1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:51:47.14 ID:DvmnAFtm0

チノ「そろそろ閉めましょう。ココアさん、リゼさん、お疲れ様でした」

ココア「お疲れさまー!」

リゼ「お疲れー」

ココア「今日のリゼちゃんも、鬼教官ぶりを十分に発揮してたね!」

リゼ「待て、私は鬼教官になりたいわけじゃない!お前がサボっているから叱っただけだ」

ココア「でも、リゼちゃんってビシっとしてるよね。シャロちゃんと同じ、お嬢様学校に通ってるってことを忘れそうなくらい!」

リゼ「まあ、私がシャロのように振舞うことはないだろうな。…少しはシャロのように振る舞うべきなのか?」

ココア「えっ、何か言った?」

リゼ「い、いや!何でもな… あれ?」

チノ「リゼさん、どうかしましたか?」



リゼ「なんでココアとチノちゃんがここに?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:53:22.14 ID:DvmnAFtmo

~しばらくして~

リゼ(シャロ)「リリリリリゼ先輩、これは一体どういうことですか!?」

シャロ(リゼ)「私に聞かれても分かるか!」

リゼ(シャロ)「なんで、なんで私がリゼ先輩で、リゼ先輩が私で!?」

シャロ(リゼ)「落ち着け!慌てても何も解決しないぞ!」

リゼ(シャロ)「は、はい!そうですね。やっぱりリゼ先輩は頼りになります!」

シャロ(リゼ)「言っているのが自分の体だから、自画自賛しているみたいだ…」

チノ「入れ替わりですか。題材にした本は何度か読みましたが、まさか実際に起こるなんて…」

千夜「これは映画化決定ね。名付けて、君の名は!大ヒット間違い無し!」

チノ「それ、何処かで聞きましたよ」

ココア「…ところで、リゼちゃんとシャロちゃんは、どうしてお互いの真似をしてるの?」

チノ「話聞いてました…?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:55:55.33 ID:DvmnAFtmo

シャロ(リゼ)「とにかく、これからの事を話し合おう」

リゼ(シャロ)「とりあえず、元に戻る方法を探しましょう!」

シャロ(リゼ)「いや、それは後回しだ」

ココア「後回し…?もしかしてリゼちゃん、戻りたくないの!?」

シャロ(リゼ)「どうしてそうなる!戻りたいに決まってるだろ!」

リゼ(シャロ)「私の体は、リゼ先輩のお気に召しませんでしたか…?」

シャロ(リゼ)「そういう事でもない!シャロまでボケに回るのは止めてくれ!」

千夜「本当は私と入れ替わりたかったのよね?それともココアちゃん?…まさかチノちゃん!?こんな幼気な少女に手を出そうだなんて!」

チノ「子どもじゃないです」

シャロ(リゼ)「千夜はわざとボケてるだろ!」

チノ「…あるかどうかも分からない方法を探すより、まずは入れ替わった状態でどう過ごすかの予定を立てる方が先じゃないですか?」

シャロ(リゼ)「その通りだ。やっとまともな発言が…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:57:06.79 ID:DvmnAFtmo

千夜「この類の物語だと、戻るまでお互いに成り切る、というのをよく見かけるけど…」

チノ「それが最善でしょうね。入れ替わったといきなり周りに説明しても、なかなか納得して貰えないと思います」

ココア「リゼちゃんやシャロちゃんに成り切る… 難しそうだね」

リゼ(シャロ)「リゼ先輩に成り切る… 先輩に迷惑をかけないために、気を引き締めないと…!」

シャロ(リゼ)「と言っても、私は三年生だから、この時期は自由登校で学校に行く必要はない」

シャロ(リゼ)「それに、バイトはラビットハウスだけだ。だから、そんなに気を張る必要はないと思うぞ?」

ココア「じゃあ、元に戻るまでは、シャロちゃんがここで働くんだね!…見た目はリゼちゃんだけど」

リゼ(シャロ)「あれ、それってつまり…」

シャロ(リゼ)「もちろん、シャロのバイト先には私が行く。シャロは、ラビットハウスの方を頼む」

リゼ(シャロ)「…駄目です。リゼ先輩に、大量のバイトを押し付けるなんてできません!」

シャロ(リゼ)「大丈夫だ。軽く説明してくれたら、バイトなんて幾らでもこなして見せるさ。部活の助っ人で慣れてるからな」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 22:58:48.66 ID:DvmnAFtmo

リゼ(シャロ)「そういう問題じゃありません!私の仕事は、私がするべきです!」

シャロ(リゼ)「今は私がシャロだ。それに、怪盗ラパンとのコラボみたいな、シャロの姿じゃないとできない仕事もあるだろう?」

リゼ(シャロ)「で、でも…」

シャロ(リゼ)「こういう時は、先輩に任せておけ!」

リゼ(シャロ)「…ありがとうございます。その分、ラビットハウスの仕事は全力で取り組みます!」

シャロ(リゼ)「任せたぞ、シャロ。…そうだ、喉が渇いただろう?コーヒー淹れてくるよ。私の体ならコーヒー酔いもしないだろうし」

リゼ(シャロ)「良いんですか?じゃあ、お願いします」

ココア「…リゼちゃん、なんかカッコいい!」

チノ「リゼさんは、きっと良い先生になりますね」

シャロ(リゼ)「う、うるさい!」ドボボボボボ

リゼ(シャロ)「リゼ先輩、コーヒー零れてます!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:00:07.55 ID:DvmnAFtmo

シャロ(リゼ)「お待たせ。さっきは零してしまったが、その分今度はうまく淹れることができたはずだ」

リゼ(シャロ)「頂きます …美味しい。それに、本当に酔わない。リゼ先輩が淹れてくれたコーヒーを、酔わずに飲めるなんて!」

シャロ(リゼ)「喜んでもらえて良かったよ。やっぱり、暗い顔をするより笑ってる方が良いからな」

ココア「リゼちゃん、私もコーヒー淹れてきたよ!ゆっくり飲んでね!」

シャロ(リゼ)「私に?」

ココア「うん!…シャロちゃんを励ましてくれたから。感謝のコーヒーだよ」

シャロ(リゼ)「ありがとう。それじゃ、頂くよ」ゴクッ

千夜「コ、ココアちゃん!?今のリゼちゃんは…」

ココア「あっ」

シャロ(リゼ)「…あははは!最高の気分だ!!こんな時は、楽しまなきゃ損だよな!!!」カフェインテンションハイ

リゼ(シャロ)「酔った時の私って、他の人から見るとこんな風に見えるのね…」

シャロ(リゼ)「ああ、そうだ!拳銃ぶっ放したほうが絶対に盛り上がる!!!!!」ジャキッ

チノ「誰かリゼさんを止めてください!!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:03:54.19 ID:DvmnAFtmo

シャロ(リゼ)「すまない、本当にすまない…」

チノ「リゼさんは悪くありません。これはココアさんの天然ボケが原因です」

ココア「ごめんねリゼちゃん。今はリゼちゃんがコーヒー酔いするってこと、すっかり忘れてて…」

チノ「しっかりと反省してください」

ココア「はい…」

リゼ(シャロ)「と、とりあえず、今日はこれで解散しませんか?」

シャロ(リゼ)「ああ… そうだ。シャロ、明日は図書館に行こうか」

ココア「図書館?」

シャロ(リゼ)「元に戻る方法を調べに行くんだ。ネットでも探してはみるが… せいぜい都市伝説にヒットするくらいだと思う」

リゼ(シャロ)「なるほど。 …図書館で見つかれば良いですね」

シャロ(リゼ)「…見つかることを願うしか無いさ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:05:33.47 ID:DvmnAFtmo

次の日

「起立、礼」

「「さようならー」」

シャロ(リゼ)(さて、これからバイトだな。その後はシャロと図書館で調べ物。今日の授業の内容も伝えないと…)

「リゼ先輩、こっちもお願いします!」

「えぇ!?」

シャロ(リゼ)(ん?)

リゼ(シャロ)「私は一人しかいないんだから、あちこちから呼ばれても困る!」

シャロ(リゼ)「シャっ… リゼ先輩!?どうして学校に来てるんですか!?」

リゼ(シャロ)「リゼs… 部活の助っ人をしてくれって頼まれて!断るわけにも行かない!!じゃ、私はこれで!」ダッ

シャロ(リゼ)(これは想定外だ!大丈夫だろうか…?)

シャロ(リゼ)「…って、もうすぐバイトの時間じゃないか!人の心配をしている場合じゃない!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:07:17.98 ID:DvmnAFtmo

シャロ(リゼ)「フルール・ド・ラパンをよろしくお願いしま~す!」

シャロ(リゼ)「チラシを配り終えたし、今日のバイトは終わり… って次は特売!」

千夜「リゼちゃん!」

シャロ(リゼ)「千夜じゃないか。どうしてここに?」

千夜「リゼちゃん、これから特売に向かうつもり?」

シャロ(リゼ)「ああ。いつ戻るかわからないから、食材は買える時に買って置くべきだろう?」

千夜「そういうと思った。安心してリゼちゃん、特売は私が代わりに行くわ」

シャロ(リゼ)「それは流石に悪いだろう」

千夜「そんな事ないわ。それに、今日はシャロちゃんと図書館で調べるんでしょう?調べる時間は、余裕があった方が良いと思うの」

千夜「今のリゼちゃんはシャロちゃんでもあるんだから、こういう時は… 幼馴染の私に任せなさい!」キリッ

シャロ(リゼ)「…分かった。ありがとう、千夜」

千夜「お礼なんて。…もし断られたら特攻するつもりだったから、断られなくて良かったわ♪」

シャロ(リゼ)「特攻!?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:08:50.72 ID:DvmnAFtmo

リゼ(シャロ)「ソフトボール部の次はバレーボール部、その次は吹き矢部… その次は…」

「リゼ先輩!そっちにボールが!」

リゼ(シャロ)「あ、ああ、すまない!」パシッ

「余所見をしていてもキャッチできるなんて!」

「さすがリゼ先輩!」

リゼ(シャロ)(リゼ先輩の運動神経が凄すぎる)

リゼ(シャロ)「よし、次はそっちだ!」カキーン

「あの、リゼ先輩、次はテニス部にも…」

リゼ(シャロ)「ごめん、今日の予定はもう埋まってるんだ」

「そうですか… では、明日こそお願いしますわ!」

リゼ(シャロ)「わ、わかった!」

リゼ(シャロ)(これ、下手なバイトよりも大変なんじゃ…)


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:09:39.53 ID:DvmnAFtmo

ココア「チノちゃん、シャロちゃん、お疲れ様!」

チノ「お疲れ様でした」

リゼ(シャロ)「お疲れ様でした」

ココア「シャロちゃん、凄いよ!リゼちゃんの真似も上手いし仕事も完璧!」

リゼ(シャロ)「真似が上手く見えるのは私の姿がリゼ先輩だからでしょ。それに、仕事は別に完璧じゃないし」

チノ「いえ、本当にお上手でしたし、仕事の手際もお見事です」

リゼ(シャロ)「そ、そんなこと…」

ココア「何気ない会話も、お客さんの前ではリゼちゃんに成り切ってたよね」

リゼ(シャロ)「ほ、褒めたって、何も出ないわよ!」

ココア「でも、照れるシャロちゃんとリゼちゃんが同時に見られるよ!」

リゼ(シャロ)「うぅ… ココアー!!」

ココア「わぁっ、そんなに怒らなくても!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:11:04.61 ID:DvmnAFtmo

~図書館~

シャロ(リゼ)「良いか、この正二十四角形は円に内接しているから、円の面積よりも小さい。だから…」

リゼ(シャロ)「加法定理でsin15°を求めて… 3(r^2)(√6-√2)…」

シャロ(リゼ)「よし、これで今日の分は終わりだ!」

リゼ(シャロ)「ありがとうございました、リゼ先輩!すみません、ここまでしてもらっちゃって…」

シャロ(リゼ)「良いんだよ。私も復習できたしな。さて、元に戻る方法を調べるぞ」

リゼ(シャロ)「手分けして探しましょう」

ココア「リゼちゃーん!宿題が終わったから手伝いに来たよ!」

チノ「ココアさん、図書室では静かにしてください」

千夜「リゼちゃん、特売に行ってきたけど大漁よ!もう用もないし、私も手伝うわね」

シャロ(リゼ)「三人とも手伝いに来てくれたのか。二人だけで探すのは苦労しそうだったから助かるよ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:13:43.67 ID:DvmnAFtmo

ココア「私たちは友達だもん!困ったときはお互い様だよ!」

千夜「何かあったら、どんどん頼ってくれていいのよ?」

シャロ(リゼ)「はは、心強いな」

リゼ(シャロ)「あ、ありがとう…」

ココア「ふっふっふっ… このココアお姉ちゃんが、有益な情報を光の速さで見つけてくるよ!」

チノ「あ、それっぽい本見つけてきましたよ」ドサッ

シャロ(リゼ)「これが光の速さか」

チノ「これからは私がお姉ちゃんです」

ココア「そ、そんな!?」

リゼ(シャロ)「まさかの下克上!?」

千夜「"これからは"チノちゃんがお姉ちゃん?良かったわね、ココアちゃん」

ココア「良くないよ!?」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:15:10.92 ID:DvmnAFtmo

シャロ(リゼ)「しかし、まさかこの街で起きた怪奇現象を纏めた本があるなんて。こんな本、よく見つけたな」

チノ「昔、図書館に来た時に読んだことがあったんです。まさか、第30版まで出ているのは知りませんでしたが」

リゼ(シャロ)「そんなに!?」

千夜「定期的に新しい情報を追加しているって書いてあるわね」

ココア「ホントだ、凄い!それに、色んなことが載ってるんだね。コーヒー占いに、うさぎになったバリスタまであるよ!」

チノ「え、どこです?」

ココア「ここだよ、ここ」

現象No.124、必中するコーヒー占い:某喫茶店のマスターが行うことができたが、亡くなられたため再現不可。孫娘さんに期待

現象No.127、うさぎになったバリスタ:喋る兎がいる喫茶店があるという噂。筆者では確認が取れず。※名前は小説家の青山ブルーマウンテン氏に許可を頂きました

シャロ(リゼ)「必中する占いに、喋る兎…?まさに怪奇現象だな」

チノ(心当たりがありすぎる)


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:17:13.20 ID:DvmnAFtmo

ココア「あっ!入れ替わり現象もあったよ!」

現象No.15、入れ替わり:創作作品で見かける、人の心や記憶が入れ替わる現象。過去に数十回発生

リゼ(シャロ)「意外と起こってるのね、入れ替わり」

千夜「見て。原因に、対処法まで載ってるわ」

原因:対象者同士の物理的な衝突によることが多い。ただし、衝突無しに突然入れ替わったケースも数回ほどあり

対処法:後者の場合、自然と戻る事が多い。また、お互いに成り切ることでより素早く戻ることができる模様

シャロ(リゼ)「私たちの場合は後者だな。と言っても、今日とやることは変わらないか」

リゼ(シャロ)「でも、今以上に成り切った方が早く戻れるんじゃないですか?」

シャロ(リゼ)「確かに。じゃあ… 演劇部の助っ人の経験を活かして成り切ってみせますね、リゼ先輩!」

リゼ(シャロ)「じゃあ私も… バイトで培った会話力で成り切ってみせるからな、シャロ!」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:18:48.47 ID:DvmnAFtmo

千夜「これなら、他の人から見てもわからないわね」

チノ「ええ。その調子なら、すぐに戻れそうです」

ココア「二人とも頑張ってね!」

リゼ(シャロ)「ああ!今日はみんなありがとう」

シャロ(リゼ)「絶対に戻ってみせるわ!」


ココア「あ、そうだ。チノちゃん、千夜ちゃん、ちょっと相談が」

チノ「どうされました?」

千夜「もしかして来週の?」

ココア「うん、そのもしかしてだよ!」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:20:27.42 ID:DvmnAFtmo

~次の日~

カランコロン

シャロ(リゼ)「いらっしゃいませ~!フルール・ド・ラパンへ、ようこそ!」


「リゼ先輩、テニス部の助っ人をお願いします!」

リゼ(シャロ)「よし、任せろー!」


ココア「zzz…」

リゼ(シャロ)「寝ている暇はないぞー!」バシッ

ココア「はっ!…シャロちゃんが鬼教官に!」


シャロ(リゼ)「いらっしゃいませ~」

メグ「シャロさん、クレープくださ~い」

マヤ「メグ!今のシャロは、シャロじゃなくて…」

シャロ(リゼ)「メグちゃんにマヤちゃんじゃない。どの味にする?」

マヤ「…あれ?」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:21:29.26 ID:DvmnAFtmo

~5日目~

チノ「そろそろ閉めましょう。ココアさん、リゼさん、お疲れ様でした」

ココア「お疲れさまー!」

リゼ(シャロ)「お疲れ」

ココア「今日も教官が気合たっぷりだから、寝る暇がなかったよー」

リゼ「仕事しろ! …あれ?」


シャロ(リゼ)「フルール・ド・ラパンをよろしくお願いしま~す!」

シャロ「ハーブティの… ん?」




リゼ「リリリリリゼ先輩、もしかして私たち…」バァン

シャロ「…入れ替わってしまったー!?」

ココア「元に戻っただけだよね!?」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:22:45.46 ID:DvmnAFtmo

リゼ「え?…あ、ああ、そうだな。あの本の通り、成り切ってたら元に戻れた訳だ」

シャロ「え、ええ。これにて一件落着ってことですね!」

ココア「千夜ちゃんにもこの事を伝えないと。ちょっと甘兎まで行ってくるね!」

チノ「電話やメールで伝えれば良いじゃないんですか?」

ココア「千夜ちゃん、今電源を切ってるみたいなの!」ダッ

チノ「って、携帯落としましたよ!?」ダッ

ティッピー「おいチノ、わしが落ちr NOOOOOOOOO!!」ドサッ

リゼ「…なあ、シャロ」

シャロ「なんですか、リゼ先輩?」

リゼ「…今の私は、本当に私なのか?」

シャロ「どういうことですか…?」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:24:05.04 ID:DvmnAFtmo

リゼ「私は、さっきココアに言われるまで、入れ替わってたことをすっかり忘れていたんだ」

シャロ「私もです…」

リゼ「それで思ったんだ。実は私たちが既に何度も入れ替わっていた、なんて話も可笑しくないんじゃないかって」

シャロ「そ、そんなまさか…」

リゼ「断言できるか?今回は、偶々ココアたちが知っていたから、こうして気付く事が出来ただけかもしれないんだぞ!?」

シャロ「た、確かに…」

リゼ「私は怖いんだ。自分が誰なのか判らなくなってくる…」

シャロ「実は私、心当たりが…」

リゼ「私もなんだ…」

シャロ「あの時のいけない想像は…」

リゼ「あの時の戦場の悪魔は…」

「「入れ替わりのせい!?」」

ティッピー「そんなわけ無いじゃろ」

((喋る兎!?))


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:24:55.27 ID:DvmnAFtmo

ココア「ただいまー!」

千夜「二人とも、元に戻ったのね!」

リゼ「あ、ああ…」

シャロ「そ、そうね…」

ココア「やっぱり、元のリゼちゃんとシャロちゃんが一番だよ!」

リゼ「え?」

チノ「ですね。どこかシャロさんのようなリゼさんは、やっぱり違和感がありましたから」

シャロ「そうなの?」

ココア「うん!やっぱりバイトをこなしてる数が違うから、貫禄みたいなのも出てた気がする!」

千夜「歩き方がリゼちゃんみたいだったり、どこか喋り方が違うシャロちゃんを見るのは不思議な感覚だったわね」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:26:08.93 ID:DvmnAFtmo

リゼ「判るものなのか?」

チノ「はい。でも、他の人が見たら、きっと気が付きませんよ。それくらいお上手でしたから」

シャロ「じゃあ、どうしてチノちゃんたちには判るの?」


チノ「どうして、と言われましても」

千夜「そんなの決まってるじゃない♪」

ココア「だって私たち、友達だから!」


リゼ・シャロ「「!」」

チノ「細かい違いは、付き合いが長くないと判りませんからね」

千夜「細かい違いと言っても、私たちにとっては大きな違いね」

ココア「いくら演技が上手くても、私たちの目は誤魔化せないよ!」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:27:10.11 ID:DvmnAFtmo

リゼ「…どうやら、さっきのは杞憂だったみたいだな」

シャロ「…ですね」

ココア「何のこと?」

リゼ「すごく嬉しいことだよ」

ココア「すごく嬉しいこと… あ、リゼちゃんの誕生日のことだね!」

リゼ「いきなり何を… そう言えばそうだったな」

ココア「元に戻ってくれて本当に良かった。二人が入れ替わったままだったら、どっちに渡せばいいか分からないところだったよ!」

チノ「バレンタインの日だからとチョコにしたんですから、二人分用意すればよかったのでは?」

ココア「なるほど!でももう後の祭りだよ…」

千夜「安心してココアちゃん。そういうと思って、こっそり多めに作っておいたのよ」

シャロ「いや、戻ったんだからもう必要無いわよね?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:28:10.74 ID:DvmnAFtmo

ココア「さあさあリゼちゃん、ここに座って!誕生日パーティーだよ!」

リゼ「おいおい、私一人のためにそんな大げさにしなくても」

チノ「では、お二人が元に戻れたことも祝うパーティにしましょう」

シャロ「えぇ!?」

リゼ「そういう訳じゃなくてだな…」

千夜「そう遠慮しなくていいのよ?」

ココア「では改めて… せーの!」



「「「「ハッピーバースデー!!リゼちゃん!!」」さん」先輩!」



~おわり~


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/14(火) 23:29:08.87 ID:DvmnAFtmo

ここまで読んでくれてありがとう
という訳でリゼさんハッピーバースデー
ところで、ローソンでミニポスターを買ったら、何故かリポビタンDが3本ついてきたんだがどうすれば良いんだろうね?



元スレ:リゼ「シャロと入れ替わってしまった!」

他サイト様の最新記事