1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 14:30:45.26 ID:37KQK0CMO

花子「いつもひどいこと言ってごめんだし……」

櫻子「傷ついてる」

花子「えっ!?」

櫻子「だからこれからは仲良くしような」

花子「……櫻子ぉ!」ギュッ

櫻子「甘えんぼめ」


-----------------------
花子「――ッ!?」

花子「ハァハァ 夢……か」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 14:37:46.63 ID:37KQK0CMO

花子「……いや、ないし」

花子「ただの夢だし!」


------------------------
花子「櫻子お、お、お……」

櫻子「どうした?」

花子「さ、櫻子お姉ちゃん!」

櫻子「バカだなあ、いつも通り『櫻子』でいいよ」

花子「さ、櫻子」

櫻子「花子ちゃん」

花子「い、いつも通り『花子』がいいし!」

櫻子「かわいいなぁ」


-----------------------
花子「――うぉッ!?」

花子「ハァハァ ……あぶなかったし」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 14:46:06.77 ID:37KQK0CMO

花子「まだ……まだ慌てる時間じゃないし」

花子「三度目の正直だし」


------------------------
花子「櫻子なんていらないし」

向日葵「じゃぁ私がいただきますわ」

楓「楓もほしいの!」

撫子「いや、櫻子は私のだから」

花子「!? それなら花子が」

向・楓・撫「どうぞどうぞ」

花子「ちょっと待つし!?」

櫻子「大切にしてくれ」


-----------------------
花子「――ぁあ!?」

花子「ハァハァ ……お風呂入って落ち着くし」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 14:57:26.82 ID:37KQK0CMO

花子「……よし」

花子「悪夢はシャワーで流したから大丈夫!」


------------------------
花子「櫻子、背中流させてやるし」

櫻子「ありがとうございます、花子さま」

花子「もっと丁寧にやるし」

櫻子「……」

花子「さ、櫻子? ソコは自分で洗うからもういいし」

櫻子「……ええやんか、ええやんか」

花子「らめぇ」

櫻子「舐めるようにきれいにしましょう」


-----------------------
花子「……」

花子「……ヒック ヒック」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 15:15:05.03 ID:37KQK0CMO

撫子(……ん? 花子の部屋から声?)

撫子「花子、どうした――」

花子「夢で……襲われるし……」

撫子(エルム街?)


-----------------------撫子「――なるほど」

花子「もう眠れないし」

撫子「じゃあ、私がついててあげるから安心しな」

花子「……本当だし?」

撫子「かわいい妹のためだ」

花子「ありがとう、櫻子お姉ちゃん」

櫻子「いいってことよ」


-----------------------
花子「――うわぁぁぁあん!!」

撫子「!? えっ、また悪夢?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 15:36:46.07 ID:37KQK0CMO

撫子「あったかい牛乳飲む?」

------------------------
撫子「花子、胸大きくなったなぁ」

向日葵「私と変わりませんわ」

撫子「乳製品かな?」

花子「たぶん、それもあるし。あと――」

向日葵「あと?」

花子「す、好きな人にマッサージしてもらってるし」

櫻子「花子ー、時間だぞー」

-----------------------
花子「……涙も枯れ果てたし」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 15:45:24.97 ID:37KQK0CMO

撫子「……次の方法考えようか」

花子「……もう大丈夫だし。ありがとう撫子お姉ちゃん」



花子(もう容赦しないし……しょせん夢だし……)


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 15:56:21.16 ID:37KQK0CMO

花子「……おやすみだし」


------------------------
花子「どこに隠れたし……」

楓「は、花子お姉ちゃん……怖いn」

花子「そこかぁ?」

ザクッ

向日葵「かえでー!!」

楓「ひ、向日葵お姉ちゃん……花子お姉ちゃんを許して、あ……げ」

向日葵「楓、かえ――嫌ァァァァァァ」


-----------------------
花子「――出てこいし!!」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 16:07:08.68 ID:37KQK0CMO

花子「……このまま出てくるなし」


------------------------
櫻子「昆布」

花子「だし」

櫻子「鰹」

花子「だし」

櫻子「一番」

花子「だし」

櫻子「中」

花子「だし」

櫻・花「Ha Ha Ha」


-----------------------
花子「――なAあCやTkTNやJpaあま」


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 16:29:23.46 ID:37KQK0CMO

花子(なんでこんなに櫻子の夢ばっか――そういえば昔ひま姉が)

向日葵『夢には好きな人が出るんですの』

花子『??』

向日葵『まず櫻子を夢にだそうと思ってからはイメージ修行でしたわ。最初は実際n』


花子(……まさか花子は)


櫻子『正しい発音はタメィゴゥがゆだぞ?』ドヤァ


花子「いや、ないし」


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 16:46:04.47 ID:37KQK0CMO

花子「もう気にするだけ無駄だし!」

花子「羊が一匹、羊が二匹……」


------------------------
花子「櫻子が一匹」

櫻子A「よっこいしょ」

花子「櫻子が二匹」

櫻子B「疲れたー」

花子「櫻子が三匹」

櫻子A「残念、私は一匹目だ」

花子「えっ? じゃあこいつで櫻子が三匹……」

櫻子B「それは残像だ」

花子「しまった、囲まれたし!」


-----------------------
花子「も、もう限界だし……」フラフラ


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 16:54:14.20 ID:37KQK0CMO

撫子(花子、大丈夫かな?)
花子「あ、撫子お姉ちゃん……」

撫子「ちょっ――あんた大丈夫!?」

花子「お、思い出したし……昔から眠れないときはどうしてたか……」フラフラ

撫子「あっ、花子――」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 16:58:45.64 ID:37KQK0CMO

花子(こ、これでゆっくり眠れ――)



~翌朝~
花子「Zzz」

櫻子(……なんで花子が私のベッドに?)

花子「ムニャ ムニャ 櫻子ぉ」ギュッ

櫻子「甘えんぼめ」


おわり



元スレ:花子「櫻子だいすきだし!」 櫻子「私も花子だいすきだ」

他サイト様の最新記事