2017年04月17日

怒る妻パントマイムで指図する

第4回ふるさと川柳「静」の唯一の入選句。
慌ただしい一日だった。
朝の散歩は曇りだったので田んぼ道の方へ行った。途中川の河川敷で今年初の雉の甲高い鳴き声を聞いた。
姿は見えず。
雉の雄は赤い色を見るとライバルと思って襲うらしい。
テレビで赤いバイクに乗った郵便配達夫が雉に追われ突かれている映像があった。

10時前予約してあった眼科へ4カ月ぶりにかみさんと行った。しばらく前から緑内障があるので、視野の検査を定期的にやっている相方は白(白内障系)。どちらもそう悪化はしてないとの結果。改善ということないようで、目の悪化と寿命とのデスマッチらしい。このペースだと順調に寿命がリードされている。
久々にランチを一緒に食べて帰宅。と同時に土砂降りの雨になった。

午後からはフェニックス(8号)の編集原稿を印刷屋に持って行った。連休前に完したいが、校正など入れると微妙な様相。
その後は、そのまま車をデイラーまで定期点検のため運んだ。
待ち時間は持参したあちこちからの柳誌や句集を読んだ。
静かで座り心地良い場で、お茶やコヒーも入れてくれるので3時間くらいは居たかったが
約1時間で点検は完了、洗車も完璧。未練心につまずいて帰った。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 春爺   2017年04月19日 07:45
未練心に つまずいて
落とす涙の 哀愁列車

昭和30年代初めの三橋美智也の哀愁列車でしたかネ・・
川柳よりこっち系の話しがいいんみたいです(笑)。
きのうは、高崎で最高気温が30.6度とテレビに映ってました。
2. Posted by マル   2017年04月19日 09:58
春爺さん
昭和30年代はお互い青春時代でしたね。
あの頃の歌は自然に出てきます。
三橋美智也も一世を風靡しました。

昨日はテレビその頃の歌特番をやってました。ペギー葉山の「つたの絡まるチャペルに・・・」なんか久々聞いたら思っていたよりテンポが速かった・・なんて。

高崎の30・6にはびっくりです。高温の老舗の館林も顔負けでしたね。
3. Posted by 湘南 海坊主   2017年04月20日 07:00
家庭では、カミさんと一緒に眼科に出向いて、帰りに食事も一緒にと。社会活動では、川柳を指導している。 平凡で当たり前でかつ充実した良き日々を送っていますね。約10年前、平凡を継続することが非凡であると生産革新大会の基調講演で格調高いある方が講演していました。同感です。
 私もそうありたいと。今は放送大学の勉強で目一杯です。来年の3年目からは、サークル活動に軸足を移し、今までにない社会で楽しもうと思っています。
4. Posted by マル   2017年04月20日 13:43
海坊主さん
私の事持ち上げ過ぎですよ。ブログってまあサマになることしか書かないしね。現実はあちこち火の車、蠅の追えない日々です。
玄関を出れば普通の夫婦です
玄関を開ければ一本背負いかな
なんて。

勉強ざんまいとはよくやるなあと思います。その後に社会貢献とは壮大な計画です。やっぱり凡人とはラベルが違うね。

先日、千葉の同期のHさんが瀬戸に来て久々一杯やりました。
お互い身体に気をつけていきましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: