2018年09月16日

お気持ちを鶴亀算でそっと出す

ねじまき句会が名古屋であった。
朝は涼しかったが、出かける10時頃から急に暑くなり真夏のぶりかえし。
朝、もう使わないと扇風機を片付けてしまったのに誤算だ。
タイトルは題「算」で出さなかった句。
参加者は12名。遠来の明日歌さん、桐子さん、岡谷さんも参加。
暑いので教室の冷房を入れると、場所によりスポットで冷え過ぎで困るいつものパターン。
ねじまき#5号の作品やエッセイの締切9末が迫っているが他の締切も集中しているので追い上げが厳しい。
句会後は遠来の方々は所用で早めに帰るとのことで、アフターの飲食はなしだった。
やはり、この時期各自いろいろ多忙症を抱えているのだろう。

音階から転がり落ちて以後オンチ

2018年09月14日

人類がいてもいなくも彼岸花

9月入ってから雨や台風等で、それまでの酷暑からがらっとモードが変わり涼しい日の連続。
クーラーもお呼びでなくなった。
朝の散歩は昨日は上流の夏コース、今日は下流の秋コースを回ってきた。どちらも川土手に彼岸花が顔を出していた。この花の生命力と季節感覚は毎度ながら神秘さを思う。人類の存在や支援を一切無視してマイペースを順守している。体内時計により厳密に管理しているようだ。帰宅して相棒に彼岸花が咲いていたと報告したら家の庭にも蕾があると言われた。
確かにあったが、白い花だ。大分前、義妹が珍しいからと持って来てくれたもの。やっぱり彼岸花は火事を思わせる野生の赤が自然だ。田舎の子供時代には彼岸花は毒があるとか採ってくると家が火事になるとか言われていた。
曼珠沙華終末時計気にしない

家でじっくり眺めると白彼岸花は清楚な感じでいいな。
彼岸花(白)

2018年09月12日

学びキャンパス講座(補講)

前期の学びキャンパス川柳講座が終わったが、今回も補講(自由参加)を行った。
講座は全4回で90分/回なので、どうしても端折り気味になるが、それを補う意味と受講生同士の交流を含めて実施している。
参加者15人。時間は約3時間。お茶菓子あり。教室の机は車座にして皆の顔と名前が分かるように配置。
前半は講座の作品の復習や質疑応答を行い。後半はフリートークや得意技紹介など、何でもありの交流会。
皆に順番に時間を与え適当に演出してもらうがルールなしの成りゆき任せ。
川柳の質問もあるし、自分の諸々を話してくれる人もある。いつも一緒に並んで座る女性に、何で?と聞いたら「ママ友同士」だった。ウクレレを持参した男性と女性がいた。女性は自分で奏で歌った。男性は懐かしい歌詞のコピーを皆に配り、全員で合唱し伴奏を入れてくれた。
練習中のメサイヤの一部を歌ってくれた男性も。
私も悪乗りして演歌っぽいのを歌った。カラオケのマイクがないのでペンケースを持って。
補講は皆さんのいろいろな面が見えてくるので楽しい。

後期講座は全員継続+1名の計20名で10月からスタート予定。


2018年09月10日

おかじょうき社誌上句会・(0番線) 題「愛」

Sin・選
特選
私をアルカリ性にする夕日      中川喜代子
秀逸
*完璧な死体のように抱き合った    小野善江
*愛人と象のうんこを眺めてる    月波与生
レプリカのマリアの胸に手を伸ばす   須藤しんのすけ

佳作
あらそえぬ血だ紫陽花撥ね落とす    岩根彰子
今週は口内炎も愛おしむ        徳長 怜
神様の愛はたとえばカタツムリ     ひとり静
*許せないあんな豆腐のくずし方    米山明日歌
ブィブィアンと呼ぶ団子虫飼っている  丸山 進

榊 陽子・選
特選
*空蝉の泣き声「アノコガホシイ」   奈良一艘
秀逸
*昨日まで愛だった葱の空洞      上田雅子
*泣く笑う花瓶の水は取り替える    辻井洋子
蜂蜜を股間に塗ってさるとるする    月波与生
佳作
愛はいまストローなしのマックシェイク 米山明日歌
手開きにされるすやすや眠る間に    斉尾くにこ
ひまわりの自愛前頭葉にある      西村寛子
付け襟を外すあふれてしまう海     守田啓子
愛÷愛 何度割っても浮く泡      前田ゆうこ

*は両選者から選ばれた句。




ssm51 at 23:24|PerlmalinkComments(4)clip!

2018年09月09日

第122回 中部地区川柳大会

例年のように名古屋港ポートビルで開催。
瀬戸方面からは11名参加。私は選者でもあったので早目の朝8:15頃家を出て、9:30頃には着いた。
駅まで歩く途中に瞬間豪雨があり、ズボンの下の方はびしょ濡れ。受付を済ませたら暫くしてに選者室に案内されそこで句箋を書き投句した。
参加者は153人。11時から食事が出て直後にはどさっと句箋の山が積まれた。
12時までに各選者の天位句を提出してボードに記載し、トップの中日賞他の優秀句を互選で決めた。
句箋の山と格闘しながらの秀句選びの同時作業はかなりハードだ。
13時には選を終え、大会の開始。課題は4題で選者は2人の共選。私は「こっそり」の選者。

私の入選句
「ハード」
花嫁はハードロックでご登場
ヘルパーが見上げて帰る天の川
「弁」
海外も大阪弁で通す母
「絡まる」
ひまわりにアサガオ絡みデュエットよ

私が選んだ天位句
「こっそり」
こっそりと星の錠剤のむ大河
軸「こっそり」
家を出てこっそり女装する男

各天位の最優秀句「中日賞」を青砥和子さんが獲得し、賞状・賞品と豪華な盾をもらった。
(昨年は三好さんがゲットしている)
表彰式後解散。帰りに有志7人で栄町に寄り、青砥さんのお祝を兼ね、お疲れ様飲食会をして10時半過ぎに帰宅。
次は22日のみたま祭り句会だ。場所も同じ。

2018年09月08日

生者死者ドカンと花火連れてくる

花火の音を聞いて今日は「せともの祭り」だったと我に返った次第。
そう言えば午後、道路に車が多いなと思った。

明日は中部地区川柳大会が名古屋港ポートビルである。
私も選者を拝命しているので、あたふたと準備をした。

北海道の地震被害は日に日に惨状が見えてきてほんとに大変なことだ。
大阪の台風被害も同様で惨状と対策が見えてくる度にこれまた復旧までには大変だ。
その前に中国地方の豪雨災害も問題と対策を抱えたままの地域も多い。

自然災害への危機管理と対策には改善の余地はいっぱいあるように思う。

カーテンの白に紛れて見失う   古俣麻子

2018年09月07日

空間を分けあう鳥と人の声

午後から文化センターで文芸部会があった。
議題は「瀬戸市ふれあい芸術展」(10/31〜11/4)の話がメイン。
例年のように展示場所、段取り、搬入・搬出等の確認。
フェニックスは19名が作品(短冊)提出予定。
その他として、実施済の夏休み体験「百人一首遊び」の総括等。
子供達20人の作品(主に五七五)の作品も展示予定。

九月はいろいろ行事や宿題が多い。
9/9 中部地区川柳大会(選者)
9/12 学びキャンパス川柳入門(補講)
9/16 ねじまき句会
9/21 おもしろ川柳例会
9/22 みたま祭り川柳大会
9/26 フェニックス川柳例会
その他 9/末締め切りの誌上句会や句集原稿締切等多数。

セクシーな首から吊るすペンタゴン

2018年09月06日

二人してしかたがないをぶら下げて

朝起きてテレビのニュースを見たら未明に北海道で大きな地震震度6強が発生したと報じていた。
全域の停電と山崩れでの道路寸断で情報も途切れ気味。
時間と共に被害の状況と深刻さがはっきりしてきた。

前日の大阪方面の台風被害も同様で一夜明けたら惨状があきらかになり、
電柱が何本も折れたり車や人が飛ばされたりして、
風速50mの脅威が赤裸々になった。
関空は孤島になり5000人もが動けない状況だった。

洪水、台風、地震、津波、等と自然災害は次々やってくることは確かだ。
伊勢湾や東京湾もいつどうなるか分からない。

被災者には心からお見舞い申しあげます。

2018年09月05日

ハイヒールでゆっくり踏まれた時の傷

台風は去った。
大阪方面は関西空港の水浸し等、昨夜再三に放映していたので大変だったと思う。
この辺は風雨で家がガタガタ音がしたが、大したことなく通過してくれた。
朝起きたら、家の前の道が落ち葉や小枝でびっしりだった。
我が家と隣の家の庭の木や草花のオンパレード。
相棒と隣人と一緒に片付けたが、道にへばりついているので参った。
ちょうどその頃、6時半頃、孫の迎えにパパさんが車で来てあたふた連れて行った。
昨日は一斉休校だったが、今日は違う。
嵐と共に去りぬだ。
片付け後、出遅れたが、軽く散歩で一回りした。
沿道の大きな桜の木が1本根元から折れ土手に転んでいた。保育園前の道に、鉄板の屋根の一部のような物が落ちていた。道端まで移動させたがけっこう重かった。
分からなかったが瞬間的には相当の風が吹いたようだ。

ssm51 at 10:16|PerlmalinkComments(0)clip!

2018年09月04日

満月の裏側のコンセント抜く

2006年9月みどり会センリュウとークで徳永政二・選で特選を頂いた句。
峯裕見子・選では下記他が入選。
つぶあんかこしあんかで叩きあう

台風21号に列島は翻弄された。昼頃から四国から大阪辺りに再上陸し、
風雨や高波で猛威を振るい日本海に抜け北上していった。
大型台風で3日か前から警戒警報がでていたので、今日午後の大荒れに備え。家の周りや植木の手当てなどして雨と突風に雨戸も完璧に締めてじっとしていた。強風は吹いたが大したことはなく安堵。
その分、直撃コースで被害大の方々には申し訳ない感じ。
上の孫(小2)は昨日が始業式だったが、想定通り本日は学校閉鎖で休日になった。
我が家への預かり依頼があり、昨日午後パパさんが連れて来た。
この頃はスマホなどのゲームに嬉々と夢中で手間はかからないが、熱中症は心配。

たそがれと呼ばれてハイと返事する

Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: