2018年02月08日

熱燗と枝豆喰らい天下論

長根ふれあいセンター「連」にて午後から川柳講座実施。
私が住んでいる長根連区なので言わばマイホームタウンでのイベント。
娘2人とも長根小学校でお世話になった。
過去に川柳講座は散発で3回実施しており久々の4回目。
連句の会長や役員の方々も皆顔見知りだ。寒い中23名参加(うちおじさんは5名、ほとんどは熟女)。
課題は節分にちなみ「豆」を事前に出しておいた。
句箋を出してもらい披講しようかとも思ったが、書家でもあるKさんが短冊並の紙にどんどん清記して下さったので、それをボードに貼り一句づつ紹介・解説することにした。
前座として川柳モードになってもらうため、北国の熱い作家の句集(鈴木節子さんの「おぼろ夜情話」、笹田」かなえさんの「お味はいかが?」、むさしさんの「亀裂」)の抜粋句を資料として配布し説明した。
その間に準備完了。
2台のボードの裏表に全46句が展示されて壮観だった。
4回目でもあるし、それなりの強者が揃っているので佳句がたくさんあった。

「豆」または「雑詠」
空高く福豆まいて春来たる      勇二

年の豆二日で食べた七十九      璋子

豆食えば温風出る出る五連発     璋子    

温泉で足豆洗い寿命のび       美由紀

まだ若い豆の数など苦にならぬ    正夫

豆撒きも袋入りでは味気ない     西別当

白鵬と貴が揃って鬼は外       克行

豆つかみ最後の一喝鬼は外      瑞夫
     
節分に鬼でもいいから出て欲しい   蒼生夫

五色豆節分待ってまとめ買い     初代


東風ふかば春の便りはつくしかな   西別当

どの子にも分けてうれしや空財布   美由紀

満月がすべて消えたと妻はしゃぐ   瑞夫

太りすぎこれ貫録と苦笑い      初代

マイク音途切れ途切れの電池切れ   璋子

春近し豆粒ほどのつぼみ見ゆ     幸栄

鬼は外カミングアウト夫は外      明子

ssm51 at 18:52│Comments(0)clip!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: