1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:46:54.18 ID:pvmVcCTlO

咲「お姉ちゃん!私だよ!咲だよっ!」

照「…誰だ?お前のことなんて知らない」

咲「どうして…?どうしてそんなこと言うの…?」

照「……」

咲「私たち、姉妹でしょ!?」

照「私に妹はいない」

咲「え…そんな…」

照「もういいか。失礼する」スタスタ


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:49:03.36 ID:pvmVcCTlO

咲「……」

咲「あはっ」

咲「あはははっ」

咲「お姉ちゃん、やっぱり許してくれないんだ。私のことが憎くて仕方がないんだ…」フラッ

咲「あは、あはは…ここまできたのに。麻雀だって好きになれたのに。今度こそ仲直りできると思ってたのに」フラフラ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:50:46.54 ID:pvmVcCTlO

咲「疲れちゃったなぁ…なんのために麻雀やってたんだっけ」

咲「魔王だの畜生だのと後ろ指をさされて、色んな人の想いや涙を振り切って決勝まで勝ち残ったのに、こんな結末…」

咲「やっぱり私は麻雀をやるべきじゃなかった…ううん、私はいちゃいけなかったんだね」

咲「ごめんね、みんな。ごめんね、お姉ちゃん。もうすぐいなくなるからね、だから」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:52:12.73 ID:pvmVcCTlO




小走やえ「フッ。これだからニワカは困る」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:53:47.56 ID:pvmVcCTlO

咲「え?あ、あの、あなたは…?」

やえ「私か?今は私のことなどどうでもいいだろう。まぁ強いて言うならば、通りすがりのしがない王者といったところか」

やえ「そんなことより貴様、そこから飛び降りでもするつもりか?」

咲「…そうですよ。私なんかいなくなったって」

やえ「ふぅ、これだからニワカは…。いいかい、私は自分なんかとうじうじしてる輩はどうも好かん」

やえ「貴様にどんな事情があり、なにを思ってそんなことしようとしてるのかなど知らないし、知りたくもない。まったくもって理解できんね。だが」チラッ

やえ「その手。かなり打ってるね?」

咲「!」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:55:45.62 ID:pvmVcCTlO

やえ「麻雀が好きなんだろ?ま、生憎と私は小3の頃からマメすらできないけどね。ニワカはニワカなりに麻雀に懸けるモノがあるんだろう?」

咲「…でも、それも、もう」

やえ「もう、なんだ?」

咲「……」

やえ「諦めていては、掴めるものも掴めない。失敗を怖れて挑むことをしなければ成功することなどありえない」

やえ「一度や二度敗れたから、それで諦められるほど貴様の想いとやらは脆いものだったのか?」

やえ「だとしたら…フッ、ニワカどころの話ではないな」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:57:59.41 ID:pvmVcCTlO

咲「…私は」

やえ「ゆけ」

咲「!」

やえ「俯く前に、まだすべきことがあるだろう?」

やえ「血は水よりも濃い。ゆえに、互いの間に一度わだかまった感情を水に流すことは容易くはないかもしれん。それでも、姉妹というものは深いところで理解し合えるものだ」

咲「…王者さん」

やえ「どうしても行き詰まってしまったら、仕方がない。私を呼ぶがよいよ。その時はお見せしよう――王者の打ち筋を!」

咲「……はいっ!」

咲「ありがとうございました!私…もう一度頑張ってみます!いえ…何度だって!」

やえ「その意気だ。さあ、何度も言わせないでおくれよ?」

やえ「ゆけ!」

咲「はいっ!」タタタッ

やえ「…フッ。まったく、世話のかかるニワカだよ」

やえ「…うまくいくといいね」ポソッ

ニワカン


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 16:59:33.34 ID:pvmVcCTlO

※このスレは小走先輩が王者なスレです
小走先輩が鬱フラグクラッシャーという風潮


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:02:47.93 ID:pvmVcCTlO

智美「ワハハ。お腹減ったぞーっと」

店員「ッシャーセ」

智美「うーん、何にしようかなー。あまり手間がかかるのはなー。カップ麺でいいかな」ワハハ

智美「ラーメンだと汁の処理がなー。やきそばにしよっと。みんなも同じでいいかな」ワハハ

智美「ペ○ングペヤ○ング…お、残りがちょうど5つだぞ。ワハハ、なんだかちょっぴりラッキーな気分だぞ」

店員「アリアトーシター」

智美「ワハハ、さー帰るぞー」ブロロローン


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:04:07.95 ID:pvmVcCTlO

 ワハハ家

智美「ワハハー。ただいまだぞー」

ゆみ「おかえり。すまないな、勉強会の場所を提供させた上に買い出しまでさせてしまって」

智美「足があるのは私だけだしなー、しかたないだろ。それでも誰かついてきてくれてもよかったと思うけどな」ワハハ

ゆみ「あ、ああ、そうだな。すまなかった」

睦月「うむ…」

佳織「ごめんね智美ちゃん…」

智美「ワハハ、ちょっとした冗談だぞ」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:07:45.12 ID:pvmVcCTlO

