1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:37:54.02 ID:4RF5Altk0

律子「よっしゃ、じゃないですよ。どこ行くんですか」

P「防波堤」

律子「真顔で言わないでください。仕事、まだあるでしょう」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:39:18.02 ID:4RF5Altk0

P「でも……」

律子「でも、じゃありません!! 今日こそはしっかり仕事してもらいますからね!!」

P「……すまん、やよい」

やよい「気にしないでください!」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:40:33.93 ID:4RF5Altk0

~夜~

小鳥さん「プロデューサーさん、まだ帰らないんですか」

P「ああ、どうしても釣りに行きたいんだ」

小鳥さん「でも、その様子だと」

P「ああ、明日も無理かもしれない……」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:41:50.25 ID:4RF5Altk0

小鳥さん「やよいちゃんの休み、明日なんですよね」

P「うーん……親戚のおじさんに死んでもらうか」

小鳥さん「親戚のおじさん、この前死なせちゃったじゃないですか」

P「じゃあ……いとこのおばさん」

小鳥さん「それも、この前使いましたよ」

P「それじゃあ…………駄目だ。ほとんどの親戚や家族、死んだことになってる」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:43:26.20 ID:4RF5Altk0

小鳥さん「呪われた家系ですね」

P「どうしましょう」

小鳥さん「仕方ないですねー、ご飯のおごり3回で代わってあげましょう」

P「ほ、本当ですか! ありがとうございます!!」

小鳥さん「できれば、夜景のきれいなところがいいですね」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:44:21.89 ID:4RF5Altk0

やよい「プロデューサー、今日はありがとうございます!!」

P「今日はたくさん釣って、食費を浮かそうな!!」

やよい「はい!!」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:46:12.68 ID:4RF5Altk0

P「いい天気だなー…」

やよい「ですねー…風が気持ちいいです」

P「そろそろお昼だから、もうすぐで満潮だ」

やよい「まんちょー?」

P「魚がたくさん釣れる時間の事だよ」

やよい「うっう~!! 楽しみです!!」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:47:16.31 ID:4RF5Altk0

P「お、きたぞ!」

やよい「はわっ、糸がすっごく張ってます!!」

P「これは大物かもしれないぞ!!」

やよい「頑張ってください!!」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:48:43.64 ID:4RF5Altk0

P「釣れたけど、思ったより小さかったな……」

やよい「それでもお魚ですよ、すごいです!!」

P「20cmぐらいか」

やよい「メバルって、煮付けにすると美味しいんですよね!!」

P「から揚げでもいける」

やよい「うっう~!! もっと釣りましょう!!」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:51:15.80 ID:4RF5Altk0

P「お、引いてる!!」

. '' ´ "`"/
| /'"`"'i'
ヽ¶_゚∀゚ノ  チャオ☆


P「…………」

やよい「あれ、プロデューサー。どうして糸切っちゃうんですか?」

P「ゴミが釣れたんだ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:52:05.80 ID:4RF5Altk0

P「釣れないなあ……」

やよい「ですねー…」

P「餌を変えてみようかな」

やよい「お昼にもやし弁当作ってきたんですけど……もやしは……」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:52:55.80 ID:4RF5Altk0

P「もやしは無理だろう……けど、ものは試しかな」

やよい「あ、引いてますよ!」

P「すげえ、食いついた!!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:53:56.44 ID:4RF5Altk0

やよい「このお魚って……あ、膨らんだ」

P「クサフグだな」

やよい「え、ふぐですか!?」

P「けど駄目だ。こいつらは餌取り、って呼ばれてる」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:55:01.84 ID:4RF5Altk0

やよい「エサ取り?」

P「処理に困る、やっかいな魚だよ」

やよい「へぇー…でも、何だか可愛いです」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:56:26.53 ID:4RF5Altk0

P「やよい、お尻大丈夫か」

やよい「はい、座布団敷いてますから平気です」

P「すまんな。本当は椅子とかあればいいんだが。いつも俺はそうしてるから」

やよい「クーラーボックスでも、十分椅子になりますよ」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:58:09.66 ID:4RF5Altk0

P「もうちょっと遠くに投げてみるか……やよい、じっとしてろよ」

やよい「え、はい」

P「よい……しょっ!!」

やよい「わー、すっごい飛びました!」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 21:59:20.21 ID:4RF5Altk0

P「周りには十分気をつけてるつもりだけど、万が一針が引っ掛かったら危ないからな」

やよい「へー」

P「釣りキチ三平がちょっとトラウマ」

やよい「さんぺー?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:00:31.90 ID:4RF5Altk0

P「釣れないなー」

やよい「ですねー。でも……何だか、心地いい気持ちです」

P「お、やよいも分かってくれたか。この、のんびりした感じがいいんだよなー」

やよい「はいー…」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:01:37.77 ID:4RF5Altk0

P「よし、1つ怖い話をしてやろう」

やよい「こ、怖い話ですか……」

P「あれは2年前、今日のような日に、1人で釣りに行った時のことだ」

P「投げ釣りでな、俺は思い切り振りかぶって投げたんだ。ところが……!」

やよい「と、ところが……?」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:03:23.17 ID:4RF5Altk0

P「一向に、水面に波紋が立たない……!」

やよい「お、おもりや針は、どこに行ったんですか……?」

P「俺も、同じことを思った。すると突然、リールがカラカラと回り始めたんだ……!!」

やよい「ひいっ」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:05:12.28 ID:4RF5Altk0

P「俺はハッとした。糸の伸びていく方向に目をやると……!!」

やよい「や、やると……?」

P「カモメが釣れていたんだぁ!!!」

やよい「いやぁぁぁぁ!!!」

P「……すまん、やよい。くだらない話で」

やよい「とーっても面白かったですよ!!」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:07:25.02 ID:4RF5Altk0

P「ありがとう。やよいは本当に優しいなあ」

やよい「そ、そんなことないです」

P「やよいみたいな子が、俺の奥さんだったらなあ」

やよい「プ、プロデューサー、冗談はやめてください……」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:09:05.84 ID:4RF5Altk0

P「冗談じゃないさ」

やよい「か、顔が近い、です……」

P「やよい」

やよい「ま、まだ駄目ですー!!」

……………
………


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:11:14.65 ID:4RF5Altk0

――い

――よい

やよい「カ、カモメ……」

P「やよい」

やよい「ん――え……あ、す、すいません!! つい、うとうとしちゃって……!!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:13:10.50 ID:4RF5Altk0

P「いいよいいよ」

やよい「……私、寝言とか言ってませんでした?」

P「なんか、カモメ……って言ってたぞ」

やよい「うー、恥ずかしいです///」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:15:08.99 ID:4RF5Altk0

P「そろそろ、帰るかな」

やよい「え、もう、そんな時間ですか」

P「ああ、釣れたのはあのメバル一匹だけだな。申し訳ない」

やよい「とんでもないです!! すっごく美味しく料理します!!」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:17:22.52 ID:4RF5Altk0

P「帰りにスーパー寄ってくか。食材、買ってやるよ」

やよい「うっう~!! ありがとうございます~!!!」

P「さて、じゃあ撤収……お」

やよい「あ」


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:19:08.96 ID:4RF5Altk0

P「な、何だ。すごく引いてる!?」

やよい「はわっ、い、糸が切れそうです!!」

P「もう少し、もう少し……やよい、そこの網取ってくれ!!」

やよい「は、はい!!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:21:09.05 ID:4RF5Altk0

やよい「と、とってもおっきいですー!!」

P「60cmはあるな」

やよい「これ……もしかして鯛ですか」

P「ああ、チヌ、黒鯛だな」

やよい「今夜はごちそうです~!!!」


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:22:42.20 ID:4RF5Altk0

P「……で、刺身がすごく美味しくてさ」

律子「で、それからというもの」

小鳥さん「たびたびやよいちゃんと釣りに行って」

律子「帰りは、やよいのご飯につられて、しょっちゅう家にお邪魔してると」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:24:42.07 ID:4RF5Altk0

P「いやあ、釣りを教えるつもりが、逆に釣られちゃったな」

律子「上手くないですよ」

P「いやまあ、てぶらじゃ悪いから、色々食材とか持っていくんだけどね」

やよい「食費が浮いて助かります!!」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:26:07.20 ID:4RF5Altk0

律子「……嬉しいのは食費のことだけかしら」

やよい「はわっ、律子さん!?」

P「?」

小鳥さん「やよいちゃん、恐ろしい子……!!」

やよい「う、うう~///」


おわり


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 22:34:50.30 ID:4RF5Altk0

読んでくれてありがとうございます。

前回、今回とちょっと固い話になってしまいましたね……。

なので、次回はもうちょっとほのぼのさせようと思います。

次回は誰になるか分かりませんが、そのときはまたよろしくです。



元スレ:やよい「釣りがしたいかなーって」P「よっしゃ」

他サイト様の最新記事