1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:20:10.01 ID:dNyM3wSpO

楓「櫻子お姉ちゃーん」

ひまわり『さーちゃーん』

櫻子「!?」

櫻子「……」ゴクリ

櫻子「か、楓、ちょっとおいで」

楓「どうしたの? 櫻子お姉ちゃん」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:25:38.78 ID:dNyM3wSpO

櫻子「楓、向日葵のこと好きか?」

楓「お姉ちゃん大好きなの!」

櫻子「よし、じゃあちょっと声真似してみろ」

楓「えっ……?」

櫻子「そうだな、じゃあ『お早う、櫻子』って言って見な」

楓「お、おはようさくらこ?」

櫻子「まだ遠いな」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:34:14.08 ID:dNyM3wSpO

櫻子「なんかこう、もっと芯を通す感じで」

楓「?? よくわかんないの……」

櫻子「私もよくわかんない」

楓「櫻子お姉ちゃん、どうして声真似するの?」

櫻子「そりゃ向日葵と仲良く話したいかr違う、楓と向日葵が仲良くなるようにだよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:45:46.43 ID:dNyM3wSpO

楓「お姉ちゃんとお話したいの?」

櫻子「よく聞いてやがるな」

楓「お姉ちゃんならもうすぐ帰ってくるの。そしたらお話できるよ?」

櫻子「楓、それが出来たら苦労しないんだよ」

楓「どうして」

櫻子「そりゃあ私――向日葵が私にベタぼれだからな」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 00:53:10.71 ID:dNyM3wSpO

楓「好きなのにお話できないの?」

櫻子「困ったやつだよ。だから私がわざわざ――」

楓「わざわざ?」

櫻子「……練習に来た」

楓「お姉ちゃんの真似?」

櫻子「本当に賢いな、お前は」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:03:16.47 ID:dNyM3wSpO

櫻子「まぁ、そういうわけだ。もう6才児に見栄ははらん」

楓「わかったの! 楓も頑張ってお姉ちゃんの真似するの!」

櫻子「よし、練習再開だ!」


楓「おはようさくらこー」

櫻子「違う! もっとこう、高圧的に」

楓「よくわかんないの……」

櫻子「私も」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:17:50.21 ID:dNyM3wSpO

櫻子(違う……何かが違う……)

楓「うまくできないの……」

櫻子「うーん」

楓「ごめんね、櫻子お姉ちゃん……」

ひまわり『ごめんね、さーちゃん……』


櫻子「!! わかった!!」

楓「!?」

櫻子「大発見だ、ノーベル皆勤賞ものだ!」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:26:35.35 ID:dNyM3wSpO

櫻子「楓、『さーちゃん、あそぼー』って言ってみてくれ」

楓「う、うん。さあちゃんあそぼう」

櫻子(やっぱり。小さい頃に向日葵に似てたんだ!)

楓「ど……どうだった?」

櫻子「お前はやればできると信じてたぞ」

楓「!! えへぇ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:41:33.46 ID:dNyM3wSpO

櫻子「よし、もっと語尾を伸ばしてもう一回だ」

ひまえで「さあちゃん、あそぼー」

櫻子「もう少し甘える感じで」

ひまわで「さーちゃぁん、あそぼー」

櫻子「行きすぎた」

ひまわり「さーちゃん、あそぼー」

櫻子(おぉ……まだ可愛かった頃の向日葵だ……)

楓「どうだった?」

櫻子「まさに向日葵の分身だった。感動した」

楓「これが昔のお姉ちゃんかぁ」

ひまわり「かえでー、あそぼー」

楓「えへへ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:50:07.28 ID:dNyM3wSpO

櫻子「よし、次のステップだ」

楓「お話の練習?」

櫻子「その通り。まずは台本を――よし、ほれ」

楓「お話なのに台本いるの?」

櫻子「向日葵が言いそうな内容にしといた。はい、これも渡しておこう」

楓「電話?」

櫻子「花子が昼寝してたから黙って借りてきた」

楓「平気なの?」

櫻子「まぁ、電話越しの方が練習になりそうだし」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 01:57:06.18 ID:dNyM3wSpO

櫻子「よし、じゃあ楓は廊下で待機してくれ」

楓「わかったの」


櫻子『もしもし』

ひまわり『もしもし』

櫻子『向日葵、急にどうしたんだよ』

ひまわり『さーちゃんとお話したかったの』

櫻子『困ったやつだなぁ、いつも話してるだろ?』

ひまわり『だって、いつもはすなおにいえないから』
櫻子『甘えんぼうだなぁ』

ひまわり『さーちゃんだいすきー』

櫻子(こ、これはハマる!)


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 02:03:38.38 ID:dNyM3wSpO

櫻子『仕方ないなぁ、明日デートしてやるよ』

ひまわり『わーい、さーちゃんとデート』

櫻子『じゃあ朝9時に待ち合わせな』

ひまわり『ねぼうしちゃったらどうしy』

櫻子『私が起こしてやるよ。なんなら泊まりにくるか?』

向日葵『ドキドキしてねむれないよー』

櫻子『可愛いなあ、向日葵は』

ひまわり『おかしつくるねー』

櫻子『わあいひまわりのおかし、櫻子ひまわりのおかしだいすき』


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 02:12:19.88 ID:dNyM3wSpO

ひまわり『あ、あの……櫻子お姉ちゃん』

櫻子『ん? 台本だと「さーちゃんとチュッチュナウ」だろ?』

ひまわり『違うの、あの――』

ガラッ
向日葵「さーちゃんとチュッチュッナウ」

櫻子「おっ、向日葵っぽ――」


櫻子「なん……だと……」

向日葵「いつから本物はいないと錯覚してた」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 02:21:44.22 ID:dNyM3wSpO

向日葵「ハァ、あなたいったい何がしたいんですの?」

楓「お姉ちゃん、違――」
向日葵「どうせまたバカなことしようとしたんでしょう。まったく」

櫻子「!?」

向日葵「楓まで巻き込むなんてもう――」

櫻子「バカなことじゃない!!」

向・楓「!?」

櫻子「楓を巻き込んだのは悪かったよ! でも、でも――」

楓「櫻子お姉ちゃん……」

櫻子「う、う……向日葵のバカ! 風船おっぱい! もう知らん!!」

向日葵「櫻子!? 待ちなさ――」


楓「櫻子お姉ちゃん、泣いてたの」

向日葵「……しかられて泣くなんていつまで子どもなのかしら」

楓「お姉ちゃん、あのね――」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 02:31:28.14 ID:dNyM3wSpO

~大室家~
櫻子「ヒック ヒック」

向日葵『どうせまたバカなことしようとしたんでしょう。まったく』

櫻子(……どうせバカだよ)

櫻子(仕方ないじゃん、他に思い付かなかったんだから)

櫻子(そもそも向日葵が悪いんだ。いつもグチグチ言ってきて)


櫻子(――たまには昔みたいに話したいだけなのに)


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 02:43:13.09 ID:dNyM3wSpO

櫻子(……そういや、ケンカしだしたのいつからだっけ)


櫻子(そうだ。たしか――)


さくらこ『ひまちゃんだいすき!』

ひまわり『じゃあ、さーちゃんもっとだいすき!』

さくらこ『わたしの方がすきなの!』

ひまわり『わたしの方がすきだもん!』


櫻子(――あれからだったかな)

櫻子(……なんだ、向日葵もバカじゃん)


櫻子(あぁそっか。だから私、向日葵のことが――)


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 03:01:19.54 ID:dNyM3wSpO

~翌朝~
「――こ」

「――らこ」

「櫻子!!」

櫻子「うおっ!? えっ、向日葵!?」

向日葵「今何時だと思ってますの!」

櫻子「!? だって今日学校休みだろ?」

向日葵「あなた、昨日『朝9時に待ち合わせ』って言ったでしょう」

櫻子「昨日――で、でもあれは……」

向日葵「……本気じゃなかったんですの?」

櫻子「いや、そうじゃなくて」

向日葵「話はあとでききますわ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 03:15:01.04 ID:dNyM3wSpO

櫻子「……昨日、さ」

向日葵「昨日はごめんなさい」

櫻子「な、なんでお前が!?」

向日葵「楓にききましたの。理由もきかずに叱ったのはごめんなさい」

櫻子「……」

向日葵「でも、どうして今さら『話したい』なんて考えたんですの?」

櫻子「――ッ!」

向日葵「こうして二人きりで話す機会なんていくらでm」

櫻子「それが嫌なんだよ!」

向日葵「さ、櫻子?」

櫻子「やっぱり向日葵はわかってないよ……」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 03:25:24.38 ID:dNyM3wSpO

向日葵「どうしたんですの、急に」

櫻子「それが嫌なんだよ! 親みたいに叱ってばっかで!」

向日葵「……それはあなたがいつm」

櫻子「昔はすぐ隣にいたのにさ、今の向日葵は離れた感じがするんだよ」

向日葵「櫻子……」

櫻子「向日葵は上でも下でも嫌だよ。私の隣にいろよ……」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 03:42:42.62 ID:dNyM3wSpO

向日葵「……ハァ まったくもぅ」

櫻子「グスッ ひまちゃんにあいたいよ……」

向日葵「本当にバカですわね」

櫻子「うるさ――」

ギュッ

向日葵「だいすきですわ、さーちゃん」

櫻子「ひま……ちゃん?」

向日葵「この際、どちらでも構いませんわ」

櫻子「??」

向日葵「向日葵でもひまちゃんでも変わりませんもの。櫻子の、さーちゃんの幼馴染ですわ」


59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 03:51:30.67 ID:dNyM3wSpO

櫻子「昔のひまちゃんは優しかった」

向日葵「代わりに櫻子の失敗を注意できませんでしたけど。というより、今の私は嫌いですの?」

櫻子「怒るの嫌だけど……嫌いじゃない」

向日葵「昔と今で変わるのは仕方ないでしょう」

櫻子「嫌なものは嫌なんだよ!」

向日葵「……櫻子、手を出して」

櫻子「??」スッ

向日葵「はい、じゃあこれからは叱るときは手を握りますわ」ギュッ

櫻子「な、なんでだよ」

向日葵「私はいつでもそばにいますから。伝わるでしょう?」

櫻子「……うん」


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 03:59:21.14 ID:dNyM3wSpO

~古谷家~
櫻子「なぁ、いっぱいミスしたらいっぱい手握ってくれるのか?」

向日葵「……そもそも失敗しなければ叱りませんわ」

櫻子「無理だよ。昔からだもん」

向日葵「変わりませんわね」

櫻子「向日葵は変わらないことないのか?」

向日葵「ありますわ」

櫻子「教えろ」

ひまわり「さーちゃん、だいすきー!!」

櫻子「!? え、おま――」

向日葵「い、いまのは私じゃありませんわ! か、楓!!」

楓「えへへ、お姉ちゃんたち仲良しなの!」


おわり


65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 04:12:40.50 ID:dNyM3wSpO

遅くまで読んでくれてありがとう

花子出し忘れた

おやすみ



元スレ:櫻子(楓と向日葵って似てるなぁ……)

他サイト様の最新記事