1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:05:25.78 ID:RKWRxXwF0

春香「海外ですよ! 海外!」

美希「春香は初の海外だよね?」

春香「うん! だからずっと前から楽しみで楽しみで……」

千早「私は以前レコーディングに、美希は撮影だったかしら?」

春香「お土産は何買えばいいかな~」


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:07:43.40 ID:RKWRxXwF0

P「こらこら、遊びに来たんじゃないんだぞ」

春香「わかってますよぅ……」

P「俺はディレクターと打ち合わせをしてくるから、3人はその間にお世話になる現地の人に挨拶してきてくれ」

春香「任せて下さい!」

美希「はいなの!」

千早「了解です」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:09:38.71 ID:RKWRxXwF0

~数分後~

美希「ハニー!」

P「おっ、ちょうどさっき打ち合わせが終わったとk」

チュー

P「!?!?!?」

春香千早「「美希!?」」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:12:50.19 ID:RKWRxXwF0

P「な、何するんだ美希!?」

美希「あはっ☆ 挨拶なの!」

P「挨拶!?」

美希「現地の人がね、この国ではキスで挨拶する、って教えてくれたの!」

P「だからといって口は……スタッフの人に見られてないよな……?」

千早「プロデューサー」

P「な、なんだ千早」

千早「わ、私も……いいですか……?」

P「ええっ!?」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:15:06.02 ID:RKWRxXwF0

春香「千早ちゃん!?」

千早「『郷に入りては郷に従え』という諺もありますし」

P「い、いやそうはいってもだな」

千早「ただの挨拶なのですから、いいですよね?」

P「い、いや……」

春香「わ、私も!」

P「」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:19:18.11 ID:RKWRxXwF0

~帰国数週間後~
美希『生っすかサンデー!!』

春香『こんにちは、天海春香です! 私達は今、なんと海外に来ています!』

千早『今回の生っすかサンデー出張版はこの国からお送りします』



小鳥「いいなー……私も行きたかったなぁ……」

雪歩「わ、私は怖くて日本から出られないですぅ……」

貴音「海外、ですか……おそらく見たこともない食べ物が待っているのでしょう」

亜美「兄ちゃん! 次は亜美達も連れてってよー!」

真美「亜美真美ちゃんの収録とかで!」

P「は、はは……」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:22:15.38 ID:RKWRxXwF0

現地人『この国ではキスで挨拶するのよ』

美希『じゃあミキたちも早速やってみるの!』

チュー

春香『んんっ!?』

一同「!!!???」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:25:39.58 ID:RKWRxXwF0

亜美「はるるん!?」

真美「ミキミキ!?」

貴音「こ、これは……」

雪歩「」ゴクリ

小鳥「」ダバダバダバ

P(お、俺が惚けてる間になんてことを……)


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:29:47.94 ID:RKWRxXwF0

ガチャ

春香「おはようございます!」

小鳥「春香ちゃん!!! この番組は本当なの!?」

雪歩「ファーストキッスは美希ちゃんなの!?」

春香「えっ、ええっ!?」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:32:52.04 ID:RKWRxXwF0

春香「お、落ち着いて2人とも」

雪歩「落ち着いてなんていられないよ!」

小鳥「で、どうなの?」

春香「え、えっと……この撮影の前に……初めては、その……///」チラッ

P(馬鹿!!! こっちを見るな!!!)

亜美「兄ちゃん……?」

真美「どういうこと……?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:36:16.09 ID:RKWRxXwF0

小鳥「詳しくご説明お願いします」

P「い、いやこの国では挨拶で、普通のことらしい……から、な?」

貴音「挨拶……」

雪歩「そ、それで春香ちゃんとキスしたんですかっ!?」

P「いや! そもそもは美希が」

亜美「ミキミキ?」

P(しまった……)

真美「ミキミキともキスしたの?」

P「い、いいいやそんなわけないだろう!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:41:30.04 ID:RKWRxXwF0

貴音「あなた様」

P「いや、別にごまかしてるわけj」

チュー

P「んんっ!?」

雪歩「四条さん!?」

小鳥「貴音ちゃん!?」

貴音「んっ……ジュルッ……」

P「んうっ!?」

貴音「んふっ……ジュルルッ……レロッ……」

亜美「わわわっ///」

真美「///」ドキドキ


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:47:13.86 ID:RKWRxXwF0

貴音「ぷぁっ……」

P「」

ツーッ

雪歩「い、糸が……///」

貴音「ふふっ、ではあなた様、私は仕事に行って参ります///」

P「」

亜美「つ、次は亜美も!」

真美「ええっ!? じ、じゃあ真美も……///」

小鳥「じゃあ私も!」



P(こうして俺の平穏な日々は終わりを告げた)


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:52:50.73 ID:RKWRxXwF0

~一週間後~

ガチャ

P「おはようございまーす」

小鳥「おはようございますプロデューサーさん。今日もお早いんですね」

P「ええ。朝のうちにまとめておきたい書類があっt」

チュッ

小鳥「んっ……」

P「むぐ……」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 21:58:11.20 ID:RKWRxXwF0

小鳥「んっ……チュッ……」

P「んん…………」

小鳥「んふっ…………チュルッ……」

P「んぐ……」

小鳥「レロッ……チュルルッ……んっ……」

P「んぉっ……」

小鳥「ぷはぁっ……」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:05:33.57 ID:RKWRxXwF0

P「い、いきなりですか」

小鳥「こ、これは挨拶ですから! 朝一番にやるのが普通ですよ!」

P(現地の人でもここまで濃厚なキスはしないと思うんだけどなあ……)

P(というかそもそも本当に口同士でキスする国はあるのか?)

小鳥「もうちょっとだけ……いいですか?」

P「も、もうちょっとって……」

小鳥「誰もいないですから、ね?」

P「挨拶なのに何度もやる必要は……んぐっ……」

小鳥「んっ……」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:13:51.94 ID:RKWRxXwF0

バタンッ

P「ぐえっ」ゴンッ

小鳥「ぎゃっ」

律子「おはようございまーす」




P「ぐおおお……おはよう律子……」

小鳥「いったたたた……」

律子「……事務所の入り口で何やってるんですか」

P「ハッ!? 違うんだ律子! これは押し倒したわけじゃなくてたった今転んで!」

律子「流石にそれはわかりますよ! 階段の音にも気付かないほど夢中になってたんですか!?」

P「そ、それは……」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:20:08.53 ID:RKWRxXwF0

小鳥「そ、そういえばインク切らしてるから買ってきますね~」

律子「ちょっと小鳥さん!」

P「さーてそろそろ業務に入るか……」

律子「ち、ちょっと待ってくださいプロデューサー殿。私に挨拶は無しですか?」

P「ん? 挨拶ならさっきしたじゃないか」

律子「そ、そうじゃなくて……その……///」

P「……キスのことか」

律子「い、いやこれは挨拶の一貫ですから! 事務所で一時的に流行ってる挨拶なだけですから」

P「うーん……」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:26:53.80 ID:RKWRxXwF0

P「挨拶だから、挨拶だからな?」

律子「そうです! 挨拶です!」

P「い、いくぞ?」

律子「は、はい」


チュッ


律子「んっ……」

P「ん……」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:32:44.85 ID:RKWRxXwF0

P「んっ……はぁっ……」

律子「ぁっ……」

P「律子、こわばってるぞ」

律子「し、仕方ないじゃないですか……///」

P「まあ無理はないよな……」

律子「き、緊張してるってだけで嫌なわけではないんですよ?」

P「どうする? 続けるか?」

律子「じ、じゃあ……プロデューサーがリードしてくれません……か?」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:38:25.61 ID:RKWRxXwF0

P「…………律子、少し口を開けてくれ」

律子「はい……」


チュッ


律子「んっ……」

P「んっ……チュルッ……」

律子「んんっ……」ビクッ

P「レロッ……チュッ……」ナデナデ

律子「ん…………」

P「チュルッ……レロッ……んむっ……」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:42:33.26 ID:RKWRxXwF0

律子「ぷぁっ…………ハァ……ハァ……」

P「……こんなもんでどうだ」

律子「はい……ありがとうございます……」

P「そろそろ本当に仕事をしないとな」

律子「はい……また明日……」

P「お、おう……?」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 22:49:14.95 ID:RKWRxXwF0

あずさ「おはようございます~」

P「おはようございますあずささん」

律子「おはようございます。今日は随分お早いですね」

あずさ「ふふっ、プロデューサーさんにご挨拶しようと思って……」

P「え゙っ」

律子「……見えない所でやってくださいね。気が散りますから」

あずさ「ではプロデューサーさんはお借りしてきますね~」

P「ち、ちょっとあずささん!?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:00:31.15 ID:RKWRxXwF0

~社長室~

P「挨拶って……やっぱり普通の挨拶……じゃないですよね」

あずさ「はい、お願いします~」

P「いいんですか運命の人は……」

あずさ「んもうっ、たくさんの女の子とキスしてるのはプロデューサーさんのほうですよ?」

P「ご、ごめんなさい?」

あずさ「ふふっ、大丈夫ですよ、これは挨拶ですから」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:06:19.77 ID:RKWRxXwF0

チュッ

あずさ「んっ……」

P「んむっ……」

ギュッ

むにゅっ

P「んんっ!?」

あずさ「んふっ……チュルッ……」

P(胸が……!?)

あずさ「んっ……レロッ……チュッ……」

P「んんむっ……!」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:12:11.92 ID:RKWRxXwF0

あずさ「んっ……はぁっ……ハァ……」

P「ハァ……ハァ……あずささん……」

あずさ「どうしましたか? プロデューサーさん」

P「そ、そのですね……む、胸が……」

あずさ「うふふっ、当ててたんですよ?」

P「」

あずさ「プロデューサーさんなら……私……」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:17:45.84 ID:RKWRxXwF0

律子「あ、あずささん!!! お仕事ことで相談したいことがあります!!!」

あずさ「あ、あらあら~?」

小鳥「律子さん! グッジョブです!」

律子「ちょーっと資料を見ていただきたいのでこっちに来て下さい!」

あずさ「ふふっ、律子さんったら」

律子「そ、相談したいことがあるのは本当ですから!!」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:22:41.89 ID:RKWRxXwF0

P「……」

小鳥「……プロデューサーさん」

P「はい」

小鳥「アイドルには手を出さないって信じてますよ」

P「……はい」

小鳥「で、でも私なら」

あずさ「音無さ~ん? 聞こえてますよ~?」

小鳥「ひゃいっ!?」

P「……深く考えるのはやめておこう」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:28:06.53 ID:RKWRxXwF0

ガチャ

伊織「……」

P「んっ、おはよう伊織」

伊織「……」

P(お、怒ってるのか……?)

伊織「……」

P(……まあ仕事を続けるか)


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:31:46.61 ID:RKWRxXwF0

P「……」カタカタ

伊織「……あんた一人なの?」

P「ん? ああ、さっきまで音無さんと律子とあずささんが居たけど早めのお昼食べに行ったよ」

伊織「そ、そう……」

P(不機嫌……ではないのか?)


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:35:42.78 ID:RKWRxXwF0

P「さっきからどうしたんだ?」

伊織「!!! う、うるさいわね! ちょっと考え事してただけよ!」

P「そ、そうか」

P(やっぱり怒ってるのか……?)



伊織「ちょっとプロデューサー」

P「ん?」

伊織「こ、ここじゃ話しにくいから別のところが……」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:45:03.83 ID:RKWRxXwF0

~社長室~

P「で、どうした伊織」

伊織「そ、その……」

P「?」

伊織「だから……」

P「なんだ」

伊織「こ、この伊織ちゃんに挨拶無しってどういうことなの!?」

P「ええっ!? いつもしてるだろ!?」

伊織「そうじゃなくて! 別の挨拶があるでしょ!」


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:54:23.41 ID:RKWRxXwF0

P「い、いやだってあれは無理にするものでもないし……というか伊織はやりたくないんじゃなかったのか?」

伊織「そ、それは……その…………他に誰かいたから……」

P「ん?」

伊織「と、とにかく! 私にも……しなさいよ!」

P「……まあ皆もやってることだしな」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/03(月) 23:59:36.69 ID:RKWRxXwF0

P「行くぞ、伊織」

伊織「うん……」


チュッ


伊織「んっ……」

P「ん……」


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:02:07.52 ID:ksyX0jE50

P「どうだ、伊織」

伊織「ん……よ、よくわかんない……///」

P「……まあ俺も初めてはそうだったな」

伊織「だ、だから……もう一回……」

P「」

伊織「こ、これまでやってなかった分をまとめて返すくらいしなさいよっ!」

P「……仕方ないな」

伊織「ぁっ…………んっ…………」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:07:57.48 ID:ksyX0jE50

伊織「ぷぁっ……ハァッ……」

P「ふぅ……伊織、これくらいでいいか?」

伊織「……///」コクン

P「ふぅ……随分長時間やったような……」



亜美「もー、いおりん長すぎだよー!」

P伊織「「!!!!!」」


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:11:42.64 ID:ksyX0jE50

亜美「午後になったら出発するんだから、亜美のことも考えてくれないと困るっしょー!」

伊織「あ……あ……///」

P「い、いたのか亜美」

亜美「亜美が入ってくるのに気付かないとか兄ちゃんもいおりんも熱中しすぎだよ!」

伊織「~~~~~/////」

P「うっ……」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:16:02.22 ID:ksyX0jE50

亜美「ね、ね、いおりん初めてだよね?」

伊織「あ……ぅ……///」

亜美「どうだったどうだった?」

伊織「わ、私先にタクシーで行くから!!!///」

亜美「えー!?」

伊織「律子にもそう言っといて!///」


バタンッ


亜美「いおりん……」

P「やりすぎだ亜美……」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:24:32.03 ID:ksyX0jE50

亜美「いおりんは心配だけど……まずは兄ちゃんとご挨拶するのが先だね!」

P「ああ……やっぱりやるのね……」

亜美「当たり前だよ兄ちゃん!」

P「ちょっと休憩させてくれ……」

亜美「じゃあ…………兄ちゃんこっちに座ってー」

P「ん?」

亜美「とりゃー!」ボスンッ

P「ぐおっ!?」

亜美「えへへ……兄ちゃん抱っこー」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:30:32.53 ID:ksyX0jE50

P(座られるのはやばい……何がとはいわないけど色々とヤバい!)

亜美「兄ちゃんどうしたの?」

P「い、いや! 何でもないぞ! よく考えたら疲れてなかったからさっさとやろうか!」

亜美「そーお?」

P「んでどうする?」

亜美「んっとね、ベロだけでちゅーするのやってみたい!」

P「どこで得たんだそんな知識……」

亜美「んっふっふ~、雑誌とか学校とか色々あるんだよ兄ちゃん!」

P(これ犯罪にならないよな?)

亜美「ほーらー、兄ちゃんベロ出して!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:34:10.76 ID:ksyX0jE50

亜美「い、行くよ兄ちゃん……」

P「ん」

レロッ

亜美「レロッ……んふっ……」

P「ん……ヌチュッ……レロ……」

亜美「んぅっ……レロ……」

P「レロッ……ヌチッ……ん……」

亜美「ん……んん……レロォ……」

P「ヌチュッ……レロッ……ふっ……」


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:45:42.76 ID:ksyX0jE50

亜美「んっ…………えへへ……なんだかこれえっちぃね」

P「ふぅ……ふぅ……ハァ……」

亜美「でも亜美はいつもの方が好きかも!」ギュッ

P「ぐおっ!?」

亜美「ん? 兄ちゃんこれなあに?」サワサワ

P「うおっ……や、やめるんだ亜美!」

亜美「何か硬いモノが……」

P「何でもない! 何でもないぞ!」

アミーイオリーモウイクワヨー

P「ほ、ほら、律子が帰ってきたぞ?」

亜美「んー? まあいいや。兄ちゃんまた明日ね!」

P「お、おう」

アミー? イオリー?

亜美「はーい! りっちゃん今いくよー!」


84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:50:13.53 ID:ksyX0jE50

P「あ、危なかった……」





P「……」

P「トイレ行こう……」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:53:24.98 ID:ksyX0jE50

P「ふぅ」

P「昼食も食べたし色々スッキリしたし午後の業務頑張るぞ!」

P「小鳥さんはまだ戻ってきてないのかな」




やよい「うっうー! おはようございまーっす!」

P「おはようやよい! 今日もいい挨拶だな!」

やよい「はいっ! 今日もゲンキ100%です!」

P「これなら他に挨拶は必要ないな!」

やよい「はいっ! …………あっ……」

P(駄目か……)


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:58:08.80 ID:ksyX0jE50

やよい「あぅぅ……プロデューサー……他の挨拶もしちゃダメですか……?」

P「いや……その……」

やよい「あぅ……」

P「何でも言ってくれていいぞ!」

P(やよいの上目使いなんて断れるはずないじゃないか……)

やよい「じ、じゃあ、えっと……その……あぅぅ……///」

P「……キス……か?」

やよい「は、はいっ!」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:05:10.33 ID:ksyX0jE50

P(ただの挨拶ただの挨拶ただの挨拶)

P「行くぞやよい」

やよい「お、お願いしますっ!」


チュッ


やよい「んんっ……」

P「ん……」

やよい「んっ……」ギュッ

P「……」ナデナデ

やよい「んふー……」


91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:10:11.29 ID:ksyX0jE50

やよい「んっ…………えへへ……プロデューサーとキスするとすっごく幸せかなーって///」

P「そ、そうか……それはよかった」

やよい「あ、あの!」

P「なんだいやよい」

やよい「また明日も……お願いしていいですか?」

P「お、おう……」

やよい「ありがとうございます! それじゃあお仕事頑張ってきますね!」

P「気をつけて行ってこいよー……」

ヤヨイチャンイッテラッシャイ

アッコトリサンイッテキマーッス


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:14:09.27 ID:ksyX0jE50

小鳥「ただいま戻りました」ダバダバダバ

P「お、おかえりなさい」

小鳥「……」ダバダバダバ

P「ごめんなさい」

小鳥「事務所で堂々とやらないで下さい!!!」ダバダバダバ

P「ごめんなさい……」

小鳥「こっちは入るに入れなくて眼p……外で待ちぼうけだったんですから!」ダバダバダバ

P「本当にすみません……」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:21:38.35 ID:ksyX0jE50

響「はいさーい……」

P「おはよう響」

小鳥「おはよう響ちゃん」

響「ぷ、プロデューサー……」

P「ん? どうした響?」

響「えっと……その…………///」

P「?」

小鳥「ああっ! 買い忘れたものがっ! 外行ってきますね!」

P「え? い、いってらっしゃい」

小鳥(頑張ってね響ちゃん!)

響(ピヨ子……ありがとう……)


102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:26:29.95 ID:ksyX0jE50

P「で、どうしたんだ響」

響「えっと……あ、挨拶をして欲しいぞ///」

P「うっ……でもやっぱりこういうのは……」

響「い、今更だぞ!もう何回かしてるでしょ!」

P「そうなんだが……」

響「た、ただの挨拶だから! 深い意味はないぞ!」

P「……社長室に行くか」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:32:52.04 ID:ksyX0jE50

P「行くぞ響」

響「こ、これはヘンタイプロデューサーのしつけで、深い意味はないんだからなっ!」

P「はいはい……」


チュッ


響「んぅっ……」

P「ん……」


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:36:29.83 ID:ksyX0jE50

響「はぁっ……」

P「ふぅ…………」

響「…もう一回」

P「ん……」




響「ぷぁっ……」

P「はぁっ……ふぅっ……」

響「も、もっかい…………チュッ……」

P「んむ……」

響「チュッ……んっ……チュルル……レロッ……」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:40:42.87 ID:ksyX0jE50

P「ぷはぁっ……ハァ……ハァ……」

響「んっ……プロデューサー……チュッ……」

P「ま、まだやるのか?」

響「んっ……もっと、もっとぉ……」

P「うっ…………」

響「かなさんどー…………チュッ……」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:46:10.65 ID:ksyX0jE50

P「……ふぅ」

響「うぅ……///」

P「響って夢中になると周りが見えなくなるタイプだよな」

響「うぎゃああああ!! 思い出させないでよー!」

P「いや、だって……なあ?」

響「じ、自分でもわけわかんなくなっちゃうんだぞ……」

P「『かなさんどー』ってのはどういう意味だ?

響「う、うがあああああああ!!!///」


116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:49:36.65 ID:ksyX0jE50

春香「おはようございまーす!」

P「おはよう春香」

響「……」ズーン

春香「あれ? どうしたの響ちゃん?」

P「そっとしといてやれ……」

響「あうぅ……うぎゃぁぁぁ……///」

春香「は、はい…………あのっ、プロデューサーさん!」

P「……どうした春香」

春香「その……ご挨拶しましょう!」

P「……場所を変えようか」


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:56:14.77 ID:ksyX0jE50

春香「あっ……えっと、き、今日は!」

P「ん?」

春香「優しいキスをいっぱいして欲しいです……///」

P「え、えっと……短いキスってことか?」

春香「は、はいっ!」

P「……まあよくわからないけどやってみるか」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:00:32.75 ID:ksyX0jE50

春香「プロデューサーさん……」

チュッ

春香「んっ……」

P「んむ……」

春香「チュッ……んっ……プロデューサーさん……」

P「チュッ……んっ……」

春香「んっ……プロデューサーさん……プロデューサーさん……」

P「んっ……チュッ……春香……」


120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:04:37.80 ID:ksyX0jE50

春香「はぅ……はふぅ……」

P「ハァ……ハァ……」

春香「……プロデューサーさん」

P「ハァ……ふぅっ……ん?」

春香「一回、呼んでくれましたよね、名前」

P「あ、ああ…………って名前くらいいつも呼んでるじゃないか」

春香「……もう一回耳元で呼んでくれません……か?」

P「えっと……」



P「春香?」

春香「//////」


123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:15:42.85 ID:ksyX0jE50

P「これでいいか?」

春香「はい……プロデューサーさんと恋人みたいなことが出来て、凄く幸せです……」

P「」

春香「じ、じゃあお仕事行ってきますね! ほ、ほら響ちゃん! ちょっと早いけど出発しよ?」

響「あー……うー……」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:26:15.26 ID:ksyX0jE50

真美「おっはよー……」

P「おはよう真美、今日は元気ないな」

真美「うぅ……」

P(真美に限った話じゃないけど)

真美「兄ちゃん……亜美、事務所に来たよね?」

P「お、おう」

真美「じゃあ……や、やっぱり亜美と……したんだよね?」

P「挨拶をな! ただの挨拶をな!」

真美「……」


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:30:03.95 ID:ksyX0jE50

真美「じ、じゃあ……真美もする!」

P「い、いや、無理してやる必要はないんだぞ?」

真美「む、無理なんてしてないもん! 真美は兄ちゃんのことが……」

真美「!!!」

真美「///」

P「……とりあえず社長室に行くか」

真美「うん……///」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:35:44.98 ID:ksyX0jE50

~社長室~

真美「兄ちゃん……」

P「ん? なんだ?」

真美「その……嫌じゃない? 真美と……するの……」

P「……戸惑うことはあるけど嫌ではないよ」

真美「ホント?」

P「ああ、当然だろう?」

真美「えへへ……」


130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:39:23.28 ID:ksyX0jE50

真美「兄ちゃん……」


チュッ


真美「んっ……」

P「ん……」


131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:42:48.50 ID:ksyX0jE50

真美「んっ……チュッ……チュッ」

P「んむ……チュッ……」

真美「んっ……レロッ……んん……」

P「レロ……チュルッ……んむ……」

真美「ん……んん……」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:56:31.97 ID:ksyX0jE50

真美「はふ……兄ちゃん……」

P「ふぅ……」

真美「ど、どうだった? 亜美とどっちが上手?」

P「そもそも挨拶に上手い下手もないような……」

真美「深く考えたらダメだよ兄ちゃん! 直感で!」

P「え、えっと……どっちも好きだぞ! うん!」

真美「あぅ……///」

P「ほら、そろそろレッスンの時間だろ真美、」

真美「き、今日は許してあげるけど明日はちゃんと答えてよね兄ちゃん!///」


135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:06:06.30 ID:ksyX0jE50

P「ふぅ……ようやく落ち着いた気がする……」

小鳥「はぁぁ~……真美ちゃんかわいいわぁ……」

P「……」

小鳥「響ちゃんも春香ちゃんもかわいかったけど、亜美ちゃんにジェラシーしちゃう真美ちゃん……はぁ~……」

P「……いつの間に戻ってたんですか音無さん」

小鳥「お仕事をしないわけにはいかないですからね!」

P「うぐ……ただでさえ恥ずかしいのに見られてたと思うと……」

小鳥「ほ、ほら! 確かそろそろ皆のお仕事の様子を見てくる時間でしたよね!」

P「うーん……そうですね、気を取り直して行ってきます」


136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:11:17.65 ID:ksyX0jE50

P「まずは貴音か……」

P「そろそろ終わったはずだけど……あっ、いたいた」

P「おーい貴音ー」

貴音「!!!」


ダッ


P「逃げた!?」


138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:15:23.16 ID:ksyX0jE50

P「何で逃げるんだ貴音!?」

貴音「わ、私は四条貴音とはなんの縁もない者です!」

P「そんな話し方をした銀髪は地球に何人もいないだろ!」

貴音「と、とにかく別人なのです!」


139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:17:46.32 ID:ksyX0jE50

P「ハァ……ハァ……捕まえた……」

貴音「あ、あなた様……いたのですか。気付かずに申し訳ありません」

P「そんなわかりやすい嘘を付くな!」

貴音「あぅ……」

P「それで、何で逃げたんだ」

貴音「その……」

P「今だけじゃなくて最近俺を避けてるだろう」

貴音「そ、それは……」

P「……あの時のことか」

貴音「はい……」


140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:26:31.42 ID:ksyX0jE50

貴音「つい勢いでやってしまい、面目次第もございません……」

P「確かに貴音のおかげで色々大変な目にあってるけど」

貴音「うぅ……」

P「……まあそこまで辛かったりするようなものでもないし、貴音を恨んだりなんかしてないよ」

貴音「あ、ありがとうございます……」

P「だから気にせずいつものように俺を頼ってくれ!」

貴音「は、はい!」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:29:20.98 ID:ksyX0jE50

貴音「で、ではあなた様……」

P「ん?」

貴音「改めて挨拶を……///」

P「」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:32:37.54 ID:ksyX0jE50

P「それをもうやらない、って話じゃなかったのか!?」

貴音「し、しかし皆とは同じことをやっているではありませんか!」

P「うっ……」

貴音「わ、私もあれっきりで……その……寂しい思いを……」

P「うぐぐ……」

貴音「あなた様、これはただの挨拶なのです。気に病む必要はございません……」

P「……せ、せめて楽屋に戻ってからにしよう」


143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:37:51.48 ID:ksyX0jE50

P「ふぅ……いくぞ、貴音」

貴音「はい、あなた様……」


チュッ


貴音「んっ……ふっ……」

P「ん……」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 03:40:12.60 ID:ksyX0jE50

貴音「んっ……ジュルッ……んふっ……」

P「んおっ……んっ……」

貴音「チュルッ……レロッ……んっ……」

P「んっ……ジュルッ……」

貴音「んぅっ……チュルル……レロォ……」

P「んぅ……」


149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 04:24:04.29 ID:ksyX0jE50

貴音「んっ……ふぅっ……」

P「ハァ……ハァ……」

貴音「ふふっ、ありがとうございます、あなた様」

P「……この前も思ったけどやけに手馴れてないか?」

貴音「そ、そうなのでしょうか? 私はこのようにするものだとばかり……」

P「一体どこで得た知識なんだ……」

貴音「ふふっ、それは女性のとっぷしぃくれっとです」

P(事務所の誰かな気がするが……)

貴音「あ、あなた様……また今度……よろしくお願いします」

P「う、うん」


151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 04:59:14.76 ID:ksyX0jE50

真「あっ! プロデューサー!」

P「お疲れ様、真」

真「お疲れ様、じゃないですよ! なんでまたボクが王子様役なんですか!!!」

P「ま、まあまあ真、今度女性役の仕事も取ってくるから」

真「……今度っていつですか」

P「えっと……」

真「……今お姫様扱いしてください」

P「お、お姫様扱いって?」

真「え、えっと……その……挨拶を……///」

P「……それか」


152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 05:10:11.43 ID:ksyX0jE50

P「それで、どうすればいいんだ?」

真「えっと……王子様みたいに……熱くて深いキスを……///」

P「もう挨拶でも何でもないんじゃ……」

真「結構いますよ! 挨拶でキスする王子様!」

P「やっぱり深いキスじゃないと思うけど」

真「こ、細かいことはいいですから! さあさあ!」


154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 05:13:44.74 ID:ksyX0jE50

P「よし……行くぞ真」

真「は、はい……」


チュッ


真「んっ……」

P「ん……」

真「んぅー……」

P「んむ……」

真「んん…………」


156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 05:21:15.49 ID:ksyX0jE50

P「……こんなんでいいか?」

真「は、はい……///」

P「ふぅ……これから頑張らないと……」

真「ぼ、ボク……このままプロデューサーと毎日挨拶できるなら……やっぱりお仕事なくても……///」

P「そ、そうなのか?」

真「プロデューサーのお姫様になれるなら……」

P「い、いや、真はこんなに可愛いんだからアピールしないなんてもったいないだろう」

真「か、かわ……///」

P「だから一人だけのお姫様になんてならなくていいんだ!」

真「えへへ……かわいいかぁ……」


157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 05:30:32.30 ID:ksyX0jE50

P「お疲れ様、千早」

千早「お疲れ様ですプロデューサー」

P「調子がいいみたいじゃないか。監督が褒めてたぞ」

千早「ふふっ、そうですか? 最近いいことがあったからでしょうか」

P「そ、そうか」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 05:39:57.94 ID:ksyX0jE50

P「じゃあ駅まで送って行くよ」

千早「ぷ、プロデューサー? もう帰るんですか?」

P「ん? どうかしたのか?」

千早「……挨拶はしてくれないのですか?」

P「し、して欲しいのか」

千早「…………少しだけ」


160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 05:52:16.23 ID:ksyX0jE50

P「ま、まあ急いでるわけじゃないから大丈夫だけど……」

千早「では……プロデューサー……」


チュッ


千早「んっ……チュルッ……」

P「んぅっ……!」

千早「レロッ……チュッ……んむっ……」

P「んぐっ……」

千早「チュルッ……んんっ……ジュルルッ……」

P「んぉっ…………」

千早「ジュルッ……んふっ……んっ……」

P「んんぅ……」

千早「レロォ……んチュッ……ふっ……」


162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 06:06:23.60 ID:ksyX0jE50

千早「ぷはぁっ……ハァッ……ハァッ……」

P「ハァッ……ハァッ……ハァッ……」

千早「……んっ……ふぅ……」

P「ハァッ……ハァッ…………千早が一番激しいな」

千早「なっ……///」

P「美希や貴音も激しいけど……千早はもっと激しいな」

千早「…………もっと控えた方がいいのでしょうか」

P「い、いや、激しいってだけで嫌なわけじゃないぞ!」

千早「プロデューサーをもっと感じたくて……つい夢中になってしまうんです」

P「大丈夫だから、な?」

千早「そうですか?」

P「ああ! こう見えて敏腕プロデューサーだからな」

千早「ふふっ……では……次はもっと時間がある時にお願いしますね」

P「」


185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 10:27:01.90 ID:ksyX0jE50

P「お疲れ様、雪歩」

雪歩「あっ……プロデューサー……///」

P「こ、こら! 変な誤解をされるような声を出すんじゃない!」

雪歩「はうっ、ご、ごめんなさい!」

P「……他の人は……・いない……よな」

雪歩「こんなダメダメな私は穴掘って……」

P「雪歩! ストップ! ストーップ!!!」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 10:47:02.43 ID:ksyX0jE50

P「落ち着いたか」

雪歩「は、はい……ごめんなさい……」

P「なんでまたあんな声を出したんだ」

雪歩「そ、それは……///」

P「……やっぱりアレか」

雪歩「き、今日もお願いしていいですか……?」

P「……まあ、ただの挨拶だしな!」


188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 11:01:01.92 ID:ksyX0jE50

雪歩「プロデューサー……お膝の上、いいですか?」

P「い、今なら……大丈夫だぞ」

雪歩「えへへ……失礼しますぅ」


チュッ


雪歩「んっ……」

P「ん……」


190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 11:06:40.17 ID:ksyX0jE50

雪歩「ふっ…………ん……」

P「んっ……これで終わりでいいのか?」

雪歩「はい……」

P(いつもは結構長くなるのに)

雪歩「……」ジーッ

P「ゆ、雪歩? どいてくれると嬉しいんだが……」

雪歩「も、もう少しこのままでいいですか?」

P「……まあ時間にも余裕はあるから大丈夫けど」


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 11:13:38.63 ID:ksyX0jE50

雪歩「……」ジーッ

P「……」

雪歩「……」ジーッ

P「……」

雪歩「……」

P「ゆ、雪歩、これかなり恥ずかしいんだが……」

雪歩「わ、私も恥ずかしいのを我慢してますから……ね?」


195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 11:31:09.19 ID:ksyX0jE50

雪歩「プロデューサー……やっぱりもう一度いいですか……?」

P「えっ……んぅっ!?」

雪歩「ん……チュッ……」

P「んぅ……」

雪歩「チュルッ……んふっ……」

P「んぐっ……」

雪歩「んっ……チュッ……ん……」


196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 11:36:50.99 ID:ksyX0jE50

P「結局いつもと同じくらいやった気がする……」

雪歩「えへへ……」

P「……というか何がしたかったんだ」

雪歩「そ、それは……私の男の人の苦手を治すための特訓ですぅ!」

P「そうなのか?」

雪歩「だから毎日やらないと……」

P「ま、毎日?」

雪歩「は、はい!」

P「う、うーん……時間がとれるかどうかわからないけど雪歩の苦手が克服されるなら……か……」


197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 11:47:17.23 ID:ksyX0jE50

美希「ハニー!!!」

P「お疲れ様、美希」

美希「見て見てハニー! カントクからご褒美にチョコ貰ったの!」

P「おお、よかったじゃないか」

美希「ねぇねぇ、一緒に食べよ?」

P「そうだな、ちょっと小腹も空いてきたし頂こうかな」

美希「あはっ☆ じゃあ早速楽屋に行くのー!」


199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 11:59:35.31 ID:ksyX0jE50

~楽屋~

P「美希」

美希「ふぁいなの」

P「何をしてるんだ?」

美希「ふぁにー、ふぁやくひないほほけひゃうの」

P「ちゃんと食べてから喋りなさい」

美希「」モグモグ ゴクン

美希「ハニー! 早くしないと溶けちゃうの!」

P「……何を?」

美希「んもうっ……挨拶に決まってるの」

P「チョコを食べながらする挨拶なんて聞いたことないぞ……」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 12:05:51.80 ID:ksyX0jE50

P「やっぱり挨拶とは何も関係ないんじゃ……」

美希「今更なの!」

P「い、今更ってそれじゃあやっぱr」


ポコンッ


チュー


P「んんっ!?」

美希「んー……チュッ……」

P「んぐぉ……」

美希「んっ……レロ……チュッ……」

P「」

美希「レロッ……レロ……んふっ……」


204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 12:13:01.53 ID:ksyX0jE50

美希「んくっ……んっ……すっごく美味しかったの!」

P「」

美希「ねぇねぇ、ハニーはどうだった?」

P「……味なんてわからないよ」

美希「んもうっ、最高級のチョコなんだからしっかり味わわないともったいないって感じ!」

P「そ、そんなこと言われても……」

美希「まだまだチョコはたーっぷりあるから、いっぱいご挨拶しようね、ハニー♪」

P「」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 12:57:52.44 ID:ksyX0jE50

美希「ハニー! 今日もいっぱいキスしようね♪」

P「もう完全に挨拶でもなんでもな……んぐっ……」

貴音「あなた様、私はその次に……」

やよい「わ、私ももっといっぱいしたいです!」

真「伊織もキスなんて興味ない、って言ってたのに結局やったんだね?」

伊織「し、しょうがないじゃない…………きなんだから……」

春香「プロデューサーさん……今度お家にお邪魔してもいいですか……?」

響「あっ! 春香だけなんてずるいぞ!」

千早「私は……私の家でもいいですよ?」

雪歩「私の家でも大丈夫ですぅ!」

あずさ「プロデューサーさん? 亜美ちゃんとどんなことをしたかじっくり教えていただけませんか?」

真美「に、兄ちゃん……真美も抱っこしたい///」

亜美「兄ちゃん兄ちゃん、ろくじゅうきゅう、ってキスがあるんだって!」

律子「あ、亜美!! そういうこと大声で言わないの!!」

小鳥「ふふっ、今日も平和だわ~」


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 12:59:57.09 ID:ksyX0jE50

おわり

後半なんとなくしか考えてないけど何とかなるだろうと思ったらあんまり何とかならなかった
真と貴音難しいな・・・



元スレ:P「挨拶でキスするようになってしまった」

他サイト様の最新記事