2017年12月04日

鶴瓶の家族に乾杯(NHK)

4日の夜の放映は我が街の愛知県瀬戸市からだった。
鶴瓶の相棒は内山理奈(「町工場の女」で活躍中)だった。
地元の馴染みの風景や店やせともの工房などのぶっつけ訪問で楽しめた。
長年住んでいても気が付かない店や工場の突っ込んだ事情や歴史なども、人と人との会話の中でクローズアップされて興味深かった。
途中、よく知った顔の人(SさんやKさん等)も地元PRで出番がありよかった。
藤井4段も出たしな。それでもやっぱり瀬戸市はせとものの街だなあと感じた。

この記事へのコメント

1. Posted by 松本日乃春   2017年12月05日 10:20
この番組を見られたんですね。日頃はほとんどこの手の番組は見ないのですが、放送があることは前もって知っていたので昨夜はじっくり見ました。

蕎麦屋の「志庵」さんは私が瀬戸で好きなお店のひとつです。開店間もなくからこのお店のカウンターで食事をするのを楽しみにしています。
ご夫婦とも親しくさせていただいていつも楽しいひとときをこの店のカウンターで過ごさせてもらっています。
撮影の日は前触れも何にもなく、全く突然の来店で驚いたみたいでした。

本業窯の6代目半次郎さんは瀬戸市美術館での展示会のおりにお話を伺ったことがあり、奥様とお子さま夫婦も本業窯の脇のショールームでお会いしたことがあります。

帽子屋さんは全く知りませんでしたが味のある人でしたね。
さすがNHKで途中コマーシャルもなかったので内容が濃い瀬戸PRで良かったですね。

2. Posted by マル   2017年12月05日 21:07
日乃春さん
瀬戸のテレビ放映面白かったですね。鶴瓶の内山女子のコンビと突撃がよい味と裏話を引き出していました。
帽子屋の兄さん天然か演技か分かりませんが印象に残りました。
街のPRで、川柳仲間で今は市民活動を熱心にしている女性2人が大きく出ていてよかったです。
6代目半次郎さんて、なんだか窯の世界も役者みたいで伝統なんですね。

日乃春さんはいろいろな店をよくご存知ですね。
3. Posted by ひとり静   2017年12月05日 21:25
いつも食事しながら見ているのですが、
前の日に教えてもらったから、
早めの夕食にして、ゆっくりと見ました。

瀬戸はやはり瀬戸物の街なんですね。
瀬戸祭りの句といい、この番組といい、
招き猫に招かれているみたいでした。
4. Posted by マル   2017年12月05日 22:57
ひとり静さん
「鶴瓶の家族に乾杯」見て下さったのですね。ありがとうございます。
せとものの瀬戸のイメージが湧いたと思います。私が移り住んだ頃(40年前)はまだせとものが大いに売れて瀬戸川は真白でした、洗濯物は窯の煙で黒くなったようです。でも伝統を引き継いでしっかり頑張っていいる人もいますね。
招き猫ミュージアムもあるし是非一度遊びに来てください。瀬戸吟行でもいいし。
5. Posted by 彰子   2017年12月06日 13:40
進さま
「鶴瓶の家族に乾杯」主人が好きで毎回録画してみます。特に今回は瀬戸、私の里の多治見に近く、進さまの縄張り、特にあの帽子屋さんの男性は人間的に魅力満載でしたね。
6. Posted by マル   2017年12月06日 17:04
彰子さん
奈良国文祭では声をかけていただきありがとうございました。
大和撫子で整った顔の人は皆同じに見えてしまい見つけられずですみませんでした。
お里は多治見でしたか、隣ですね。
多治見も陶芸が盛んで勢いがあります。
お里帰りの時などは瀬戸に寄って下さいませ。

帽子やさん、今頃は聡太くんより人気が出ているかも、知らねえーよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: