1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/11(火) 23:10:30.95 ID:FiAM1zqz0

艦これSS。30レスちょい。下ネタ注意。(R18とは言ったら失礼なR18)


5: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:18:05.75 ID:FiAM1zqz0

@執務室

響「司令官、イルカイ? 響だよ」

提督「おおーう響ちゃ~ん……俺を癒してくれたまへよぉ……ヒック」

響「飲んだくれてるね……私は飲まないけど、付き合おうか?」

提督「響ちゃん、ケッコンを前提にお付き合いして下さい」

響「酔った勢いで告白する人とは付き合えないかな」

提督「……凄い、響凄い」

提督「今ので一気に酔い醒めたよ……」

提督「響にフラレたぁ……消え去りたい……」


6: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:18:39.82 ID:FiAM1zqz0

響「消え去る前に、愚痴くらいは付き合うよ」

提督「そっか……いや、ホント疲れたわ……見てるだけで疲れたわ……」

響「珍しいよね、そこまで疲れてるの」

提督「ああ……ちょっと今日の大規模演習ガナー……ズーンって感じ」

響「うちの圧勝だったよね。どこが不満なの?」

提督「ぎいてくれよぉ響ぢゃん!!」

響「聞くのは構わないけど……吐息が掛かる程くっつく必要あるかな……」

響「酔いが醒めたって言ってたよね……まだ酔ってるんじゃないかな」


7: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:19:22.58 ID:FiAM1zqz0

提督「あー……ごめん、まだヴェロンヴェロンにヨイッチ……」

響「そうだね……もう分かってると思うけど」

響「私は司令官のこと、嫌いじゃない」

響「でも酔ってる司令官は好きじゃないよ」

響「いつもとは別人に見えて、少しがっかりするからさ」

提督「だよね……ぎっとそうビエルサ……」

響「うん……だから、失礼するね」

響「グティ、聞いてあげられなくて済まない」


8: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:20:00.46 ID:FiAM1zqz0

@金剛の部屋

響「失礼する。響だよ」

金剛「Oh,ビッキー! Be my guest!」

響「СПАСИБО(ばーしぱす)...まだ私だけみたいだね」

金剛「そうだヨー? ビッキーが一番乗りデース!」

金剛「ビッキーったら私に逢いたくて急いできたんデスネー! キャー!」

響「はは……そうかもね」

金剛「Oh...相変わらずクールネ~……」

響「金剛に比べたら、皆クールだと思うよ」


9: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:20:34.48 ID:FiAM1zqz0

金剛「それでもさー、ビッキーほどじゃないヨー」

金剛「ビッキーはクール界のスペシャル・ワンだからネー!」

響「スペシャルだなんて……大袈裟だね」

金剛「エ~大袈裟じゃないデショー?」

金剛「ビッキーのセスクは滅多に剥がれないしネー」ムニムニ

響「ひゃめへ……」

金剛「……あれ? ビッキー、あぅこほーぅの匂いしますネー」

金剛「駄目ですヨー? ティーパーティーの前にさー」


10: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:21:03.15 ID:FiAM1zqz0

響「私は飲んでいないよ?」

金剛「そうなのー? でもお酒臭いデスヨー?」

響「司令官のが移ったんだよ」

金剛「ほう……それは聞き捨てなりませんネー……」

金剛「二人きりデヘアに居たんデスカー?」

響「少しだけだよ、ほんの少しさ」

金剛「けっすでもされたんデスカー? ねえ響ちゃ~ん……?」

響「そんな怖い顔しないでよ……無かったよ、何も」

金剛「えー本当ですかぁ……?」


11: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:21:31.81 ID:FiAM1zqz0

響「もし嘘なら、キスだけじゃ済まないし……」

響「私は此処に来てないよ」

金剛「……ってことは、あの人今へべれけデスネー?」

金剛「けっすなんてしたらスイッチ入っちゃうもんネー」

金剛「だから逃げてきたんデショ?」

響「酔っ払いに流されるノイア―だからね……」

金剛「ってことは~……」

金剛「あの人の所に行けばハメハメスるちぇあんす……」


12: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:23:24.80 ID:FiAM1zqz0

響「お茶会はどうするの?」

金剛「ビッキーに任せマース!」

金剛「って訳にもいきませんネー……流石にネー……」

金剛「大和さんなら任せてもいいけどさ~」

響「そうだね……大和ならね」

金剛「でもさ~……いつもは二番目は大和さんなのに」

金剛「今日に限ってビッキーがクルトワね~……」

響「ロマンスの神様は、響をオーウェンしてるみたいだね」


13: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:23:50.64 ID:FiAM1zqz0

金剛「絶好の位置でFKをモラタのに、kickerになれないような」

金剛「なんとも焦れったい気分デスネー……」

響「どうしても行きたいなら、止めないよ」

響「カレー一杯食べてもらうけど」

金剛「だから行かないってヴぁ~」

金剛「そんな気分でもないからネ」

金剛「やっぱり、酔いに身を任せるなら……」

金剛「よルーニー、マンチーニ繰り出してからだよネー……」


14: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:24:16.21 ID:FiAM1zqz0

響「金剛らしいね……」

金剛「それにさ~」

金剛「BURNIN'LOVEもたいせつたいせつですケド」

金剛「ビッキーとのウジョア捨てられないからネー!」

金剛「なーんて……」

金剛「キャー! Superduper恥ずカシージャないデスカー!」

響「こっちが恥ずかしいよ……」

響(言わなきゃいいのに……金剛らしいけど)


15: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:24:43.53 ID:FiAM1zqz0

金剛「言葉にしないと、伝わらない事もあるヨー?」

響「それは……そうかもしれない」

金剛「何でも気の持ちようデース!」

金剛「言おうと思えば、言えるものデスヨー」

響「金剛らしいね」

金剛「……でも、どうなんでしょうかネー」

金剛「言葉にしても、伝わらない事はあるから」

金剛「無理に言葉にしなくてもいいのかも……」


16: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:25:09.61 ID:FiAM1zqz0

響「はぁ……一体どっちなんだい?」

金剛「さぁ……ケースバイケースじゃないデスカー?」

響「随分リバウドだね……」

金剛「AHAHA……ビッキーったらオコチャった?」

響「むしろ呆れたかな……」

金剛「……まー言葉にスルツキは必要デスヨネー!」

金剛「大事な想いを伝えるなら……」

金剛「恥ずかしくても、笑われてもネー!」


17: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:25:43.48 ID:FiAM1zqz0

三隈「金剛さんの良いところですね」

金剛「What!?」

響「びっくりした……」

金剛「piiiiii!!! 三隈さん一発キムチデース!」

三隈「部屋に入ったばかりで退場ですか……」

金剛「ていうかずっとソトで盗み聞きしてたんデスカー!?」

三隈「はい、何の問題ですか?」

金剛「開き直ってやがりますネー!! いい度胸デース!」

金剛「さぁ……歯を食いしバルデス!!」


18: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:26:12.09 ID:FiAM1zqz0

響「ロシツキなよ、金剛」

三隈「そうですよ、金剛さん」

金剛「くっ、急にアウェーになりましたネー……」

響「大丈夫だよ、ここは中立地さ」

響「私はただのレフェリーだからね」

金剛「Oh,そいつは一安心デスネー」

響「うん。私をシンジていいよ」

三隈「まぁ、審判も買収されることはありますよね」


19: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:26:39.72 ID:FiAM1zqz0

金剛「Daaaaaaaaaaaaaamn!!」

金剛「一々煽ってくるのは何でデスカー!?」

金剛「そろそろ私もイカルディース!!」

響「どうどう、落ち着きなよ」

三隈「ふふ、金剛さんをラダメルのも大変ですね」

金剛「ぐぬぬ……!」

金剛「はぁ……モウリーニョ……」

金剛「せっかく皆が集まる日におコンテも仕方ないしネー」


20: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:27:13.86 ID:FiAM1zqz0

三隈「あら、私ったら忘れ物してしまいました……」

三隈「取ってきますね」

響「行ってラ―ション……」

金剛「はぁ……レヴァンドフスキも無い女デース……」

響「君達はフォンテに仲が良いよね」

金剛「Oh...ビッキーもあいろねぃ言うんだネー……」

響「……仲悪いの? リアルな話」

金剛「そうネー……トッティも悪いデース……」


21: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:27:47.82 ID:FiAM1zqz0

響「三隈と何かあったの?」

金剛「あれー? 知らないデスカー?」

金剛「……ビッキーはあの時いナカタんデスネー」

金剛「実はネー……」

響「ちょっとマテュー。長話すると三隈がモドリッチだよ」

金剛「そ、それもソアレスね~……」

金剛「この話はマタ今度デスネー……」


22: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:28:21.44 ID:FiAM1zqz0

大和「こんにちは~……金剛さん?」

熊野「ごきげんよう。響さんに金剛さん」

金剛「Hi! ご機嫌麗しゅうございマース!」

大和「遅れてごめんなさい。提督とお話していて……」

熊野「あの酔いどれ提督ったら、しつケインですもの」

熊野「へたれた台詞を吐いてばかりで……」

熊野「めメッシしさの極み乙男ですわ」

熊野「大和さんに慣れ慣れしく引っ付いていましたし……ねえ?」


23: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:28:56.61 ID:FiAM1zqz0

大和「わ、私は別に! その、大丈夫ですから……」

大和「いつもの事ですし、もう慣れましたから……」

金剛「へえ~……」

大和「な、なんですか……?」

金剛「別に~……ほんトニ、クロースるな~って」

金剛「ねービッキー?」

響「別ニアン心してもいいんじゃないかな」

響「大和は誰にでも気をクバれるだけだよ」


24: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:29:27.50 ID:FiAM1zqz0

金剛「ソルダード思うけどさ~……」

響「ま、キーンになるのは仕方ないね」

金剛「そうだヨー? 乙女心は複雑だからネー」

金剛「複雑すぎてクラマーってしまいマース……」

熊野「先程から何を言っているの……?」

熊野「わたくしたち置いてけぼりですわよ」

大和「あ、あはは……」

響「すまないね。あの茹蛸の話はこれくらいにしようか」


25: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:30:10.16 ID:FiAM1zqz0

金剛「そうだネー。お茶淹れマショー♪」

金剛「ひぃ、ふぅ、みぃ、よーで四人分でいいかしらー?」

響「そろそろ三隈が戻ってくる頃かもしれない」

金剛「えー? 帰ってきたら淹れれば良いデショ?」

金剛「自分で淹れるかもしれないしネ~」

三隈「五人分、お願いしますわ!」

響「おや、おかえり」

金剛「チッ……わカリムしたよ~五人分デスネ~」


26: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:30:58.97 ID:FiAM1zqz0

響「くんくん……」

大和「ひ、響さん!? 嗅がないでください!」

響「名探偵くんくんだから」

大和「た、探偵……? だから嗅がないで!」

響「先っちょだけだから、JUMあしないでほしいのだわ」

大和「全然先っちょだけじゃないですし……はぁ……」

響「大丈夫、痛いのは最初だけだから」

大和「別に痛くはないのだけど……恥ずかしいです……」

響「そのうち気持ち良くなってくるよ」


27: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:31:44.35 ID:FiAM1zqz0

熊野「なんというか……すごいですわね、これ」

大和「感心してないで止めてください……うう……」

熊野「申し訳ありませんけれど、ギグスすみませんわ」

三隈「止めないほうがいいですよ」

三隈「師匠の業(わざ)の一部ですからね」

熊野「し、師匠……?」

三隈「師匠は身体から香るアルコールから」

三隈「提督のセクハラの動きをトーレス出来ます」


28: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:32:22.29 ID:FiAM1zqz0

熊野「そ、それに何の意味がありますの……?」

響「考えるな、感ジルーんだ」

熊野「そう言われましても……」

熊野「少々、常人の理解をコエントランかしら……?」

響「今日は胸に抱き付いたのか……こんな風に」

大和「ちょ、ちょっと響さん! 困ります……っ」

響「脚にも……こんな感じかな」

大和「らめ……ラメラってばあっ……!」


29: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:32:55.01 ID:FiAM1zqz0

三隈「何故、師匠があんなことを始めたのか」

三隈「熊野さん、ご存じですか?」

熊野「ご存じと言われましても……」

熊野「今日初めて見ましたのに、理由の知リヨンがありませんわ」

三隈「実は師匠、嫌悪していたの」

三隈「酒に呑まれた提督の姿を」

三隈「そして艦娘に泣きつく彼の姿を」

熊野「そ、そうでしたの……確かにみっともないですけれど……」


30: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:33:26.08 ID:FiAM1zqz0

三隈「それをマネして、彼に見せて」

三隈「自分が恥ずかしい姿を晒していると伝えたかったの」

熊野「そういう事でしたの……」

響「でも、司令官は相変わらずさ」

響「というかあの人にお披露目出来ていないんだ」

響「私がすぐ逃ゲッツェしまうからね」

熊野「それでは机上の空論ですわね……」

響「出ピルロなら、ASAPで見せたいんだけどね……」


31: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:34:30.97 ID:FiAM1zqz0

熊野「というか、それならなぜ今、大和さんに……」

熊野「提督が居る時にするべきでは……?」

響「うん……でも大和のデパイ見てたらついね」

熊野「えぇ……」

三隈「師匠ったら、提督の事を責められないですね」

響「いいんだよ。私は一応レディだからね」

熊野「提督のセクハラモードを真似する貴女を」

熊野「淑女(レディ)と認めたくないですわね……」

響「……うん。そのうち此処を退会させられるかもね」


32: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:35:06.07 ID:FiAM1zqz0

金剛「No! そんな心配スナイデル!」

金剛「ビッキーはずっと此処に居ていいからネー!」

響「うん、ありがとう」

熊野「あら、この集まりは淑女集会ではなくて……?」

金剛「仕方ないのデース……」

金剛「あの人への愛ゆえに苦しんだ末の行動ですからネ……」

熊野「その割には楽しそうですけれど……」

響「こマカーイことはいいんだよ」


33: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:35:34.40 ID:FiAM1zqz0

三隈「そんなことより、金剛さんが淹れて下さったお茶を頂きましょう?」

大和「あら、いい香りですね……」

金剛「今日はダージリンだヨ~♪ 一文字抜くとダーリンデース♪」

金剛「ン~我ながらgood teaデスネー……」

響「Хорошо(ハラショー)……」

三隈「金剛印のスコーンも美味しいですね♪」

熊野(自画自賛するのも頷けますわね……おいしい……)

熊野「……まぁ、今はティータイムを楽しみましょうか」


34: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:36:10.15 ID:FiAM1zqz0

@その頃執務室……

提督「やっはろ~提督! ナニ、落ち込んでるの?」

提督「鈴谷が慰めてあげよっか? なんてね♪」

提督「ちょ、ちょっと! 土下座とか止めてってば!」

提督「じゃあ……触るからね……」

提督「あれ……提督のグロクロくんまだスモーリングじゃん」

提督「皮もカンプル状態だし……あはっ! ピケピケしてる!」


35: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:37:03.81 ID:FiAM1zqz0

提督「え、笑われると気分をガイスって?」

提督「ごめんね……えっと、咥えるね……?」

提督「やば……鈴谷もむラームらしてきちゃった……」

提督「あれれ~? 鈴谷のフェライニ腰浮いちゃってるんだ?」

提督「え、出そう!? ちょまっ……んぐっ!?」

提督「ビュルビュルキてるぅ……まじアリエンだし……」

提督「ま、マイヤー……気持ちよくなってくれたんだよね?」


36: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:38:04.15 ID:FiAM1zqz0

提督「つ、次は鈴谷の事も、感じさせて……?」

提督「えっ、イヴァノビッチっぽい? ビッチ言うなし!」

提督「焦らさないで……マテないよ……」

提督「きたぁ! 提督のブラーボ、しゅごいぃいぃ!!」

提督「そ、そんなにガットゥーゾいっちゃうよぉぉぉぉ!!」

提督「鈴谷、膣内(なか)に出スソ!!!」

提督「……ふぅ」

提督「さて、明日から切り替えて頑張るか……」


37: ◆DDpBqJPEhs 2015/08/11(火) 23:38:33.49 ID:FiAM1zqz0

おわり。意味不明で申し訳ない。



元スレ:淑女集会~鈴谷、サッカー好きか?~

他サイト様の最新記事