2017年03月16日

卒業という名の汽車を追っている

朝7時半頃散歩に出たが、いつも会う学童も見守り隊のおじさんもいない。
あれっと今日休日か?と思ったが、しばらく行くと数人のすらっと大きい子たちに会った。
皆キラキラしている、ああそうか卒業式だと分かった。その後、よく見ると袴姿の女子やネクタイの男子も混じっていた。小さい子や親たちはもっと遅く登校するのだろう。
昔とはずいぶん雰囲気が違う。今は一人ずつ卒業証書を渡すが昔は全員の名前だけ呼び起立し、以上総代で代表者がもらった。
この子等が入学の頃もすれ違っているはずだが、皆ランドセルだけがよちよち歩いているように可愛かった。
成長は早いものだ。4月にはまたひよこのような可愛い子等が登場するだろう。我らはまたトコロテンのように人生の卒業に向かってワンステップアップするいやダウンか。年輪は回る。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: