2018年02月09日

朝日新聞東海柳壇 2/8掲載

猫通る正しい猫背見せながら      丸山 進

たとえばいま鳥になったらみえるもの  稲垣康江

煮え切らぬ奴が今宵の鍋奉行      石黒永一

マジやばい新語はちゃらい広辞苑    深谷江利子

あとかたもなくなるものとありったけ  山口亜都子

メガネ良しスマホにマナカマスク良し  林 泰行

悔しくてペーパーナイフよく切れる   三好光明





ssm51 at 22:35│Comments(2)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 繁   2018年02月10日 10:11
進さん、おはようございます。
新聞読んで思わず納得、そして笑っちゃいました。奥ゆかしい進さん、書き込みされないのかと・・・
「正しい猫背」猫だもの!このようなマジメなユーモアが欲しいな・・・
難解な句(失礼、初心者にはです)の間に、このようなユーモア溢れる句を詠まれる。
かといって、進さんの川柳は、決してぶれない!
進さんの頭の中を見てみたい。
時には左脳、時には右脳がフル回転。びっしり詰まっているのでしょうね。
2. Posted by マル   2018年02月10日 11:17
繁さん
丁重なコメント恐れ入ります。でもありがとうございます。
家の庭を時々、ノラ猫が堂々と歩いて行くのを見た感想を書いただけなんですが。
それに私はハレンチ句等でブレぶれなのが悩みでもありますしね。

初心の頃こんな句を作り

・右左分けるほどには脳がない

わあ傑作ができたと一人でほくそ笑んでいたら、ベテランのご婦人から「バカみたい」と言われたことがあります。
だから脳の中は、ミソとクソの塊りひとつあるだけなんですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

マル

川柳をやってます。
川柳は金もかからず、金にもならないのが魅力です。
短詩系や文芸全般にも興味はあります。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: