1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 15:14:02.77 ID:hQ2n00mB0

──Pの家。

律子「zzz……」

小鳥「zzz……」

あずさ「zzz……」

貴音「zzz……」

全員が真っ裸で寝ている。いろいろと体液まみれ。


P「──どうしてこうなった?」

P「そう、あれはあずささんが──」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 15:19:48.24 ID:hQ2n00mB0

──事務所

あずさ「寒くなりましたわね。だから鍋パーティーをしましょう、鍋パーティー」

小鳥「いいですねー、一献傾けつつ鍋を突く。さいこうですねー」

あずさ「はい~最高です~」

あずさ「あっ、律子さんもどうです?」

律子「んー、別にいいけど何の鍋をするつもりなの?」

あずさ「熱くて美味しいキムチ鍋です」

律子「キムチ鍋? 私、辛いのは苦手なのよね」

あずさ「あっ、プロデーサーさんもどうでしょう? 大人たちで集まっての鍋パーティーは」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 15:25:09.28 ID:hQ2n00mB0

P「おっ、いいですね。キムチ鍋なら秘伝のレシピがあるんですよ」

あずさ「まあまあそれは楽しみです~」

あずさ「という訳で律子さんもどうぞ来てくださいね」

律子「わっ、分かったわよ。行けばいいんでしょう、行けば」

あずさ「うふふ、飲み物は私が用意しますね。この頃カクテルにも凝っているんです」

小鳥「おおっ、それは楽しみですね。食材は任せてください」

あずさ「では、プロデューサーさんの家に集まるということで」

P「俺の家! まあ、いいけど」

小鳥「いかがわしい本を片付ける時間ぐらいはあげるピヨ」

P「ありません!!」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 15:31:22.72 ID:hQ2n00mB0

Pの家


P「みんな集まって準備万端なわけだが……」

貴音「────」

P「何で貴音まで居るんだ?」

貴音「美味しいものを食べると聞いて黙っているわたくしではありませんゆえ」

あずさ「……まあ、鍋は大人数の方が楽しいですし」

貴音「──ええ、そうですね」

律子「にしてもあずささん、すごい量のお酒ね」

あずさ「うふふ、いろいろ持ってきてしまいましたー」

小鳥「普通のビールやお酒も買ってきたよ!!」

律子「いや、私は未成年ですから飲めませんよ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 15:39:16.13 ID:hQ2n00mB0

小鳥「働いてしまえば成人したも同様ですよー」

律子「ダメです、飲みません!」

小鳥「貴音ちゃんはどうするー?」

貴音「たしなむ程度に頂きたいと思います」

律子「ダメよ貴音! あなたも未成年でしょう。これが漏れたらスキャンダルよ!」

貴音「ならばここに泊まれば良きこと。違いますか?」

律子「」

貴音「というわけでまずは一杯を」

小鳥「おお、ならばこの大吟醸を」

律子「だから、待ちなさい!!」

あずさ「あらあら律子さん。まずは一杯飲んで落ち着いてください」

律子「お酒なら飲まないわよ」

あずさ「オレンジジュースですよ。スクリューパイルドライバーです~」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 15:46:41.69 ID:hQ2n00mB0

律子「オレンジジュースなら……」ゴクゴク、バタン!

P「おっ、おい、いきなり律子が倒れだぞ。何を飲ませたんだ?」

小鳥「スクリュードライバー。確かオレンジジュースとウォッカのカクテルでしたよね」

あずさ「はい~。ですが今回はウォッカの代わりにスピリタスを使いました。だからスクリューパイルドライバーです」

※スピリタス。世界で一番度数の高い酒。

律子「ううっ、なんか頭がクラクラする……」

あずさ「あらあらまあまあ、ではコーラなんていかがです? 炭酸の刺激でスッキリしましょう」

律子「うん、ありがとう」ゴクゴク、バタン!

P「……また倒れたぞ」

あずさ「ただのラムコーラですよ。ラムはレモンハートですが」

小鳥「だからそれ一番度数の高いラムでしょうー!!」

貴音「ふむ、なかなかいい刺激です」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 15:52:44.47 ID:hQ2n00mB0

あずさ「うふふ~、律子さんー、調子はどうですかー?」

律子「はろひれはろはろ~ もっと持って来いー!!」

あずさ「はいー、わかりました。カミカゼなんてどうでしょう~ スピリタスバージョンでどうぞ」

律子「ゴクゴクゴク」

小鳥「うわー、いいのかしら?」

あずさ「うふふ。さあさあ皆さんもどうぞー。お酒はいっぱいありますよー」

P「やれやれ。──さっ、こっちのキムチ鍋も出来たぞ」

小鳥「おおっ、美味しそうですね」

P「隠し味の納豆がポイントなんだ」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 16:01:46.14 ID:hQ2n00mB0

小鳥「……納豆がですか?」

P「学生時代に闇鍋をしたんだ。その時、納豆をぶち込んだ奴がいてな。臭くて食えたものじゃなかった」

P「でも、あとからキムチを入れたら結構美味しくなってね。まっ、とりあえず食べてみてくれ」

貴音「ハフハフ、熱っ、熱くて辛いです。ですがこれがなかなか止まりません」

小鳥「んー、この辛さ。たまりませんねー」

あずさ「さあさあ、どうぞどうぞ~」

小鳥「熱くなった体にピールの冷たさ。最高ですー」

貴音「わたくしにもいっぱい所望いたします」

あずさ「はい、どうぞ~」

P「俺も何か貰おうか」

あずさ「はい、どうぞ~」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 16:08:51.82 ID:hQ2n00mB0

P「しかし、キムチ鍋もすっかり定番になったな」

小鳥「カレー鍋やトマト鍋とかもありますからねー」

律子「美味しいけど辛い~」

あずさ「はいはい、飲んで喉を潤しましょう~」

P「レモンハートのラムコーラで喉が潤うのか?」

小鳥「話は戻しますけどみんなはどんな鍋が好きなんです? こういうキムチも良いですけど正統派の寄せ鍋も捨てがたいでいよね」

貴音「イカの塩辛と白菜の漬物の鍋を頂いたことがありましたが真、美味でありました」

P「おっ、聞いたことがあるぞ。正式には土鍋でなく確か大きな貝殻で作るんだ」

小鳥「へえー、日本酒に合いそうですね」

律子「実は鍋はそんなに好きじゃないのー。だってメガネが曇るんだもん」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 16:19:13.67 ID:hQ2n00mB0

P「ハハッ、メガネの辛いところだな」

律子「だから一人でほうれん草と豚肉の常夜鍋が良いのー。小鍋仕立てでチンチン♪」

P「一人鍋は少ない品数で楽しむものだからな。具が多過ぎると食いきれないし」

小鳥「あっ、でもネギとかは入れたての新鮮なのも良いですけどクタクタに煮込まれたのも美味しいですよね」

小鳥「汁をたっぷり吸った白菜とかも、ちょっと行儀が悪いですけどハフハフしたいです」

貴音「湯豆腐を崩したのをご飯にのせて食べる。つけ汁も少しかけまわして頂くのは少々はしたないですが美味であります」

P「学生時代はいろいろ試したりしたな。おっと、太りすぎにはきのこ鍋とかも良いらしいぞ」

小鳥「ぜひ、レシピを、レシピを!!」

あずさ「まあまあ落ち着いて。まずは一杯どうぞ」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 16:27:45.69 ID:hQ2n00mB0

小鳥「あっ、ありがとうございます」

P「レシピといっても大したことないぞ。いろんなきのこにとうふや春菊やネギを入れるだけだ。肉もいいけどあまり入れないほうがいいかもな」

小鳥「肉かー、小さい頃はすき焼きとか聞くと胸がワクワクしました」

律子「すき焼きの肉が牛肉だなんで大きくなるまで知らなかったのー。うちでは豚肉入れたり大根とかも入ってたし」

律子「後で聞いたら『溶き卵に浸けたらすき焼きだ』ですって。ひどいと思わないー」

あずさ「あらあらそれはそれは。とりあえず杯が空ですよー」

律子「ありがとうー」

貴音「こういう場もいいですが外での鍋もまた美味であります」

P「山形の芋煮会とかか。一度友人の実家に行った時食べたけど各地域どころか各家で味付けや入れるものに個性があって楽しかったな」


51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 16:36:21.89 ID:hQ2n00mB0

貴音「わたくしが食べたのは陣笠をひっくり返したものです。追われ命に危険にさらされておりましたが、だからこそ美味しく感じたかもしれません」

小鳥「陣笠……?」

P「ふっ、深く追求しないでおこう」

あずさ「うふふ、それは大変でしたわねー。とりあえずもう一杯どうぞ」

貴音「──ありがとうございます」

律子「ふぅー、暑い! この部屋は暑すぎるの!!」

律子「だから脱ぐ」ムシアツイカラヌグー、

P「わわっ、律子! まて、何脱いでいるんだ! 俺がいるんだぞ!!」

貴音「はて、それのどこに問題が」ヌギヌギ。

P「シラフな顔で貴音も脱ぐなー!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 16:46:30.13 ID:hQ2n00mB0

貴音「うふふ、あずさの思い通りにはさせませぬゆえ」

あずさ「あらら、バレてしまいましたか~」

貴音「当たり前です、あなたは人に酒を勧めてばかり。皆を酔い潰す魂胆なのは明白です」

P「なっ、なんだってー!!」

小鳥「みっ、皆を酔い潰してどうするつもりピヨ!」

あずさ「うふふ、もちろん美味しくいただくんですよ」

P「なっ、何をだ?」

あずさ「もう、決まっているでしょう。プロデューサーさんです」

P「」

あずさ「だって、二人で鍋をしようといっても、あなたは付いてこなかったでしょう~だからみんなを誘ったんです」

小鳥「だっ、だから、あたしたちもさそったんですね」

あずさ「その通りですー。飲ませて酔わせて二人きりと同じ状況を作るつもりでしたのにー」

貴音「フフッ、させませぬ。プロデューサーは私の想い人ですから」

小鳥「あっ、あたしだってプロデューサーさんのことを!」

P「えっ、えっ、そうなの?」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 16:53:30.46 ID:hQ2n00mB0

あずさ「…………」

貴音「…………」

小鳥「…………」

P「三人でにらみ合っている。俺、どうしたらいいの?」

律子「ねえ、みんなどうしたのー? にらみ合ってさー?」

小鳥「プロデューサーさんが誰のものかの戦いなんです!」

律子「んー、よく分かんないけど……こういう時は団結よ団結」

三人「……?」

律子「歌にあるでしょう。こういう時はみんなの物にすればいいのよ!!」

三人「「「その手があったかー!!!」」」


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:00:09.47 ID:hQ2n00mB0

P「律子ー! お前酔ってるな!! 絶対に酔ってるな!!!

律子「やーね、酔ってるわけないでしょう。まあ、それはともかく──」

律子「襲えー!!」

P「待て! みんな落ち着け!!」

あずさ「今日は積極的にしようと決めてました」

貴音「いけずなあなた様がいけないんです」

小鳥「まっ、負けてられませんから!」

律子「ほら、ちゃっちゃと脱ぐ脱ぐ!」

P「やめて、誰か助けて。というか正気に戻って!!」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:08:02.20 ID:hQ2n00mB0

男の力は強いといっても女が四人がかりで来られたらどうしようもない。Pの服は引き裂かれるように破かれた。なおも抵抗しようとする。

だがラムを瓶ごとコクコク飲むあずさがキスをして流し込む。頭がかっと熱くなる。同時に胸も押し付けられる。柔らかい感触だ。

ズボンはパンツごと脱がされた。誰かの手が男根に触れる。恐る恐る触ってくる。かすかな刺激は硬くなるのに十分だ。見ると貴音と

小鳥が弄っている。貴音は大胆にしごき、小鳥はおっかなびっくりに触れてくる。

胸に刺激が走る。Pの乳首を律子が舐めて噛んできた。既に裸だ。あずさも貴音も脱いでいる。小鳥だけがワイシャツを着ている。

だがスカートは脱いでいる。黒い下着が見え隠れした。


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:14:43.24 ID:hQ2n00mB0

P「うっ、はあ……」

また、唾液とともに酒を流し込まれた。四肢に力が入らない。そもそも巨乳艦隊四連斉射に耐えれるものはおるのだろうか。

背中越しからあずさの胸が押し付けられ、Pの胸板には律子の着やせする胸が押し付けられ、両太ももに小鳥と貴音の胸が

挟み込まれている。熱く柔らかく、そして一部が固い感触がグネグネとPの体を揺らす。

あずさはキスをしながらPの首筋や耳をかく。酒に酔いしれる体には刺激が強い。律子も引っ掻いていく。Pの乳首を舐めて噛み、

反対の方をグリグリ突いて立たせて捻る。

P「痛い……」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:23:44.06 ID:hQ2n00mB0

だが、痛みすら快楽だ。そして一番の刺激はやはり小鳥と貴音の股間への責めにある。竿は小鳥がついばむように吸い付いていく。

銜えない。そそり立つ男根の横から強くキスしている。それだけで先走り汁が漏れてくる。ペロリと舐められた。Pは呻く。

しかし、それも貴音の責めに比べれば可愛い。貴音は袋を啄んでいた。筋に沿って舐め、爪を這わせる。痛みに近い快楽がPの

背筋を襲う。だが逃げられない。二人に腰はがっちり掴まれる。悲鳴すらもあずさのキスで呻くように押し込まれるだけだ。

Pの口内はあずさの舌で征服されていく。舌と舌が絡まり綴れる。あずさの舌は上あごの辺り舐め回される。もはや何をされても

快楽の虜となる。


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:27:40.05 ID:hQ2n00mB0

あずさ「うふふ、プロデューサーさん、可愛いです」

律子「本当ね。ほら、こうやって乳首をつねると『ひっ』と悲鳴を上げて反るのよ」

小鳥「こっ、これが男の人のアレなのね。映像や画像で散々見たけどすごい匂い……」

貴音「うふふ、あなた様、気持ちいいですか?」

Pは答えない。このまま四人に蹂躙され嬲られるのか?

P「ふざ……けるなよ」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:35:32.64 ID:hQ2n00mB0

あずさ「えっ?」

Pの体が閃く。一瞬の隙をついてあずさから逃れ律子を脇にどかした。

P「いいだろう、お前ら全員相手にしてやるぜ。さあ、教えてやるよ、本当の悦楽をな」

激しく男根をそそり立たせたまま宣言した。

P「さて……この中で一人だけ仲間はずれがいるな」

Pの視線は一人に向かう。釣られてもう三人も見る。

貴音「確かに……」

あずさ「ダメですよー、それは」

律子「んー、こうなったら──」

小鳥「ビッ、ピヨ?」

律子「襲えー!」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:44:02.22 ID:hQ2n00mB0

小鳥「やっ、やめてー! この年になると色々と出ているの出ているのー!!」

だが哀れ、小鳥は無残に全ての服を剥ぎ取られてしまう。

P「結構良い体してますよ小鳥さん」

あずさ「うふふ、羨ましい限りです」

律子「これなら卑下することもないと思うけどなー」

小鳥「もう、全然嬉しくないです! あちこちに肉はつくわ、固くなるわで良い事ないんです!」

P「ならほぐしてやるか」

小鳥「えっ?」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 17:52:59.80 ID:hQ2n00mB0

貴音「分かりました。では右胸を」

律子「私は左を攻めるね」

あずさ「では下の方を頂きます~」

小鳥の体を三人が責めていく。胸は揉まれ吸い付かれる。容赦なく形が変わる。痛いほど掴まれ乳首は強く噛まれる。

小鳥「いっ、痛い──」

仰ぐように啼く口はPに口で塞がれる。キスをされた。目が見開く。

あずさ「あらあらいいですわねー。妬けちゃいます」

小鳥の太ももを撫でてキスするあずさは無遠慮に小鳥の豆を弾いた。


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:00:06.96 ID:hQ2n00mB0

小鳥「ん~~!!」

口が塞がれているため悲鳴はくぐもってしまう。それでも涙が溢れる。素早くPは涙をすくい舐めとる。

律子「本当だ、肉がついてる」

律子がフニフニと腰周りを摘む。ついでにへその辺りをキスする。

貴音「不摂生ですね。反省しないといけませんよ」

そう言いながら貴音は強く小鳥の乳首を噛みつつもう片方をひねった。

あずさ「うわあ、すごいです~。太ももまでべったり」

数多くの刺激に小鳥の秘裂からは無限の泉のごとく愛液が溢れてきた。それをあずさは行儀悪く音を立ててすする。


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:07:43.96 ID:hQ2n00mB0

小鳥「やめて、もうやめて」

喘ぎながら小鳥は懇願してきた。

P「そうだな、まずは楽にさせるか」

そそり立つ男根を小鳥の顔の近くまで持っていく。ごくりと小鳥はつばを飲む

P「小鳥さん、どうします? 嫌ならやめますよ」

小鳥「……いっ、挿れてください」

小鳥「もう嫌です。妄想だけの日々なんて!」

小鳥「私を──女にしてください」

P「分かった……」

律子と梓の手で小鳥の足が大きく開かされる。その中心の秘裂にPの男根が突き刺さる。


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:16:02.86 ID:hQ2n00mB0

小鳥「あうっ、ああっ……」

強い痛みが小鳥を襲ってきた。涙がまた溢れた。突き刺さる男根の秘裂からも血が流れる。

小鳥「うっ、動いてもいいですよ……」

肩で大きく息をしながら小鳥はPを見る。こくりと頷き少しづつ動いていく。動くたびに痛みが走る。嬌声ではない。半ば悲鳴が小鳥の口から漏れる。

貴音「力を抜いてください。入れるとより苦しいだけです」

貴音が小鳥に囁く。囁きながら首筋や耳を舐めていく。

あずさ「やっぱり痛いんですか~」

少し不安そうにあずさは言う。もっとも小鳥の胸を揉みつつだが。

小鳥「痛いですよ──でも幸せです」

泣き笑いという表情で小鳥は啼く。


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:21:46.06 ID:hQ2n00mB0

律子「もうー、さっさとイってよ。後がつかえてるのよ」

律子は小鳥の豆をいじりながらツンツンする。三人は小鳥に刺激を与えて痛みを誤魔化せつつさっさとイカせようとしていた。

小鳥「えっ、えー! 欲しい、プロデューサーさんの精液が欲しいー!!」

あずさ「ダメです」

三人の刺激を受けてプロデューサーが果てる前に小鳥が果ててしまった。

P「さて、次は誰がいい?」

貴音「ならばわたくしが」

胸を張るように貴音が立ち上がる。


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:28:01.55 ID:hQ2n00mB0

貴音「まず、キスからお願いします」

貴音はプロデューサーの首に腕を回しキスをする。豊かな胸はプロデューサーの胸板に押しつぶされる。

貴音「さて、あなた様、何をして欲しいですか? なんでもしますゆえ」

長くキスをしたあとに貴音は言った。二人の口の間に唾液の橋が作り出される。

P「そうだな、やっぱり……」

貴音「こっ、これはさすがに恥ずかしいです」

貴音はプロデューサーの顔の上に跨る。まるで和風トイレのように。

P「へえー、貴音のここの毛も白いんだな」

貴音「あっ、あなた様はやっぱりイケズですぅ」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:35:23.07 ID:hQ2n00mB0

ペロペロと貴音の秘裂を舐める。既に愛液は溢れかえっている。太ももに乾いた愛液がこびりついてたりもする。

豆を弾き、ひだに指を這わせて軽く挿れたりする。

貴音「むっ、むっ、うぅぅ……あはぁ」

エムの字の姿勢は辛い。押し寄せる快感に耐えながら足をプルプル震わせる。だがそれでも毅然とした態度を取り続けるのは

プライド故か。

あずさ「んー、今ひとつのようですね」

気持ちいいことは気持ちいい。だが、我を忘れるほどではない。

律子「簡単よ。貴音の弱点はここよ!!」

黙って見ていた律子がいきなり貴音の尻に指を突っ込んだ。


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:41:26.21 ID:hQ2n00mB0

貴音「そっ、それはー!!」

甲高く啼き、高嶺は力を落としてプロデューサーの顔に座り込んだ。同時に尿を漏らしてしまう。

貴音「あっ、あっー」

貴音の白磁の肌がみるみる赤く染まる。このような羞恥は経験があったのだろうか?

貴音「もっ、申し訳ありません、あなた様」

P「いっ、いやー、貴音の聖水が味わえるなら本望さ」

貴音「もうー」

P「さっ、尻を高く掲げて」

貴音「後ろからですか──」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:47:24.39 ID:hQ2n00mB0

「貴音の尻を見ながらヤリたいからな」

貴音「知りません」

そう言いつつ四つん這いになった高音は尻をフリフリ振る。今か今かと待ち望んでいるのだ。

P「では行くぞ」

プロデューサーの男根が突き刺さる。やはりはじめは拒むような壁が感じたがそのまま深く刺した。

貴音「あうぅ!!」

痛みが脳髄に突き刺さる。自然と目から涙が。口から涎がだらしなく垂れ下がる。

貴音「動いてくださいあなた様! 激しく動いて忘れさせてくださいませ!!」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 18:55:17.36 ID:hQ2n00mB0

P「ああ、そうさせてもらうよ」

プロデューサーは貴音の尻を掴み激しく動く。パンパンと肉のぶつかる音がする。そのたびに貴音は呻く。

あずさ「いいな~」

貴音の希望で二人きりで営みを行わせている。やはり律子の一撃が効いたのか。あずさは手持ち無沙汰に律子の胸を揉む。

律子「えっ、ちょっと……」

あずさは律子の胸をすくい上げるように揉み乳首をしごく。既に固い。甘い吐息が律子の口から漏れる。

あずさ「終わるまで二人で楽しみましょう」

伸し掛るようにあずさは律子にキスをした。



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:01:49.68 ID:hQ2n00mB0

胸を揉み首筋に舌を這わせ耳の穴を舌でほじる。腰を撫でて太ももを掴み足の付け根をつつく。

あずさ「律子さん、毛のお手入れが全然ですよー」

律子の下の毛をサラサラ撫でながら梓は言う。

律子「だって、必要ないんですもの」

あずさ「ダメですよー、そんなんじゃー。いざという時に大変です」

指に毛を絡ませて引っ張る。痛みが走る。

律子「痛い!」

あずさ「でも溢れてますよー」

あずさは律子の秘裂から溢れる愛液をすくい毛に塗っていく。

ふずさ「もう、こんなに濡れているんですよー。どうするんです~」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:07:20.17 ID:hQ2n00mB0

律子「しっ、知りませんよ」

あずさ「うふふ、良い物があるんですよ。こんなこともあろうかと──」

そう言って取り出したのはピンクローターだ。

あずさ「これの使い方、知ってます~」

ニコニコ笑うあずさに律子は顔をそらす。だが首筋まで真っ赤になっている。

あずさ「酔い、覚めてしまったんですね」

律子「…………」

あずさ「それとも初めから酔っていなかった?」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:13:47.93 ID:hQ2n00mB0

