1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:11:33.27 ID:jOwIi/jE0

アイドルマスターシンデレラガールズです。

キャラ崩壊してますし、文章がだいぶアレな事になってますけど、大目に見て頂けると幸いです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:12:02.06 ID:jOwIi/jE0

凛「ねぇ、プロデューサーって殺せるのかな?」

未央「は?」

卯月「え?」

未央「えっ……? まって。まってしぶりん。え? 殺したいの?」

卯月「ダメですよ! 人殺しなんて……!」

凛「ああ、ごめん。そうじゃなくて」

凛「ほら、プロデューサーってしょっちゅう晶葉や志希の実験体になったり、ヤンデレ四天王に刺されたり、車に轢かれたり、家が燃えたりしてるけど、ピンピンしてるよね」

卯月「確かに……プロデューサーさんが大怪我したとか聞いた事ないかもしれません……」

未央「言われてみれば普通の人なら死んでもおかしくないような事態に巻き込まれても次の日には普通に仕事してるよね」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:12:56.42 ID:jOwIi/jE0

凛「ね? 疑問に思わない? プロデューサーってどうやったら殺せるのかって」

卯月「言われてみれば……気になるような気もしますけど……」

未央「いやいや……一応プロデューサーも人……? でしょ? 人なら殺せるでしょ」

凛「そうなのかな……」

まゆ「? みんな集まってなんのお話ですかぁ?」

凛「あ、まゆ。ちょうど良いところに」

まゆ「はい?」

未央「ねぇ、プロデューサーを刺した時って、プロデューサー死んだ?」

まゆ「え……? まゆがモバP(以下P)さんを刺した……?」

卯月「わわ! まゆちゃん! 顔色悪いですよ! 大丈夫ですか!?」

まゆ「ご、ごめんなさい……卯月ちゃん……」

まゆ「ちょっとあの時の事を思い出したら尋常じゃない絶望感が……」

凛「絶望感?」

まゆ「はい……まゆは確かに刺したんです……! でも、Pさんは……」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:13:40.62 ID:jOwIi/jE0

まゆ 回想

まゆ『ねぇ、Pさん……まゆの物になってくれないと、この包丁で刺しちゃいますよ?』

P『おお、そうか。それより明日の仕事なんだけどな』

まゆ『それより……? まゆは……まゆはこんなにあなたを愛しているのに……!』

まゆ『えいっ!』グサッ

P『ぐっ……』

まゆ『はぁ……はぁ……。さ……刺しちゃった……Pさんを……』

P『すまん……まゆ……』

まゆ『ひっ……』

P『急にお腹押すから、昼飯が出てきそう……。吐く前にトイレ行っていいか……?』ウプッ

まゆ『え、あ、はい』

P『すまんな……さすがに女の子の前でゲロ吐くとこなんか見せられんよなぁ』

まゆ『え? え? まゆ、刺した……よね? え? 包丁刺さってたよね……? え?』


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:14:28.16 ID:jOwIi/jE0

回想終了

まゆ「そうして戻ってきたPさんは晴れ晴れとした顔で、お腹に刺さった包丁を気にも留めずに翌日の仕事の話を始めました……」

凛「……」

未央「……」

卯月「……」

未央「えっ……じゃあプロデューサーってずっと包丁刺さったままだったの!?」

まゆ「いえ……途中で『ん? なんかかゆいと思ったら包丁が刺さってるじゃないか』って言いながら抜いてました」

卯月「包丁って刺さるとかゆいんですか……?」

未央「普通は痛いと思うけど……」

凛「ほら、やっぱりプロデューサーは殺せないんだよ」

まゆ「響子ちゃん、ゆかりちゃん、智絵里ちゃんも色々試しているみたいですけど、一番プロデューサーさんが嫌がったのは無理やりピーマンを食べさせた時でした……」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:15:12.49 ID:jOwIi/jE0

凛「プロデューサーって人?」

卯月「人……だと思いますよ!」

未央「人なら殺せると思うけど、人じゃなかったら……」

晶葉「何!? 助手は人じゃないのか!?」

志希「にゃはは~、なるほど~だからあたしのおクスリ効かないのかにゃ~?」

凛「あ、天才コンビ」

卯月「ざっくりまとめましたね!」

未央「お二人さんも何かやったのかい?」

晶葉「そうだな。あれは私の発明が爆発した時だったか……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:16:05.04 ID:jOwIi/jE0

晶葉 回想

晶葉『くっ……! このままじゃラボを巻き込んで爆発してしまう!』

晶葉『何か……何か手立ては……!』

P『おーっす、晶葉―、明日の仕事なんだけどな』

晶葉『助手!? 危ないぞ! 早く逃げないと爆発する……!』

P『爆発って……芸術じゃないんだからさ。それより明日の事なんだが』

晶葉『い、いいから早く逃げるぞ! 早く!』

P『なに? 移動すんの? ここで良いんだけどな』

P『悪いけど、ちょっと座るぞ。どっこいせっと』

晶葉『やめろ! 今そいつに触れると爆発が……!』チュドーン

晶葉『ゲホゲホッ……! はっ! じょ、助手!』

P『んでな、明日の仕事にウサちゃんロボを何体か借りたいんだよ』

晶葉『は? え? 助手……?』

P『ん? なんだ? そんな間抜けな顔して。というか聞いてたか?』

晶葉『そ、そんなことより、今助手が座ってる機械が爆発したんだぞ!?』

P『あー、どおりでケツが熱いと思ったわ。盛大に屁こいたと思ってたよ』


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:16:44.36 ID:jOwIi/jE0

回想終了

晶葉「そういって助手は自分の尻を掻きながら仕事の話を続けていたな……」

凛「……」

卯月「……」

未央「……」

志希「あ、似たような話ならあたしもあるよん♪」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:17:14.38 ID:jOwIi/jE0

志希 回想

志希『にゃっはー。できちったできちった』

志希『名付けて……「人に使うとやばい顔色になって全身の毛穴から血が噴き出して苦しみながら死ぬドリンク」~!』

志希『にゃっはっはー……我ながらシャレにならないもん作っちゃったにゃー……』

P『おーい、志希―明日の仕事なんだけどな?』

志希『にゃは!? ああ、なんだキミかー。脅かさないでよー』

P『なに言ってんだ? ん? スタドリ持ってどうしたんだ?』

志希『んー? ああー瓶がなかったからスタドリの瓶に入れただけで中身は別物だよ。もう廃棄するとこ』

P『捨てるなんてもったいないな。どうせ似たようなもんだろ? もらうな』パシッ

志希『!?』

P『ちょうど喉渇いててさ』グビッグビッ

志希『ああああああ!!!!』

志希『な、なにしてるの!? は、はやく吐き出して! 胃! 胃を洗浄しないと!!』

P『はぁ? それより明日の仕事なんだが』

志希『そ、それどころじゃないから早く! 即効性が高いからあと10秒もかからずにキミは……!』

P『はっはっは。志希は相変わらず面白いなー』

志希『あれ……?』

P『ん? どうした?』

志希『なんとも……ない?』

P『なんともって……あー、なんか腹が……』

志希『は、腹が!?』

P『減ったな。 飯でも行くか。仕事の話もそこでしよう』


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:17:44.88 ID:jOwIi/jE0

回想終了

志希「ということがあったにゃ~」

凛「……」

卯月「……」

未央「うん。わかった。プロデューサーは人じゃない」

晶葉「人じゃない……か。かもしれないな……」

志希「にゃはー、となると色々データとらないといけないねー」

晶葉「だな。行くぞ! 志希!」

志希「あいあいさー!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:18:19.50 ID:jOwIi/jE0

凛「プロデューサー人外説が浮上したところでもう一度質問するけど」

凛「プロデューサーって殺せるのかな」

卯月「無理な気がしてきました……」

未央「うん……思った以上に凄まじい体験してるのになんかね……」

早苗「お? どしたのかしら?」

瑞樹「あら、暗い顔してるわよ?」

卯月「あ、早苗さんに瑞樹さん!」

未央「ちょっとプロデューサーって殺せるのかなーって話をしてまして」

凛「二人はどう思いますか?」

早苗「あー、無理よ無理。あれ殺すくらいならまだ地球上から犯罪者すべてを消す方が楽よ」

瑞樹「わかるわ。彼はどう考えても殺せそうにないもの」

未央「え? 二人も何かしたことあるの!?」

早苗「そうねぇ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:18:56.78 ID:jOwIi/jE0

