1: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:31:03.74 ID:gHdp9LsSO

京太郎(まったく…)


咲「和ちゃん和ちゃん」
和「咲さん、咲さん」

イチャ~イチャ~


京太郎(華の女子高生が何してるんだ!)

京太郎(こうなったら…)


2: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:32:40.41 ID:gHdp9LsSO

京太郎「咲!和!」

咲「わわっ!?な、何?京ちゃん」

和「どうかしましたか?」

京太郎「お前ら彼氏欲しくないのか!」

咲「ふぇっ?い、いきなりどうしたの?」


3: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:34:02.71 ID:gHdp9LsSO

京太郎「どうしたもこうしたもあるかぁ!」

和「落ち着いて下さい、須賀君」

京太郎「和も!『私は美少女だから~』って余裕こいてると、あっという間にその胸垂れるぞ!」

和「なっ…」

咲「き、京ちゃん、私達まだ彼氏とか考えてないよ。麻雀の特訓もしないといけないし…」


4: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:35:26.34 ID:gHdp9LsSO

京太郎「だめだ、だめすぎる!麻雀の特訓とか言って、どうせ美少女同士でキャッキャッして、それを思い出して配牌や引きを良くするんだろ!」

和「そんなオカルトならありですね」

咲「和ちゃん!?」

京太郎「こうやって闘牌シーンが女ばっかになっていくんだ!」




優希「女子の大会だし、“美少女麻雀物語”だからな」タコスウマー


5: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:36:45.44 ID:gHdp9LsSO

京太郎「このままじゃダメだー!」ダーッ

咲「行っちゃった…」

和「何だったんでしょう?」


数日後


京太郎「おーい!」

咲「なぁに?京ちゃん?」

京太郎「朗報を持ってきたぞ!」

咲「?」


6: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:38:17.65 ID:gHdp9LsSO

京太郎「俺の友達で、咲と仲良くなりたいって奴がいるんだ…
今度デート…はまだ早いな。ともかく会ってやってくれないか?」

咲「へ?」

京太郎「これを機に男とも仲良くなれよ」

咲「な、何言ってるの?このあいだの彼氏がどうとかいう話?勝手に決められたら困るよ」

京太郎「そっか…残念だなぁ。そいつ、国内外問わずミステリ好きで、なかなか話ができるやついなくて寂しがってたんだがな」

咲「えっ…」ピクッ

京太郎「清澄の図書室の蔵書も大半読み込んだらしい」

咲「ほ…本のお話するくらいなら…」


7: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:39:32.61 ID:gHdp9LsSO

そして数日後

京太郎(さぁて仲良くしてるかな?)ヒョイ


図書室


咲「わぁ…そうなんですか。私は○○の作品が好きで…」

咲「最近は海外の作家も読んでるんです!」

咲き「あ、その作者なら私持ってるよ。今度貸してあげるね!」


8: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 16:40:35.43 ID:gHdp9LsSO

京太郎(おっ!いい感じじゃないか…それじゃ後はお二人に任せて、っと)

京太郎(うんうん、やっぱ女の子はこうでなくっちゃ!)

京太郎(さーて次は和だ。もともと俺は和を狙ってたけど、まぁいいや…)

京太郎(それより…百合百合しい和を、いかに男にのめり込ませるか…)


16: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 21:55:34.12 ID:gHdp9LsSO

和「咲さんが男の人と仲良くしています…」ガーン

京太郎「よっ、和。どうした?咲が男と仲良くなってヤキモチか?」

和「須賀君!貴方ですね、咲さんに悪い虫をつけたのは!!」

京太郎「心外だな。あんなに仲良くなったんだから別にいいだろう?相手も別に悪い奴じゃあない」

和「で、ですが…」


17: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 21:56:50.98 ID:gHdp9LsSO

