6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:11:26.97 ID:uMO9UTyl0

小鳥「あの、あんまり性的な目で見ないでもらえませんか……」

P「はい?」

小鳥「さっきから、その……時々私の方チラチラみてるじゃないですか。その、プロデューサーさんも男性だってことは分かってますけど……」

P「いや、ちょっと待ってくださいよ。別に俺小鳥さんのこと見てなんか……!」ガタッ

小鳥「ひぅっ」ビクッ


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:17:38.59 ID:uMO9UTyl0

P「あ、すみません。驚かせてしまって……俺別にそんな」

小鳥「あわわわわわわ……ど、どうしよう!これから私、プロデューサーさんに襲われて……!」

P「いや、そんなことしませ」

ガチャ

真美「あー!また兄ちゃんがピヨちゃんいじめてるー!」

亜美「それは大変だー!つーほーしなきゃ!ぽぱぴぷぺー」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:29:26.46 ID:uMO9UTyl0

P「はぁ……またややこしいのが……」

亜美「そいつぁひどいぜ、兄ちゃん」

真美「真美たちは二人のタカハシになってあげようと思ってるのにぃ」

P「タカハシ……架け橋のことか?いやいや、このくらいは俺が自分で……」

小鳥「ダメぇ!」

三人「「「!?」」」ビクッ


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:59:05.88 ID:uMO9UTyl0

亜美「ぴ、ピヨちゃん……?」

小鳥「ダメです!アイドルに、ましてやまだ幼い亜美ちゃんと真美ちゃんに手を出すなんて……!」

P「いや、そんな手を出すとかそういうんじゃ」

真美「そーだよ、真美たちは兄ちゃんをからかってるだけで」

小鳥「ふ、二人に手を出すくらいなら私を……私を好きにしてください!」

P「……」ゴクリ


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:14:19.37 ID:uMO9UTyl0

P「(ってゴクリじゃねぇよ!)少し落ち着いてください、俺は誰彼構わず手を出すような奴じゃなくてですね」

小鳥「ろ、ロリコン!?私は2X歳、流石にロリコンの需要には……」

小鳥「だけどダメよ、小鳥!ここで諦めちゃったら亜美ちゃん、真美ちゃんの貞操が!」

P「あのですね、別に俺はロリコンでもなくて……二人も説明してくれよ」

亜美「兄ちゃんは亜美たちのライブ見ると大興奮だよね。あ、粉塵使うよー」ピコピコ

真美「初ライブの時なんか真美の衣装見て泣いてたよね。ちょい調合するから任せたー」ピコピコ


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:21:20.62 ID:uMO9UTyl0

P「おいっ!お前ら架け橋になるとか言っといてもう飽きてんじゃねぇか!しかも一応嘘は吐いてないところが性質悪いなぁっ!」

小鳥「ロリコンの興味をこちらに向けるには……」ブツブツ

P「違いますからね?俺ロリコンじゃないですからね!?」

小鳥「……お兄ちゃん!」ウルウル

P(あ、ロリコンでもいいかもしんない)

P「いやいやいや、ロリではない、ロリではないよ」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:31:46.42 ID:uMO9UTyl0

亜美「『事務所で兄ちゃんがピヨちゃんに兄妹プレイ強要してるなう』っと」メルメル

真美「『なお、容疑者はロリがどうのと供述しており云々』っと」メルメル

P「こら!誰に送る気だ、それ!」

小鳥「お、お兄ちゃん……」ツンツン

小鳥「こ、小鳥のことだけを、見て?」

P(震えてる小鳥は可愛いなぁ)ナデナデ


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:41:01.53 ID:uMO9UTyl0

小鳥「あ、あの……おに、お兄ちゃん」

P「なんだ?」ナデナデ

小鳥「あ、頭……」

P「頭がどうかしたか?」ナデナデ

小鳥「えっと……なんでもないです」

P(いや、落ち着け、俺……確かに怯えと羞恥が入り混じった表情はそそられるものがあるがそういう問題じゃない)ナデナデ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:55:51.24 ID:uMO9UTyl0

ピロリロリーン

真美「おっけー、証拠写真ゲット」メルメル

亜美「流石だな、真美者」

P「ちょ、だから誰に送ってるんだ……!」

真美「765プロメーリングリストに決まってんじゃん!」

P「なっ!?それマジでやばいじゃねぇか!うわ、携帯が鳴りやまない……」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:08:45.83 ID:uMO9UTyl0

律子「プロデューサー!!それと亜美真美!!」バンッ

亜美「げぇっ!?りっちゃん!」

真美「真美たちは恐ろしいものを呼び寄せちまったようだな……」

亜美「真美隊員!巻き込まれる前に逃走だっ!」ダッ

真美「了解、亜美隊員!姉さん六角逃げるにシカト!」ダダッ

律子「ちょ、こら!それを言うなら三十六計逃げるに如かずでしょー!」


55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:16:41.28 ID:uMO9UTyl0

律子「やれやれ、逃がしたか……」

P「あー、まだ追えば間に合うんじゃないかなー?」ナデナデ

小鳥「あうぅ……」

律子「いつまで小鳥さんを撫でてるつもりなんですか?」ギロッ

P「あ、あははー」ササッ

律子「それじゃ、納得のいく説明をお願いしますよ、プロデューサー殿?」


58: >>57スレに帰りなよ、お兄ちゃん! 2012/11/11(日) 03:28:38.36 ID:uMO9UTyl0

P「というわけなんだ。俺悪くないよな?そろそろ足崩してもいいよな?」

律子「ノリノリで頭撫でちゃってるじゃないですか。貴方は女性の頭に気軽に触れ過ぎなんです!」

P「返す言葉もございません」

律子「はぁ……まあプロデューサーだけが悪いわけじゃないですし、もう足崩していいですよ」

律子「小鳥さん、いくらなんでも警戒しすぎです。二人ともいい大人なんですからもう少しちゃんと――」クドクド

小鳥「はい、すみません……」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:37:21.89 ID:uMO9UTyl0

律子「謝る相手は私じゃないですよね?」

小鳥「プロデューサーさん、すみませんでした」

P「いや、まあ分かってくれれば……」

小鳥「私ってば自意識過剰ですよね。私ずっと男の人と接する機会とかなかったので、本で得た知識くらいしかなくて……」

小鳥「プロデューサーさんの周りには素敵なアイドル達がいるのに私なんかが見られるはず――」

P「そんなことないです!!」


62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:47:39.38 ID:uMO9UTyl0

P「音無さんがアイドルに劣る?あり得ません!俺はこの事務所で一番エロいのは音無さんだって思ってます!」

小鳥「えっ……」

律子「ちょ、プロデューサー!?」

P「ほどよくむちっとした絶対領域、インカムに隠された口元の黒子……どう考えてもぶっちぎりじゃないですか」

小鳥「あっあの、えと……」

P「そんな人と事務所で二人きりになって意識するなという方が無理ですよ!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 04:02:16.87 ID:uMO9UTyl0

律子「じゃ、じゃあ小鳥さんの言う視線って言うのは……」

P「それは気のせい。今日は音無さんの匂いを嗅ぐことに専念してたし」

律子「この人は何を言って……」

P「と、とにかく!俺は音無さんのことが好きなんです!付き合ってください!」

律子「え、そこに収束するんですか?っていうか私何でここにいるの?」

小鳥「私……私は……」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 04:08:03.13 ID:uMO9UTyl0

小鳥「私はさっきも言ったとおり、男の人と接する機会が全然なくて」

小鳥「だから今日みたいにいっぱい勘違いもしちゃって」

小鳥「2X歳にもなってまだそんなで」

小鳥「それでも、そんな私でもいいと思ってくださるのなら、お友達からお願いします」ペコリ

P「お友達……」

小鳥「あ、そのお断りするって意味とかじゃなくてですね!?ちょっとまだ急にお付き合いとか考えられないんで」アワアワ


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 04:14:50.75 ID:uMO9UTyl0

春香「プロ、お兄ちゃん!妹ですよ!妹!」バンッ

P「春香!?ってその格好……」

春香「チャイルドスモッグって言うんでしたっけ?プロデューサーさんがこういうの好きだって聞いて衣装借りてきちゃいました!」

小鳥「プロデューサーさん、あの私以外の女の子をあんまり性的な目で見ないでもらえませんか……?」

P「だから俺は別にロリコンじゃないって!!」

律子「さーて、仕事仕事……」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 04:20:22.92 ID:uMO9UTyl0

小鳥「って言う控え目な私はどうでしょう!?」

P「寝言は寝て言ってください。これ、次の書類です」

小鳥「……そんなこと言われたらホントに寝ちゃいますよ?」

P「勘弁してくださいよ。今日は仮眠取ってる余裕もないって、知ってるでしょう?」

小鳥「なら雑談に付き合ってくださいよぅ!そうでもないと意識持ってかれそうで」

P「じゃあ聞き流すんで延々としゃべり続けてください」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 04:26:17.03 ID:uMO9UTyl0

小鳥「プロデューサーさんってばいけず!せめてさっきの質問答えてください!」

P「……仕事してくれる小鳥が、一番好きかな」

小鳥「あ、今のもう一回!録音!録音しますから!」

P「この仕事が終わったらなんでも録音させてあげますから」

小鳥「ほんとですか……!?あー、どうしよ!ネットのBL台本でも拾ってこようかな!?あ、自分で書けば……」

P「音無さん、俺のことあんまり性的な目で見ないでもらえませんか?」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 04:31:41.07 ID:uMO9UTyl0

終わり 寝る



元スレ:小鳥「あの、あんまり性的な目で見ないでもらえませんか……」

他サイト様の最新記事