1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 21:54:04.762 ID:ELNvRiUa0.net

声に出てた…

雛月「……」ジト

悟「いや、違うんだ!今のはその、なんというか…」

雛月「……バカなの?」

悟「ご、ごめんなさい…」


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 21:56:43.178 ID:ELNvRiUa0.net

雛月「……そんなに見たいの?」

悟「へ? あ、うん」

雛月「……ま、減るもんじゃないしね」

悟「い、いいの!?」


何がっついてんだ…

しっかりしろ、もうすぐ29歳。


4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 21:58:03.620 ID:ELNvRiUa0.net

雛月「……でも私、かわいいパンツ持ってないから…」

悟「パンツが可愛いか可愛くないかなんて関係ないよっ! 加代のパンツってだけで価値があるんだから!!」

雛月「悟…」

悟「大丈夫。 どんなパンツでも笑ったりしないから!」

雛月「……やっぱり、バカなの?」


6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:00:02.385 ID:ELNvRiUa0.net

しまった。

押しが強すぎたか?

悟「いや、あの…その、つまり、俺は可愛いパンツが見たいんじゃなくて、加代のパンツが…見たい…わけで…」

支離滅裂だ…

雛月「……わかった」

悟「へ?」

雛月「わかったから、ちょっと後ろ向いてて」


7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:02:07.050 ID:ELNvRiUa0.net

マジか。

頼んでみるもんだな…

雛月「悟。もういいよ」

悟「あ、うん」

雛月「ど、どうかな…?」モジモジ

白か…

確かに可愛げの欠片もないデザインだけど、それがまた加代の太ももを引き立てて…


8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:04:02.070 ID:ELNvRiUa0.net

悟「最高だよ加代!!俺、加代の太もも舐めたい!!」

声に出てた…

雛月「は?」

悟「そうじゃない!? そうじゃなくて…その…」

どうする。

どうしたらこの窮地から逃れられる…?


9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:06:02.233 ID:ELNvRiUa0.net

雛月「そうじゃなくて、なに?」ジト

悟「か、加代のパンツが欲しいんだ!!」

やっちまった…

雛月「ぷっ…バカなの?」クスクス

え?

な、なんか空気が和んだ…?


10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:08:02.353 ID:ELNvRiUa0.net

雛月「……特別だからね」イソイソ

マジか!

悟「ほ、ほんとにいいの?」

雛月「いらないの?」

悟「欲しいです! 下さいッ!!」

もうなりふり構っていられるか。


11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:10:20.331 ID:ELNvRiUa0.net

雛月「それじゃ、悟。もいっかい後ろ向いて」イソイソ

ここで後ろを向くのは簡単だ…

でも、それでいいのか?

本当にそれが最善なのか?

悟「か、加代、あのさ…もし良かったらその、パンツ脱がしたいんだけど…」

雛月「は?」

あーダメだ。

これ、リバイバルしなきゃダメな奴だ。


13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:12:10.291 ID:ELNvRiUa0.net

雛月「……」ジト

頼む…頼むからもう一回チャンスを…!

雛月「……ま、いいけど」

お?

悟「加代…?」

雛月「……好きにしたら?」プイッ


14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:14:04.368 ID:ELNvRiUa0.net

ギリギリセーフだった!?

上手く行き過ぎて怖いくらいだ…

悟「ほ、ほんとにいいの?」

雛月「……やるなら早くして」

悟「あ、はい。それでは失礼します」

失礼しますってなんだよ…

どうやら加代の言う通り、俺はバカみたいだ。


15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:16:02.313 ID:ELNvRiUa0.net

悟「それじゃ、加代…いくよ」ゴクリ

雛月「……ん」

とりあえず、パンツに指をかけて…

雛月「ひゃっ!」ビクッ

悟「ど、どうしたの加代!?」

雛月「……手、冷たくて」


16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:18:04.071 ID:ELNvRiUa0.net

悟「ご、ごめん…」シュン

きっとこういうことに気が回らないから、俺には彼女が出来ないんだろうな…

雛月「手、貸して」

悟「へ?」

ギュッ

悟「か、加代…?」


18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:20:01.939 ID:ELNvRiUa0.net

雛月「ふふっ…あったかいでしょ?」ニコッ

悟「う、うん」

ドキドキが止まらない…

落ちつけ、もうすぐ29歳。

雛月「ん。もういいよ」

悟「あ、ありがとう加代」

雛月「……どういたしまして」


19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:22:11.130 ID:ELNvRiUa0.net

よし。

それじゃあ気をとり直して…


悟「それじゃ、いくよ加代」

雛月「……ん」


加代のパンツを…!


賢也「なにやってんだお前ら…」

悟「ケ、ケンヤ!?」

賢也「まったく…正義の味方が聞いて呆れるぜ」


21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:24:02.338 ID:ELNvRiUa0.net

悟「ち、違うんだ!? これは…その…」

裕美「さ、悟くんがそんな人だとは思わなかった…」

裕美まで…

不味い。不味いぞ。

どうしたらいい?

考えろ。考えるんだもうすぐ29歳!!


22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:26:15.172 ID:ELNvRiUa0.net

悟「ひ、裕美のパンツも欲しいなぁ~! な、なんて…あはは…」

終わった…

完全にゲームセットだ。

もうムショにでもなんでもいいからぶち込んでくれ…

裕美「えぇ!? で、でも僕、男だし…だけど、悟くんが欲しいっていうなら…僕は…」モジモジ

ん?


24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:28:04.477 ID:ELNvRiUa0.net

悟「ひ、裕美…いいのか?」

裕美「さ、悟くんの頼みなら…僕、ひと肌脱ぐよ!!」

どうやら…

まだまだこの世界は捨てたものではないらしい。

悟「あ、ありがとう裕m」

賢也「……なんだよ。悟は裕美の方がいいのかよ」プイッ

ケンヤが…拗ねた?


25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:30:06.957 ID:ELNvRiUa0.net

悟「ケ、ケンヤ…?」

賢也「俺、けっこー悟と仲良かったつもりだったんだけど…悟は俺のパンツには興味ないんだな。よくわかったよ」プイッ

なんだ?

こんなケンヤ、初めて見る。

悟「そ、そういうわけじゃないけど、その…し、親しき中にも礼儀ありっていうだろ? だから…」

ケンヤ「じゃあ、ヒナや裕美ならいいっていうのかよ」ムスッ

これはあれだ…

修羅場って奴だ。


26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:32:06.122 ID:ELNvRiUa0.net

悟「そ、そんなつもりはなくって…」

賢也「じゃあどんなつもりだったんだよ!」

裕美「や、やめなよ2人とも~!」

困った。

余計状況が悪化してしまった…

どうする?

走って逃げるか?

だけど裕美はともかく、ケンヤを振り切れるかどうか…

雛月「……バカなの?」


28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:34:03.940 ID:ELNvRiUa0.net

裕美「ひ、雛月さん…?」

賢也「ヒナ、それどーゆー意味?」

雛月「こんなん、冗談に決まってるべさ。それを間に受けちゃって…ほんと、バカなの?」クスクス

え?

裕美「じょ、冗談…?」

賢也「なんだ…それならそうと早く言えよ悟」

初めは何がなんだかわからなかったけど、ようやく気付いた。

悟「あ、あはははは!ごめんごめん!なかなか切り出せなくってさ…」

雛月「……ふんっ」プイッ

加代は俺を助けてくれたらしい。


30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:36:04.935 ID:ELNvRiUa0.net

それからしばらく談笑して俺達はそれぞれ帰路に着いた。

賢也「んじゃ、またな悟」

裕美「雛月さんもまた明日~!」

悟「ん。したっけ」

雛月「また、明日」

やれやれ…

結局戦利品は何もなかったけど、とりあえず大事にならなかっただけ良しとしよう。


31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:38:06.688 ID:ELNvRiUa0.net

悟「それじゃ加代、また明日!」

雛月「悟」

悟「ん? どうしたの?」

雛月「……忘れ物」ポイッ

悟「うわっとっと…こ、これは…!」ゴクリ


32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:40:51.587 ID:ELNvRiUa0.net

見なくてもわかる。

仄かに温かいこの小さな布切れは間違いなく…

雛月「……大事にしてね」ニコッ

悟「た、宝物にする!! だからその…ありがとう加代!!」

雛月「……バカなの?」クスクス

バカでもなんでも良かった。

加代のパンツにはそれだけの価値があるのだから。


34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:44:05.147 ID:ELNvRiUa0.net

エピローグ

こうして手に入れた加代のパンツは、今でも俺の枕元に置いてある。

ガキの頃に色々失くして、色々な後悔をしてきた俺だったが、どうやらこれだけは失くさなかったようだ。

このパンツを嗅ぐたびにあのリバイバルでの辛かった思い出や、嬉しかったこと、そして去り際の加代の笑顔が蘇る。

朝起きると俺は加代のパンツに顔を埋め、胸いっぱいに深呼吸して…


悟「ま、今日も一日頑張りますか」


と、言って…母さんや愛理には絶対に見つからないように、宝物を仕舞うのだった。




FIN


36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/07(月) 22:49:33.687 ID:RNPx3XZZ0.net




元スレ:悟「加代のパンツ見たいな…」雛月「は?」

他サイト様の最新記事