1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/06(水) 23:07:11.78 ID:AAMoEV8/0

千早「よ」

響「勉強?」

千早「そう、バカの我那覇さんにちーちゃん先生が勉強を教えてあげますっ」

響「導入からバカ扱いされるなんて今までの人生で初の出来事だぞ」

千早「あら? 我那覇さんは天才、もしくは秀才の部類に属する亜門かしら?」

響「いや、別にそう言うわけではないけども」

千早「じゃあ、ね?」

響「いやいや大丈夫だぞ? 自分、ちゃんと出来ているから」

千早「え? ゼミかしら?」

響「ゼミはやってないけども」

千早「じゃあ勉強、しましょ?」

響「しないけど……」

千早「ふふ、燃えるわね、最初からこんな問題児っぷりを発揮してくれるなんて、久々に私、胸の高まりが止まらないわ」

響「いや、はたから見たら100%千早が問題児に見えてると思うぞ?」

千早「さぁ!! 早速始めましょう!! 準備して!!」

響「……はぁ、解ったぞ、逆らったらもっとめんどくさい事になりそうだし」

千早「我那覇さん? BADよ」

響「は?」

千早「めんどくさいじゃなくて、めんどうくさい、ね?」ドヤァ

響「あ、凄いなコレ、凄く千早が面倒臭い」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/06(水) 23:14:17.38 ID:DhSZ6mp30

千早「さて!! 本日我那覇さんの勉強を担当するGTTです」

響「……」

千早「……」

響「……ちーちゃん先生じゃなか 千早「グレートティーチャーチハヅカです」

響「……普通に千早で良いじゃん、なんで苗字まで混ぜたんだ……」

千早「よろしく、どうぞ」スチャ

響「このために眼鏡まで用意したのか? まぁ、お願いします……」

千早「起立!!」

響「いや、立っているけど」

千早「礼!!」

響「」ペコリ

千早「着陸!! なんつって………………ぶふっ」

響「もーーーーーーー!!!! 超めんどくせぇぞーーーーこいつーーーー!!!! しかもとてつもなくつまんねぇええーーーー!!!!」

千早「さ、我那覇さん、着陸」

響「うるせぇよ!! もう始めようよ!!!!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/06(水) 23:19:06.30 ID:DhSZ6mp30

千早「徹底的にいきたいと思っています」

響「ありがとうございます」

千早「えっとそれじゃあまず、英国社数理道徳どれから行く?」

響「今の千早に道徳だけは語られたくないから、それ以外がいいかな、国語とか?」

千早「えーっと、我那覇さんは確か公式でも【国語力が高槻やよいくらい低い】とか言われて、ちょっと待って欲しいんだけど」

響「え?」

千早「この、まずは高槻さんが国語力が低い前提の説明、何なのかしら? あ、何ナノなの?」

響「何で最後美希をパクったの? 一回ちゃんと言えてるのに」

千早「…………へへ///」

響「恥ずかしがるポイント、ソコなのか!? もうわけ解らないぞーー!!!!」

千早「この部分は後で是が非でも【国語力は全アイドル中圧倒的に低い】に書き換えさせるわね」

響「わざわざネガティブ宣伝を是が非でも強くしなくてよくないか?」

千早「でも~~? そのイメージも~~? GTTにかかれば~~?」

響「…………」

千早「か~~か~~れ~~ば~~?」

響「……払拭されます」

千早「はい!! 良く出来ました、じゃあ国語をやりましょう、教科書見せて」

響「もうすでに一日仕事したくらい疲れたぞ……」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/06(水) 23:34:49.82 ID:DhSZ6mp30

千早「これが我那覇さんの学校の教科書なのね」

響「うん、で、今やってるのはこの辺なんだけど……」

千早「そ~の~教科書を~窓か~ら~ポーン♪!!」

響「あー!! な、何するんだ!! 自分の教科書!!」

千早「教科書なんていりませんっ!!」バンッ

響「はぁ!?」

千早「教科書通りの人生で楽しいかよ!!」

響「千早が見せろって言ったんだろ!!」

千早「大人達の敷いたレールの上に乗って大人になっていくのかよ!!」

響「そう言うの良いから……教科書拾ってくるぞ……ったく……」

千早「それは後で良いわ」

響「良くないだろ!? 自分の教科書往来の真ん中に落ちているんだぞ!?」

千早「我那覇さん、もう、いいから、私が問題を出すからそれに答えて」

響「何で千早がやれやれみたいなテンションになってるんだ!?」

千早「第一問!! デデーン♪!!」

響「クイズじゃん……」

千早「春は、あけぼの?」

響「は???」

千早「……」

響「……え!?」

千早「聞こえなかったかしら?」

響「いや、あの」

千早「春は、あけぼの?」

響「え!? 何? 始まってんの!?」

千早「春はあけぼの?」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/06(水) 23:46:09.04 ID:DhSZ6mp30

響「いやいやいや、それ、疑問文になるような事じゃないぞ」

千早「じゃあ、ノットあけぼの?」

響「ノットあけぼの!?」

千早「あけぼの~ OR?」

響「いや、千早、これ、国語だよな?」

千早「DIE!!!!」

響「待って!! ちょっと、待って!!」

千早「一問目よ? 我那覇さん」

響「一問目からこれだから自分はビックリしてるの~!!」

千早「何かしら? どこが解らないのかしら?」

響「いや、あの……入り口からって言うか、そもそもが……」

千早「これは……難敵ねぇ」ニヤリィ

響「いやいや「ひさびさに厄介な案件が舞い込んできやがったぜぇ」みたいな風に言ってるけどさ!! じゃあその質問に関して正しい解答は何なのさ!!」

千早「うん?」

響「じゃあ聞くよ? 春はあけぼの?」

千早「割とね」

響「ふっざけんな!! なんだそれ!!!!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/06(水) 23:52:05.51 ID:DhSZ6mp30

千早「模範解答ね」

響「そんなん千早の匙加減一つだろ!! 今までそんな問題がないからっててきとうぶっこきやがって!!」

千早「そもそも春はあけぼのの意味は知っているのかしら?」

響「それくらい知っているぞ!! 春は日の出くらいの時間が何か良い感じって意味だぞ!!」

千早「何か良い感じって……」

響「い、いや、それは自分がソレを表現するアレが無いだけで!! 何となく意味は解っているぞ!!」

千早「そう、その、【アレ】とか【ソレ】とか【何となく】とか【アンマー】とかそう言う曖昧な表現がいけないのよ!!」

響「自分の語彙力の無さは認めるけど、アンマーとは言ってないぞ、なんであの会話からお母さんって言わなきゃいけないんだ」

千早「もうね、我那覇さんのそう言うアレをもうどうにかソレコレしたいと思っているわ、アレに過ぎるから我那覇さんのソレは」

響「千早の方がメタメタだろ!!」

千早「第二問」

響「さっき見たいなのはヤメてよね!!」

千早「太郎はその時、こう思ったのだ「花子、意外と胸でけぇな」その時、千早がどう思ったかを2文字以内で答えなさい(句読点は含めないものとする)」

響「くっ」

千早「ビックリしたわ、正解」

響「うるせぇよ!! 何だこれ!!」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/06(水) 23:57:59.73 ID:DhSZ6mp30

千早「国語はこの辺にしておきましょう」

響「教科書取ってきて良い?」

千早「落とす時にちゃんと糸つけてたからもう引き揚げてあるわ、気遣いの女千早だから、私ったら」

響「その気遣いを少しでも自分に向けてほしい所だったぞ、あとチハヅカじゃなかったのか?」

千早「そうね、英語……英語にしましょう!!」

響「英語かー、自分、ちょっと苦手で」

千早「でしょうよでしょうよ!! そうでしょうともよ!!

響「何でそんなテンション上げてんだかは良く解らないけどな」

千早「ご存じの通り私如月千早は、以前ロス……あ、ごめんなさいね? Los Angelesでrecordingの経験があってね?」

響「うん、良く知ってるぞ、2億回くらい千早の口から聞いたからな」

千早「そうなってくるってーとオイラのEnglishもちょっとしたもんよ馬鹿野郎この野郎めぇ」

響「何でべらんめぇ口調で突然自分を罵ったのかは特にツッコまずにしておくぞ」

千早「これも教科書は特に必要ないわ」

響「え? いいのか?」

千早「Englishで大事なのはlistening!! 私のL・A仕込みのEnglishを聞いて君もPARFECT・BODY!!」

響「最後なんでケインコスギになったよ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/07(木) 00:03:05.59 ID:L60ytMpM0

千早「英語の理解力と発音を鍛えるのはすなわち自分の歌っている曲の理解を深めるにも役に立つの」

響「ここに来て急にまともな事を言いだした千早に驚きを隠せないぞ」

千早「たとえば我那覇さんの持ち歌【TRIAL DANCE】なんだけど英語詞の波状攻撃でしょ?」

響「言われてみれば確かにずっと英語を歌っているイメージはあるな」

千早「ジャーンジャーンジャーン♪ジャッジャッジャッジャッジャッジャーーーン♪ペーーーーン♪」

響「READY TRIAL DANCE♪ READY TRIAL DANCE♪ WOWWOW♪」

千早「スターーーーーップ!!!!」

響「え?」

千早「今の部分を略しなさい」

響「えっと、さぁ、ダンスを 千早「違う」

響「え!?」

千早「WOW WOW WOW WOW の所、よ」

響「え? いや、略せって言われても」

千早「どうぞ? 日本語で、さぁ」

響「うぉう……うぉう、うぉう、うぉう」

千早「GOOOOOOD」

響「わけ解んねぇよ!! なんでここを略させた!!」

千早「では、意味は、解っているかしら?」

響「意味? ただの掛け声みたいなものでしょ?」

千早「言葉には意味があるの、WOWの意味、考えた事、あるかしら?」

響「え? この言葉には、何か深い意味が?」ゴクリ

千早「おふこ~~~~~す」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/07(木) 00:08:53.10 ID:L60ytMpM0

千早「何か、ノリが良いって意味だけで使っていたでしょ?」

響「う……はい」

千早「もともとスラングなんだけど、WOWはYEAHとは違って驚きの意味合いが強い掛け声なの」

響「驚き……」

千早「そう、日本風に言えばマジッスか!? みたいな感じね」

響「マジッスか」

千早「そう考えるとダンスを踊るぜ!! ウォウウォウウォウ!! って歌詞がまったく違って見えてこない?」

響「ダンスを踊るぜ……マジッスか!! マジッスか!! マジッスか!! ……ってコレ、千早ぁ!!」

千早「気づいたようね、そう、この曲には主人公の他に合いの手を入れる存在が居るのよ」

響「自分、この曲の歌詞は全部自分自身が発している言葉だと思っていたぞ……」

千早「これからは全く別の感情で歌う事が出来るわね、我那覇さん」ポン

響「千早ぁ……いや、GTT!!」

千早「ジャーンジャーンジャーン♪ジャッジャッジャッジャッジャッジャーーーン♪ペーーーーン♪」

響「READY TRIAL DANCE♪ READY TRIAL DANCE♪ WOW!? WOW!? WOW!? WOW!? ♪」

千早「良いわ!! 我那覇さん最高よ!!」

響「って、んなわけあるかぁ!!!! 曲の冒頭からこんな挙動不審な感じで歌ってたら客が引くわ!!!!」

千早「うん、実は私もその部分はちょっと馬鹿みたいだなって思って見てた」

響「くっっっっっそ!!!!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/07(木) 00:11:43.25 ID:L60ytMpM0

千早「いや、しかし、凄いわね、この短期間で我那覇さんの学力がみるみる上がっているのを感じるわ」

響「自分は少し馬鹿になったくらいだと自己分析しているぞ」

千早「じゃあ次は楽しい楽しい音楽の時間よ!!」

響「さっきやった気がするし、音楽のテストは期末に出てこないから結構だぞ」

千早「良い勉強は良い息抜きから!! さぁ!! 楽しく歌いましょう!!」

響「ずーーっと思ってた事が確信に変わったんだけど、自分は千早に遊ばれているだけだよな?」

千早「ふ~~るい、あ~~るばむ~~め~~くりぃ~~♪」

響「むむ……くそう、やっぱり歌に関しては千早、凄く上手いな」

千早「はれ~わた~~るひ~~も、はぁめ~~の~ひぃ~~もっほぉ~~♪」

響「ちょっとずつサブちゃんっぽくなってるけども」

千早「ほ~~もはへぃ~~♪さ~~んがしぃいてへぇえ~~♪よぉ~~みがぁはぁえるぅひぃはぁっ♪」

響「完全にサブちゃん化しているけど」

千早「はだぅぁあ~~ふぉぅおぅふぉぅおぅ~~~♪」

響「最後はコロッケの森進一だよな」

千早「そのまま歌うと権利問題があるからね」

響「確かにここまで崩されたら何の曲かは解らないかもな」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/07(木) 00:24:05.63 ID:L60ytMpM0

千早「私好きなのよ、我那覇さんのあの曲」

響「嬉しいなー!! 自分の曲で好きなのあるの?」

千早「あの、アレよ、NEXT LIFE!!」

響「うわ!! ちょっと、これ、かなり嬉しいぞ~~!!」

千早「チャンチャチャンチャ♪ チャララランチャララ♪」

響「え? 歌ってくれるのか?」

千早「……トイレでラップ音が……聞こえるっ!!」

響「うるせぇし少し怖ぇよ!! 絶対好きじゃねぇだろこんにゃろ!!」

千早「好きな物こそいじりたくなっちゃう、複雑な乙女心ね」

響「内容が少しも乙女にカスっないの!! どちらかと言うと思春期の男子中学生の心だぞ」

千早「今! こうして!! 自分が!! トイレにいるのに!! 何かの音が鳴るのが!! 凄く不思議で♪!!」

響「それ以上自分の歌馬鹿にしたら千早をここから突き落とす事も辞さないぞ!!」

千早「あまりのくだらなさに自分でも寒気がしたくらいよ」

響「じゃあやーるーなー!!」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/07(木) 00:30:03.07 ID:L60ytMpM0

千早「さぁ、そろそろ休憩の時間は終わりにしましょう」

響「ここまででハーフマラソン程度の疲労感はあるけどな」

千早「ここからが本番よ!!」

響「ここまでで何一つ為になる事なかったもんな」

千早「いよいよ出てきました数学です!!」

響「おぉーー!! 難敵現るって感じだな!!」

千早「これは流石に教科書使うわ」

響「学校毎に微妙に範囲違うしな、んじゃ用意するな」

千早「えっと、私のは……っと」

響「お、千早の教科書も出すのか、そうだな、教科書によって解釈が違うかもしれないかもだからな!!」

千早「えっと、私は今この辺なの」

響「あー自分もだぞ、ここ難しいよなー」

千早「じゃあ始めましょう」

響「よろしくお願いします!!」

千早「でね、この公式なんだけど、どこに当てはめるのかしら? GTH?」

響「自分が教えるの!?」

千早「イヤだわ我那覇さん、GIVE & TAKE でしょ?」

響「ビックリするほど何もTAKEされていないんだけど!?」

千早「まぁ、最初からコレが目的だったんだけどね」

響「お前もう一人で勉強しろぉ!!!!」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/07(木) 00:31:04.80 ID:L60ytMpM0

何だこれ……何だよこれ……。


あ、終わりです。
深夜に投下するとろくな事にならない事を学びました。
ありがとうございました。


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/11/07(木) 00:37:02.10 ID:5EA61eIK0

乙乙
いちいち入る小ネタにワロタ



元スレ:千早「我那覇さん、私、我那覇さんに勉強を教えてあげたいと思っているの」

他サイト様の最新記事