ますます律子は赤くなる。

あずさ「うふふ、答えてくれないとこうですよ~」

ピンクローターのスイッチを入れて律子の乳首に当てる。ブーンと振動とともに今までにない刺激が襲ってくる。

律子「あっ、あぁー!! 待って、それ待って!!」

あずさ「待ちませーん」

ピンクローターを律子の胸に押し付ける。逃げようとするが押さえ込む。首を振って律子は逃れようとするが逃れられない。

あずさ「もうー、これをアソコに押し付けたらどうなるんでしょうね~」

律子「えっ?」

にこやかに笑うあずさの笑みが悪魔に見えた。


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:19:41.70 ID:hQ2n00mB0

あずさ「うふふ~」

ピンクローターを胸から外し、電源を入れたまま下へと向かう。

律子「ダメダメダメ。やめてやめて、耐えられない耐えられない!」

あずさ「いやです~」

律子は太ももをグッと閉じようとするがピンクローターの刺激で力を落としてしまう。その隙にさっと潜り込ませピンクローターは律子の秘裂に……。

P「おいおい何してるんだ?」

ビール缶を片手にプロデューサーがやって来た。

あずら「あら、もう終わったんですか」

P「ああ、こっちがイク前にイっちまったよ」


111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:23:21.61 ID:hQ2n00mB0

あずさ「そうですか~」

P「さて、次はどっちだ?」

あずさ「じゃあ律子さんで」

律子「えっ?」

P「律子、それでいいか」

律子「あっ、いや……よろしくお願いします」

二人はキスをする。優しくあくまで優しく。

律子「ぷっ、プロデューサー」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:31:30.75 ID:hQ2n00mB0

キスをしながら胸を揉む。吐息が漏れる。先ほどのあずさと違う。力強く激しい。あす座の方が快楽のツボを突いていた。

だが、プロデューサーの手の方が良い。

律子「もう──挿れてください。切ないんです」

散々待たされあずさに弄られた。もはや体は限界だ。欲しくて欲しくてたまらない。対面のまま座り込むように二人は一つになる。

律子「ああっ!!」

二人の手は互いの首にかかっている。抱き合ったまま一つになり律子は呻く。痛みは強い。だがそれ以上に充実感が強い。

やっと結ばれたのだ。不本意な形とは言え達成できたのは確かだ。


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:38:46.30 ID:hQ2n00mB0

プロデューサーの胸板に律子の乳房が潰れるように押し付けられる。上下に動いて乳首が擦れる。それだけでも快感が湧きでる。

律子「ひゃう!!」

酔いしれる思いは突如とした違和感で打ち消された。

あずさ「なぜか眼鏡の子はお尻が弱いんですよね」

アナルバイブを手にしたあずさが丁寧に律子のお尻に挿れていく。

律子「えっ、ちょっと邪魔しないでよ!」

あずさ「うふふ、聞こえませ~ん」

ある程度挿入したアナルバイブを一気に引き抜く。大きく呻くと律子はプロデューサーの胸に力なく項垂れる。

あずさ「気持ちよすぎて失神したみたいですね」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:45:56.09 ID:hQ2n00mB0

あずさ「うふふ、最後は私ですね~」

P「そうだな……」

艶然と微笑む梓はまさに女神だった。大地母神。全てを包み安らぎと癒しをもたらす神。だが大地の女神は淫蕩でもある。

全てを生み出すものはこの上もなく貪欲なのだ。

あずさ「プロデューサーさん、抱いてください──」

ゆっくりと二人は近づきひとつとなった。

あずさ「注いでくださいたっぷりと、たっぷりと!」

騎乗位となってあずさは腰を振る。揺れ動く胸をプロデューサーが掴む。どこまでも指が沈む柔らかさだ。


121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:50:39.60 ID:hQ2n00mB0

あずさ「いいです! 凄く良いです! プロデューサーさん! プロデューサーさん!!」

P「あずささん! あずささん!」

二人は激しく睦み合う。キスをして貪り合う。そして限界が訪れようとする。プロデューサーの熱い精液があずさの中にぶちまけられようとしている。

P「出すぞ、出すぞー!!」

あずさ「ええっ、だして! 出してください!」

小鳥「させません!!」

あずさ「えっ?」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 19:58:01.30 ID:hQ2n00mB0

