愛梨「わぁ、あんなになっちゃうんだぁ・・・」

P「な?簡単だろ?」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:46:53 ID:QZDxzJHI

P「とまぁこんな感じで。みんな悪い男に騙されないようにだな、いっそう注意をして――」

未央「・・・」 ポケー

美波「未央ちゃん、帰ってきて。未央ちゃん!」

智絵里「・・・」 モジモジ

愛梨「すごかったねぇ。あんなになっちゃうんだぁ」

P「聞いてるか?ちゃんと。気をつけてくれないと泣くのは自分自身なんだからな」

美優「やりすぎですよ、全く・・・」

P「本田。立てるか?」

未央「・・・うん」 トロン

美優「完全に女の顔になってるわ・・・。本当に大丈夫かしら」

P「他人事みたいに言ってるけど、三船もだからな」


23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:47:59 ID:QZDxzJHI

美優「まぁここまで見せられては。私も一応気をつけます」

P「一応じゃ困るんだが」

愛梨「ちなみにぃ、美優さんならどれくらい?」

P「いや、今はもう無理だよ。手を使いきったからな」

美波「今はって、じゃあいけるんですか・・・」

智絵里「未央ちゃん、大丈夫?立てる?」

未央「うん、もう大丈夫・・・」

P「頼みますよほんと。お父さんは気が気じゃないですよ」

美優「原因はプロデューサーさんだと思うんですけどね・・・」


24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/28(日) 22:48:59 ID:QZDxzJHI

愛梨「美優さんにはぁ、どんな方法でいくんですかぁ?」

P「三船にか?まぁ本田と基本一緒だよ。強引にいく」

美優「あら残念ですね。私、強引な人って苦手で」

P「だろうな。だからちょっと強引にいって、一回引く」

愛梨「それからぁ?」

P「で、もっかい強引にいく。それも最初の時より強く」

美優「ふふっ、大変。気をつけないと」

P「なんなら・・・、試してみるか?」

愛梨「・・・」 スッ(ストップウォッチを用意する音)

                                         おわり



元スレ:十時愛梨「簡単に騙されそうなアイドル?」

他サイト様の最新記事