1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 19:54:39.39 ID:FxWsfeejo

晶葉「我ながら会心の出来だ」

P「そうか、壊せ」

晶葉「くれぐれも悪用するんじゃないぞ」

P「悪用意外の方法があるのか?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 20:00:12.09 ID:FxWsfeejo

P「いいからさっさとその物騒な物を渡せ」

晶葉「断る、それではポチっとな」
ポチ

P「っ!?」
ビリビリビリビリ

晶葉「さてどうなるか」

P「あき、は」
バタン

晶葉「…………………」

晶葉「すまないP、だが私にはもう止められない」

晶葉「私達の事務所で水面下で行われている君の争奪戦」

晶葉「私にはあの魅力的な皆に勝つ自信が無い…だからこうする他無いんだ」

晶葉「罪悪感など無いさこれで生まれる関係だって偽者とも思わない」

晶葉「所詮人の精神は神経細胞の火花、電気信号にすぎない」

晶葉「それを変えたいが為に自分の持ち味を使って様々なアプローチをしている訳だが」

晶葉「私の持ち味である技術を使ったこのアプロ-チがそれらと何の違いがあろうか?」

晶葉「…そう、間違ってなどいない、いない、いない、いないんだ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 20:05:30.48 ID:FxWsfeejo


………
……



P「……………」

晶葉「(さて、そろそろ目が覚める頃だろう)」

P「うっ…」

晶葉「起きたか、おはよう」

P「「…おは、よう」

晶葉「意識ははっきりしてるか?」

P「…ああ」

晶葉「なら良かった、体のどこかが痛いとかそういうのはあるか?」

P「…問題ない」

晶葉「そうか、異常無しだな」

P「……………」

晶葉「……………」

P「……………」

晶葉「……………」

晶葉「(おかしい、受け答えはしっかりしているが、装置の効果が見られない…?まさか失敗か?!)」

P「………………」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 20:10:10.31 ID:FxWsfeejo


晶葉「あー……その…」

P「………………」

晶葉「ほ、他に何か変わった事は?」

P「…変わった事?」

晶葉「ほら、気分が悪いとか気分がいいとか、そういうのは?」

P「気分か、それなら最高だ」

晶葉「む…そ、それはどういった理由で?」

P「そりゃ目が覚めて一番に晶葉と会えたからさ、これ以上の目覚めは無い」

晶葉「っ!…ふ、ふふふ…そうかそうか」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 20:21:26.21 ID:FxWsfeejo


晶葉「(よし、成功していた!!)」

P「ああ、晶葉は可愛いなあ」

晶葉「う…面と向かって言われるのは少々照れるな」

P「いやいや晶葉は本当に可愛いからさ、もうメロメロだよ」

晶葉「そ、そうか?はははならもっと言っていいぞ!」

P「勿論、晶葉というオアシスがいないと俺は乾いてしまうから」

晶葉「…いやそれは言いすぎだ、というよりそんな歯の浮く言葉を言えたんだな」

P「ああもう可愛いなー可愛いなー可愛いなー可愛いなー晶葉可愛い可愛い可愛い」」

晶葉「…ん?」

P「晶葉マジ最高めちゃシコめがね可愛いツインテ食べたい抱き上げたいたまに女言葉になるの可愛いバニー衣装着せて着痩せ気味のおっぱい掴んで後ろから突き上げ」

晶葉「ストップ!!!!!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 20:35:41.65 ID:FxWsfeejo

P「どうしたマイハニー」

晶葉「どうしたはこっちだ!おかしいだろ今の!?」

P「あふれ出る晶葉への愛を綴ったらちょっと過激になっちゃったな」

晶葉「にしてもだな、そういうのを気軽に口に出すのは」

P「HAHAHAちょっと晶葉には刺激が強かったかな?ゴメンねっ☆」

晶葉「(ウ、ウザっ!)」

P「あー今なら空も飛べるかも…すっげえテンンション上がってきたナッシー!!!」
ブンブンブンブン

晶葉「なんだこれは…なんだこれは…」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 21:02:57.88 ID:FxWsfeejo

「そこまでだー!」
ドカーン

晶葉「っ!?」

P「oh?」

モクモクモクモク

晶葉「くっ煙で見えん…誰だ私の研究所にこんな真似する奴は!」

「こんな真似はこっちの台詞!機械なんかで人の心を操ってしまうなんて許さない!!」

晶葉「な…どうやってそれを!?」

「ふふん、アタシのバイザーは全てを聞いていたぞ!!!」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 21:25:10.95 ID:FxWsfeejo

晶葉「バイ、ザー…?そうか、お前は光か」

光「イエス!アイ!アム!ヒーロー光参上だっ!」
キラーン

P「オウ マイ バディ シャイン」

光「クソッPの奴…すっかり変わり果ててしまって…」

晶葉「バディは異性に向けて使う言葉ではないぞ」

P「相棒って英語に訳すとしっくりくる感じの互換のがないんだよな、だけどパートナーだと気恥ずかしいじゃんアゼルバイジャン」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 21:37:30.43 ID:FxWsfeejo

光「晶葉!Pを元に戻すんだ!!!」

晶葉「私もそうしたいと思ってる」

光「え?そうなの?」

晶葉「うん、凄くウザいし」

P「おいおいつれないなアキえもん☆ボク一人でも頑張れるよ、だから未来に帰…られたら寂しいじゃねーか!クソックソッ!!」

晶葉「イラッ」

光「だったら早く戻したらどうなんだ?」

晶葉「そこが問題なんだ…実はこの装置にオンオフは無くてな一回押したらそれっきりだ」

光「んなっ!?」

P「一期一会アーハーン」

晶葉「黙ってろ」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 21:49:54.90 ID:FxWsfeejo

光「そ、そんなのって…」

P「おいおい諦めるのか光?俺の知ってるヒーローはどんな逆境でも名前の様に輝いてたぜ?」

晶葉「君のせいで困ってるんだけどな」

P「それ言っちゃうならお前が変な装置作ったせいでもあるぞ」

晶葉「なあ、ひょっとして正気に戻ってないか?」

P「………………」

晶葉「さっきからチラホラ普通に突っ込んでる気が」

P「晶葉は可愛いなー」
ダキッ

晶葉「きゃっ!?」

P「こんな可愛い晶葉がいるのにスキンシップもしてないとか勿体無さすぎだ堪能しないと」
ムギュウ

晶葉「こ、こら!やめないか!!こんな光の目の前で…」

P「だったら光がいなければいいのか?人目のいない所ならおさわりOK?晶葉はむっつりだなー」

晶葉「いや…ちが…えっと…」




光「……………」
プチン


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 22:04:49.45 ID:FxWsfeejo

晶葉「そうじゃなくて…順序を踏むのは大事だろ、まだ私達デートもしてないし…」

P「悪い大人だから階段は飛ばしちゃうぜ」

晶葉「そ、それに…ムードも作って欲しいかな…」

P「今まさにそういう空気が出来上がってるのさ…ほら体を預けてく」

光「えいっ」
バキッ

P「」
バタッ

晶葉「あああああ!?」

光「あーすっきりした」

晶葉「何するんだ!良い所で!」

光「ライダーパンチ」

晶葉「私の作ったそのスーツはライダー並の身体能力が出るのを忘れたのか!?」

※ライダーのパンチ力は弱くて1トンくらい

光「Pなら平気だよ丈夫だから」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 22:25:36.29 ID:FxWsfeejo

P「」

光「これでPは戻るかな?こういう時は叩けば治るっていうしね!」

晶葉「意識が戻るか怪しいと思うぞ」

光「だってあんな事しちゃうもん、Pはプロデューサーでアタシの相棒だからねしょうがないよね」

晶葉「…光、君もあの装置の影響受けてないか?」

P「うっ…」

光「あ、起きたみたいだな」

晶葉「(本当に平気なのか…)」

P「………………」

光「大丈夫?目は覚めた?」

P「ああ目が覚めよ」

光「そっか良かった、Pがあのままだったらアタシどうすればいいかわかんなかったよ」

P「ははは心配性だな光は、俺達は相棒じゃないかパートナーだ」
ヒョイ

光「うん!そうだよね!アタシ達は相…棒………」

P「どうした?」

光「なあ…何故アタシを抱っこしてるんだ?」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 22:48:19.76 ID:FxWsfeejo

P「そりゃ光が目の前にいたからだよ」

光「えぇ…?とにかく下ろしてよ、子供じゃないぞアタシは」

P「それは駄目だ」

光「えっ?」

P「せっかく俺の大好きな光をこの手に掴んだんだから…離すなんて俺にはとてもできやしない」

光「」

P「ああ光は小さいな…羽根の様に軽い…」

光「す、好きって…え、あう、違う!!小さくない!!いいからはなして!!!」
ジタバタ

P「そして小さい体躯に似合わない割と発育のいいこの体の感触素晴らしい…」
スリスリ

光「~~~ッ!!へ、変態!!PのH!!!!!馬鹿馬鹿馬鹿!!!!」

P「お前に罵倒されても嬉しくなるだけだ」



晶葉「………………は?」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:09:13.25 ID:FxWsfeejo

光「(これってあの装置の標的がアタシになったって事なのか?!)」

光「こ、こんなつもりじゃ無かったのに…アタシはこんなのじゃなくてちゃんとしてPと…」

P「ほらほらいいじゃないか光、一蓮托生だろ俺達」

光「だだっだだめ!!!そうだけど今のPは騙されてるんだ!!」

P「騙されてる?ははこの気持ちが嘘だなんて酷いな…ずっと前から光の事は信頼してたのに」

光「…え…そう、ありがと………じゃない!駄目なの!!ヒーローにはそういうの厳禁だから!!」

P「戦いが終わったらヒーローには帰る場所がいるだろ?───俺じゃそれは駄目か?」

光「え…そりゃ……いいけど」

P「さあ挙式を挙げよう光…大丈夫ブラジルで条件を満たせば問題無いからさ…」

光「」
ボンッ

P「ははは顔が真っ赤だぞ、お前もそういう顔できるんじゃないか」




晶葉「よし、あの装置もう一回起動させよう」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:22:49.25 ID:FxWsfeejo

晶葉「オンオフのスイッチなど作ろうと思えば幾らでも作れるのだからな」
カチャカチャ

晶葉「ってアレ?コレってもしかして─」



光「あぅ………うぅ……」

P「…流石にやりすぎたか、光ー?おーい?戻って来ーい?」

晶葉「ちょっといいか?」

P「ん?どうした晶葉…っ!その機械は!!」

晶葉「この天才にもミスがあってな」

P「また俺はいい様に操られてしまうのか………ミス?」

晶葉「ああ、実はなこの機械…大事なパーツが無かったんだ」

P「へ、へー?どんくらい大事なんだ?」

晶葉「これが無いと効果が全く出ないってくらい大事」

P「………………」

晶葉「………………」

P「………………」

晶葉「………………」

P「ははっ」

晶葉「ははははははは」

















晶葉「何処から正気だった?」

P「初めからです」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:37:22.49 ID:FxWsfeejo

晶葉「………………」

P「ほら、お前が物騒な事言うもんだからちょっとこらしめてやろうかなって」

晶葉「………………」

P「人の心を思い通りとか駄目だろ?人道に反するじゃないか」

晶葉「………………」

P「だから装置にのった振りしてからかってやろうとしてたら…つい、楽しくて、うん」

晶葉「………………」

P「あの」

晶葉「そうだな、確かに私が悪い」

P「えっ?」

晶葉「全面的にPの言うとおりだ、人の心を思い通りなどBADENDさ」

晶葉「もし機械の効果が発揮していたらきっと永遠に後悔していたんだろうな」

晶葉「こんな馬鹿な話もできなくなったと思うと尚更…ね、ふふっ」

P「…晶葉…………ああ、そうだな、失敗してくれて良かったよ」

晶葉「だから君のやったどさくさのセクハラも痛み分けという事でいい………しかし、だ」

P「ん?」

晶葉「それじゃすまない相手がいるんじゃないかな?」















光「………………」

P「あっ」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/29(木) 23:51:44.87 ID:FxWsfeejo

光「そっか、ぜーんぶお芝居だったんだね」

P「ち、違うよ!ちょっと悪乗りしたけど嘘は一つも言ってないからな!」

光「そうだね、Pに信頼されてて嬉しいや」

P「そそそそ、そうだよな!俺達相棒だもんな!!」

光「うん……でもさ…そうだとしてもさ…アタシの………いっぱい触ったよね」

P「……………」

光「……………」

P「光」

光「なに?」

P「やっぱり発育いいなお前って★将来期待しちゃうぞっ★」

光「ふふっ」













ドカバキゴスガスグシャドガバキ

P「ヤッダーバァアァァァァアアアア!!!!!!!」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:02:23.06 ID:ddTnhdDqo

P「死ぬ!マジで死んじゃう!!!!

晶葉「今の叫び声あげて生きてるんだからまだ平気さ」

光「そうそう、アタシのプロデューサーは強い人って知ってるから」
パキポキ
                 ナオ
晶葉「安心しろ、もし壊れても私が改造してやる」

P「字が違うっ!!!」

光「P…ああいうのはちゃんとしてからじゃないと駄目だってアタシ思うんだよね、だからお仕置き」
キィィィィィィン

P「ポージングして体が光り輝いてなければ可愛い言葉なのに!!!」

光「この一撃で反省しろ─────ライダー………」

P「うっぎゃあぁあああああああ!!」


















光「抱きつきー」
ポフン

P「ああああ……?」

晶葉「うん?」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:13:02.74 ID:ddTnhdDqo

光「……………」
ギュー

P「………………」

光「……………」
ギュー

P「………………」

光「……………」
ギュー

P「………………」

光「…反省した?」

P「え、うん」

光「なら許してあげる」

光「……………」
ギュー

P「………………」

光「嘘は無いんだしな、いきなり悪戯されたのは驚いたけどさ…それはさっきので許してあげるから…だから」

光「せ、責任、とってよね!アタシもプロデューサーは相棒と思ってたんだから…ちゃんと…その、そういう…お、お付き合いなら…」

P「………ありがとうな光…ああ、そうだ、責任を取って」

晶葉「───付き合ってもらおうか!!!」
ドカーン


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:28:03.47 ID:ddTnhdDqo

P「げふうっ!?」

光「晶葉!?何するんだよ!!いい雰囲気だったのにー!!!」

晶葉「セクハラされて責任どうこうなら私だって同じだろ!!そこを譲れ光!!!」

光「セ、セクハラとか言うな!!」

P「そうだそうだ!軽いスキンシップくらいだ!!」

晶葉「おい…誰が原因かわかってるのか?」

光「あーそういえば………そうだったよね…はっきりさせないと」

P「えっ?」

晶葉「………………」

光「………………」

P「いや、その、あんな状況滅多に無いし、触れるなら二人とも触っとくのが男のサガっていうか」

晶葉「そうか、で」

光「どっちとも好きって言ってたけど、それは?」

P「………………………」

晶葉「………………」

光「………………」













P「二人とも大好きっ!」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/30(金) 00:38:23.77 ID:ddTnhdDqo


………
……



ちひろ「で、その後どうなったんです?ミンチにされてお魚さんの餌にでもなったんですか?」

P「いえ結局二人と付き合う事になりました」

ちひろ「は?」



晶葉『…人の心を操作しようとした私に今更あり方を変えろ何て言えっこ無いさ、私の事を…なら、もう十分だ』

光『晶葉は仲間だしな、それに晶葉がいなかったらPとこうなる事もなかったし…その…』



P「いやあ二人とも物分りが良くて助かりました、そもそもまだ付き合うって言っても歳の関係でイチャイチャするくらいですしセーフですよ合法で」

ちひろ「あ、もしもし警察ですか?たぶん変態だと思うんですけど」


おしまい



元スレ:晶葉「出来たぞ、助手の心が私の物になる装置だ」

他サイト様の最新記事