あずさ「えっ?」

プロデューサーが果てる瞬間にあずさの体が離れていった。見ると小鳥と律子が梓を引き抜いたのだ。行き場を失った精液は空を舞い虚しくプロデューサーの上に落ちた。

あずさ「もう、なんで邪魔をするんです」

小鳥「自分の胸に聞いてください! あたし達をダシにして美味しいところを持っていこうとは許しませんよ」

律子「……まったくよ」

あずさ「うう……そんな~」

貴音「まあまあ、ここは平等に行きましょう」

三人「平等に?」

貴音「簡単なことです。全員に注いで貰えばいいだけのことです」

P「えっ、何それ怖い」


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 20:01:21.32 ID:hQ2n00mB0

あずさ「うふふ~」

小鳥「プロデューサーさん♪」

律子「プロデューサー殿」

貴音「さっ、あなた様」

P「ええい、こうなったらいくらでもこい!!」


──数時間後


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 20:09:35.74 ID:hQ2n00mB0

P「……やっと。やっと終わった」

P「もう、精も根も尽き果てたぞ」

P「ハーレムは男の夢? ははっ、それは間違いだ! ハーレムは螺旋地獄です、はい」

P「しかし同僚にアイドルに手を出してしまった……どうしたら良いんだろう。というか明日からどんな顔すればいいんだ?」

P「ほら、一人と結ばれて恋人同士なら納得出来るよ。でも複数だぜ複数。あー、どしよ」

ピンポーン。

P「ん、こんな時間に誰だ? というか非常識だろ」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 20:14:33.44 ID:hQ2n00mB0

伊織「ちょっと、あんた、どういうつもりよ!」

春香「プロデューサーさん、乱交ですか乱交!」

千早「説明させてもらいます」

真「本当だよ、何考えているんだ!」

雪歩「ううっ、不潔ですー」

響「はっ、ハレンチすぎるぞまったく」

美希「ハニー、ミキはいつでもオッケーなんだよ」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 20:20:06.30 ID:hQ2n00mB0

P「えっえっ? というかみんなどうしてここに来たの? なんでこのこと知っているの?」

春香「小鳥さんからメールが届いたんです。──写真付きの」

P「あ、そういえば途中で小鳥さんは写メをしていたな。てっ、何してるんですか小鳥さん!!」

小鳥「……むにゃむにゃ、もう食べられないピヨ。お腹いっぱいピヨ」

P「寝るなー! 起きてください、ほら、早く」

伊織「一体何をお腹いっぱいに腹に入れたのかしらね」

真「きっと下の口からだよ」

雪歩「うらや──不潔です」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 20:35:21.81 ID:hQ2n00mB0

千早「大きい人ばかり──くっ」

響「うわー、貴音のこんな満足そうな顔、初めて見たぞ。……いいなー」

美希「あずさも律子も幸せそうに寝てるの。羨ましいの」

P「まあ、落ち着けみんな。これには深い、ふかーい訳があるんだ。分かるな!」

春香「分かりません! 私だってプロデューサーさんの事を……でもアイドルだから我慢してたのに」

伊織「ええ、そうよ! みんなアイドルだから自制してたよ。なのになのに!!」

千早「胸が大きくないとダメなんですかダメなんですね」

真「こんなのが送られて来て我慢できる? 出来るわけないだろう」

雪歩「ううっ……すごい匂いです。──興奮するかも」

響「さあ、覚悟はいいか! 自分はいつでもいいぞー」

美希「さっ、早くやるのー」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 20:38:07.55 ID:hQ2n00mB0

「ああっ、もうみんな落ち着けというか脱ぐなー! というか、もう限界です限界! 何も出ません。枯れ果ててます! あー、誰か助けてー!!」


次の日、アイドルたちが妙にツヤツヤしていたとか。そしてプロデューサーは当分の間休んだという。

だが、年少組がお見舞いを兼ねて写真の意味を訪ねに行く事をまだ彼は知らない……。

なお、小鳥さんはうっかり間違えてアイドル全員に写メを送ったみたいですよ。

終わり。


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/16(火) 20:42:25.21 ID:hQ2n00mB0

以上です。いろいろとアラがありすみません。とりあえず書きたいことは書いてみました。
元々は律子、小鳥、あずさのガールズトークの予定だったんですけどね。
妙に膨らんでこんな話に。しかし乱交というか複数の絡みは難しいですね。
色々と勉強になりました。最後に読んでくださってありがとうございます。

ではまたー。



元スレ:P「鍋パーティーのはずが乱交パーティーになってしまった……」

他サイト様の最新記事