4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 10:40:22.04 ID:3PH8/t3i0

櫻子「というわけで撫でろよ向日葵」

向日葵「・・・はぁ?」ペラッ

櫻子「頭を撫でろよ!!」

向日葵「いきなりなんなんですの?遂に頭でもおかしくなって・・・」パタム

櫻子「確かめるためにも撫でろよ!!!」

向日葵「・・・末期かもしれませんわ」


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:02:25.67 ID:3PH8/t3i0

櫻子「撫でてください」ドゲザァ

向日葵「頭撫でるだけでそこまでされるなんて思わなかったですわ・・・」

向日葵「・・・はぁ」

ポンッ

櫻子「・・・!」

向日葵「これでいいですの?」ナデナデ

櫻子「ふぁ・・・っ」

向日葵「へ、変な声出さないでくださる!?」

櫻子「えへ、えへへ」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:06:20.21 ID:3PH8/t3i0

ナデナデ

ナデナデ

櫻子「・・・・・・ん、向日葵・・・もっt」

向日葵「はい、おしまい」

櫻子「え!」

向日葵「え!じゃないですわ、もう腕が痛いんですもの。だから終わりですわ」

櫻子「・・・!?」

櫻子「そ、そんな・・・!いいじゃん、もっと撫でてくれたって!」ガシッ

向日葵「そ、そんな必死になることですの・・・?」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:09:37.10 ID:3PH8/t3i0

櫻子「だ、だって・・・」

向日葵「理由を聞かせてくれたら、まぁ、考えてあげなくも・・・?」

櫻子「うぅ・・・」カァァ

向日葵(やだ、この娘。可愛い)キューン

櫻子「う」

向日葵「う?」

櫻子「う、うるさいっ!いーじゃないか!そのたぷたぷの二の腕を細くするついd」

向日葵「ふんっ!」ドボァ

櫻子「ぎゃうっ」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:12:11.89 ID:3PH8/t3i0

櫻子「つ・・・・・・お・・・」プルプル

向日葵「ふん」プィ

向日葵「もう、ぜーったい!撫でてあげませんわ!」

櫻子「・・・!?」

向日葵「 さ よ な ら ! 」

バタン

櫻子「」

櫻子「」

櫻子「」

櫻子「」

櫻子「そ、そんな・・・」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:19:15.21 ID:3PH8/t3i0

~夜~

櫻子「」もくもく

櫻子「」ずずー

櫻子「」だばー



花子「撫子お姉ちゃん」

撫子「ん?」

花子「あれ・・・」

撫子「・・・」



櫻子「」ずずー だばー



撫子(ひま子と喧嘩でもしたのか)

撫子「大丈夫。ほら食べちゃいな」

花子「ええ!?」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:23:24.61 ID:3PH8/t3i0

撫子「しょうがないなぁ、ほら櫻子。あーん」

櫻子「」もく

撫子「はい、おかずもあーん」

櫻子「」もく

撫子「よく噛んでー」

櫻子「」もくもく

撫子「ごっくーん」

櫻子「」ごっくん

撫子「美味しい?」

櫻子「」コクッ


花子(介護かし!!)


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:27:22.55 ID:3PH8/t3i0

撫子「偉い偉い」ナデナデ

櫻子「・・・」

撫子「じゃあ次にお風呂に一緒に」ナデナデ

櫻子「・・・」

ナデナデ

櫻子「はっ」バシーン

撫子「!?」

花子「!?」

櫻子「姉ちゃんは、なんか違う・・・」ダッ


撫子「」ガァン


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:31:49.71 ID:3PH8/t3i0

ナデシコオネエチャン,シッカリ...
ネェ,ハナコ?ナデナデサセテヨ...
エ,エ?チョ,チョットナデシコオネエチャンメガコワイシ...!



