2017年06月12日

靖国に眠るラッパが鳴り出した

中前棋人さんの句集「折れない足」より。
昨年いただいた時にも少しここで紹介したが、
タイトル句で始まる「第2章なんでやねん、日本」は
今の日本の状態を正に予言していたようで鋭い。
以下一部紹介。

どうしても兵隊さんを作りたい

日の丸に向かって潮が流れ出す

七十年アメリカ軍がまだいます

二十四時蟹工船が浮上する

ローソクを持つと共謀罪になる

昭和史の黒いところがはしゃぎだす

だんだんと呪文になった自衛権

伯林が問う東京の歴史観

兵隊を起してしまう多数決

フクシマの水が世界へ流れ出す

九条が生まれたことを忘れない

少子化になって忘れる半分こ

子をひとり助けられないアンケート

新葉館出版(本体1200円+税)





ssm51 at 21:37│Comments(2)TrackBack(0)clip!川柳作品 | 句集

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 棋人   2017年06月14日 17:23
進さん どうもご無沙汰しています。

 「国会の起立多数が恐ろしい」

今年の京浜大会で詠んだ句。選者も共通の思いがあったようです。

 決めなくてもいいことを決めています。
2. Posted by マル   2017年06月14日 20:21
棋人さん
こちらこそご無沙汰しております。夕べ何げなく「折れない足」を読み返していたら
今国会で進行中のとおりだと、思わず句を拝借しました。すみません(なんてセリフが出るのも、一般人として共謀罪の呪縛にそまりつつある感じでいかんですね)。
「オレナイメゲナイテトラポッドの足」
この気持ちを忘れないようにしたいものです。
ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: