2017年05月10日

学びキャンパス「川柳入門」前期・開講

前期講座の開講日。
毎度のことだが開講日は何かと慌ただしい。
初受講生の緊急連絡先を書いてもらう。今回から講師も提出要になった。マイナンバーの写しも要求された。
定員20名で2名欠席。
今回は継続者がほとんどで新顔は3名のみ。
皆さんの目がらんらんと燃えているように思えたので、「目を見ると負けそう鼻の穴を見る」
とフェイントを入れてお互いの緊張を解した。
俳句をやっているという若い女性も参加。
参加理由を聞いたら「川柳の表現に興味あり」だった。
たのもしい存在。
実際の応募者23名だったがそのままだと抽選になるのでベテラン(比較的)3名はアシスタントに回ってもらった。
経験者ほとんどなので、初歩的な説明は省き資料「川柳大作戦」(ヴァーチャル吟行)を説明し、
すぐ席題「写真」を詠んでもらった。いつものことだが
やらせれば出来るのだ。
「写真」は直近のラジオサンキューの題でもあるので、両者の作品比較もした。

私の句
アルバムを見てる時間が長くなり
犯人のような免許証の写真 (提出)
安心だ瞼に目玉描いておく
写真では無口かどうか分からない (放送)
この直後を忘れてしまいたい写真

終了後は1階の茶店で有志と談笑して帰宅。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: