2017年05月16日

針金でつくる禁じられた遊び

夢工房交流会の盛り上がった2日間が終り週明けはある種の虚脱状態。
浦島太郎が自国へ強制送還されたような感じか。
しかし現実はそう甘くない。宿題というお邪魔虫が待っている。
週末は三連チャンでイベントが控えている。

交流会では初めてや久々の人にいっぱいお会いした。
ライブで会うということは、その人に関する膨大な情報量を脳が記憶するということだ。
見るだけでなく五感(見る、聞く、触れる、味わう、匂う)を全部共有すればその記憶はより深く永いものになるのだろう。何を言いたいのだ、眠い。

朝の散歩をしたら、いざ出動の幼児から学童、朝練の中高生の群れと出会う。
一気に現実の日常に引き戻される。

タイトルは交流会句会で平尾正人さんから題「金」で特選を頂いた句。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 俊和   2017年05月17日 21:19
《浦島太郎が自国へ強制送還されたような感じ》解ります解ります(笑)・・・強制収容されたり強制送還されたりをオートクラッチのようにスムーズに切り替えできたらナイスですね。萌さんが進さんのことをベタ誉めでしたよ。
2. Posted by マル   2017年05月17日 22:39
俊和さん
交流会の様々な素敵でドラマチックなシーンが早送りのように過ぎたので、瀬戸の田舎に戻ったら夢のような感じがしました。
萌さんのこと話半分でも嬉しいですね。萌さんこそ下町の太陽のような方ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: