1: 百合スレじゃあないぞ 2016/03/19(土) 11:09:05.73 ID:x6Wag2eR0

飛鳥「──────────!?」

蘭子「……///」

飛鳥「ごほっ!…っぐ、な、あ…!?」

飛鳥「な、何を言い出すんだい蘭子?」

蘭子「あう、ごご、ごめん、わ、忘れて…!///」

飛鳥「そんな都合の良い話は無いよ…」

飛鳥「き、キス…?」

蘭子「ううぅぅぅ…///」

飛鳥「何だって急に────……」


飛鳥「…蘭子、その手に持ってる漫画を見せて」

蘭子「ひぅ!?だ、だめ…」

飛鳥「……」ヒョイ




飛鳥「乃々か」

蘭子「………」

飛鳥「乃々だな」



──────………

──────────………………


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:09:44.85 ID:x6Wag2eR0

飛鳥「つまり、そういうわけだ」

美玲「何がだよッ!?」

蘭子「だから、その…く、口付け…」

光「む、難しい話だな…!」

晶葉「先に断るが、ロボ相手にしたこととかは無いぞ」

美玲「そもそもこの人選は何なんだよッ!?」

飛鳥「いや、下手に詳しそうな人を呼んで生々しい話をされても、その…」

美玲「だからって自分から人選ミスしにいくヤツがあるかッ!」

飛鳥「いや、少なくともキミに関しては適切な人材を呼べたと実感しているよ」

美玲「…だぁーれがツッコミ役だーッ!!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:11:04.15 ID:x6Wag2eR0

晶葉「その…キ、…そういう話はあまり考えたことは無いな」

光「テレビとかだと偶にキ…、そういうことしてるのはみるけどなー」

飛鳥「何せボクらはキ……粘膜を触れあわせる程度の行為にどれほどの意味を持たせるのか…それすらも理解していないのだから…」

蘭子「キ、…口付…ヴ、ヴェー…ゼ…?」

美玲「オマエら揃って初かッ!」

飛鳥「言ったろう慣れてても困るって」

美玲「限度があるだろ!?」

晶葉「ごほん、…飛鳥」

飛鳥「何かな」

晶葉「私としてしまえば、やはり詳しい人に聞いてしまうのが良いと思うぞ」

晶葉「知るというのは得てして過去の反芻でな、それこそが先人への敬意であり…」

光「おお!さすがは博士!なんかそれっぽい!」

蘭子「我等の慧眼に誤りは無し!」

晶葉「ふふん、そうだろう…」

光「あそこに調度良い人もいるし!」

蘭子「ふぇっ」





奏「───……、…──…」

フレデリカ「…─…?───…?」

美嘉「──!…──────!」





飛鳥「…………」
美玲「…………」
晶葉「…………」
蘭子「…………」



((((本当に調度良い人達が来た…))))


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:12:03.07 ID:x6Wag2eR0

晶葉「で、ど、どどどどうするんだ」

蘭子「ここは言霊に伴う咎を負うべきでは…」

飛鳥「そうだ!言い出しっぺはキミだろう!」

晶葉「ええい押しつけるな!それに元の大元は飛鳥が言ったことだろう!」

飛鳥「それを言うなら蘭子だ!」

蘭子「私皆に相談しようなんて言ってないもん…」

美玲「何揃って情けないことしてるんだよッ!!」

飛鳥「そんな事を言うならキミが行けばいいだろ!」

美玲「ウチは付き合わされてる立場だぞッ!…それになにがそんな怖いんだッ!」

飛鳥「恥ずかしい」

飛鳥「あと下手に行くと貞操の危機が」

美玲「殴られるぞッ!?」





光「たのもー!」

奏「あら、どうしたの?」




((((─────ッ!?))))


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:13:07.94 ID:x6Wag2eR0

光「その、聞きたいことがあって…///」



美玲(い、行ったッ!)

蘭子(光ちゃん……!)

晶葉(いいぞ!お前がヒーローだ!)

飛鳥「光の純潔が…!」

美玲「ちょっと黙れよ…」



フレデリカ「いいよいいよー、フレちゃん岐阜のテッドだから何でも知ってるよー」

奏「どこからツッコんで欲しい?」


飛鳥(まあこの際は質問の相手がテッドでも問題は無いけど)

美玲(なんでもいいから終わらせるんだッ…)



光「いまあっちで………ッ、キス、ってどんな感じなのかなって話をしてて…」

奏「あら…ふふっ」



蘭子「どきどき…」

飛鳥「光、キミのことは忘れないよ」




光「それで─────……」













光「……────教えてくれ、美嘉さん!」

美嘉「はァッ!?///」

奏「ぶフッ!」

((((そっちじゃなーーーーいッ!!!))))


