1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:02:25.71 ID:n0vqP/yS0

あかり「げほ!!げほ!!」

あかね「大丈夫?あかり…」

あかり「うぁ…頭…喉痛い…」

あかね「あかり、とりあえずお粥食べられる?」

あかり「食欲…ないよぉ…」

あかね「食べなきゃだめよあかり。お薬飲めないでしょ?」

あかり「う…気持ち悪い…」

あかね「吐きそうなの?」

あかり「ちょ…っと…うぇ…」

あかね「ちょ、ちょっと待ってねあかり。はい、レジ袋」

あかり「ありが…おぇぇぇぇ…」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:05:28.84 ID:n0vqP/yS0

あかね「…困ったわね…これからどうしても外せない用事があるんだけど、あかりがこれじゃ…」

あかり「うぇ…だ、大丈夫だよぉ…だからお姉ちゃんは用事を…」

あかね「駄目。あかりがこんな状態なのに放っておけないわ」

あかり「…ごめんね、お姉ちゃん…」

あかね「いいのよ、あかり。…そうだ、食欲が無くても喉は乾いてる?」

あかり「う…ん…」

あかね「ちょっと飲み物買ってきてあげるわね。何か飲みたいものはある?」

あかり「じゃ…あ…りんごじゅーす…」

あかね「分かったわ。あかり、ちょっと待っててね」バタン

あかり「…う…ごほ!ごほ!!」

あかり「うぁ…くらくら…して…気持ちが…ぁ…」


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:10:04.84 ID:n0vqP/yS0



あかり「…あれ?ここは…」

京子「ん?何してんだあかり」

あかり「あれ?京子ちゃん…?」

京子「ほら、行くぞあかり!」

あかり「わ!ちょ、引っ張らないでよぉ!!」

京子「早く早く!!」

あかり「も、京子ちゃん、ちょっと!!」

………

……



あかり「ぁ…ゆ…め?」

京子「おっすあかり!調子はどうだ?」

あかり「きょ、京子…ちゃん…?」

京子「うーん。結構辛そうだな…」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:15:09.18 ID:n0vqP/yS0

あかり「だ、だめだよぉ…うつっちゃうよぉ…」

京子「大丈夫大丈夫!インフルエンザに負ける京子様ではない!!」

あかり「もう…う、ごほ!ごほ!!うぇ…!」

京子「ちょ、あかり、大丈夫か?」

あかり「あんま…り…だいじょうぶじゃ…」

京子「…そうだ。あかり、ジュースは飲めるか?」

あかり「うん…」

京子「じゃあちょっと頭あげるぞ…」グイッ

あかり「ぁ…」

京子「よし、あかり口開けてー」

あかり「ひ、一人でも飲めるよぉ…」

京子「いいからいいから。はい、あーん」

あかり「うぅ…ん…んっんっ…」ゴクゴク

京子「…そうそう。あかねさんは用事とかで出かけちゃったよ」

あかり「んっ…用事…?」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:20:03.15 ID:n0vqP/yS0

京子「最初はその用事を取りやめるみたいだったけど、私が来たから行っちゃった」

京子「あかねさんも最初は遠慮してたんだけどなー」

あかり「…どうして、京子ちゃんは来たの…?」

京子「ん?そんなの決まってるじゃん」

あかり「…?」

京子「あかりの事が心配で居ても立っても居られなかったからだよ」

あかり「え…」

京子「あかりがインフルエンザで倒れたって聞いたときはさー、もうその日ずっと何にも身が入らなくてさ」

京子「授業はもちろん上の空。結衣とか綾乃が話しかけてきても聞こえてなかった時もあったみたいでさ」

京子「で、ごらく部には一応行ったんだけど…結衣とちなつちゃんにあかりの家に行って来いって言われて」

あかり「京子ちゃん…」

京子「…ま、そんなところかな。あかり、新しい冷えピタ持ってくるから待ってて」バタン

あかり「…京子、ちゃん…」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:25:04.20 ID:n0vqP/yS0



京子「お待たせあかり。どこにあるのかちょっと分からなくてって…あれ?」

あかり「…」スースー

京子「…寝ちゃってたか。とりあえず起こさないように張り替えて…」

あかり「ん…」

京子「…あかり、熱いな…」

京子「そうだ、ラムレーズンでも買ってきてやるか。アイスなら食べれるだろあかりも…」

あかり「…きょう…こ…ちゃん…」

京子「ん?」

あかり「…」スースー

京子「…寝言?私の名前が出てくるなんて…」

京子「…私の夢でも見てるのかな。いや、ごらく部の夢かも…」

あかり「…や…だぁ…いかないで、きょうこ…ちゃん…」

京子「…本当に寝てるのか?」

京子「おーい、あかりぃ…?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:30:03.99 ID:n0vqP/yS0

あかり「やだ、やだ…やだ…いかないで…おいていかないで…きょうこちゃん…」

京子「あかり…うなされてるの…か?」

あかり「や…いたい、まって、やだ、まってよぉ…!」

京子「…大丈夫だよ、あかり。私はここにいるから」ナデナデ

あかり「ぁ…きょうこ…ちゃん…」

あかり「…」スースー

京子「…へへ。嬉しいな、なんか」

京子「…あかり。大丈夫だぞ。すぐにインフルエンザなんて治るからなー」ナデナデ



あかり「ま、待って!!京子ちゃん!!」

京子「遅いぞあかり!!早くしないと置いていくぞ!!」

あかり「やだ!待って、行かないで京子ちゃん!!」

あかり「やだ、やだ、やだ行かないで、待って、京子ちゃん!あぅ!!」

あかり「う…う、うぅぅ…転んじゃったよぉ…痛いよぉ…」

あかり「京子ちゃん…京子ちゃん…どこ…?」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:35:03.83 ID:n0vqP/yS0

あかり「う、痛いよぉ、京子ちゃん、待ってよぉ…う、うえええええん!!」

…大丈夫だよ

あかり「ぁ…京子…ちゃん?」

京子「あかり、私はここにいるから」

あかり「京子ちゃん…」

京子「ほら、立てる?」

あかり「…足が痛くてこれ以上走れないよぉ…」

京子「…ちょっと見せて…」ナデナデ

あかり「え、京子ちゃ…あ、あれ?治っちゃった…」

京子「…これでいいな。よし、あかり行くぞ!」

あかり「あ!待って京子ちゃん!」

京子「っと。大丈夫だよ、これからはあかりのスピードに合わせるからさ」ギュ

あかり「あ…京子ちゃん」

京子「さ、行こうぜ、あかり」

あかり「…うん!!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:40:03.11 ID:n0vqP/yS0

………

……



あかり「う…」

京子「お、起きたか?」

あかり「うん…」

京子「ラムレーズン買って来たけど、食べる?」

あかり「うん、貰おうかなぁ…」

京子「そのあと薬飲まないとな…あとは、熱も一応計っておくか」

あかり「体温計は…」

京子「テーブルの上に置いてある…じゃああかり、ちょっと手を上に…」

あかり「そ、それぐらいは自分でやるよぉ」

京子「そ、そうだよな、あはは」

あかり「んしょ…」

京子「じゃあちょっとラムレーズン取ってくるからな」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:45:03.63 ID:n0vqP/yS0

あかり「うん」

京子「後は…スポーツドリンクもだな。冷えピタも持ってこないと…」バタン

あかり「…」

あかり(…あかり、なんであんな夢見たんだろう…)

あかり(熱のせいかなぁ…やっぱり…)ピピピ

あかり「あ…えっと…38.9℃…かぁ…」

あかり「…う、また…気持ち…レジ袋…」

京子「あかりー。持って来た…」ガチャ

あかり「おえぇぇぇ…え?」

京子「あ…」

あかり「きょ、きょうこ…うぷ、うぇぇぇぇ…!」

京子「ちょ!あかり大丈夫か!?」



あかり「…」

京子「…もう吐き気は収まった?」サスリサスリ


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:50:02.56 ID:n0vqP/yS0

あかり「…うん」

京子「じゃあちょっとうがいした方がいいな…ほい、水も持って来たから」

あかり「ありがと…京子ちゃん…」

京子「で、熱は…38.9℃かぁ。結構高いな」

あかり「うぅ…辛いよぉ…」

京子「吐いたばっかりだけど、ラムレーズン食べれるか?」

あかり「うん…」

京子「じゃあ…はい、あーん」

あかり「あ…あーん…んっ…」

京子「美味しいか?」

あかり「冷たくておいしいよぉ…」

京子「そっか。はい、あーん」

あかり「あーん…」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 00:55:05.12 ID:n0vqP/yS0



京子「それじゃ薬も飲んじゃうか」

あかり「うん…」

京子「薬は…」

あかり「自分で飲むから大丈夫だよぉ…ん…」ゴクン

京子「飲んだ?」

あかり「うん…」

京子「それじゃ、横になって…布団かけるぞー」

あかり「ありがと…京子ちゃん」

京子「っと、冷えピタも変えないと…」

あかり(京子ちゃん…優しいなぁ…)

あかり(…小さいころは、あんなに泣き虫だったのに…)

あかり(いつの間にか、元気いっぱいになって…)

あかり(…京子ちゃん)

あかり(…)


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:00:04.24 ID:n0vqP/yS0

京子「よし、これでいいと…」

あかり「…」スースー

京子「また寝ちゃったのか?ま、仕方ないか」

京子「…」

京子「……なぁ、あかり。私がなんでこんな性格になったのか、知ってるか?」

京子「…それは、守られる立場から、守る立場になりたいって、思ったから…」

京子「…あかりや、結衣から守られるんじゃなくて、私が守る存在に…」

京子「…特に、あかりの事を守れるような…存在になりたくて」

京子「…私さ、あかりの事が…」

京子「…幼いころから、ずっと好きだったんだ…」

京子「でも、それは中々伝えられなくて。結果があかりを弄っちゃうという形になっちゃったんだけど…」

京子「今も、あかりの事が好きだってこと、あかりが寝てる前でしか言えないヘタレだけど、さ」

京子「…何時かは、きっと、いや絶対に…」

京子「…絶対に、あかりに伝えるから。それまで、待っててね。あかりちゃん」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:05:03.04 ID:n0vqP/yS0

あかり(…きょう、こちゃん…)

あかり(…ごめん、ね。全部、聞いちゃったよぉ)

あかり(まだ…完全に寝てなくて…京子ちゃんが何か喋ってたから…)

あかり(…そっかぁ。京子ちゃんが強くなったのは、あかりを守るため…だったんだね…)

あかり(……京子ちゃん…あかり…あかりは…)


京子「…っと。もうこんな時間なのか…そろそろ帰らないとな」

京子「書置きしておいて…と。これでよし」

京子「…あかり、また明日も来るからな。あかりが治って学校に来るまで、ずっと来るからな」

京子「…それじゃあかり、また明日な」

バタン


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:10:05.24 ID:n0vqP/yS0

あかり(…きょう…こ…ちゃん…)

あかり(…きっと、あかりは…京子ちゃんの事を…うん、そうなんだと思う)

あかり(あの夢は…多分、あかりの…願望…)

あかり(一つ歳の違う京子ちゃんに…置いて行かれるのが嫌で…)

あかり(だから…あかりは、京子ちゃんと一緒に行きたくて)

あかり(…だけど、あかりが頑張っても、京子ちゃんは先に行っちゃって…)

あかり(…でも、京子ちゃんは、あかりの事を待ってくれて…)

あかり(…あかりは、京子ちゃんと…一緒に…そう、一緒にずっと…)

あかり(…)



あかね「ただいま、あかり…あら、寝ちゃってたのね」

あかね「京子ちゃんは…もう帰っちゃったのね。もうこんな時間だし…」

あかね「…このメモは?」カサ

あかね「…そう。京子ちゃん、明日も来るのね」

あかね「…ふふ。あかりは鈍感だから気づかないだろうけど、この文面じゃまるでラブレターね」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:15:05.12 ID:n0vqP/yS0

あかね「そうね…でも、京子ちゃんならあかりを任せられるかも…しれないわね」

あかね「ちょっと寂しいけど…あかりが京子ちゃんをどう思っているかは分からないけど」

あかね「その時が来たら…受け入れられる準備はしておかないとね」

あかね「…あかり」

あかり「…」スースー

あかね「…うふふ。幸せそうな顔で寝てるわね」

あかね「それじゃ、あかりの晩御飯の用意をしてこなきゃ」

バタン


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 01:20:03.77 ID:n0vqP/yS0

~一週間後~

結衣「あかり、もう大丈夫なのか?」

あかり「うん!ばっちりだよぉ。…あれ、京子ちゃんは?」

結衣「ああ、京子はインフルエンザで休みだってさ」

結衣「あかりの看病をしてたから仕方ないといえば仕方ないけど…」

結衣「まぁ、そういうわけだから今日は私だけだ」

あかり「…」

結衣「…あかり、どうしたんだ?」

あかり「結衣ちゃん、あかり今日のごらく部休むね」

結衣「…そういうと思ってたよ、あかり。京子の見舞いに行ってくるといいよ」

あかり「うん!」

あかり(…あかりはまだ、京子ちゃんの気持ちに答えてないもん)

あかり(それに、看病してくれたお礼もできてない…)

あかり(…待っててね、京子ちゃん)

あかり(あかりも、京子ちゃんの事が…大好きなんだから!!)


54: おっさん ◆k600khmnu0CD 2012/09/30(日) 01:21:07.97 ID:n0vqP/yS0

これにておしまい。

たまには京あかもいいなと思って書いてみた
少しでも楽しんでくれたなら嬉しい


それじゃ、おっさんはスパロボやって寝る事にするよ



元スレ:あかり「インフルエンザになっちゃったよぉ…」

他サイト様の最新記事