1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:18:51.29 ID:Vy1wVrMGo

響「未来がぁ、未来が怖いぃ!」ガタガタ

未来「誤解だから!誤解だから!」

響「未来に犯されるぅ!」ブルブル

未来「やめて!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:19:39.41 ID:Vy1wVrMGo

今更シンフォギアで今更母「娘が母子相姦物のエロ本隠し持ってた……」パロです


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:20:38.12 ID:Vy1wVrMGo

未来「ご、誤解なんだよ!」

響「そうなの……?」

未来「うん」

響「じゃああの本、未来のじゃないの?」

未来「いや、それはまぁ、私のなんだけど……」

響「犯されるぅ! 未来に犯されるぅ!」ガタガタ

未来「ち、違うのぉ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:21:26.73 ID:Vy1wVrMGo

響「あの、未来も年頃だから、そういう事に興味を持つ事自体は私全然否定しないよ」ビクビク

未来「……うん」

響「そういう本を読んだりして見たくなる事も、全然悪い事だとは思わないし……」ブルブル

未来「……あの、響」

響「な、何!?」ビクゥッ

未来「な、なんで距離とってるの?」

響「怖いもん!犯されるもん!ガタガタ

未来「やめて!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:21:54.30 ID:Vy1wVrMGo

響「超マニアックな方法で犯されるもん!」

未来「しないよそんなの!」

響「普段二人で使ってるベッドに寝かされて
『今度から、寝るたびに意識しちゃうね……?』とか言われながら犯されるもん!」

未来「抜粋するのやめて!さっきの本から抜粋するのやめて!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:22:31.09 ID:Vy1wVrMGo

響「なんか適合者特有のマニアックな言葉責めとかするつもりでしょ!」

未来「しないよ!やめて!」

響「『響の歌声が聞きたいな……』とか言いながら犯すつもりでしょう!」

未来「抜粋やめて!音読やめて!」

響「未来がマニアックな言葉責めを身につけてるぅぅ……!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:23:10.90 ID:Vy1wVrMGo

響「とにかく、そういうマニアックなプレイしようとしてるんでしょ……?」

未来「違うから!そういうんじゃないから!」

響「さ、さらにマニアックな……?」

未来「違うよ!ていうかさっき響が言ったみたいのはひびみくものでは全然マニアックの範疇じゃないよ!」

響「……え?」

未来「……あ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:23:47.40 ID:Vy1wVrMGo

響「……あ、あれくらいは、基本なの?」

未来「なんでもない!さっきのなんでもない!」

響「正直さっきのでもかなりエグいところ抜粋したつもりだったんだけど……」

未来「聞いて!さっきのは間違いだから!」

響「もうあれくらいじゃ、満足できないの……?」

未来「やめて!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:24:52.28 ID:Vy1wVrMGo

響「未来がどんどん遠くに行っちゃう……」

未来「遠くに行ってるの響だよ……物理的に距離とってるじゃない……」

響「だ、だって犯されるじゃん……」

未来「しないよ!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:25:34.76 ID:Vy1wVrMGo

響「いつも二課の仕事で我慢させてたのが悪かったのかな……
知らず知らずの内に、未来に寂しい思いをさせていたんじゃ……」

未来「やめて!重い感じにしないで!」

響「未来は私の陽だまりだと思ってたのに……」

未来「聞きたくないよ!一番聞きたくないタイプの奴だよそれ!」

響「で、でもプレイ的な見地から言えばボロボロで帰ってくるのも興奮ポイントに……?」

未来「やめて!嗜好を探るのやめて!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:26:13.33 ID:Vy1wVrMGo

響「だ、だってさっき言ったくらいはもう基本なんでしょ?」

未来「間違いでした!さっきの無しで!」

響「とすると傷跡責めとかそっち系に行かざるを得ないじゃん……?」

未来「っていうか何でちょっと協力的なの!?
さっきまで犯される!とか言ってたよね!?」

響「さ、逆らったらもっとひどい目にあう……」

未来「そ、そういうことか!いや、しないから!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:27:02.06 ID:Vy1wVrMGo

響「じゃ、じゃあ面と向かって言って……」

未来「何を?」

響「『私は響を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』って」

未来「何その宣言!?」

響「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じ布団には寝られないもん!」

未来「ケモノとか言わないで!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:27:45.82 ID:Vy1wVrMGo

響「と、とにかく言ってもらえれば、安心できるかもしれないから……」

未来「……うーん……」

響「や、やっぱり虚偽の申告はできない?」ビクビク

未来「虚偽じゃないから!」

響「いいの!私は未来を嘘つきにしたいわけじゃないから!」

未来「その感じやめて!」

響「未来に言い訳みたいな笑顔をさせるくらいなら、私、未来の嗜好と向き合うから!」

未来「言うから!言うから重い感じやめて!」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:28:22.20 ID:Vy1wVrMGo

未来「え、な、なんだっけ……『私は』……」

響「『私は響を犯したいと思っていないし』

未来「そ、そうね。『私は響を』……」

響「……ど、どうかした?」ビクビク

未来「あ、あのー、一応、一応確認ね?」

響「な、何?」

未来「こ、この『犯す』の範囲って……?」

響「!!」

未来「い、一応だよ!!」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:28:59.73 ID:Vy1wVrMGo

響「そ、それはつまり範囲によっては……」

未来「一応だって!意外と二人の間で食い違ってるかもしれないじゃん!」

響「範囲によってはありえるってこと?」

未来「いやだからその確認!」

響「そ、そうだね。未来の基準はちょっとアレだもんね」

未来「アレとかやめて」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:29:40.28 ID:Vy1wVrMGo

未来「えーと、じゃぁちょっとずつ確認してこう?」

響「う、うん。ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」

未来「……うん」

響「未来がさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだね」

未来「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどね!!」

響「そうだよね!」

未来「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」

響「まずは『キス』!」

未来「えッ!?」

響「えッ!?」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:30:31.86 ID:Vy1wVrMGo

未来「ストップで! 一旦ストップで!」

響「怖い怖い怖い怖い!!」

未来「違うって! 普通にするじゃん! キスってするじゃん! 親友で!」

響「しないしないしない怖い怖い怖い」

未来「私がするかどうかじゃないよ!? 一般的にだよ!? 一般的な基準として、親友でキスはセーフだよ!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:31:20.65 ID:Vy1wVrMGo

響「しないよぉ……」

未来「アレだよ? キスって唇同士の奴だよ? 『下の口同士で』とかそういうんじゃないよ?
 そのつもりで私はOKにしたんだよ?」

響「当たり前だよ…… ていうか今言った方OKにしてたら本当に絶唱してたよ……」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:32:00.89 ID:Vy1wVrMGo

響「あの、ていうかじゃあさ、キスが基準だとアウトなの?
 だよね? あの、言わなくていいけど」

未来(心底屈辱的……)

響「うーん……ていうかもう、聞くね……
 ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるの?」

未来「……えー?」

響「み、未来が決めてくれていいよ。それを聞いて対処するから」

未来「……う、ん……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:32:33.68 ID:Vy1wVrMGo

(五分後)

未来「……」

響「……」ドキドキ

未来「……あの」

響「ひっ!?」ビクゥッ

未来「そ、そこまで怯えなくても!」

響「ご、ごめんね? 驚いちゃっただけだから。ごめんね?犯さないで?」

未来「やめて!」

響「……ていうか、これ長考した時点で相当ヤバ……」

未来「言うから!今すぐ言うから!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:33:16.33 ID:Vy1wVrMGo

未来「え、えーと……」

響「言ってくれていいから!ドンと!」

未来「えーと……」

響「もう驚かないから!」

未来「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」

響「え」

未来「あの、だって、したいし……」

響「うわああああああやっぱりガチじゃんんん!!!」

未来「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!!」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:33:57.00 ID:Vy1wVrMGo

響「最初ので合ってたじゃんかぁぁぁ!! 最初のリアクションでむしろ正解じゃん!!!!」

未来「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責めとかめっちゃしたいです!」

響「それは聞いてないでしょおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」

未来「し、静かにしてよぉ!! 犯すよッ!?」

響「め、めっちゃ本性出してるぅぅぅぅ!!!」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:34:41.13 ID:Vy1wVrMGo

響「同衾は?」

未来「基本」

響「嬌声と書いて?」

未来「歌声」

響「ガングニールは?」

未来「玩具ニール」

響「背徳感は?」

未来「正義」

響「こわいよぉぉぉ! 未来が怖いよぉぉぉ!」

未来「う、うるさい! 下着口に詰めるよ!?」

響「なにそれ!?」

未来「よくあるんだよ!」

響「よくあるんだ!?」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:35:27.81 ID:Vy1wVrMGo

未来「色々装着したまま人助けさせたりしたい!」

響「何急に!?」

未来「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」

響「怖い! そんなことを内に秘めてたとか怖い!」

未来「迷子の子どもを案内してる時にリモコンでいじりたい!」

響「やめて怖い!」

未来「こういう時子どもの母親は響をひたすら褒める!」

響「細かな設定とか怖い!」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:36:00.01 ID:Vy1wVrMGo

未来「うわあああ願望出るぅぅぅ!!」

響「落ち着いて! もうやめて!」

未来「響がちょっとだけ気にしてるガングニールの傷跡にキスしたい!」

未来「二課からの出撃翌要請が来てる時に後ろから胸揉みたい!」

未来「一緒にお風呂入りたい!」

響「最後のは普通のこと言ってるはずなのに怖い!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:36:47.96 ID:Vy1wVrMGo

未来「そういうことだから!よ、よろしくね!」

響「何をヨロシクするの?」

未来「……じゃ、じゃぁ私寝るから!もう寝るから!」

響「このタイミングで引き上げられるとより怖い!
  ていうかなにをヨロシクすればいいの?」

未来「お休みなさい!」ダッ

響「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」
響「本当にヤダ本当に怖い……」
響「なんであんな本見つけちゃったんだろう……」
響「翼さんやクリスちゃんにはなんて言おう……いや、言えないかぁ……こんな稀有な悩み……」

~~~~~

切歌「調のベッドの下から本が出てきたデース! どんな本デスかね!!」
切歌「……ん?」

おしまい


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/03(土) 23:37:13.58 ID:Vy1wVrMGo

立花未来さんご結婚おめでとうございます。



元スレ:響「未来がひびみくもののエロ本隠し持ってた……」

他サイト様の最新記事