京太郎「もしかして咲が先に彼氏を作るのが許せないか?『いいなぁ、私も彼氏が欲しいなぁ』ってところか?」

和「そんなわけないでしょう」

京太郎「はは、悪い悪い…お詫びにこれあげるよ」

和「わ…っ!なんですかコレ!小さなエトペンのマスコット!」

京太郎「お?気に入った?俺の友達で手先の器用な奴がいてさ…自作したらしいよ。」

和「へぇ…男の人がこんなにかわいいのを…ですか」


18: ◆9NgV143E7U 2015/02/26(木) 21:58:01.78 ID:gHdp9LsSO

京太郎「本人は、男のくせにこんなこと得意でも仕方ない…って言ってたけどな」

和「いえ、凄いと思いますよ!」キラキラ

京太郎「今度紹介するから本人に言ってやってよ。和にリクエストされたらもっと作ってくれるかもしれないぞ」

和「ほ、ホントですか?」キラキラ

京太郎(チョロイ…)





優希「京太郎め…何で自分でなく、知り合い同士をくっつけようとするんだじぇ」タコスモグモグ


26: ◆9NgV143E7U 2015/02/27(金) 23:01:55.90 ID:487uki2SO

京太郎に紹介されてから…


和「あっ、ありがとうございます!この前お話ししたぬいぐるみ、もうできたんですね。」

和「すごいです!お店で売ってるのと遜色ない出来栄えですね。まさか『エトピリカになりたかったペンギン』の他のキャラクターまで揃えることができるなんて…」

和「え?男の特技としては気持ち悪いだろ、って…
そんなことありえません。それに…私だって私服はフリフリのマイノリティ趣味です!」


27: ◆9NgV143E7U 2015/02/27(金) 23:03:43.79 ID:487uki2SO

ワイワイ キャッキャッ


京太郎「ふふ…仲のよろしいことで…」モノカゲ

京太郎(いいぞ…野郎相手じゃもっと固くなると予想したが、思ったより和の好感度が高い)

京太郎(いいぞ…和…そのまま仲良くなってしまえ)フフフ ククク アーハッハッハ






優希(何で悪役みたいな笑い方してのどちゃんの恋路を後押ししてんだ?)タコサンウインナーツマミ


28: ◆9NgV143E7U 2015/02/27(金) 23:04:56.95 ID:487uki2SO

京太郎「よっし!咲と和にはいい感じの相手ができたな。今度デートでもセッティングしてやるとして…」

久「おっはよう!須賀君!」

京太郎「部長!おはようございます!」

京太郎(竹井部長…風越の福路さんをはじめ、女同士で浮名を流しているようだが……そんな不毛なことはこの俺がゆるしません)

京太郎「ぶちょ…」

内木「竹井さん!」

久「あら、いち…っと、副会長じゃない」

京太郎(ん?)


29: ◆9NgV143E7U 2015/03/02(月) 05:36:38.06 ID:DdTz/EGSO

内木「学生議会の案件について話し合うの、今日の昼休みでよかったですか?」

久「うん、そうね。お昼に議会室で……あ、アレ作って来てくれた?」

内木「はいはい、ちゃぁんと竹井会長の好きな卵焼き入りのお弁当作ってきましたよ」

久「でかした!」

京太郎「部長…副会長に昼飯をたかってるんですか!?副会長、なにか弱みを握られてるんじゃ…」


30: ◆9NgV143E7U 2015/03/02(月) 05:38:24.79 ID:DdTz/EGSO

久「失礼ねー!ただの好意よ。ね、副会長?」

内木「ただはひどいなぁ。見返り求めますよ~」

久「あはは、じゃ、今度デートしたげる。それでどう?」

内木「おぉし!それなら明日は重箱で用意してきてあげましょう。約束忘れないでくださいよっ!」ビシッ

久「ふふっ、私って罪な女ねぇ~」

内木「まったくですよ、あはは」

久「あははっ」

京太郎(え?何この“お前らもう付き合っちゃえよ”的な関係は…)

京太郎(いや、部長は交流関係が広いことで有名だ。このくらいのフレンドリーさは発揮するだろう…)

京太郎(こうなったら…俺がこの二人をくっつけてやる!!)