早苗 瑞樹 回想

早苗『あっはっは! おら、飲め飲め~!』

P『ちょっと酔い過ぎですよ』

瑞樹『もう~酔ってなんかないぞぅ、プンプン』

P『その発言がすでにやばいです』

早苗『何―!? おねえさんたちのどこがやばいってー!?』

瑞樹『ひどい……ひどいわ! ミズキ泣いちゃう!』

P『はいはい……』

早苗(わかってるわよね? 今日こそP君を酔わせて既成事実を作るのよ!)

瑞樹(わかってるわ! そのために工業用アルコールまで手に入れたんだから!)

早苗『ほら! あたしの酒が飲めないのか!』


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:19:26.62 ID:jOwIi/jE0

P『わかりましたよ。じゃあせっかくなんでお酌してください』

早苗、瑞樹((きた!))

瑞樹『さささ。ぐいっと』トプトプ

P『はぁ、じゃあ頂きます』グイッ

早苗、瑞樹((よし! 飲んだ! いくらP君でも工業用アルコールなら潰れるはず!))

P『うへ……これまずいですよ……』

早苗『え!?』

瑞樹『え!?』

P『あ、でもこれ結構強めですね。俺でも酔えそうですよ』グビグビ


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:20:01.80 ID:jOwIi/jE0

回想終了

早苗「ということがあったのよ……」

瑞樹「普通、工業用アルコールなんて飲んだら立っていられないはずなのにね……」

凛「……」

卯月「……」

未央「これで人だったらむしろ異常だよ」

早苗「ま、無駄なことはしない方がいいわよ」

瑞樹「そういうこと。じゃあ私達はそろそろ行くわね」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:20:51.32 ID:jOwIi/jE0

凛「もう直接聞こうか」

卯月「プロデューサーさんにですか?」

未央「『あなたはどうすれば殺せますか』って相当やばい発言だよ」

凛「でも、もう気になって気になって今夜寝れそうにないよ」

P「おはよーっす。いやーすまんすまん。来る途中、工事現場の鉄骨が落下してきてなー。頭に直撃したせいで、事情聴取やらなんやらで遅くなった」

凛「……」

卯月「……」

未央「……」

凛「ねぇ、プロデューサー」

P「ん? なんだ?」

凛「プロデューサーって死ぬの?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:21:24.04 ID:jOwIi/jE0

P「何失礼なこと言ってるんだ。俺だって人間だぞ? 死ぬに決まってるだろ」

未央(嘘だ)

卯月(絶対に嘘です)

凛「じゃあ、どうやったらプロデューサーを殺せるの?」

P「えぇ……何、凛は俺を殺したいの?」

凛「そんなことはないけど……さすがにびっくり人間過ぎて私の価値観が揺らぎそうだから、人間ていう証拠が欲しいだけ」

P「んー、スタドリ飲んでる限り、プロデュースに支障が出そうな事象は全て防げるからなぁ」

P「お前らのプロデュースできなくなったら死ぬんじゃないか?」

P「あ、ということで、今日もスタドリ1ダースお願いします」

ちひろ「はい♪ いつもお買い上げありがとうございます♪」

卯月(わかりました)

未央(プロデューサーは)

凛(殺せるわけがない)

P「かーっ! これこれ! これがなくっちゃ!」グビグビ

End


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/20(日) 01:24:46.80 ID:jOwIi/jE0

あくまで個人の感想であり、すべての人に効果を保証するものでありません。


ちひろ様、これくらいステマすれば奈緒を出して頂けたりしませんかね?
加蓮も輝子も引いたのに奈緒まで欲しいなんてわがままですかね?

くだらないものにお付き合いいただけましたら幸いです。

奈緒が引けたら奈緒がPとの子供を事務所に連れてくる話でも書こうと思います。

では、依頼出してきます。



元スレ:渋谷凛「プロデューサーって殺せるのかな」

他サイト様の最新記事