2017年08月09日

センス界のカリスマ生い立ちを語る

「川柳入門講座」4回目がパルティせとであった。
20名参加。宿題は「印象吟」と「雑詠」。
受講生の中には「フェニックス」や「おもしろ川柳」のメンバーも混在しているが、講座のみの人達も前からの継続が多いので、全体としてレベルは相当上がっているように思える。
レベルで言えば初級から中級になったような感じか。
そして皆さんの個性なり色彩が目立つようになってきた。
前期は今日で終了だが、恒例になった補講を9月に行って総括(反省会)をしたい。

今日は長崎原爆の日。若い人もそうでない人も6日、9日、15日を知らない人が増えたという。
原爆や戦争の語り部が年々減っているという。
何だか年々アワダチソウが増えたりタニシが減ったりの自然現象のように扱うのがおかしい。
日本の有史以来の最大最悪の人災の記録を国がきちんと保存し若者や次世代に伝えなければならないのに
それを放棄してしまっているのがおかしい。
最近の自衛隊が戦闘地域から撤退した原因や状況の大切な記録を破棄したなんて感覚も全く信じられないことだ。
自衛隊員やその家族だって、そんな現実は不安でしかたないだろう。
旧軍の隠ぺい無責任体質がそのまま引き継がれているようで怖い。
武器と金と秘密を握っている実力組織の実態は限りなくオープンでなければならない。それが出来ないならどう転んでも悪影響がないよう小規模にするしかないだろう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: