1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:26:12.03 ID:n2e254250

ぽっちゃ凛

凛「かな子のクッキー、どれもおいしいね」モグモグ

李衣菜「うん、この甘くて癖になる味がロックだね」バリボリ

かな子「ありがとう二人とも!もっとたくさん食べてね!」

凛「それじゃあ遠慮なく…」

P「おい待てお前ら」

りんりーな「!?」ドキッ!

P「食べる前に少し教えろ、お前ら最近太ったんじゃないのか?」

凛「…最低、女性に体系のこと言うなんて…」

李衣菜「デリカシーのかけらもないですよプロデューサー!」モグモグ


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:30:52.40 ID:n2e254250

P「すまないな、確かに俺はデリカシーのかけらもない最低な男だ、で…お前ら今体重は何キロだ?」

凛「…!?最低を通り越して最悪、普通そんなこと聞く?」

李衣菜「た、体重なんて言えるわけないじゃないですか!失礼すぎますよ!」

P「そうかそうか」ムニュ

凛「ひゃん!」ビクッ

P「このおなかは何だ凛?なぁ?なんでこんなに抓めるんだ?」

凛「そ、それは…」

P「二人ともちょっとついてきてもらおうか?」ズルズル

凛「ああ!ちょっと、やめて!やめてよ!話して!」ジタバタ

李衣菜「クッキーが!クッキーがあああああ!!!」ジタバタ

かな子「…」ぽかーん


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:35:34.72 ID:n2e254250

体重計

P「67キロ…だと…!?」

凛「あ、こ、これは…その…」

P「そして李衣菜、お前は69キロか…」

李衣菜「ろ、ロックですよ!ロック!ロックである私が体重までロックなんてすごいじゃないですか!すごい偶然ですよ!」

P「どうしてそんなになるまで……俺は…うぅ…」

凛「で、でも衣装とかは着れるから、ほら見て」グググッ…

ビリィィィ!!!

凛「…あ」

李衣菜「あ…」

P「トレーナーさん、今すぐ姉妹全員呼んでレッスン開始してください、ええ、一番厳しいやつを」ピッ

李衣菜「そんなあああああああああああああああああ!!!」

P「あ、ちひろさんですか?事務所にあるお菓子とジュース全部、凛と李衣菜にあげないようにしてください」ピッ

凛「ちょっとおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

P「恨むなら、そんな取り返しのつかなくなった体系にした自分たちを恨むんだな」

凛「うぅ…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:39:29.67 ID:n2e254250

がりが凛

凛「ぷ、プロデューサー…ほら、見て……体重…29キロだよ…私、やったよ…」フラァ…

P「おい凛!しっかりしろ!誰がそこまでやれと言ったんだ!」

卯月「ど、どうしよう…凛ちゃんが…皮をかぶった骸骨みたいに…」オロオロ

李衣菜「いくらなんでもやり過ぎだよこれ」

凛「ごめん、ごめんねプロデューサー…プロデューサーとの夢、叶いそうにない…」フラァ…

P「何言っているんだよ凛!冗談いうなんてお前らしくないぞ!ほら、クッキーだ!これを食って元気に!」

凛「ご、ごめんね、一足先に…加連のところに…行くから…ね……」ガクッ

P「りいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん!!!」

卯月「凛ちゃああああああああああああああああああん!!!」

加連「勝手に殺さないでよ」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:45:09.55 ID:n2e254250

むっち凛

P「50キロ、うん、やっと標準に戻ったな。これに懲りてもう暴飲暴食するなよ」

凛「でも太る前の体重とは全然重いけど」

P「いや、こっちのほうがいい、むしろ今までが軽すぎたんだ」

P「それに見ろ、この体重のおかげでむっちりしてるぞ、なんというか…セクシーだな」

凛「そ、そうかな///」むちん

P「ああ、正直今の凛のほうが俺は好きだぞ」

凛「えっ!?」ドキッ!

P「だからもうリバウンドするなよな?また太ったら今度はもう助けてやらないから」

凛「う、うん、わかったよ」

P(しかしすごいプロポーションだ、卯月よりお尻がむっちりしてるなんてなぁ…)


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:50:51.51 ID:n2e254250

プ凛

プ凛「ふーん、アンタが私のトレーナー?いい顔してるね?」

プ凛「アンタとなら、私と一緒にこの世界に消えない音を刻めそうだね」

トレーナー「よし、いくぞプリン!俺たちの手でチャンピオン目指すんだ!」

プ凛「チャンピオンか、いいよ。私たちの手で高みを目指そうか」

ミニスカート「ちょっと、あなたもポケモントレーナーみたいね」

トレーナー「そういう君もそうみたいだね」

ミニスカート「目と目があったらポケモンバトル!これ常識でしょ!」

トレーナー「だな!いくぞプリン!お前の初バトルだ!」

プ凛「全力で行くよ!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:54:25.11 ID:n2e254250

ミニスカートが しょうぶを しかけてきた!

ミニスカート「いけ!ピカチュウ!」

Pカチュウ「ピッカー!」

トレーナー「いけ!プリン!」

プ凛「プリン!」

トレーナー「いけプリン!うたうだ!」

プ凛「みんな、聞いて!私の、魂を込めた歌を!」

Pカチュウ「ピカ?」

プ凛「振り返らず前を向いてそして沢山の笑顔をあげるうううう!!!」

プ凛「いーつも いーつも 真っすーぐにー見つーめて」

プ凛「弱気になったりもするよそんな時には強く抱きしめてー」

プ凛「強くそう強くあの場所へー走ーりーだーそううううううううう!!!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:56:04.73 ID:n2e254250

プ凛「トレーナーさん、私、最高に輝いてるかな?」

Pカチュウ「ZZz…ZZz…」

ピカチュウは眠っている

プ凛「…」ぶちっ

ドン!

プリンのギガインパクト!!!

Pカチュウ「ビガッ!」

ミニスカート「ピカチュウ!」

トレーナー「ちょっと!まだ命令してないのに何で!?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 10:59:55.09 ID:n2e254250

プ凛「私の歌を聞いて眠るなんて…一生懸命うたったのに…そんなにつまらなかったの!そんなに退屈だったの!」

プ凛「馬鹿にしないでよ!」

プリンのアイオライトブルー!!!

Pカチュウ「ピ、ピカ…」カチーン

ミニスカート「きゃああああああああああ!!!ピカチュウがああああああああああああああ!!!」

プリンは戦いに勝利した

プ凛「ふん…」

ミニスカート「ピ、ピカチュウ…」

ミニスカートの目の前が真っ暗になった


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:02:09.11 ID:n2e254250

トレーナー「すごいなピカチュウ!あんな技が使えるなんて!」

プ凛「あんなのどうってことないよ」

トレーナー「でも次戦うときはちゃんと俺の言うことを聞いてくれよな?でないとトレーナーの面目丸つぶれだ」

プ凛「…わかった」

トレーナー「にしてもとってもいい歌だったな、俺から聞けば元気がでる歌だったよ。ありがとなプリン」

プ凛「…あ、ありがとう…//」

トレーナー「よし、それじゃあ次の町に行こうか、町につく間に新しいポケモンが見つかればいいな!」

プ凛「うん、そうだね」

トレーナーとプ凛の旅は、続く


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:11:02.46 ID:n2e254250

空条徐凛

ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!ドン!

美嘉「ちょっと隣!うるさいよ!一体何騒いでるの!?」

徐凛「見られた…見られたよ…もうだめ…生きていけない………」

徐倫「昨日の夜…あの男に見られた…死にたい…死にたいよぉ……うぅ…」

美嘉「い、一体どうしたの?たしかキミ、ジョリーンって言ってたんだっけ?」

美嘉「男ってあの昨日見回りに来ていた人?彼に何見られたの?」

徐倫「もう嫌だよ!死にたいよ!飛び降りたいよ!溺れ死にたいよォォォーッ!!!」ドンドンドン!

美嘉「さっきからうるさいって!頭打ち付けてるのその音!?一体何を見られたの!?」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:18:54.32 ID:n2e254250

徐凛「えっと…その………」

美嘉「何?言わないとわからないよ」

徐凛「お、オナニー……///」

美嘉「え?」

徐凛「…//」

美嘉「あ、その……ドンマイ……まあ生きていればそのうちいいことあるって!だから、ね?」

徐倫「うん…」



アナスイタシア「徐凛のオナニー…ハラショー///」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:33:54.85 ID:n2e254250

モ凛フェン

P「俺はスケール2のEMペンデュラムマジシャンと、スケール6のEMリザードローでペンデュラムスケールをセッティング!」

P「あらわれろ!俺の魂のカード!」

モ凛フェン「全力で行くよ!」ATK1550

ちひろ「たったの攻撃力1550の上級モンスターなんか出してどうするというんですか?」

P「まだだ!俺はさらにエクストラデッキからEMドクロバットジョーカーと竜剣士ラスターP、マスターP、ベクターPを特殊召喚!」

P「ちひろさん、あなたにわからせてやる!俺たちの絆の力を…凛!」

モ凛フェン「うん、刻もうか、私たちの奏でる音を!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:42:24.78 ID:n2e254250

P「俺は手札から団結の力を装備!」

P「このカードを装備したモンスターは自分フィールド上のモンスターの数×800ポイント攻撃力ががある!」

P「俺はこれをモ凛フェンに装備!攻撃力は5550だ!」

モ凛フェン「うっ…うぅ!!!」ATK5550

ちひろ「何!?」

P「さらに俺はEMドクロバットジョーカーと竜剣士ベクターPでエクシーズ召喚!あらわれろ!ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン!」

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン「ギャオオオオオオオオオオオン!!!」ATK2500

P「モンスターがエクシーズ召喚されたため団結の力の効果が下がるがモンスターを通常召喚すれば問題ない、俺は再びドクロバットジョーカーを召喚しデッキからEMペンデュラムマジシャンを手札に加える」

P「そしてダーク・リベリオン・エクシーズドラゴンの効果発動!相手フィールド上のモンスターの攻撃力を半分にする!トリーズン・ディスチャージ!」

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン「グオオオオオオオオオオオオオオ!!!」ATK2500→ATK52500


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:46:45.22 ID:n2e254250

CiNo.1000 夢幻虚光神ヌメロニアス・ヌメロニア「…」ATK100000→50000

ちひろ「そんな…攻撃力が、下回った!?」

P「バトルだ!ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンで攻撃!」

ちひろ「ヌメロニアス・ヌメロニアの効果発動!オーバーレイユニットを一つ使い、相手の攻撃を無効にする!」

P「墓地からトラップ発動!ブレイクスルー・スキル!効果の無効を無効にする!」

ちひろ「そ、そんな…!」

P「反逆のライトニング・ディスオベイ!」

ドオオオオオオオオオオオオオオン!!!

ちひろ「きゃあああああああああああああ!!!」LP8000→5500


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:51:08.44 ID:n2e254250

P「とどめだ!モ凛フェン!!!」

モ凛フェン「わかってる!」

ちひろ「ひ、ひぃ…!」

モ凛フェン「卯月、未央、奈緒、加連…感じるよ、みんなの力が、私に流れ込んでくるの…!」

モ凛フェン「一人一人の力は弱いけど、みんなが集まると誰にも負けない力になる…これが団結の力!」

ちひろ「こ、来ないで!」

P「モ凛フェンでダイレクトアタックだ!」

モ凛フェン「ネバーセイネバー!!!」ドオオオオオオオオン!!!

ちひろ「きゃあああああああああああああああ!!!」LP5500→0 ピー


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 11:55:02.23 ID:n2e254250

P「終わったんだな」

モ凛フェン「いや、始まったんだよ、私たちのこれからは」

P「…ふふ、そうだな」

モ凛フェン「これからも一緒に戦ってくれる?」

P「もちろんだぜ!相棒!」

モ凛フェン「ありがとう、プロデューサー」ニコッ

P「あ、ああ!」

P(やっぱ不気味だなモリンフェン)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:03:54.61 ID:n2e254250

ベロ凛ガ

ベロ凛ガ「…」レロレロレロレロレロレロレロレロレロ

トレーナー「…」

ベロ凛ガ「…」レロレロレロレロレロレロレロレロレロ

トレーナー「なぁ…」

ベロ凛ガ「何?」

トレーナー「…やめてくれないか?よだれでべとべとなんだけど」

ベロ凛ガ「うれしくないの?」

トレーナー「舐められて喜ぶなんて変態じゃねぇか」

ベロ凛ガ「トレーナーは変態じゃなかったの?」

トレーナー「ちげぇよ!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:18:35.31 ID:n2e254250

ベロ凛ガ「でもこの前プ凛とゴク凛の二匹と一緒に夜ベッドで…」

トレーナー「待て!?何でそれを知っているんだ!?」

ベロ凛ガ「見てたよ影からこっそり」

ベロ凛ガ「あんなことをしてまだ変態じゃないっていうの?」

トレーナー「うぅ…」

ベロ凛ガ「正直ずるいよ、あんなことをするなんてさ。私を差し置いて」

ベロ凛ガ「だから私もやってもいいよね」

トレーナー「……はぁ…わかった、勝手にしてくれ」

ベロ凛ガ「うん」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:21:04.10 ID:n2e254250

ベロ凛ガ「…」レロレロレロレロベロベロレロレロ

トレーナー「…」

ベロ凛ガ「…」ベロリンベロリンベロベロ

トレーナー「…んぁ」ビクッ

ベロ凛ガ「あれ?今感じた?」

トレーナー「…感じてない」

ベロ凛ガ「そっか、なら感じさせてあげる」ベロッ

トレーナー「おい、ちょっ…!」

ベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロベロ

トレーナー「あっ…ぐっ…あぁ//」ビクッ!

凛「ふふっ、さすがにこれじゃあ言い逃れはできないね」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:22:50.60 ID:n2e254250

凛「じゃあ次は…」ジジーッ

トレーナー「おい!何ズボンを下げているんだ!」

凛「こっちも舐めるんだよ」

トレーナー「なっ!?」

ベロ凛ガのしたでなめる!

トレーナー「ぐぅ…!」

こうかは ばつぐんだ!

トレーナー「ぐっ…ぐぅ…」

トレーナーの こらえる!

ベロ凛ガ「ふーん、まだ粘るんだ」

ベロ凛ガ「だったらこれならどう?」

ベロ凛ガはさらになめた!


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:25:49.40 ID:n2e254250

トレーナー「あぁ…ぐっ…ああああ!」ビクン!!!

トレーナーの オクタンほう!

ベロ凛ガ「うわっ!すごい…」

トレーナー「あ…あぁ…あぁ…」

トレーナーは ちからつきた

ベロ凛ガ「…ふふ、もう舌で舐めるのは飽きちゃった、ベロも痛いし」

ベロ凛ガ「だから、今度は下で舐めさせてあげるね。まだ夜は長いよ」

トレーナー「あぁ…ぁ…ぁぁ……」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:28:24.59 ID:n2e254250

翌日

おじいさん「おお あんたか!」

おじいさん「朝二人さんの部屋を掃除したらポケモンのタマゴを見つけたんじゃ!」

トレーナー「え!?」

おじいさん「どこから現れたのかわからんがお前さんの部屋にあったというのはアンタのタマゴじゃろ?」

トレーナー「そ、そうなりますね」

おじいさん「ほれ、大事にするんじゃぞ」

トレーナー「ありがとう…ございます…」

ベロ凛ガ「♪」

プ論「…」むすーっ

ゴク凛「…」イラッ

トレーナー「…トレーナーやめようかな」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:47:23.68 ID:n2e254250

ぽっちゃ凛

P「…おい」

凛「…」

P「俺言ったよな、リバウンドするなって」

凛「つい…」

P「ついじゃねぇよ、何のために死ぬ気でやったんだよ」

P「そんなにクッキー好きか、そんなにケーキが好きか、ああ?」

凛「…ごめん………なさい……」

P「ああもう…!クソッ!おい!もう一度ダイエットするぞ!」

P「今度は俺がつきっきりでやってやるから覚悟しろよな!」

凛「…!…うん!」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:51:31.04 ID:n2e254250

メリーン

ゴーンゴーン

卯月「おめでとう!」

未央「おめでとう!」

奈緒「おめでとう!」

加連「おめでとう!」

アナスタシア「ハラショー」

みく「おめでとにゃ!」

杏「おめでとー」

瑞樹「おめでとう!」

まゆ「…」

奏「おめでとう!」

みりあ「おめでとう!」

凛「みんな、ありがとう!」

P「ありがとな、みんな!」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/02(水) 12:56:42.93 ID:n2e254250

凛「プロデューサーが、あの時私を見捨てずついてきてくれたおかげで、今の私がいるんだ」

凛「プロデューサーがいなかったら、今頃私は…」

P「ああ、だが諦めずにお前と一緒にダイエットの手助けをしたから、今の俺たちがいるんだ」

P「これからも全力で、お前の人生のプロデュースをしてやるからな、凛!」

凛「うん、これからもずっと、私のプロデューサーでいてね!」

チュッ

ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!

終わり



元スレ:モバP「色々な渋谷凛」

他サイト様の最新記事