ゆみ「そ、そうだな。それより何を買ってきてくれたんだ?」ガサガサ

智美「ペ○ング」ワハハ

ゆみ「カップやきそばか…あまり口うるさく言いたくはないが、もう少し食生活は考えた方がいいぞ」

智美「まー今回は勉強会がメインだからなー。お手軽な方がいいだろー」ワハハ

ゆみ「それもそうか…?」

モモ「なんでもいーっすよ!それより早く食べるっす!おなかぺこぺこっすよー」バリッ パカッ


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:08:19.54 ID:pvmVcCTlO

虫「」

モモ「」

ゆみ「は…?」

智美「んー?どしたー?」ワハハ


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:09:58.93 ID:pvmVcCTlO

モモ「ひっ…」バッ

智美「うわっ!なんだこれ!?」

佳織「む、虫…!」ガクガク

睦月「こ、これは…」

モモ「ぁ、あぁぁああ…っ!」ブルブル

ゆみ「あ、おい!しっかりしろモモ!」

モモ「だ、だめ…虫はだめなんすよぅ…」ガタガタ

ゆみ「おちつけ!くっ…」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:12:19.18 ID:pvmVcCTlO

智美「わ、わはっ」

ゆみ「っ」キッ

智美「うぇっ!?」

ゆみ「…すまない。勉強会は中止だ。モモはこんな調子だし、…蒲原、お前が悪いわけじゃないのはわかっている。わかっているんだが…このままじゃ八つ当たりしてしまいそうだ」

智美「ワハ…」

モモ「うぷっ…う…ぐっ」

ゆみ「大丈夫かモモ?とにかく外に出よう」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:13:18.53 ID:pvmVcCTlO

智美「……」

睦月「あ、先輩!部長…」チラッ

佳織「うっ…ご、ごめん智美ちゃん…私もちょっと… っ!」ダッ

睦月「妹尾さん!」

智美「むっきー、佳織についててやってくれないか?」ワハハ

睦月「ぶ、部長…でも」

智美「頼む、むっきー」

睦月「う、うむ…」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:16:10.53 ID:pvmVcCTlO

しーん

智美「……」

智美「ワハハ…これくらいじゃ泣かないぞ…」

智美「虫けらめ、お前のせいで台無しだぞー」

智美「……どうしてこんなことになったのかなー」

智美「ワハ……」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:16:50.33 ID:pvmVcCTlO




小走やえ「フッ。強張った笑みほど空しいものはないぞ?」




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:19:38.36 ID:pvmVcCTlO

智美「…だれだ?」

やえ「通りすがりの王者だ。何人かがここから飛び出ていったのでな、ただごとならぬと失礼ながら開いたドアから邪魔した」

智美「そーか。ワハハ、見世物じゃないぞー」

やえ「そのようだな。む、これは…」

智美「…私がそんなもの買ってきたから、みんなのことを不快にさせちゃったんだ…ワハハ、失敗しちゃったなー」

やえ「ふむ…」

智美「あまり見てて気持ちのいいものでもないだろ。捨てるから貸してくれ」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:21:22.33 ID:pvmVcCTlO

やえ「フッ…まったくもって愚かだな」

智美「ぐっ…わかってるよ…それくらい」

やえ「こんなインスタント食品、虫がなくとも捨ててしまえ」

智美「…?」

やえ「元よりこんなもの、食すに値せず」

やえ「王者の焼きそばをお見せしよう!」バン

智美「え?」

やえ「キッチンを借りるぞ」

智美「ワハ?ちょ、ちょっと」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:22:57.88 ID:pvmVcCTlO

やえ「任せておけ。フッ、ちょうど焼きそばが食べたくて食材を買っていたのだが、そんな湿気た顔を見せられては放っておけない」

やえ「王者の下ごしらえ!」パパッ

やえ「王者の包丁さばき!」ザッザッザッ

やえ「王者のごとく!」ジュワァ

やえ「フライパンをふるう!」ジャッジャッ

やえ「悪いが麺は市販で我慢してくれよ」

智美「あ、ああ」

やえ「そしてこれが王者の味付け!」ソースドバー

やえ「ぶしや紅しょうがはお好みでどうぞ」オマチドウサマ

智美「ワハハ、そういえば空腹が限界突破してたんだった」グー

やえ「フッ、熱いうちに召し上がれ」

智美「食べていいのかー?」ワハハ

やえ「貴様のために作ったのだから当然だ」

智美「それじゃ…ワハハ、いただきます」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:26:08.15 ID:pvmVcCTlO

智美「はふはふ、ちゅるちゅる…うっ!」

やえ「…」ニヤリ

智美「う…うまぁぁぁあああ!」

やえ「王者たる所以よ」フッ

智美「王者はすごいなー!こんなにおいしい焼きそば生まれて初めてだぞ、ワハハ」ズルル

やえ「フッ」

智美「?」

やえ「いい顔で笑うじゃないか」

智美「!」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:28:02.76 ID:pvmVcCTlO

やえ「美味いものを食べれば笑顔になる。お手軽なものも場合によってはいいかもしれんが、身近な相手にこそ、美味いものを振る舞ってみるのも悪くはないぞ?」

智美「ワハ…そうだなー。手軽さに甘えてこんなことになってたら世話ないしな」

やえ「今度は貴様が、この味を友に教えてやるとよいよ」

智美「でも、こんなおいしいもの作れるかなー」

やえ「なに、料理はスキルだけがすべてではない」

やえ「気持ちを込めれば、おのずと相手は笑顔になるものさ」

智美「…そうか。そうだな」

智美「ワハハ。王者さん、私やってみるよ」

やえ「ああ。頑張るといい」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:32:25.70 ID:pvmVcCTlO

やえ「それでは私は失礼するよ」

智美「あ、ちょっと待ってくれよ。まだなにもお礼してない…」

やえ「フッ。ニワカの礼など不要。それに、すでにいい笑顔(モノ)を見せてもらったしな。気にする必要はないよ。ではな」スッ

智美「あ…行っちゃった」

智美「王者…すごい人だったぞ」ワハハ

もいっこニワカン


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:35:45.29 ID:pvmVcCTlO

千里山病院

竜華「……」

怜「」コーフー ピッピッ

竜華「…なぁ、怜」

竜華「今日な、泉が役満アガりよったで」

竜華「やっぱアイツもなんか持っとるんかな。って、こんなん本人に言うたら調子乗るのが目に見えとるから言わんけどな、はは」

怜「」コーフー ピッピッ

竜華「あとなあとな。また浩子とセーラがセーラー着る着ないですったもんだしよってたわ。よー飽きんよなあの二人も」

竜華「逃げ出したセーラがまたごっつ逃げ足速くてなぁ。浩子も呆れとったわ」

怜「」コーフー ピッピッ


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:39:13.03 ID:pvmVcCTlO

竜華「…なぁ、怜。まだなんか。うち、もうこれ以上待つんはいやや…」

竜華「怜がおらんと、麻雀も楽しくないんよ…」

竜華「はよう…目ぇ覚ましてや…」

怜「」コーフー ピッピッ

がらっ!

竜華「!」

セーラ「竜華、また来とったんか」

浩子「監督も心配してましたよ」

竜華「…あんたらか」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:45:49.32 ID:pvmVcCTlO

竜華「…ええやろ。うちには怜が必要で、きっと怜にもうちが必要なんや。今だからこそ…」

泉「清水谷先輩…」

竜華「…せめて、そばにいてやりたいんや」

セーラ「隣、失礼すんで」ガタッ

竜華「…」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:49:20.44 ID:pvmVcCTlO

セーラ「…こけたなぁ、怜のやつ」

竜華「…」

セーラ「元からほそっこかったけど、今は見てられんくらいや」

竜華「…」

セーラ「竜華」

竜華「…なんや」

セーラ「お前も、ひどい顔してんで」

竜華「…気のせいやろ」

セーラ「鏡も見てへんのか。怜に負けへんくらい青白くてげっそりやで」

竜華「…だから?」

セーラ「休めや、少しでいいから」

竜華「…」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:52:31.90 ID:pvmVcCTlO

浩子「酷なことかもしれませんけど、たとえ清水谷先輩が無理をしたところで、なるようにしかなりませんし、むしろ先輩にまで倒れられたらきっと園城寺先輩かて悲しみますよ」

泉「そうですよ!清水谷先輩が休んでる間は私らが持ち回りで園城寺先輩に付きますから!こういう時のためのシフトでしょう!?」

竜華「…ありがとな、みんな」

セーラ「竜華…!」

竜華「でも」

セ船泉「!」

竜華「離れたくないんよ…もう、怜から離れるなんて…無理や…耐えられん…」

セーラ「竜華…」

竜華「…どうして?どうしてなん?怜がいったいなにしたっちゅーんや?」

竜華「こんな、命を削って麻雀打って、それでもチャンピオンには敵わなくて…怜だけがこんな目にあって、なんなんや!?おかしいやろ、こんなの!!」

浩子「先輩!落ち着いてください!」

竜華「うちもういやや!こんなつらそうな怜を見守ることしかできないのは!」

セーラ「竜華!」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:53:46.51 ID:pvmVcCTlO




小走やえ「やれやれ…静かにしたまえよ、ここは病院だよ?」




33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:56:41.34 ID:pvmVcCTlO

セーラ「!?」

竜華「…あんた誰や」

やえ「王者、とでも呼んでくれ」

浩子「はぁ?」

泉「すんません…騒がしくしたことは謝ります。けど、今はちょっと取り込んでるんで遠慮してもらってええですか?」

やえ「そうはいかないな。ふむ…事情は大体察した」

セーラ「ちょ、おい!」

竜華「なんや、なにするつもりなんやあんた」

やえ「ニワカは黙って見てるといい」スッ

竜華「千点棒…?なにを」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:58:24.89 ID:pvmVcCTlO

やえ「フッ!」ズアッ


怜「」トントントン

竜華「なっ…!?おま、怜になにすんねん!」

やえ「ニワカは引っ込んでいろ!」

やえ「はっ!」トントントン


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 17:59:34.62 ID:pvmVcCTlO

怜「………………………ぅ」コーフー ピッピッ

竜華「えっ…と、怜ぃ!?」ガバッ

やえ「…ふぅ」

セーラ「あんた、なにやったんや…?」

やえ「フッ。少しばかり王者の打ち筋をね」

やえ「悪い気が澱み、生命力が行き届かなくなっていた部分を的確に点棒で突き、澱みを解消したに過ぎない」

浩子「あんた何モンやねん…」

やえ「彼女の生来の体の弱さに無理が祟った結果だろうが…こればっかりは本人に無理をさせないよう気をつけつつ徐々に体力をつけさせるしかないだろうな」

泉「これが…王者…!」

やえ「フッ。ともあれ、直に目を覚ますだろう。これからは気をつけて見守ってやるといい」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:03:43.72 ID:pvmVcCTlO

セーラ「なんて礼を言ったらいいか…」

やえ「気にするな。世話のかかるニワカはほっとけないタチなんでね」

やえ「縁があればまた会うこともあるだろう。それではな」スッ

浩子「…なんや、嵐のような人でしたね」

セーラ「せやな」

泉「王者…かっこいい」キラキラ


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:06:18.02 ID:pvmVcCTlO

セーラ「でも…まず今は」

怜「…ぁ?りゅーか?」

竜華「うぇぇえええ…とき、ときぃぃぃ!」

怜「なんや…やかましーなぁ…病院かここ」

セーラ「グスッ…怜が目ぇ覚ましてよかったなぁ!」

浩子「そうですね」ウルッ

竜華「どぎぃぃいいいい!!」

怜「あー…」


やえ「まったく…世話のかかるニワカが多すぎて困るね」

もいっこニワカン!ニワカンツ役満です!


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:08:18.82 ID:pvmVcCTlO

やえ「なお、私のしたことはニワカの医療行為などではなく、単なる人助けであることをここに記しておくよ、悪しからず」


初瀬「ヒューッ 見ろよやつの指先を・・・まるでハガネみてえだ!! こいつはやるかもしれねえ・・・」
↑没ネタ(挿入場所が見当たらなかった)


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/12/16(火) 18:11:33.42 ID:pvmVcCTlO

つーことでネタが切れました
これで王者のニワカッコよさが伝わっただろう
またなんか王者の武勇伝が思い付いたら続きとして書くし、思い付かなさそうだったらHTML化依頼出しときます



元スレ:照「私に妹はいない」咲「え…そんな…」

他サイト様の最新記事