1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:37:02.45 ID:M6fC2qE30

まゆ「あらぁ、愛海ちゃん。おはよう」ニコニコ

愛海「おっかしーなー、あたし自分の部屋にちゃんと鍵かけてたんだけどなー」

凛「愛海、気をつけないとだめだよ?最近物騒なんだから」

愛海「うん、ありがとう凛さん。気持ちは嬉しいから模範になってくれるとありがたいかなって」

雫「元気ないみたいだけどー、枕にして寝たほうがいいんじゃないでしょうかー」タプーン

愛海「え、胸を?胸をでいいんだよねその体勢??」



愛海「というわけでハーレムだよプロデューサー!」

P「」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:42:56.32 ID:M6fC2qE30

P「なんばしよっとね……」

愛海「あたしはただ、仲良くなりたくて……」

P「そいで?」

愛海「揉むでしょ?」

P「うん」

愛海「スキンシップでしょ?」

P「うん」

愛海「なんか、こう……心が通じ合った、みたいな?」

P「なるほど」

愛海「胸を打つってやつだね、あはは」

P「それはハートじゃなくてバストだと思うぞ」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:47:57.88 ID:M6fC2qE30

愛海「ただね、こう……」

P「どげんしたと?」

かな子「あっ、愛海ちゃん。クッキー食べる?」

愛海「ありがとうかな子さん、ちょっといいかな?」

かな子「うん。あ、あとプロデューサーさんもいかがですか?」

P「おう、ありがとう」

愛海「こうさ、みんなに求められるとさ」モミモミ

かな子「私も食べようかな……んっ、おいしい♪」モマレモマレ

P「どれどれ……おぉ、本当に美味いなぁ」

愛海「なんか違うんじゃないかなとも思うわけなんだ」モミモミ

かな子「えへへ、ありがとうございます」モマレモマレ

P「なるほど」


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 22:56:04.38 ID:M6fC2qE30

P「なにがちがうんだ?」

愛海「あたしはさ、女の子のやわらかいところが好きなんだ」モミモミ

かな子「クッキー美味しい……今回は大成功かな♪」モマレモマレ

P「うんうん」

愛海「ただやわらかいだけなら、プリンでもビーズクッションでも構わないけど」モミモミ

かな子「あっ、お茶もいれてくればよかったかな……」モマレモマレ

P「そうだな」

愛海「やっぱり女の子が、っていうのが大事なんだよ。わかるかな?」モミモミ

かな子「どうしようかな……」モマレモマレ

P「わかるわ」

愛海「そっか、よかった」モミモミ

桃華「あら、愛海ちゃまにかな子さん。Pちゃまも……ごきげんよう」

かな子「あっ、桃華ちゃん」モマレモマレ


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:02:26.01 ID:M6fC2qE30

桃華「なにをなさっているのかしら?」

かな子「愛海ちゃんと、プロデューサーさんといっしょにクッキー食べてるの」モマレモマレ

愛海「よかったらいっしょに食べない?美味しいよー」モミモミ

P「いいのか、かな子?」

かな子「私は大丈夫ですよ?どうかな、桃華ちゃん」モマレモマレ

桃華「ふむ、それではお茶だけでも用意しますわ♪」

愛海「お茶かー、いいね。嬉しいよ」モミモミ

かな子「おねがいしますっ」モマレモマレ

P「よかよか。仲良きことは美しきかないいようもんな」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:09:19.14 ID:M6fC2qE30

桃華「つい先日、雪乃さんと買い物にいきましたの。オススメの一品ですわ♪」コポコポ…

愛海「おぉー、いい香りだねー」モミモミ

かな子「本当、落ちつくね……」モマレモマレ

P「美味しそうだなぁ」

愛海「じゃあ飲もうかな……」モミモミ…

桃華「さて、と」チョコンッ

愛海「……あのぅ、桃華ちゃん?膝に座られると飲みにくいなーって」

桃華「手が止まってらしてよ、愛海ちゃま」

愛海「……そういうことね?」モミモミ

桃華「うふふ♪」モマレモマレ

P「なるほど」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:17:27.10 ID:M6fC2qE30

P「おまえたちはそれでいいのか?」

桃華「それ、とはどれでしょう?」モマレモマレ

かな子「あっ、このお茶本当に美味しい……」モマレモマレ

愛海「むむむ、これじゃ飲めない」モミモミ

P「いや、なんというか」

桃華「愛海ちゃま、はい。お口を開けてくださいまし♪」モマレモマレ

愛海「え?ん、んー……あれ、熱くない。あったかいけどちょうどいいや」モミモミ

桃華「ちゃんと温度も考えていますの♪」モマレモマレ

かな子「あっ、じゃあクッキーは私が食べさせてあげるね?」モマレモマレ

愛海「うん、ありがとう」モミモミ

P「問題ないか」


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:22:53.09 ID:M6fC2qE30

桃華「素敵なティータイムでしたわ♪」

かな子「また作ってくるね?」

愛海「うん、2人ともありがとう。またね」

P「気をつけて帰るんだぞ」


愛海「……というわけなんだ」

P「なるほど、だいたいわかるわ」

愛海「わぁい」


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:25:57.36 ID:M6fC2qE30

P「結構なお手前で」 

愛海「いえいえそれほどでも」

P「何かが足りないのか?」

愛海「うーん、むしろみちみちてるよ。ムチムチですよ」

P「じゃあつるつるは?」

愛海「愛してるけど」

P「わぁい」

愛海「髪じゃないよ?」

P「うん知ってる」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:31:03.07 ID:M6fC2qE30

P「張り合いがないのか」

愛海「ハリはあるんだけどね」

P「礼子さんとか、志乃さんは?」

愛海「しっとりすいつくよ」

P「なるほど」

愛海「結構揉み疲れもでるしねぇ、たいへんだなぁって」

P「へんたいかなーって」


14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:36:21.95 ID:M6fC2qE30

P「ならやめればよかろうに」

愛海「揉むのをやめたあたしが、あたしでいられるわけないでしょ?」

P「なるほど」

愛海「あたしは揉むよ。今日も明日も明後日も、未来をこの手で揉み続けるよ」

P「腱鞘炎には気をつけような」

愛海「うん、がんばる」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:40:38.97 ID:M6fC2qE30

愛海「それで、どうしたらいいと思う?」

P「どうって……どうしたいんだ?」

愛海「わかんない」

P「そうか」

愛海「おっぱいはねー、何も答えてくれないんだ……」

P「おっぱいはしゃべらないもんなぁ」

愛海「でもしゃべったら揉みがいもなくなりそうかもしれないし、このままでいいのかな」

P「お前がそう思うならそうなんだろう、たぶん」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:47:28.69 ID:fU3yhg+B0

愛海「まゆさんはねぇ、すごく反応がよくってさ」 

P「ほう」

愛海「燃えたよ、あたし」

P「そうか、手錠いるか?」

愛海「のーさんきゅー。だいたい、事情聴取は受けたよ?」

P「えっ」

愛海「えっ?」

P「……この前のぼや騒ぎか」

愛海「うん。ほどほどにって怒られた」

P「そりゃあなぁ、発火はだめだな」

愛海「杏ちゃんと同じ事をいうんだね」

P「ハッカじゃないんだ」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:54:22.33 ID:fU3yhg+B0

P「……俺、【担当アイドルを寝取られた】ことになるのかな」

愛海「それは違うよ」BREAK!

P「そうなのか」

愛海「うん。あたしはただ揉んでるだけ。揉まれる良さを教えてるだけだよ」

P「体は正直ってやつか」

愛海「あれれー、悪化したぞー?」

P「うん。まぁ、いいんだけどな」

愛海「いいの?揉んで?」

P「どこぞで男にひっかかるぐらいなら愛海に揉まれてたほうがいい」

愛海「いやぁ、信頼されてるのかな」テレテレ

P「それほどでもない」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/05(火) 23:59:37.00 ID:fU3yhg+B0

愛海「あたしとしてはさ、こう……嫌がられないにしても、ある程度のこう……ね?」

P「言いたいことはわかる」

愛海「わぁい」

P「でもなんだ、アウトだな」

愛海「まさかほら、ここまで穏やかに受け入れられるとは思わなくって」

P「アイドルだからなぁ」

愛海「愛してるだからかー」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:09:24.94 ID:0GOgUEC90

P「それじゃあ、どうするかな」

愛海「どうしようか」

P「……揉むのをやめる」

愛海「むぅーりぃー」

P「最近乃々がちゃんと仕事に来るんだ」

愛海「あたしに揉まれるかどうかのラインだもんねぇ」

P「揉むのか」

愛海「揉むよ。大きくなるよ、鳥は大胸筋あるんだから」

P「なるほど」


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:13:23.25 ID:0GOgUEC90

P「じゃあ、なんだ」

愛海「なに?」

P「乃々や杏を動かせるってことは愛海はプロデューサーとしての能力もあるのかもしれないな」

愛海「そうかな?」

P「そうだ、たぶんそう」

愛海「そっかー、プロデューサーね……」

P「ただ、ひとつ問題がある」

愛海「なに?」

P「俺がクビになるやもしれん」

愛海「あー……」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:17:01.50 ID:0GOgUEC90

愛海「それなら、いい案があるよ」

P「なんだ?」

愛海「プロデューサーも揉めばいいんだよ」

P「なんと」

愛海「大丈夫、いけるいける」

P「いけるかなぁ」

愛海「いけるよ」

P「そうか、いけるか。ならいこうかなぁ」

愛海「そうそう、ふぁいとー」


24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:20:53.33 ID:0GOgUEC90

P「ただ、どう揉めばいいかな」

愛海「そんなの決まってるでしょ?」

P「決まってるって?」

愛海「その手には、いつだっておっぱいがあるんだよ」

P「この手に……おっぱいが……」

愛海「望めば必ずおっぱいは応えてくれる。そうでしょ? アイドルマスターさん」

P「……そうだな。アイドルが答えてくれるのに、おっぱいが答えてくれない道理はないもんな」

愛海「そういうこと!」


27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:25:18.28 ID:0GOgUEC90

P「じゃあ揉むよ、俺」

愛海「そうだね。でもあたしのハーレムは揺るがないよ!」

P「………」

愛海「あれ、プロデューサー?」

P「アイドルのみんなが、愛海のことを見てるなら……まずは愛海から揉まなきゃ。だろう?」

愛海「あっちゃー……それは予想外だよ……」

P「いいかな?」

愛海「ダメって言ったら?」

P「むせび泣く」

愛海「いいって言ったら?」

P「すすり泣く」

愛海「泣くんだね」

P「泣くよ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:28:48.68 ID:0GOgUEC90

愛海「んー……」

P「俺は揉むよ」

愛海「いや、よく考えたらなんだけどね」

P「うん」

愛海「あたし、揉むのは好きだけど揉まれたことなくって」

P「なんと」

愛海「……揉まれるのってどんな感じなのかは興味あるんだけど」

P「ほう」

愛海「揉みたい?」

P「揉みたい!!!!!!!」

愛海「そっか」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:32:01.92 ID:0GOgUEC90

P「いいの?」

愛海「うーん、ただ揉まれるのは嫌かも」

P「そっか」

愛海「だからゲームをしよう」

P「ゲーム?」

愛海「うん。まずはあたしが揉む」

P「誰を?」

愛海「プロデューサー」

P「オレオ?」

愛海「うん」

P「WAO!」


31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:35:41.04 ID:0GOgUEC90

P「……揉むの?」

愛海「揉むよ」

P「男の子だよ?」

愛海「知ってるよ」

P「おっぱいないよ?」

愛海「あるよ。おっぱいは誰にだってあるんだよ」

P「そうなの?」

愛海「そうだよ」

P「そっかー」

愛海「じゃあ揉むね。ギブアップしなかったらあたしのも揉んでいいからね」

P「わぁい!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:41:03.27 ID:0GOgUEC90

―――――

―――



愛海「うーん、やっぱり男の人は違うなぁ。プロデューサーすごいね……」


愛海「あれ?」


P「」ビクンッビクンッ

愛海「……やりすぎちゃった☆」テヘペロ

P「あ、ぁつみ………」

愛海「どうしたの、プロデューサー?」

P「もっとぉ……♡」

愛海「……これはこれで」ジュルッ


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:44:39.65 ID:0GOgUEC90

――――――

―――




P「愛海ぃ! 仕事持ってきたぞー!」

愛海「やったねプロデューサー!」

P「えっへっへっ」

愛海「よくできました。えらいえらい」

P「わぁい」

愛海「共演は……レナさんかぁ。いいよねレナさん、弾むおっぱい」

P「がんばったよ」

愛海「がんばったね」


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 00:53:32.29 ID:0GOgUEC90

P「あとな」

愛海「うん」

P「765プロの如月さんがな」

愛海「揉めるの?」

P「もめないように相談しないといけないけど揉めるよ」

愛海「そりゃあいい」

P「だろう?」

愛海「あたし、がんばるよ。もめないように、完膚なきまでに揉むから」

P「俺も揉まれたいな」

愛海「今度ね」

P「わぁい」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 01:01:51.59 ID:0GOgUEC90

愛海(アイドル……みんなに夢を届けるお仕事……)

愛海(胸いっぱいの愛を。胸おっぱいの夢を。そういうのって、素敵だと思う)

愛海(あたしは。そんなアイドルのみんなが配って欠けた胸を埋めてあげたい)

愛海(だから――)


愛海「プロデューサー」

P「なんだ?」

愛海「あたし……揉むよ。いつか必ず、あの頂点を……」

P「……先っぽ?」

愛海「そうともいうかな」


38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 01:03:03.43 ID:0GOgUEC90

愛海「それまで、ちゃんとついてきてね?」

P「あぁ、俺も……揉めるその日まで……」

愛海「おっぱいは不滅だよ!」


――完――


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 01:04:11.44 ID:0GOgUEC90

以上、お粗末様でした

おっぱいもみたい・・・



元スレ:愛海「仲良くなりたくてアイドルたちの胸を揉んでたら」

他サイト様の最新記事