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:15:59.21 ID:x6Wag2eR0

美嘉「はっ!?……な、はっ!?…///」

光「美嘉さんって”カリスマギャル”なんだよね…?」

光「だったら!」

美嘉「え、ええ~、と…」チラ

フレデリカ「あ、フレちゃんこの後頭痛の予定あるから」サッ

奏「ふふっ…く、…」サッ

美嘉「ちょっと待ってよ!?」



蘭子(光ちゃん……)

晶葉(純粋すぎたか…)

美玲(カリスマだけど!カリスマじゃないんだよ…ッ!)

飛鳥(カリスマギャル…2、3人程度はしてるのかな…)


美嘉「光ちゃん…?あー、と、そういう話は…」
                      ププ…ヒ…ハ…>
光「………!」ツヨイマナザシ
                      フフ…ッ…フクッ…>
美嘉「……っ」


美嘉「ええっとぉ~~~…、キスっていうのは~~~…」

光「キスっていうのは…?」











美嘉「……………れ」

光(れ?)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:16:42.75 ID:x6Wag2eR0



美嘉「……………レモンの味。…」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:18:27.16 ID:x6Wag2eR0

                        ブヒュッ…アハハハハハハハハハハハッ!!!>



光「レモン?レモンの味なのか!?」

美嘉「えと、コレは蓮実ちゃんが…」
                       アハッアッ…アッ…ハハハハハハハハハハハ!!!>

光「皆!キスはレモンの味らしいぞ!」
                       ハハハハハハハハ…アーッハハハハハハハ!!!>

美嘉「ちょっと待っ……ああ~~…」



                          ヒーッ!ヒーッ!ヒーッ!…>



美嘉「~~~~~~~~~~ッ!」

美嘉「そこ!笑うなぁッ!」バッ  




















奏「ブふッ、ウ…ッヒ、ヒ、ヒャあッ!!!アッ、アッ、…」

美嘉「笑い方汚なっ!!?」

フレデリカ「ふふ……ふっ…ふ、ふ…」プルプル

美嘉「何!?せめて逆じゃないの!?」

美嘉「何がツボなの!?そこで頭ぶつけた!?」

奏「フゥーッ…フゥーッ………ふ、だ、だって…」

フレデリカ「から揚げ美味しく食べられないねー」

奏「ブヒュウッ!!!」

美嘉「変なスイッチ入ってるじゃんも-!!」




―――――――――――――…………


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:20:47.55 ID:x6Wag2eR0

飛鳥「というわけでカリスマギャルからの貴重な証言が得られたわけだ」

美玲「マジかオマエ」

蘭子「飛鳥ちゃん…」

飛鳥「レモンの味…何かのメタファーかな」

光「前の彼氏の口臭とか…」

飛鳥「そういう意味ならもっと多様性に富んだ表現になるだろう。何せ彼女はカリスマギャルだ、一人の男の記憶に終始するはずがない」

光「そっか…カリスマギャルだもんな…」

晶葉「アイドル的にこの認識はどうなんだ?」

蘭子「例え闇の眷属とて外道に堕ちてはならぬ!他人の魂を汚すなどと!」

飛鳥「まったく潔癖だね蘭子は…そこが素敵でもあるけれど」

蘭子「……もうっ!」

美玲「ノロケんなッ!」

光「まだまだ研究が必要か…」

美玲「続けるのか…!?」

飛鳥「頼りにしてるよ」

美玲「ウチを何だと思ってんだッ!」

飛鳥「勢いは感じられる」

晶葉「技術を磨いていけば光るモノがあるだろう、今後に期待」

美玲「いい加減引っ掻くぞ!?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:22:52.88 ID:x6Wag2eR0

光「……う~~~ん…」

蘭子「次なる賢者を探すべきか?」

光「…もう、一回やってみた方が早いんじゃ」

晶葉「一足先に羞恥を振り切ったな?」

飛鳥「末恐ろしい子だ…」

飛鳥「で、誰がやるんだい?」

美玲「良いんだな?やる体で進めて良いんだな?」

晶葉「…元々知りたがっていたのは蘭子」

蘭子「ぁぅ…///」

光「よし!頑張れ飛鳥!」

飛鳥「全くそう来るとは思ったけどね」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:23:22.70 ID:x6Wag2eR0

晶葉「そうして出来上がるのが向かい合うだけで破裂しそうになっている蘭子と飛鳥だ」

蘭子「…//////」

美玲「あッはははははは!!普段澄ましてるクセにッ!」

飛鳥「くそ、ここぞとはかりに…」

光「頑張れ!アタシ達が見守ってるぞ!」

飛鳥「それはそれで問題だと思うけど…」

蘭子「だ、だめだよ…は、はず…///」

飛鳥「やっぱりこれは止めよう、何か他の方法にすべきだ」

美玲「まぁそのうちこういう事する仕事回ってくるかも知れないし!演技とか────」
晶葉「────それだ!」


美玲「へ?」

晶葉「直接やろうとするからいけない、一度演技か何かということにしてしまえば何か変わるかも知れん」

晶葉「そういうのならお前ら得意だろう」

光「流石は博士!」

晶葉「全く私の頭脳が恐ろしい…」

飛鳥「演技と言われても題材とか色々あるだろう」

美玲「ボノノから借りてきた漫画のせいなんだろ?じゃあそれで良いじゃん」

光「じゃあアタシ取ってくる!」

飛鳥「どこから?」

光「蘭子の部屋から!」ダッ

蘭子「わ!待って!部屋はだめぇ!」ダッ


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:58:56.92 ID:x6Wag2eR0

蘭子「ぜぇー…はぁー…」

飛鳥「頑張ったね、蘭子」

美玲「あ、その漫画か」

光「知ってるのか!」

美玲「いや、表紙だけ見たことある」

晶葉「それじゃあ少し借りるぞ…」

晶葉「どのあたりのページだ?」

飛鳥「大体…この辺かな…」

晶葉「ようし、少し待ってろ、直ぐに池袋晶葉演出の手腕を見せてやる」

美玲「なんでオマエ妙に乗り気なんだ…?」




―――――――――――………………


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 11:59:43.70 ID:x6Wag2eR0

飛鳥『…やあ、こんな所に何の用だい?』


蘭子『飛鳥、…せんぱい』

飛鳥『独りになろうとしたんだったら、残念だったね』

蘭子『違います、……飛鳥せんぱいなら、ここにいるって思ったんです…』

飛鳥『やれやれ、そうやって居場所を特定されたんじゃ、ここがお気に入りでなくなってしまうだろう?』

蘭子『ご、ごめんなさい…』

飛鳥『だからって謝られても困る…─────それに、ボク自身としてキミに用事があったしね』

蘭子『えっ…』

グイッ

飛鳥『捕まえた』

蘭子『え?…や、え?…やだ、せんぱい』

飛鳥『何がイヤだって?…キミがここに来たのはそういう理由だろう?…この前の続き…』

蘭子『ち、違いますっ!…いや、違わないけど、違います!』

飛鳥『イヤだったらその赤い顔を少しは青くしてみることだ…それじゃあまるで───』


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:00:31.75 ID:x6Wag2eR0


光『ヒュォオォォォウ…』


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:01:06.45 ID:x6Wag2eR0

飛鳥『っ、この風…』

蘭子『っせんぱい!伏せて!』

飛鳥『何だ、これはまさか…』

蘭子『来てる…エントロピーの磨耗がすぐに…』

晶葉『飛鳥!唐突ですまない、観測値に異常が…などとは言わなくともわかるな!?』

飛鳥『プロフッェサー!!予定ではまだ少し時間が
美玲「ちょっと待てぇーーッ!!」

飛鳥『堕天使軍か!?くそ
美玲「待てって言ってるだろバカッ!」ベシッ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:03:27.31 ID:x6Wag2eR0

飛鳥「…叩くことないじゃないか…」

美玲「ウルサいッ!なんなんだよこの展開は!?」

美玲「何で光入ってきたんだ!?何の音だよッ!」

光「や、環境音だけど…」

美玲「完全にそこから脱線し始めてるじゃないかッ!」

美玲「あとプロフェッサーって誰だよッ!」

晶葉「プロフッサーは人類軍の幹部で…」

美玲「知るかッ!今絶対要らなかっただろそいつッ!」

晶葉「そんな事を言ってもな、元々そういう設定なんだから仕方ないだろう」

美玲「だからってこんな───………」






美玲「…もしかして今の展開が原作通りなのかッ……!?」

飛鳥「えっ?わかってて堕天使軍の役を買って出たんじゃなかったのかい?」

美玲「んな訳ないだろッ!!…もうウチ乃々の趣味がわからないぞ…何だよ堕天使軍って…」

光「コイツだぞ!」

美玲「ン…」ペラ









美玲「誰好き好んでこんなキモイ奴演じるんだーッ!!」

飛鳥「ボクは嫌いじゃないけどね」

美玲「じゃあオマエやれよオマエ!!」

飛鳥「いいけど、その場合せんぱい役はキミだよ?」

美玲「………」




──────────……………


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:04:19.14 ID:x6Wag2eR0

美玲『…こ、こんな所に何の用だ?』

<…フフッ


蘭子『美玲せんぱい…』

美玲『ひとりになろうとしたんなら残念だったな…』

<…ップ、…ンフフフ

蘭子『違います…美玲せんぱいならここに居るって思って…』

美玲『やれやれ
<ブフッ!

美玲「………」

<ヤレヤレ…w

美玲『やれやれ、そうやって居場所を特定されたんじゃ
<ングッフハハハハハハハハハハwww


美玲「そこ外野ァッ!!」

飛鳥「あっはっはっはっはっはっはっ!」

美玲「何クスクス笑ってんだよ気になるだろッ!!」

飛鳥「だって…あははっ!…美玲があんなの…ふふっ!」

美玲「オマエと同じ事をやってるんだぞッ!!」

飛鳥「いやいやダメだ。美玲がやってるとボクが堪えられそうにないや」

晶葉「よし、頑張れ光」

光「任された!」



──────────……………


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:04:53.87 ID:x6Wag2eR0

光『…やあ、こんな所に何の用だ?』

蘭子『…っ、光せんぱ…………、』




蘭子「…………」




蘭子『光………』





蘭子『せん………」






蘭子「せんぱ…い?」

光「何が不満なんだよーっ!」

晶葉「まぁまぁ少し落ち着いて…」

光「アタシだってこの身長で先輩は変だってわかるよーっ!」

蘭子「ご、ごめ…」

飛鳥「次、行ってみよう」



────────────……………


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:05:34.48 ID:x6Wag2eR0

晶葉『…やぁ、こんな所に何の用だ?』



蘭子『……………』











蘭子『プロフェッサー・晶葉!!堕天使軍が!』

晶葉「違うだろ!?」


蘭子「あ、…その、つい」

飛鳥「博士はどう足掻いても博士だ」

光「晶葉はホンモノだからな!」

晶葉「誉められてるのか?これは」

飛鳥「アイデンティティと取るか、烙印と取るか…」

美玲「結局ダメじゃないかッ!次!最後ー!」





───────────……………


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:06:22.78 ID:x6Wag2eR0

蘭子『クックックッ……よく来たわね』



バッ




蘭子『この灰色の塔上に、貴女は如何なる使命を持って来たのかしら!?』

光『…………』












光『覚悟しろ堕天使軍!!』

蘭子「うわあああああああん!!」

蘭子「堕天使違うもん!!!!」

光「えっ!?違うのか!」

蘭子「違うもん!私あんなにキモくないもん!!」

光「だってなんか台詞が…」

蘭子「私あんなのじゃないもん!!!!!!」

蘭子「ブリュンヒンデはあんなにグロテスクじゃないもん!!!!!!!!!!!」

飛鳥「落ち着いて、落ち着いて蘭子」

晶葉「どうやら我々に演技はまだ早かったようだ」

美玲「絶対にそれ以前の話だぞ…」



────────────……………


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:07:44.44 ID:x6Wag2eR0

晶葉「思うに、雰囲気を作るというアイデアは悪くない」

晶葉「もっとオトナな感じでいこう」

飛鳥「キミの頭脳には助けられてばかりだね」

晶葉「よせ…いや、よさなくていい」

美玲「そのくだりノルマなのか?」

光「うーん大人………」



光「…………………」



光「大人、かぁ……」

美玲「何だよ今の間は!?」

光「いや!他意はないぞ!他意はないぞ!」

飛鳥「まぁ基本的にろくな大人が居な…」
美玲「おい」

<…ガタガタガタガタガタ

飛鳥「…蘭子?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:09:11.45 ID:x6Wag2eR0

蘭子「………く、くる…」ガタガタガタガタガタ

光「きっと?」

蘭子「来てる…!」ガタガタガタガタガタガタガタ

飛鳥「な、何が…?」










楓(泥酔)「…あ、皆で楽しそうですね……♪」

美玲「酒クッサ!!!」

未央「ねえ!今かえ姉様がこっ――――手遅れかぁーっ!!」

晶葉「どうした慌てて!!」

卯月「あわわわわわ…どうしましょう…」

未央「今のかえ姉様はダメ!!!!すごく良くない酔い方してる!!!!!」

楓「はぁ…もちもちで美味しそう…」

蘭子「ひぃぃ…」

飛鳥「…だいたいいつも通r」
光「どうしたんだ楓さん!目を覚ましてくれーっ!」

美玲「な、なにが起こったんだ…?」

卯月「えと…その…これ説明してもいいんでしょうか?」

未央「いいよ別に!…かえ姉様!らんらん困ってるから!」

卯月「じゃあ説明しますね?」


卯月「…実は今日凛ちゃんがすごくデリケートな日だったんですけど」

美玲(いきなりぶっこんでくるなァ…)


―――――――――――――…………


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:10:07.60 ID:x6Wag2eR0

凛(デリケート)『………………………。』

楓(ほろ酔い)『…あら?』



楓(ほろ酔い)『…………りーんちゃん♪』

凛(デリケート)『………何?』

楓(ほろ酔い)『りーん
――――――――――――――………
晶葉「もういい!!!最悪のシナリオしか待ってないのはわかった!!!」

卯月「凛ちゃんだって悪気があったんじゃないんです…ただ今日はちょっといつもより重くて…」
美玲「オマエも結構容赦ないなッ!?」

飛鳥「蘭子から離れろォ…!」

楓(悪酔い)「ひぐ…私うざくなんかないですよね…?ね?…うう…」

蘭子「もうやだぁ…」

蘭子(口臭が酸っぱい…)

光「どうしてこんなことに…アタシの知るあなたはどこに行ったんだ!」

未央「いや!この人!!割とダメな方の人間ん~~~…もうなんでこの酔っ払い妙に力強いのさ!」

晶葉「嵐だ…」

美玲「今日が特別酷いだけなんだよな…?」

卯月「はい!楓さんは素敵な人ですよ!……はい。」

美玲「目を合わせて言えよッ!?」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:10:51.95 ID:x6Wag2eR0

飛鳥(このままじゃラチがあかない…)

飛鳥「未央、あとの事は任せるよ…」

未央「あすあす!?何を!?」

飛鳥「ウオオオオオオオ!!!」



ガシィ!



楓「ウッ……」

飛鳥「……」




飛鳥「辛かったろう…」ギュ

楓「!」

未央「!」





未央(あすあす…まさか…)

飛鳥(この場はボクが引き受けた…今のうちに皆を…)



未央(らんらん!早く!)

蘭子(でも…)

未央(あすあすの犠牲を無駄にしていいの!?)

蘭子(…すぐに戻ってくるからね…!)




飛鳥(行ったか…それでいい…)

楓「うう…飛鳥ちゃん…」

飛鳥(時間さえ稼げば、もっと頼りになる人が何とかしてくれるだろう…)

楓「うう…うっ…」

飛鳥(これで…いい…)













楓「ウう”うぶっ…」コポッ

飛鳥「え?」







――――――――――――――…………


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:11:34.79 ID:x6Wag2eR0

飛鳥「………」

蘭子「あ、飛鳥ちゃん…入っていい…?」

飛鳥「…ああ、どうぞ」

蘭子「う、うん…」



蘭子「その、飛鳥ちゃん「蘭子」

蘭子「…えっ?」

飛鳥「キミの求めていたモノの答え、わかったよ」

蘭子「答え…?」

飛鳥「そう、カリスマギャルの言う事はあながち間違いじゃなかったんだ」

蘭子「何の話……、」




蘭子「ぁ…」

飛鳥「…うん」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:12:00.60 ID:x6Wag2eR0


 …………―――――――ボクのファーストキスは


    
                     腐ったレモンの味がした――――――――…………


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 12:12:50.06 ID:x6Wag2eR0

尾張



元スレ:蘭子「キスってどんな味…?」飛鳥「!?」

他サイト様の最新記事