櫻子「・・・はぁ」ポフッ

向日葵『ほら、これでいいですの?』ナデナデ

櫻子「・・・」

向日葵『もう、ぜーったい!撫でてあげませんわ!』

櫻子「」グスン

櫻子「向日葵、頭撫でて欲しいよぅ・・・」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:36:08.12 ID:3PH8/t3i0

~古川家~

カポーン

楓「♪」パチャパチャ

楓「お姉ちゃん、お風呂気持ち良いね」

向日葵「・・・」

楓「お姉ちゃん・・・?」

向日葵「え?あぁ、そうですわね」

楓「・・・また、櫻子お姉ちゃんと喧嘩したの?」

向日葵「ちょっとだけですわ」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:39:56.08 ID:3PH8/t3i0

楓「お姉ちゃん元気ないと楓も元気なくなる・・・」シュン

向日葵「・・・ごめんね、楓」

楓「早く、仲直りしてね?」

向日葵「ええ、ありがとう、楓」ナデナデ

楓「えへへ」

向日葵「さ、上がってアイスでも食べましょうか。買ってきたんですの」

楓「ほんとっ!?」

向日葵「ほら、早く身体拭きましょう」

楓「うんっ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:42:51.75 ID:3PH8/t3i0

~深夜~

楓「すぅ・・・すぅ」

向日葵「風邪引かないようにっと・・・」スッ

楓「むにゃ・・・」

向日葵「ふふ、おやすみなさい。楓」ナデナデ

ナデナデ

向日葵「・・・」

櫻子『ふぁ・・・っ』

向日葵「・・・!」

向日葵「・・・」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:51:10.25 ID:3PH8/t3i0

向日葵「櫻子の髪・・・ふわふわでしたわね」

向日葵「撫でててこっちまで気持ちよくなるような

櫻子『・・・・・・ん、向日葵、もっt』

向日葵「なんで私途中でやめてしまったのかしら・・・はぁ」

櫻子『二の腕たぷたp』

向日葵「・・・・・・」イラッ

向日葵「・・・ふん、でも撫でてなんかあげませんわ!」

向日葵「撫でてなんか・・・」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:56:16.52 ID:3PH8/t3i0

~七森中~

櫻子「・・・」チラッ

向日葵「・・・」カリカリ

櫻子(ま、まだ怒ってる・・・)グスッ



向日葵「・・・」チラッ

櫻子「・・・」グスッ

向日葵(うぅ・・・どう切り出せばいいんですの。もう気にしてないって一言言えれば・・・)


チラッ

櫻子「・・・あ」

向日葵「・・・!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 11:59:18.31 ID:3PH8/t3i0

櫻子「あ、あの・・・昨日の事・・・」

向日葵「・・・っ」プィ

櫻子「・・・あ」


向日葵(私のばかーー!)


向日葵「・・・あの」チラッ

櫻子「・・・・・・」ポロポロ


向日葵(!?)


櫻子「・・・・・・ひ、向日葵、ごめ」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:03:40.08 ID:3PH8/t3i0

櫻子「・・・ぐす、ひっく」ポロポロ

あかり「・・・櫻子ちゃん?お腹とか痛いの?」

ちなつ「先生、櫻子ちゃんg」

向日葵「!?」

向日葵「さ、櫻子!ちょっと来なさい!」ガシッ

櫻子「・・・っ」

向日葵「ほ、保健室に連れていきますので私、付き添いで・・・!では!」

ガララッ ピシャッ


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:06:54.67 ID:3PH8/t3i0

タッタッタッ

パタン

~トイレ~

向日葵「ぜぇ・・・はぁ・・・。あ、危なかったですわ・・・」

櫻子「あ、あの、向日葵・・・」ポロポロ

向日葵「ちょ、ま、待ちなさいな、今息が・・・」

櫻子「あ、謝るから、土下座するから、顔もボディも許して・・・」カタカタ

向日葵「殴るとかじゃないですわよ!?」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:13:05.51 ID:3PH8/t3i0

向日葵「大体貴女、授業中に泣き出したりしたら皆が心配するでしょう?・・・もう、少し遅いようですけれど」

櫻子「うぅ・・・」

向日葵「・・・私はもう気にしてないのに、櫻子は気にしすぎですわ」

櫻子「ご、ごめん・・・・・・え?」

向日葵「気にしてないですわよ。昨日の事なんか。貴女に言われるのなんて日常茶飯事ですもの、慣れましたわ」

櫻子「・・・!」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:17:12.22 ID:3PH8/t3i0

櫻子「怒ってないの・・・?」

向日葵「怒ってませんわ」

櫻子「ほんとに?」

向日葵「ほんとですわ」

櫻子「ほんとにほんとにほんとにっ?」

向日葵「ほんとにほんとにほんとにですわ」

櫻子「ほんとにほんとにほんとにほんとに・・・」

向日葵「しつこい」バシッ

櫻子「あう」


42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:20:45.91 ID:3PH8/t3i0

櫻子「・・・・・・」

向日葵「気がすみまして?」

櫻子「うん、良かった。許してくれて!」

向日葵「じゃあ・・・戻りますわよ。皆、心配してますわ」ガチャ

櫻子「・・・あ、向日葵待って」ガシッ

向日葵「とと・・・なんですの?次は体育なんですから早くしないと・・・」

櫻子「な、仲直りのしるしにさ、あの・・・頭、撫でてよ」

向日葵「・・・」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:26:23.40 ID:3PH8/t3i0

向日葵「・・・」

櫻子「・・・駄目、かな」

向日葵「・・・え、えと、その」

櫻子「向日葵に頭、撫でて貰うの好きなんだ。こう、他の人とはちょっと違くて、安心するというか・・・」

櫻子「き、気持ちいいというか・・・」カァ

向日葵「・・・!」キューン

櫻子「向日葵・・・?」

ポフッ


46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:32:21.39 ID:3PH8/t3i0

サラッ

櫻子「ふぁ・・・」

モフッ

モフッ

サラッ

櫻子「・・・ん、あ・・・う。ひ、向日葵?」カァァ

向日葵「・・・そ、そんなこと言われたら、撫でないわけにはいかないじゃありませんの」カァ

向日葵「・・・そうやって貴女はいつもなにもかもうやむやにしちゃうんですわ」ナデ

櫻子「・・・えへへ」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:37:37.29 ID:3PH8/t3i0

櫻子「ねぇ、向日葵・・・もっとぉ」

向日葵「次の授業、始まってしまいますわ」ナデナデ

櫻子「・・・ここでやめられたら死ぬ」

向日葵「止めなかったら?」

櫻子「溶けて死ぬ」

向日葵「ふふ、どっちもどっちじゃあありませんの」

櫻子「頭撫でられて死ぬならほんもー。でも、途中でやめられて死ぬのは嫌ー」

向日葵「もう・・・この娘は」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:41:04.56 ID:3PH8/t3i0

向日葵「先生に怒られますわよ?」

櫻子「えへへ、泣いたら慰めで頭撫でてね」

向日葵「もう・・・」ナデナデ

モフッ

モフッ

サラッ

櫻子「・・・ん、ふ」プルプル

向日葵(さらさらもふもふで、気持ち、いいですわ・・・なにもかもどうでもよくなってしまいそう)

モフ


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:44:04.07 ID:3PH8/t3i0

櫻子「なんか、イケないことしてるみたい・・・」

向日葵「実際、イケないことですわ。こんな、授業サボって」

櫻子「ごめんね?」

向日葵「・・・」

向日葵「ばか、責任とりなさいよ」

櫻子「えへへ、怒られて向日葵が泣いたら、私が頭撫でて慰めてあげるからねっ」

向日葵「はいはい」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:48:29.50 ID:3PH8/t3i0

櫻子「えへへ、向日葵ー」ギュ

向日葵「ん・・・狭いんだからあんまり動かないで」

櫻子「もっともっとー」

向日葵「はいはい」ナデナデ

櫻子「~♪」

向日葵「・・・」ナデナデ

向日葵(ふふ、いつまで続けたら良いのかしら?)

櫻子「ひーまーわーりーっ♪」ギュウ

向日葵(一日中?・・・まさか、ね)


おわり


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/29(土) 12:51:04.72 ID:3PH8/t3i0

指摘されるまで苗字間違い気付かなかったよゴメンネゴメンネ

読んでくれてありがとばいばいノシノシ



元スレ:櫻子「向日葵に頭ナデナデされたい」

他サイト様の最新記事