2017年11月09日

革命を考えているおばあさん   鈴木節子

タイトルは句集「おぼろよ情話」からのガッツある1句。
杜人大会の2次会では節子さんとゆっくり話せた。
お隣に座っていた鈴木せつ子さんとは親戚同士だったとはびっくり。
節子さんは週刊文春の川柳欄(時実新子・選)への投句が川柳にハマるきっかけだったとのこと。
実は私も同じだ。その入選がきっかけで川柳大学に入ったのもほぼ同じ時期だったとはこれまたびっくり。

「フェニックス合同句集9号」について月波与生さんが
自身のブログ「与生の川柳部屋」にて紹介して下さった。
それから
杜人記念句会・山河舞句追悼句会の様子も写真で

・隣席の青砥和子さんがご馳走を食べる暇がないくらいいっぱい鳴いて(呼名)いた。
 多分、最高打率部門賞があればトップだったと思う。







ssm51 at 23:19│Comments(2)clip!川柳作品 | 句集

この記事へのコメント

1. Posted by 須川柊子   2017年11月10日 21:23
こんばんは。
フェニックス9とおもしろ川柳会、須田隆行さんより受け取りました。
ありがとうございました。

フェニックスには、夢工房の交流会の事が載っていました。
楽しかった交流会を思い出し、ご準備のご苦労に改めて感謝いたします。
ありがとうございました。

また、お会いできるのを楽しみにしていまず。
句会はもちろんですが、瀬戸物の街を歩いてみたいです。

2. Posted by マル   2017年11月10日 22:50
柊子さん
こんばんは。隆行さんとどのくらいの距離があるのか分かりませんでしたが、渡してくれるとのことでしたので、お願いしましたが、もう手元にあるとはびっくりです。
夢工房交流会は楽しかったですね良い思い出です。スタッフの皆が頑張ってくれて助かりました。集まった顔ぶれが懐かしいです。
仙台ではお会いできませんでしたが、またどこかでお会いするのを楽しみにしてます。
瀬戸の散策是非一度やってみて下さい。みんなで歓迎しますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: