2017年05月20日

市民活動連絡会・総会および交流会

瀬戸市の交流学び課と市民活動団体がタイアップして地域の活性化や向上を図ろうという集まりである。
フェニックスとして団体加入しているが特に世のため人のため特別な事をしているわけではないい。加入費が只で、それなりに申請すれば補助金が出るというのでとりあえず加入した。という感じである。やっていることは普通に川柳菌をばら撒いているだけである。

2017年05月19日

有ればめんどう無ければ寒い髪と金

「おもしろ川柳」は瀬戸市の水南公民館で12年間
144回続けてきたが、今回の5月例会を最後に次回6月からはパルティせと4階会議室に場所(拠点)を移し、
新しい環境で続けることにした。
12年と言えばひと昔以上。皆、平等に確実に歳は重ねる。病気や体調不良で止めたり休んだりの人もいる。
体調を崩していたSさんが顔を出してくれた。会場移転に合わせ別れの言葉があった。途中から泣きながらになり、皆ももらい泣きをした。数少ない創立メンバーなので感慨も一入である。
私もこの公民館は川柳講座を始める前に、英会話などいろいろ遊び学ばせてもらったので思い出は尽きない。

2017年05月18日

朝日新聞東海柳壇5/18掲載  なかはられいこ・選

純白の乳房のごときタマネギよ   杉浦博和

はみ出したところがわたし消さないで 山口亜都子

じいちゃんの煙管の先にいる蛍   河合正秀

口角が下がると波浪注意報     河合由子

昔から浅丘ルリ子三つ上      丸山 進

正座から握りこぶしで立ち上がる  太田昌宏

戸を閉めるだけで互いに別世界   松長一歩

サボろうか影と意見が一致する   林 泰行

通販は妻の物しか届かない     安井紀代子

親切とお節介との交差点       三好光明

2017年05月17日

あちこちでチーズの声がする写真

夢工房交流会(名古屋)の句会場(ガーデンパレス)での集合写真と句会結果がもうメールで送られてきた。
お手数多謝である。一人一人の顔と声と思い出が鮮明に浮かんでくる。良い記念になるだろう。

それはそれとして、初日に長野の岬さんと多分10年ぶり以上のブランクありで再会したとき、顔も身体も雰囲気も丸くなったなあと感じたが、その謎が解けたような気がしたのは翌日の明治村の散策の時だ。明治村で、お孫さん(小1くらいの男子)と婿殿(イケメンパパ)と合流してにこやかに歩いていたのである。まあ晩年の充実というか、しあわせ太りだったのだ(と思った)。

2017年05月16日

針金でつくる禁じられた遊び

夢工房交流会の盛り上がった2日間が終り週明けはある種の虚脱状態。
浦島太郎が自国へ強制送還されたような感じか。
しかし現実はそう甘くない。宿題というお邪魔虫が待っている。
週末は三連チャンでイベントが控えている。

交流会では初めてや久々の人にいっぱいお会いした。
ライブで会うということは、その人に関する膨大な情報量を脳が記憶するということだ。
見るだけでなく五感(見る、聞く、触れる、味わう、匂う)を全部共有すればその記憶はより深く永いものになるのだろう。何を言いたいのだ、眠い。

朝の散歩をしたら、いざ出動の幼児から学童、朝練の中高生の群れと出会う。
一気に現実の日常に引き戻される。

タイトルは交流会句会で平尾正人さんから題「金」で特選を頂いた句。

2017年05月14日

夢工房交流会in名古屋(一日目/13日)

13:30 名古屋駅 銀の時計に集合
14:00 市バスにて名古屋城へ
本丸御殿(一部追加建設中)や名古屋天守閣など
自由に見学。午前中雨だったが午後からは上がってよかった。
私もお城に登ったのは愛知(瀬戸)に横浜から
転居した直後以来の40年ぶり。

16:30 バスにて懇親会場のガーデンパレス(栄町)に移動。
18:00 開会:代表(俊和さん)挨拶。乾杯:萌さん
懇親会・句会同時進行。司会:おさ虫さん
18:15 句会(12句選、うち1句特選)
題「金」:苑子さん、正人さん・選
題「城」:田村ひろこさん、利一さん・選
席題「虫」:勘右衛門さん、進・選
脇取り:奈江子さ、一歩さん、高橋ひろこさん、昌宏さん
*特選賞品は俊和さんより提供いただいた。
*ラッキー賞は瀬戸の陶芸家、加藤錦三さん(無形文化財)制作の湯呑みを苑子さん他3名に贈呈。(錦三さんは時実新子さんと同年代の盟友で今も精力的に活躍中)
19:00 〜:自己紹介(1分間スピーチ) 
*1分に限りなく近い人にはラッキー賞贈呈。
 ベストタイムは篤子さんの1.00分という超人的技。
        
20:00 閉会

20:30〜場所をカラオケ屋に移し有志15人?で熱唱。
特に東京の歌姫(好子)さんはパフォーマンス含めて圧巻だった。他の方々も名古屋まで来て我先にとマイクを握る人は只ものではないという自慢の喉だった。瀬戸で多少歌える程度ではレベル以前のラベルだなと思った次第である。

10時頃解散。帰宅は11時半頃だった。

夢工房交流会in名古屋(二日目/14日)
9:00名古屋駅 金の時計に集合→名鉄名古屋駅へ移動

9:22名鉄にて犬山駅へ
明治村行き岐阜バス乗車→明治村正門前へ
明治村にて適宜散策・昼食。
博物館・明治村は1〜5丁目まであり広大なエリアで大小67もの記念館や歴史施設などがあり一日かけても全部は回り切れない。巡回バスもあるのでスタッフが付いて各自自由にお目当ての館を回ってもらった。
明治村は3〜4回散策したことはあるが最後に行ったのは約20年年前。
今回は仲間と帝国ホテル(モンローとデイマジオが泊まったという表示がある)でお茶をしたり、汐留バーでカクテル(電気ブラン)を飲みながら食事(持参のコンビニ弁当)をしたりした。後は歩き草臥れ記憶がおぼろ。

15:00 正面入口で現地解散。都合で先に帰った方もある。
最後まで居た人たちはバス電車で同じコースを名古屋駅までご一緒。
16時頃:名古屋駅にて名残りを惜しんで実質解散。

瀬戸組は残った7人にて栄で打ち上げ(飲食)をして帰宅。


2017年05月13日

ゆうゆう夢工房交流会in名古屋

今日は午後から皆さんを名古屋駅でお迎えし交流会。
全国から約30人が参加される予定。
市内観光をして夕方から栄ガーデンパレスにて
懇親会(句会含む)
明日は明治村散策も。

ssm51 at 08:58|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年05月10日

学びキャンパス「川柳入門」前期・開講

前期講座の開講日。
毎度のことだが開講日は何かと慌ただしい。
初受講生の緊急連絡先を書いてもらう。今回から講師も提出要になった。マイナンバーの写しも要求された。
定員20名で2名欠席。
今回は継続者がほとんどで新顔は3名のみ。
皆さんの目がらんらんと燃えているように思えたので、「目を見ると負けそう鼻の穴を見る」
とフェイントを入れてお互いの緊張を解した。
俳句をやっているという若い女性も参加。
参加理由を聞いたら「川柳の表現に興味あり」だった。
たのもしい存在。
実際の応募者23名だったがそのままだと抽選になるのでベテラン(比較的)3名はアシスタントに回ってもらった。
経験者ほとんどなので、初歩的な説明は省き資料「川柳大作戦」(ヴァーチャル吟行)を説明し、
すぐ席題「写真」を詠んでもらった。いつものことだが
やらせれば出来るのだ。
「写真」は直近のラジオサンキューの題でもあるので、両者の作品比較もした。

私の句
アルバムを見てる時間が長くなり
犯人のような免許証の写真 (提出)
安心だ瞼に目玉描いておく
写真では無口かどうか分からない (放送)
この直後を忘れてしまいたい写真

終了後は1階の茶店で有志と談笑して帰宅。


2017年05月09日

雷蔵をTSUTAYAへ返す菜種梅雨   ええ一

夢工房Web句会3月の句である。
「雷蔵」と「TSUTAYA」の取り合わせと「菜種梅雨」で締める、余韻が絶妙で参ったなあというしかない。
私も、さわやかさと悲しさを秘めた雷蔵が演じる時代劇を久々に無性に観たい心境になる。
それはジェームス・ディーンでもビビアン・リーでもグレゴリー・ペックでも同じだろう。
この頃、これからをどうするという発想より、昔の郷愁に引っ張られて酔う傾向があるなあ。
歳のせいといえばその通りだが。
そして、ええ一さんというとやっぱりこれを思い出してしまう。
COCONの「川柳大作戦」
懐かしい人たちがぞろぞろ。
今週末の夢工房交流会in名古屋ではその中の何人かに会える予感だ。

2017年05月08日

MANO 第二十号

「おわり」  佐藤みさ子
おわりだとわかっていたが帰宅する

とりかえしのつかない猫をどこに置く

足洗う住所氏名が消えるまで

映画全部見終わった目をしているね

「姉の逆立ち」  樋口由紀子
ああついに生姜の匂いする頃に

侍を連れて座布団借りにゆく

長時間東京タワー盗まれる

寝違えたタップダンサー引き取りに

「顔」   加藤久子
大根おろしの背中を見て下さい

雪を掃く顔を落さないように

人間が要らなくなってマスクの街

すったもんだのあげくに顔を差上げる

「大世界劇場」  小池正博
縛られた足は見せない共犯者

鼻筋を抜けて儚き紙の雪

里親は絵文字を焼いているばかり

合言葉届くところに異端の鳥

☆MANOが20年20号で終刊になった。
始まったものはいつか終わる。残念ではあるが仕方ない。
分からない句もあった多くを学んだ。
ありがとうございました。
なんだか
「NHKが終わる私たちも終わる」 亜都子
を思い出した。





Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: