1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:04:51.99 ID:rVGbFmr90

揺杏「かれしカレシ彼氏……。そうか、オトコが欲しいか…………」

爽「オトコが欲しいな」

揺杏「や、でも彼氏って。……えー?」

爽「できればイケメンがいいな。でも、揺杏が選んだ男ならちょっとくらいは妥協してもいいぞ」

揺杏「イケメンかー。うあー、どうすっかなコレ……」

爽「なーんつって。まあそうだな、考えたけど、今欲しいのは……」

揺杏「んー、ちょっと待っといて。今、心当たりあるやつに当たってみてくからさ!」

爽「……へっ? おい揺杏、ちょ待て待て待てどこに行くんだぁー……」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:11:18.22 ID:rVGbFmr90

爽「やってしまった…………」

由暉子「何かあったんですか」

爽「私が冗談で口にした『屏風の中にいる虎を捕まえてみろ』級の無茶ブリを揺杏が本気にしちまったんだ……」

由暉子「ちなみに、なんと言ったんですか?」

爽「「世界の半分をよこせ!!」」

爽「チカは私の言葉に割り込んでくんのやめてくれないかな」

誓子「ごめんなさい」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:17:30.02 ID:rVGbFmr90

成香「イケメンの彼氏が欲しい、ですか」

誓子「そんなこと言ってるヒマがあるなら自分で男の子探しに行けばいいのに」

爽「おぉっと! 今日のチカはグイグイ来るね!」

由暉子「それで、岩館先輩はどちらへ向かわれたのでしょう?」

爽「さぁ……。単に電話かメールするので外しただけだと思ったけど、もしかしたら……」

由暉子「もしかしたら」

爽「私のか、……彼氏候補に直接話しに行ってるのかもしれない」

誓子「彼氏候補」

由暉子「彼氏候補」

成香「彼氏候補ですか」

爽「復唱すんのやめてマジで結構恥ずかしい」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:23:32.51 ID:rVGbFmr90

由暉子「早く先輩に連絡して止めた方がよくなくないですか」

爽「そーだよなー。こうしてる内にも、揺杏から突然すぎる話題を振られて困ってる男がいるかもしれないし」

誓子「でも彼氏は欲しいんでしょ? それなら、揺杏に任せちゃうのもありなんじゃない?」

爽「それはそうだけど。流石に、冗談から言ったことであれこれやらせんのも揺杏に悪いだろ」

成香「ところで、爽さんはイケメン以外だとどういう男の子が好みなんですか?」

爽「は? なぜそんな話に」

由暉子「……」

誓子「…………」

成香「………………」

爽「ちょ、待て待てお前ら」

爽「そんな目で見るなぁーーーー!!!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:33:12.92 ID:rVGbFmr90

誓子「女同士でこういう話題にした爽が悪い」

爽「うっ……」

由暉子「まあ、部員同士のコミュニケーションの一環ということで」

成香「コミュニケーションです!」

爽「……っはぁー。そうだな、タイプってほどでもないけど私的にポイント高いのは…………」

爽「負けず嫌いで、ゲームとかすると熱中しちゃうタイプで……」

誓子「ほう」

爽「夢見がち、っつか厨二病? 入っちゃったりしてるんだけどそれなりのロマンも持ってるやつで……」

由暉子「へぇ」

爽「ペット的な可愛さとか、ほっとけなさみたいなのも持ってるやつも好きになれそうな気もするし……」

成香「ふむふむ」

爽「あとは背高くて、ノリがよかったり色々器用でこっちのすること手伝ってくれたら最高ー。……みたいな」

誓子「ほぉーう」

由暉子「へぇーぇ」

成香「ふぅーむ」

爽「…………」

爽(恥ずかしすぎて死ねそう)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:38:47.51 ID:rVGbFmr90

爽「さっさと揺杏に連絡しなくちゃ」

誓子「まあ待ちなさい。私は、揺杏がどういう男の子を連れてくるのか興味あるよ?」

爽「そういうの面倒くさいからやめ。……えーと、電話の方がいいか」

成香「でも、本当に爽さんが好きになれそうな男の人を、揺杏ちゃんが紹介しようとする寸前だったらどうするんです?」

爽「……っっ!」

誓子(見事に動きが止まった……!)

由暉子(想像しちゃったんですね……)


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:43:51.24 ID:rVGbFmr90

爽「そ、それでも幼なじみに骨折り仕事はさせたくない! 私は揺杏を止めるぞー!」

誓子「あーあ、電話かけちゃった……」

由暉子「先輩、ダイアル中はお静かにですよ」

成香「相手は揺杏ちゃんですし大丈夫では?」

爽「……あっ、もしもしー? 揺杏、今取り込んでる?」

爽「そか、それならいいんだ。……ちなみに、今さっきまでなにしてたん?」

爽「…………」

爽「なにっ」

誓子(一体)

成香(何が)

由暉子(あったのでしょう!?)


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 01:52:46.17 ID:rVGbFmr90

爽「……うん、そう。ゴメンな変なこと言って……」

爽「いや、そんな優しくしてもらわなくてもいいから。……うん。うん」

爽「……おう。じゃ、また後でな」

成香「揺杏ちゃん、なんて言ってました?」

爽「えっと……。私と話してから帰って家にいたんだけど、学校に戻って部室来るってさ」

誓子「他には?」

爽「え? あー、えっと……」

誓子「……」

成香「……」

由暉子「……」

爽「その……、迷惑かけたな、つったら、」



揺杏『誕生日だからって許すと思うか? ……ったく。後で、本当に欲しいもん(プレゼント)教えてくれたらチャラにしてやるよ』



爽「って……」

誓子「……っ」

成香(ちかちゃん、目が怖いです……)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 02:01:22.11 ID:rVGbFmr90

誓子「そっちじゃない! 私が聞きたいのは、揺杏が何をしてたかっていうことと爽にどんな男の子を紹介しようとしてたかっていうことなの!」

由暉子「桧森先輩、落ち着いて」

爽「……それなんだけどな。揺杏、私のお願い聞いて家に帰ったから……」

成香「どうして家に帰ったんでしょう?」

爽「今話すよ。……家に帰ってから、小学校と中学校時代の卒アル引っ張り出して男子の品定めして……」

爽「私の眼鏡にかないそうなのをリストアップして、私の顔とか性格とかどこまでどういう風に紹介しようかと考えつつ」

爽「まあ連絡先知らねーやつが大半だから、当時の連絡簿引っ張り出したり、同小同中の連絡先持ってる女子から番号アドレスを引き出そうと……」

誓子「もういいもういい! 泣けてきちゃうからやめて!!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 02:14:49.86 ID:rVGbFmr90

爽「私が電話かけたときは卒アルの中身を調べる前あたりだったらしいぞ」

由暉子「でも、ウチに来てから男の子の知り合いは増えなかったんですかね? 私が目立たせてもらってるとはいえ、全員、麻雀で有名になったのに……」

爽「まあ、ウチ女子校だし」

誓子「そもそも、町の人口自体そんなにね」

成香「この辺、10代20代より30代以上の方々が多いですからね。小学校のときに、社会の科目で調べただけですけど……」

爽「もうちょいしたら東京入りだけど、向こう行ったらナンパとかされんのかね」

誓子「いやないでしょ。……ま、まあ、街に遊びにとか買い出しとか行ったらあるかもしれないけど」

成香「危ないですよ。か、カッコいい人に会えたりしたら勿論嬉しいですけれども……」

爽「イケメンかー。会いたいなー」

誓子「会えたらねー」

成香「会ってみたいですね」

由暉子「…………」

由暉子(なんだか部室の空気が重くなってしまいました)


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 02:23:13.16 ID:rVGbFmr90

由暉子「そ、それよりもうすぐ岩館先輩が戻ってくるんじゃありませんか?」

爽「あ? ああ、確かにそうだけど別に……」

誓子「迎えに行ってやんなさいよ。揺杏が骨折った原因は爽なんだし、道中の話し相手くらいなってあげたら?」

爽「えー?」

誓子「いいから早く行きなさいよ。ほら。…………」

成香「……! そ、そうですね! なんだったら、揺杏ちゃんと一緒に誕生日のプレゼントを買いに行ってから戻るのはどうでしょう!?」

誓子「ユキもついてってあげて。ね?」

爽「はぁ? なぜにユキまで……」

由暉子「そうですよ。よしんば、買ったプレゼントを運ぶとしても……」

誓子「……へー。ユキは、今日が誕生日の先輩と、骨折り損して疲れてる先輩に荷物運びをさせようっていう子だったのね」

由暉子「べ、別にそういうわけじゃ……はっ!」

爽「??? なあチカ、さっきから何言って……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 02:30:32.86 ID:rVGbFmr90

由暉子「……行きましょう、獅子原先輩。ここで押し問答するくらいなら、早く岩館先輩の許へ向かう方が建設的ですし」

爽「なんだなんだ変だなー。三人共、私の誕生日だからって変なことしようとしてるんじゃないだろうな」

誓子「な、何言ってるのよ。爽が誕生日だからって変なことしたから、揺杏が無駄働きさせられたんじゃない」

爽「むむ。しゃーない、みんながそこまで言うなら、岩館揺杏様を迎えに行ってやりますかね」

由暉子「先輩。岩館先輩に何を貰うか、一緒に考えながら歩きましょう」

爽「それはいいけどさ。アイツ、今財布とか持ってんのかね」

由暉子「もしものときは私が出しますよ。ささ、お迎えに行きましょう」

爽「押すな押すな。ったく、可愛い後輩だなーお前は……」

誓子「……」

成香「……」





誓子「……よし」

成香「それでは、始めましょうか……」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 02:40:26.16 ID:rVGbFmr90

揺杏「それでわざわざ来てくれたん? 悪いね~」

由暉子「いえ、大した距離でもないですし」

爽「元はと言えば私のせいだしな。揺杏、マジですまなかった!」

揺杏「もういーって。いやよくねーけど。それより、ささっと誕プレなにが欲しいか教えてくれよ」

由暉子「そうでした。先輩、決められました?」

爽「ああ、ここまで来る途中で考えたんだけどさ。やっぱ、定番だけど誕生日ケーキがいいかなー、とか思ったり?」

揺杏「…………」

由暉子「…………」

爽「……ちょっ」

爽(なぜ期待外れみたいな目線を向けられるんだ……)


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 02:49:53.81 ID:rVGbFmr90

爽「そりゃド定番ではあるけど、そこまでアレなチョイスかなー、ケーキって」

揺杏「プレゼントにするのは微妙じゃね? そもそも、誕生日ケーキって普通にパーティーやら夕食後のデザートやらで出てくるもんだし」

由暉子「あの、気を遣わなくてもいいと思いますよ? 先輩にとって年に一度の記念日ですし、ちょっとくらいわがままを言っても」

爽「欲しいっつってんだからいーだろ別に! 他に欲しいもんも思い浮かばなかったしさ!」

揺杏「お前なー。私は、『インハイ優勝が欲しい』とか言われたらどう返そうかとこれでも必死に考えてたんだぞ」

爽「あ、それいいな! じゃあそれで!」

揺杏「うあー! ちっくしょー、頑張るしかねーか!」

爽「ふはははは。身から出た錆ってやつだな」

由暉子「じゃあ、ケーキの方はいらないですね」

爽「ユキは冷静だな……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 03:03:19.06 ID:rVGbFmr90

爽「でもケーキ欲しいよ。優勝もだけど、記念になるときに貰うのはみんなで分かち合えるもんがいいって」

揺杏「仲間思いだね~」

爽「茶化すなって。まあ、悪くない気分だからもっと褒めていいぞ」

由暉子「どっちですか……」

爽「本気で褒めろってことさ。……さて、先輩思いなユキと揺杏はどういうケーキを買ってくれるのかな!?」

揺杏「えぇ? 今からじゃ、爽用のデコとかメッセージとか用意してもらうの時間かかるよ」

由暉子「そうですよ。それに、そういう本格的なのは、後でのお楽しみにとっておくべきです」

爽「なんだなんだー。お前ら、まさか私に豪華なアレを用意してくれてんのか? 豪華なアレを!」

揺杏「チカセンと成香の気持ちが乗ってねーケーキなんて、食ってもしゃーないだろってこと。ってわけで、誕プレはインハイまで持ち越しな」

爽「な、なに! そりゃインハイ優勝できたら何より嬉しいだろうけど……やっぱプレゼントはモノで欲しいぞ! モノで!」

揺杏「なるほど。つまり、爽にとって男はモノだと」

爽「あれは冗談だって言っただろ!」

由暉子「でも彼氏欲しいんですよね?」

爽「……ま、まあ、な……。……へへ」

揺杏(なんかきめぇ)


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 03:12:53.73 ID:rVGbFmr90

由暉子「……! 先輩方、桧森先輩から『いい加減戻ってきなさい』と……」

揺杏「あれま。ほんじゃ、早歩きで帰ってやるとしますかね」

爽「ピピーッ! 揺杏は私とユキに対して足が長いから歩きも速い! これはレギュレーション違反だな!」

揺杏「そんな違反は知らねー! 私がルールブックだ!」

爽「あーっ! フライングまでしやがったなお前~……。……待てー!」

由暉子「えっ……? せ、先輩方、待ってくださ~い……!」

揺杏「ほらほら、捕まえてみろよ~!」

爽「待て~~~い!」

由暉子「はっ、はぁ……!」



揺杏(……やっぱ、ユキが走ると……)

爽(揺れるな……)


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:17:27.29 ID:eDSrvI0Z0

爽「あれー。なんか部室暗くないか?」

揺杏「……ほんとだ。チカセンたちどこ行ったんだろうな」

由暉子「ど、どこにいるのか電話で訊きますか?」

揺杏「いいって。私たちが部室に入ってから適当にのんびりしてりゃ戻ってくるでしょ」

爽「……鍵はかかってないみたいだ。それじゃ、開けるぞ」

揺杏「おう」





爽「あーれマジでチカたちいない? カーテンまで下ろしてるみたいだし、本当に真っ暗だ」

揺杏「電気つけるよー」

爽「頼んだ」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:22:17.59 ID:eDSrvI0Z0

揺杏「よーっし行くぜー! せーのっ……ほい!!」

爽「あのなー。電気つけるくらいで張り切りす」



(パンッ!!)(パァンッ!!)



爽「……おぉぅっ!!?」



誓子「爽! 誕生日おめでとう!」

成香「おめでとうございます!」



爽「おぉっ、おぉー……!」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:30:11.62 ID:eDSrvI0Z0

爽「お、お前らなんか企んでると思ったら……。そ、そうきたかー!」

揺杏「ふっふっふ。まさか、誕プレ買いに行く行かないの話した直後に来るとは思ってなかっただろ」

爽「いやー、サプライズやってくれたら嬉しいなくらいだったけどさ。……わー、すげー」

誓子「そこまで喜んでくれると、仕込んだ甲斐もあったってもんよね」

成香「やりましたね、ちかちゃん! ユキちゃん! 揺杏ちゃん!」

爽「テーブルの上のこれ、誕生日ケーキに……スペアリブとシャンパンか! 私の誕生日なのにめっちゃ豪華じゃん!」

由暉子「獅子原先輩は、良くも悪くも部の中心ですから。東京に出発する前ですし、景気づけも兼ねてこのくらいはと」

爽「悪くもってなんだよ、悪くもってー。っとに可愛い後輩だなユキは。……うりうりうり!」

由暉子「あぅぅ……。や、やめてください……」



28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:41:55.45 ID:eDSrvI0Z0

誓子「今ケーキにロウソク立てるから、それ終わったらもっかい暗くしてパーティー始めるわよ」

爽「うん! ……わー、すげぇなこのケーキ。私の似顔絵が描かれてる上にめっちゃ可愛い……」

揺杏「最近はキャラクターの顔再現してくれるサービスもあるからねー。私が爽のデフォルメ描いて、それ再現してもらった!」

爽「……っはー、そりゃすげえ。チカちょっと待て! ロウソク立てる前に写真撮る、写真!」

誓子「しょうがないわねぇ。ま、ホストは爽なんだしお好きにどうぞ」

爽「いやー、可愛いねしかし。こりゃ元の素材がいいお陰かな」

揺杏「私の画力の賜物だろ」

爽「まあ、両方が合わさった私と揺杏の共同作業ってことで」

由暉子「作品じゃなくて、作業なんですか?」

成香「それだと、違う意味の記念ケーキになっちゃいますね」

爽「あはははは……」

揺杏「はははは……」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:48:21.19 ID:eDSrvI0Z0

誓子「……っよし。火ついたわね!」

由暉子「今更ですけど、部室で火器を使用しても平気なのでしょうか……」

誓子「内緒でやってるに決まってるじゃない! 成香、電気消して」

成香「はい」

揺杏「暗くなったー」

誓子「ロウソクの灯りで手元は見えるでしょー? ……じゃあ爽、ロウソク吹き消せるところまで移動して」

爽「はいよ。うーん、いよいよとなると緊張するなー」

誓子「爽もみんなもちょっと静かにしてね。……せー、の、」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:53:31.55 ID:eDSrvI0Z0

揺杏「Happy birthday to you♪」

成香「Happy birthday to you♪」

誓子「Happy birthday dear 爽~♪」

由暉子「Happy birthday to you...♪」

爽「……っふぅ~!」





揺杏「おぉ! 一発消し成功!」

爽「へっ、どーだ!」

誓子「おめでとう、爽」

成香「おめでとうございます」

由暉子「……おめでとうございます!」

爽「へっへっへ……」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:54:28.97 ID:eDSrvI0Z0






爽「みんな、ありがと!」






32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 15:56:23.84 ID:eDSrvI0Z0

これにてカン、ということでここまで読んでくれてありがとうございます。爽誕ssでした
 
html依頼出してきます



元スレ:揺杏「誕プレなにが欲しい?」 爽「彼氏」

他サイト様の最新記事