38: ◆9NgV143E7U 2015/03/04(水) 10:35:04.80 ID:9gVfubCSO

昼休み

京太郎(まずはあの二人がどんな仲か確認しておこう……)コッソリ

会議室

久「ねぇ…一太?」

内木「なんです?久さん?」

久「これって学生議会の仕事じゃなかった?」

内木「そうですよ」

久「なんで私達二人だけしかいないのよ」

内木「寺平たちは“お邪魔するといけませんから”って言ってましたけど…」

久「何の?」

内木「さぁ?学生議会の仕事をサボるなとは叱っておきましたけど」


39: ◆9NgV143E7U 2015/03/04(水) 10:36:05.65 ID:9gVfubCSO

久「悪いわね。いつも嫌な役やらせちゃって…」

内木「ま、こういうのは男がやったほうがいいでしょ」

久「一太はいいお父さんになりそうね」

内木「久さんは……いいお母さんに…う~ん?」

久「ちょっと!?悩まないでよ」




京太郎(ほぅほぅ…お互い名前で呼び合ってるのか…後はもう少し色気のある会話でもしてくれれば盛り上がるんだけどなぁ)←アンパン頬張りながら張り込み中

京太郎(よし…ここは咲達に使おうと思っていたデートプランをあの二人用に手直しして…)





優希(一体何が京太郎を突き動かしてるのか…)←タコス頬張りながら張り込み中


41: ◆9NgV143E7U 2015/03/05(木) 23:32:10.47 ID:W2H1HyySO

京太郎「よし…ありがちだが、今度映画のチケットでも渡してデートしてもらおう…」フフフ

優希(あ、もう張り込みは終わりなのか。でも、そううまくいかなぁ……?)タコスカンショク

優希「……ん?」チラ




久「よ~し、じゃあ一太お手製のお弁当の時間ね」

内木「はいはい…今、準備しますからね」


42: ◆9NgV143E7U 2015/03/05(木) 23:33:01.63 ID:W2H1HyySO

久「あ~ん…」

内木「何ですか?餌をもらう雛みたいに口をあけて…」

久「食べさせてよ~」アーン

内木「まったく…こういうときは子供みたいなんだから……はい、アーン」

久「えへへ」モグモグ

久「ほんろはわらしがらべさへてはげる」モグモグ

一太「食べながらしゃべらない!!」

久「ゴメンナサイッ!」

イチャイチャ キャッキャッ



優希(案外京太郎が何もしなくても上手くいくかもしれないじぇ……)タコスモウナイ…


44: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:23:11.67 ID:CdosC9HSO

後日

京太郎(よし、部長と副会長をくっつけるためにうって出るぞ)

京太郎「部長」

久「あら?須賀君?」

京太郎「麻雀部部長と学生議会長を兼務している竹井部長にささやかながら感謝の気持ちです!」

久「え?だめよ…そんなの受け取れないわ」

京太郎「別に献金ってわけでもないし…ただの映画のチケットですよ。2枚ありますんで副会長と一緒に楽しんで来て下さい」

久「ええっ!?いち…いえ、副会長と?なんでよ?」

京太郎「そりゃあ、お二人は学生議会を運営して清澄での学校生活を充実させてくれてますから」


45: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:24:28.04 ID:CdosC9HSO

久「ちょっと須賀くん?何か企んでない?」

京太郎「まさか!映画のチケットくらいで見返りなんて求めません!」

久「ふーん…ま、くれるというならありがたくもらうわ。副会長と出かけるのも悪くないしね…次の休みに予定が合うか、声かけてみるわ」

京太郎「そうでしょう、そうでしょう!」


46: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:25:46.10 ID:CdosC9HSO

京太郎「よし、第一段階クリア」

京太郎「そして次の“障害”を乗り越えるためには……」ピポパポ

トゥルルル

京太郎「もしもし、俺だ……」





47: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:27:16.59 ID:CdosC9HSO

そして当日

久「一太~!」

内木「久さん、おはよう。時間ぴったりだね」

久「そういうところはキッチリしたいからね、私」

内木「頼もしいや」

内木「それにしてもチケットがペアで手に入るなんて凄くラッキーだね、この映画を実は見たかったんだ」

久「そうなの?後輩が譲ってくれたんだけど…」

内木「じゃあその子に感謝だ。久さんにお弁当作ってた甲斐があったよ」

久「なによそれ~」


48: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:28:33.73 ID:CdosC9HSO

離れたところ

京太郎「いいぞ、そのまま存分にデートを楽しむがいい…」ククク

優希「京太郎…お前わざわざ休みの日に部長達を尾行しなくても…」

京太郎「いいんだよ、あの百合百合していた皆がまっとうに男女交際してるんだぜ!」(感涙)

優希「えぇ~……」

京太郎「お前こそ、わざわざついて来なくて良かったのに…」

優希「京太郎がへんなことしでかさないか見張るじぇ。のどちゃんも咲ちゃんも仲良くなった男の子と遊びに出かけてるしな…」


49: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:29:48.37 ID:CdosC9HSO

京太郎「ふっ…これが上手く言ったらお前にも彼氏が出来るよう紹介してやるよ」

優希「私は…別にいいじぇ」

京太郎「ふぅん、ま、いいや……っと、そろそろ俺が動く必要があるかな?」

優希「ん?さっそく変なことしでかすつもりだな!」

京太郎「ちげーよ。あれを見ろ」クイッ

優希「ん?」



美穂子「……」


50: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:31:09.59 ID:CdosC9HSO

優希「あ、あれは部長と仲の良い風越のお姉さん!?」

京太郎「あの二人は仲良いからな、部長がデートするって話を何気なく話したんだろう」

京太郎「気になって見にきたに違いない」

優希「まさか…」


51: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:32:35.97 ID:CdosC9HSO

京太郎「今、二人の邪魔をさせるわけにはいかない…」

ピポパポ

京太郎「俺だ。事前に話した通りに頼む」




美穂子「久……本当に男の人とデートなんて…」ガーン

ドンッ

美穂子「あっ!?…ごめんなさい、ぼーっとしていてぶつかってしまって」



優希「あ…向こうから歩いてきた男の人とぶつかったじぇ」

優希「ん?何か話し込んで…ナンパ?」


53: ◆9NgV143E7U 2015/03/08(日) 03:40:37.76 ID:CdosC9HSO

美穂子「……」スタスタ



優希「ええっ!?二人で歩いてっちゃったじぇ!?」

京太郎「ふっ…部長がデートしてるのを見てショックと同時に羨ましかったのだろう。そこに声をかけられれば…」

優希「だからって、あのお姉さんが…そんな簡単に…」

京太郎「福路さんも年頃の女性だ。女子高じゃ出会いもないだろうからな…」

優希「京太郎、まさか声かけた男の人って…」

京太郎「俺の知り合いだ。前に福路さんのこと話したら好みだっていってたからな。思い切って口説いてみろって頼んだんだ」

優希「お前の人脈はどうなってるんだ…」


54: ◆9NgV143E7U 2015/03/09(月) 05:28:31.52 ID:tBwCN7ASO

こうして京太郎は久と一太を結ばせることに成功した。


この後、京太郎はそのコミュ力をいかし、次々と男女のカップリングをすすめていった。

いつしかその噂は有名になり、すこやんも結婚相手を見つけるため相談に来たとか来なかったとか…

インターハイ出場選手は彼氏の前で勝利を誓い、男子選手もまた女子との交流でレベルの底上げが見られるようになったという。


咲や和が、そして穏乃や憧が男の前でかわいらしい表情を見せる日も遠くはないかもしれない。

その日まで縁を結び続けるのだ京太郎!

カン



優希「そういえば染谷先輩はいいのか?」

京太郎「あの人は>>1と付き合ってるから」

優希「俺まこか…」

もいっこカン



元スレ:京太郎「えぇい!女同士でイチャイチャしやがって!」

他サイト様の最新記事