1: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:47:51.92 ID:InA+UA+f0

島風「あなた駆逐艦? よろしく!」

龍驤「………」ピクピク

提督「……え、えーと、こちら新しく着任した駆逐艦の島風だ」

島風「駆逐艦島風です。スピードなら誰にも負けません。速きこと、島風の如し、です!」

龍驤「ウ、ウチは秘書艦の龍驤や。よろし」

島風「え?! 秘書艦なの!? ちっちゃい駆逐艦なのにすごーい!!」

龍驤「………」ピキピキ

提督「し、島風。あのだな…龍驤は……」

龍驤「ウチはな…」

島風「え?」

龍驤「ウチは軽空母や!!!」

島風「あはは、そんなまさか…」

龍驤「……」

提督「……」

島風「…え?」


2: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:50:08.45 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

提督「……というわけで、龍驤は軽空母だ。分かったか?」

島風「そうなんだー! ちっちゃいから全然気づかなかったよぅ。ごめんなさい!」

龍驤「ち、ちっちゃ……」ピクピク

提督「……島風は元々別の鎮守府にいたんだがな……ちょっと問題児でなぁ」ボソボソ

龍驤「そうみたいやな……」ボソボソ

提督「それで……悪いが俺は今日から出向でな……当面、教育を頼みたいんだが……」ボソボソ

龍驤「ええ?!」

島風「?」


3: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:51:47.21 ID:InA+UA+f0

龍驤「じゃ、じゃあ何でそんな時に着任したんや…」ボソボソ

提督「それは……」

提督「…………」

龍驤「………また、拾ったんか」

提督「すまない……」

龍驤「……ふぅ。あやまんなや。ウチには謝られる資格ないんやから」

龍驤「……よっしゃ! 分かった! まかしとき!」

提督「……ありがとう」

龍驤「よし、島風! 鎮守府を案内したるわ!」

島風「ほんと! じゃあ早く行こ!」ガシッ

龍驤「ちょっ」

島風「じゃ、行って来まーす!」バヒューンッ

龍驤「あかんてえええええぇぇぇぇぇぇ!!」

提督「…………龍驤、大丈夫かな」


4: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:53:57.18 ID:InA+UA+f0

島風「この鎮守府広ーい!!」バヒューンッ

龍驤「ちょ、止めてええぇぇぇぇ!!」

時雨「ん?」

暁「あら、新しい子?」

島風「あ」ピタッ

龍驤「あべしっ!」ビターンッ

島風「島風だよ! よろしくね!」

電「よろしくなのです!」

雷「よろしくね」


5: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:56:05.47 ID:InA+UA+f0

龍驤「あたた……」

夕立「龍驤さん大丈夫?」

龍驤「平気や……たくっ……忙しないやつやな……」


時雨「へ〜そんなに早いんだー」

島風「でしょでしょ! それでね〜」



龍驤「お、早速打ち解けてるやん。そっちの方は問題児やないんやな」

龍驤(となると………あっちやろうなぁ……)

龍驤(んまぁ…試してみるかぁ)

龍驤「おーい、みんな! 演習やるから集まってくれや!!」


6: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:57:35.48 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーー演習場

龍驤「ほな、AとBチームに分かれて模擬戦やるで!」

「「「はーい」」」

島風「うう、ムズムズしてきた! 早く戦いたい!」

龍驤「えーと、島風。ちょっと来てくれ」

島風「え?」

龍驤「島風、お前は来たばっかで連携とれんやろうから2人のバックアップに回るんや」ボソッ

島風「えーっ?! やだー!」

龍驤「やだー、やない! これは命令や!」

島風「うぅ………」

龍驤「ほな、頼むで!」

島風「………」


7: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 13:59:29.96 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

龍驤《じゃあ戦闘開始や! みんな、気張るんやで》

島風「………」

電「よし、がんばるのです!」

時雨「じゃあ龍驤さんの言った通り、島風はバックアップをお願い」

島風「………」

時雨「……島風?」

島風「あっ、うん。分かった……」

時雨「よし、じゃあ行くよ」

電「はいなのです」

島風「うん……」


8: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:02:49.04 ID:InA+UA+f0

電「……まだ敵影はないですね…」ザザッ

時雨「このまま進軍、続けて」

島風「………」イライラ

島風(遅いなぁ……バッと行って一気に片付ければ良いのに)


電「十二時方向に敵艦みゆ!」

時雨「よし、魚雷用意! 発射!」バシュッ

電「なのです!」バシュッ

島風「………」バシュッ

時雨「島風、ちょっと早いよ。ちゃんと合わせて!」

島風「みんなが遅いんだよ…」ボソッ


9: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:05:20.42 ID:InA+UA+f0

時雨「右から回り込むよ! 島風、距離を取りつつ援護をお願い!」ババッ

島風「うん………」

島風「………」

時雨「電、あまり突っ込み過ぎないで!」

電「はい!」


島風(遅いなぁ…………見ててイライラする…)

島風(あっ、今行けたのに……何で引くの!)

島風(ああっ……もう)

島風(…………)

島風「……行くよ。連装砲ちゃん」


10: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:11:23.74 ID:InA+UA+f0

夕立「うう……劣勢かもっ!」

時雨「このまま押して行くよ!」

電「なので………えっ?!」

島風「どいて!」

電「うあっ?!」

時雨「し、島風?!」

夕立「チャンス! 敵は乱れたっぽい!」

島風「ふふんっ。そんなの関係ないよ!」ビュンッ

夕立「は、速いっぽい?!」

島風「ほらっ! 行くよ!」

雷「うあっ?!」

暁「痛っ?!」

電「はわわ…す、凄いのです……2人を一瞬で」

島風「後、1人!」

夕立「し、正面から来るなんて! 当てて欲しいのっ!」バシュッ


11: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:15:22.88 ID:InA+UA+f0

島風「当たら………ないよっ!!」

夕立「え?!」

電「と、飛んだのです!」

島風「ほらっ、そこっ!」バシュッ

夕立「っ!?」タイハ

夕立「や、やられたっぽい……」

島風「ふふん、島風のかちー!!」

電「一瞬で……すごいのです」

時雨「…………」


12: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:17:05.01 ID:InA+UA+f0

時雨「ねぇ島風…………何で突っ込んで来たの? 打ち合わせと違うよ」

島風「え……あはは。倒せたから良いじゃん! 気にしない気にしな」

時雨「島風!!」

島風「な、何だよぅ。勝ったから良いじゃん……」ビクッ

時雨「……それ本気で言って――」





龍驤「はいはいっ! やめーや!」

時雨「龍驤……さん」

龍驤「皆お疲れや! 取り敢えず皆解散! 島風はうちと一緒にこいや」

時雨「……」

島風「………」


13: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:19:14.64 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

龍驤「偵察機で見とったで。ウチはバックアップに回れんちゅーたんやが……ありゃ、時雨がおこんのも無理ないで」

島風「だって……遅いんだもん…」

龍驤「遅いってなぁ……そりゃ速さも大事やがそれだけじゃ……」

島風「遅くちゃ……誰も助けられないよ…」ボソッ

龍驤「ん?」

島風「うるさいうるさーい!」ダッ

龍驤「あっ、待ちーや!!」

龍驤「………」

龍驤「誰も助けられないって言うたか……何かあるんやろか?」


14: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:20:24.37 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

龍驤「どこ行ったんや島風は…」キョロキョロッ

龍驤「ん? 何か食堂の方が騒がしいなぁ」

龍驤「何をやってるん」ガララッ


島風「んん〜!」モグモグ

「すげぇ! 新入りも完食まで後少しだ!」

赤城「やりますね……でも」ガシッ

赤城「んぐんぐ……ぷはぁ!」

「赤城さん完食! やっぱ早い!!」

赤城「ご馳走様です」

島風「そ、そんなぁ……」

龍驤「……何やってるんや」


15: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:21:36.56 ID:InA+UA+f0

赤城「あっ、龍驤さん。この娘凄いですね。ここまで詰め寄られた事は中々ないですよ」

龍驤「早食いか……まあ赤城が言うんなら凄いんやろなぁ」

島風「………」プルプル

龍驤「そ、そんな凹むなや。赤城は規格外やから…」

島風「う、うあああああん! 私の方が早いもんっ!」ダッ

龍驤「あっ、島風!」

赤城「あらあら……」


16: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:23:50.96 ID:InA+UA+f0

龍驤「はぁ……赤城も大人気ないで……」

赤城「勝負ですから。それに早さに関しての勝負で手抜きは失礼かと……」

龍驤「……演習、見てたんか」

赤城「ええ。久々に提督が拾ってきた新人が来たって聞いたんで。問題じ……面白そうな子ですね」

龍驤「オブラートに包まんでもええで。提督もえらいやつ連れてきたなぁ」

赤城「直感ですけど、速さに関して何かありますね。彼女は焦ってるように見えました」

龍驤「……その通りや。何か腹ん中に一物抱えてるなぁ」

赤城「それと、昔の誰かに似てますね」

龍驤「……せやな」

赤城「……蜂の怖さは、蜂に刺されないと本当に理解できない、でしたっけ」

龍驤「………できるなら、刺されんで理解した方がええに決まっとる」

赤城「なら……早めにどうにかしないと、ですね」

龍驤「うん……」


17: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:26:11.77 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

龍驤「あー、これから演習を……」

島風「………」

時雨「………」

電「あ、あの……」

龍驤「………」

龍驤(どうしたもんかなぁ………)

電「え……誰か来るのです!」

龍驤「ん?」

「む、なんだ貴様らは」

島風「お、大っきい……」

時雨「初めて見た……」

電「なのです……」


18: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:27:50.46 ID:InA+UA+f0

龍驤「何って演習や。今日はウチらがここを使用する筈やで」

「はっ。何を言っている。私達が使用する手筈だぞ」

龍驤「どういう事や……ちょっと連絡してみるで」カチャッ

龍驤「………龍驤や。ここの使用権なんやが」

龍驤「……ふんふん。そういう事か。しっかり頼むで」カチャッ

龍驤「ダブルブッキングらしいわ。すまんな。うちらが予約先だから、帰ってくれ」

「…………は?」

龍驤「せやから、うちらが先やから帰ってくれや」

「……ふっ、ふふふ。面白い事を言うじゃないか。どう見ても帰るのはお前らだろう」

龍驤「はぁ?」

「………そうだな。お前らは敷地内で的当てでもしてた方が有意義なんじゃないか」

龍驤「………」

「ちょ、ちょっと…」

「そこまで言わなくても……」

「いいや、ちょうど良い。身の程知らずには言わなきゃ分からないだろうしな」


19: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:29:11.81 ID:InA+UA+f0

「それとも、私達が相手になっても構わんが……」ガシャンッジャキッ

時雨「ひっ…」

島風「り、龍驤……」

電「……」プルプル

龍驤「……………」

龍驤「ふー、分かった分かった。ウチらが帰るわ。ほな、皆。帰るで」



「……ふん、意気地なしめ。つまらん奴だ」

「なんなら、私一人に勝てたら譲ってやってもいいぞ」




龍驤「…………あ?」

龍驤「今、あんた一人でウチら相手にするって言うたんか」

「ああ、そうだ」

「ちょっと……」

「何、後輩を教育してやろうと言うんだ」

「……」

龍驤「…………」

龍驤「……ふーん、なるほどなぁ」

龍驤「ええで、教育してくれや」

「ほぅ、殊勝な事だ」

島風「えっ…り、龍驤」

龍驤「ただし、ウチ一人で頼むわ」

「は?」

島風「え?!」


20: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:30:49.37 ID:InA+UA+f0

龍驤「だーかーら、あんたが1人なら。ウチも1人で相手したるよ」

「お、お前。舐めているのか…」

龍驤「い〜や。脳金ゴリラには四人いっぺんの教育は難しいと思ってなぁ。ウチ、優しいやろ」

「…………」ブチッ

「……後悔するなよ」

島風「龍驤っ! こ、殺されちゃうよ」

龍驤「……島風。よーく見とれよ。あいつはお前と同じや」

島風「え……」


21: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:32:25.28 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

時雨「え……」

島風「龍……驤……」












「うぐっ………くっ……」ボロボロ

龍驤「だらしないなぁ……もうへばったんか」




電「凄いのです……」

「何だあいつは、本当に軽空母なのか……」



「この……」ガシャン

龍驤「まぁ、言い訳は沢山あるやろうなぁ」ドゴッ

「うがっ…」

龍驤「副砲積んどるとは思わんかった……インファイトしてくるとは思わんかった……」

「この……」

龍驤「ほらほら、艦載機もあるで。しっかり上みいや」

「う、うあああああああ!」ドゴッドゴッドゴッ


22: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:34:01.80 ID:InA+UA+f0

「うっ………あっ…………」バシャンッ

龍驤「まだ、話は終わってないで」グッ

「ううっ……」

龍驤「お前の偽装は立派や。お前の見かけで敵さんの大半はビビッちまうやろ」

龍驤「皆、正面から向かってこない。外側に逃げる奴しか相手にしてこなかったんやな」

龍驤「だから正面から向かって来る敵に対し射撃がおざなりやし、懐も甘い」

龍驤「懐に潜られても軽空母やから平気、ってまだ油断しとる」

龍驤「そら、あんたは強い。でも油断しすぎや。そりゃこうなるわ」

「ぐっ………こんな………油断しなきゃ……次こそ………は」

龍驤「……………はぁ……」





龍驤「ふざけんなや!!」

「っ」ビクッ


23: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:35:51.45 ID:InA+UA+f0

龍驤「何が次は、や! これが実戦なら次はないんやで!」

「……っ」

龍驤「戦場にはなぁ、なりふり構わず突っ込んでくる奴は必ずおる! そいつに足元すくわれた日には、もう遅い。お陀仏や!」

龍驤「そしたら、艦隊は瓦解する。お前の勝手な先行で仲間を危険に晒すんやで!! ほんま、勝手な事やな!」

島風「……っ」

龍驤「外野もなんや! お前ら仲間やろ! 何故、こいつをよく知りもしない相手にタイマンさせるんや?!」

「そ、それは…」

龍驤「こいつが負けるわけない、か? ボケが! 適当な推測で決めつけるなや!!」

龍驤「大方、今までもこいつのワガママに流され独断先行させてたんやろ! 丸わかりやで!」

「…っ」

龍驤「……その結果がこれや。ほんま、良いお仲間やな」

龍驤「外野もアンタもどうしようもない。まあ、こうなったら堪忍するんやな」ジャコンッ

「ひっ………やめ」

島風「龍驤っ!」



ドゴンッ


24: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:36:57.86 ID:InA+UA+f0

「あっ………ああ………」ブルブル

龍驤「ありゃ、弾切れか」

龍驤「………演習で良かったなぁ」

「」ガクッ

島風「……」ホッ

 ――お前の勝手な先行で仲間を危険に晒すんやで!! ほんま、勝手な事やな!

 島風「………」


25: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:37:51.24 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

ザザーン

龍驤「…………」

龍驤「今日は疲れたなぁ……」

龍驤「……………」

龍驤「……隠れてないで出てきいや」

島風「……」ビクッ

島風「………」トコトコ

龍驤「お疲れさん。今日は巻き込んですまんかったなぁ」

島風「う、うん……」

龍驤「………」

島風「……あ、あの」

龍驤「島風は蜂に刺さた事あるか?」


26: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:39:01.48 ID:InA+UA+f0

島風「えっ、蜂? ううん……」

龍驤「あいつらちっこいけどな、刺されるとごっつう痛いんや」

島風「………」

龍驤「ガキは蜂に刺されて初めて怖さんを知る。痛い目に合わなきゃ分からんのや」

龍驤「……ただな、蜂がいつも一匹とは限らない。刺されて腫れるだけとは限らない。刺されるのが自分だけとは限らないんや」

島風「………っ」

龍驤「あのごっつい奴は分かってなかったから、つい熱くなってしもうた。まぁ、あれは蜂の羽音程度やけど。分かってくれたら幸いや」

龍驤「本当なら、刺されんで痛みを理解できた方が何倍もええんやからな」


27: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:40:07.85 ID:InA+UA+f0

島風「……私ね、追いつけなかったんだ」

龍驤「追いつけなかった?」

島風「私が遅いから、助け……られなかったんだ」

龍驤「そっか……だから島風は」

島風「私がもっと早ければっ……あの、あの……子は……」グスッ

島風「私がっ……遅いせいでっ……」

龍驤「……」ギュッ

島風「……!」

龍驤「辛かったなぁ。痛かったんやな、島風」

島風「う、うう……」

龍驤「だけどもうええんや。島風は理解できたんだから。痛がる必要はないんや」

島風「うう……うわああああああん!」


28: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:41:16.77 ID:InA+UA+f0

ーーーー
ーーーー

龍驤「………」

提督「龍驤、ここにいたか」

龍驤「しーっ、提督」

提督「ん? ……あ」

島風「……」zzz

龍驤「泣き疲れてねてもうた」

提督「今日の事は赤城から聞いたよ。ご苦労だったな」

龍驤「まあ、大変やったな」

提督「赤城の奴、久しぶりにあの龍驤が見れたって興奮してたよ」

龍驤「なんや、直接見てたんか……」

島風「うぅん………あれ、ここは」

提督「よ、島風」


29: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:42:19.15 ID:InA+UA+f0

島風「提……督」

島風「あっ…」

龍驤「?」ヒザマクラー

島風「ご、ごめんなさい///」

龍驤「なんや、もうええのか」

島風「……///」

提督「なんか、雰囲気変わったなぁ」

島風「あ、あの……」

龍驤「ん?」

島風「り、りゅうじょ……龍驤さんっ。今まで迷惑かけてごめんなさい!」

龍驤「り、龍驤さんって。や、やめーや……」


30: ◆g8KVzNMHbY 2016/03/10(木) 14:43:13.56 ID:InA+UA+f0

島風「で、でも……」

提督「そうだぞ島風。龍驤も昔は島風以上に聞かん坊でなぁ…」

島風「え?」

提督「島風は昔の龍驤そっくりだよ。うんうん」

龍驤「む、昔は昔や///」

提督「特にあの…」

龍驤「島風行くで!///」ガシッ

島風「あっ…」

龍驤「全くもう、提督は…」テクテク

島風「………」

島風(昔………)

島風「あの……龍驤…さんも昔、蜂に……刺されたんですか」

龍驤「………ん」

龍驤「………」

龍驤「まぁ………昔にな」



ーー完ーー



元スレ:島風「駆逐艦?」龍驤「軽空母や!」

他サイト様の最新記事